にじいろカルテ キャスト

にじいろカルテキャスト

高畑充希
井浦新
北村匠海
水野美紀
安達祐実
眞島秀和
光石研
西田尚美
泉谷しげる
モト冬樹
半海一晃
池田良
水野久美

井浦新がつなぎ×サングラス姿のヘンテコ外科医 北村匠海は“前髪ぱっつん”看護師に “女ドクター”高畑充希と共同生活

2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」に出演する井浦新さん(左)と北村匠海さん=テレビ朝日提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」に出演する井浦新さん(左)と北村匠海さん=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に、俳優の井浦新さん、北村匠海さんが出演することが11月24日、分かった。井浦さんは本業は農家だと豪語するつなぎ×サングラス姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(あさぎ・さく)、北村さんはいじられキャラで“前髪ぱっつん”の若き看護師・蒼山太陽(あおやま・たいよう)を演じる。

 井浦さんは、自身の演じる朔について「何か深いものを背負って村に来ているんですけど、きっと視聴者の皆様は、何かを背負っているとは気づかないくらい、無邪気で奔放で。自分が話題の中心にいないとつまらなくなって、すぐに自分の話題を放り込んでいく……押しが強い妖怪みたいな存在」とコメント。

 太陽を演じる北村さんは「沸点が低くて、朝食の準備をしていると思ったら、突然朔先生に対して大声でブチ切れたりするキャラクター。そして一気に100度まで上がった熱がすぐに冷水に戻るみたいな……波のあるカロリーが高い役です」と語っている。

 ◇北村匠海さんのコメント

 すてきな先輩方に囲まれるのもすごい楽しみでしたし、深川監督とお会いした時に「いろいろチャレンジすることが多いと思う」と言われ、この作品のお芝居を通して自分も役も成長できるかもしれないと感じたので、本読みの時点ですでにワクワクしていました。現場は本当に楽しくて、お二人としゃべっているのを、そのまま芝居でもやっている感じです。アドリブも入って、普通に会話しているのを撮られているみたいな瞬間もあったり。そういう瞬間が本当に楽しくて、助け合いながら、笑い合いながらやっています。

 いろんな“妖怪”みたいな人たちが出てくるドラマではあるのですが(笑い)、人の温かさは、監督をはじめ皆さん心の内にはしっかり刻みながら芝居をしているので、今こういう大変な世の中で、このドラマを通して人の温かみに触れられるものにはなるのではないかなと思っています。また、僕たちが毎日撮影現場で流すその汗と涙、そして笑顔が詰まっているので、楽しみにしていただければと思います。

 ◇井浦新さんのコメント

 最初に脚本を読んだ時に、温かく優しい気持ちになれるという印象がありました。さらに、共演者の皆さんの並んだ名前を見て、この物語をこの座組みでやったら「そりゃ面白いものができるだろう!」と思いましたし、実際に現場に入ってみると、温かさや優しさというのはさらに沸騰していって、とても生命感あふれる物語になっていっているなと感じています。

 撮影は、かなりハードルは高いんですけど、その難しさが3人だったら越えていける、3人で助け合えるから何がきても大丈夫だなって思います。ワンシーン、ワンシーンに、僕たちみんなの熱量が詰まっているので、何気ないシーンだったとしても、楽しく見ていただきながら、そこから何か生命感のようなものを感じ取っていただければうれしいです。そして、見てくださった方の背中をちょっと押してあげられるような、エネルギーになるような作品にしたいと思います。

水野美紀、いびつな3人暮らしをするシングルマザー役 安達祐実&眞島秀和は認知症と向き合う夫婦に

2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」のキャスト陣=テレビ朝日提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」のキャスト陣=テレビ朝日提供

 女優の水野美紀さんが、高畑充希さん主演で2021年1月にスタートする連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演することが12月2日、分かった。高畑さん扮(ふん)する女ドクター・紅野真空(くれの・まそら)がやってくる「虹ノ村」で、娘と自らを捨てた夫の父親といびつな3人暮らしをするシングルマザー・緑川嵐を演じる。

 緑川嵐は、村役場でバリバリ働くキャリアウーマン。嘘のない奔放な性格で、歯に衣着せぬ物言いも多く、年配者にも一切容赦がない。シングルマザーとして娘を育てながら、虹ノ村を盛り上げるべくまい進している……という役どころだ。

 併せて、安達祐実さん、眞島秀和さん、光石研さん、西田尚美さん、泉谷しげるさん、モト冬樹さん、半海一晃さん、池田良さん、水野久美さんの出演も発表された。安達さんは村唯一の食堂“にじいろ商店”の看板娘で認知症を患う橙田雪乃、眞島さんは雪乃に忘れられてしまうたび何度もプロポーズを繰り返す夫・橙田晴信、光石さんは真空が虹ノ村にやってくるきっかけを作った村役場の職員・霧ケ谷桂、西田さんは桂の妻・霧ケ谷氷月を演じる。

 村のマスコットキャラ的存在“じじーず”の一人で、嵐の義父・緑川日出夫役を泉谷さん、“じじーず”の白倉博役をモトさん、筑紫次郎役を半海さん、“まじょたく君”と呼ばれる配達員・雨尾結城役を池田さん、元教師で真空にいつも電話をしてくるおばあちゃん・桃井佐和子役を水野久美さんが務める。

 ◇水野美紀さんのコメント

 岡田さんの脚本は1999年の「彼女たちの時代」以来で、そのドラマで演じた“千津”という役のキャラクターに今回も近いものがあります。心が温かくなる、生きていく上で必要な、本当に必要な、とてもささいな幸せが詰まった物語です。撮影はアドリブも交えたグルーブ感のある群集シーンが多く楽しくて、演出も面白いです。深川さんの型を壊そうとする演出は、毎回新鮮です。

 このドラマを楽しみにしてくださっている方、いらっしゃいますか? 2020年は大変な1年でしたけど、新しい年、こんな心温まるほのぼの面白いドラマで始めるのはとてもオススメなのですが、いらっしゃいますか? いらっしゃってください。どうかたくさんいらっしゃってください。

 ◇安達祐実さんのコメント

 最初に台本を読んだ時、何とも言葉にできない感情などがうまく表現されていて、でも説明しすぎず、演じがいのあるストーリーだと思い、本当に面白い読み物だと感じました。雪乃は認知症を患っているという、難しい役どころではありますが、人間の感情は一つ二つではないということを体現している人だと思います。とても人間らしくていとおしい人です。

 人生は難しくて、うまくいかないことももちろんある。皆何かを抱えて、受け入れて、時には受け流して、そうやって生きている。でも、それでいいじゃないか!って思わせてくれる作品です。このドラマを見て、少しホッとしたり温かくなったりしてもらえたらうれしいなと思います。

 ◇眞島秀和さんのコメント

 この作品はとても心が温まる群像劇だと思います。出演者の方々も多彩な顔ぶれで、撮影が楽しく、現場では毎回笑いが絶えません。皆様の演技に泣かされたり、笑いをこらえたり、とても刺激的です。ソーシャルディスタンスが求められる世の中ですが、人間同士の絆が感じられる作品だと思いますので、泣けてほっこりする一時を楽しんでください。