にじいろカルテ ニュース

初回視聴率12.1%で2桁発進 高畑充希×岡田惠和のヒューマン医療ドラマ

連続ドラマ「にじいろカルテ」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「にじいろカルテ」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さんが主演を務める連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第1話が1月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2桁スタートを切った。

 第1話では、真空が山奥の小さな村・虹ノ村にやって来て、個性豊かな村人たちと出会う様子が描かれた。東京の大病院で忙しい毎日を送っていた真空は、ある日突然難病が発覚し、仕事を続けられなくなってしまう。「お金もないし、仕事も続けたいし……」と沈む真空だったが、偶然知った山奥の小さな村・虹ノ村の医師に転職を決める。
 
 虹ノ村では、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿の外科医・浅黄朔(あさぎ・さく、井浦新さん)と、優秀な腕を持ちながらすぐキレる前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(あおやま・たいよう、北村匠海さん)と、真空は一つ屋根の下で共に暮らすことになる……という展開だった。

<ドラマ紹介>「にじいろカルテ」高畑充希が井浦新&北村匠海と共同生活!? 岡田惠和が紡ぐヒューマン医療ドラマ 第1話あらすじ

1月21日スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」で主演を務める高畑充希さん=テレビ朝日提供
1月21日スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」で主演を務める高畑充希さん=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さんが主演を務める連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が1月21日にスタートする。高畑さん演じる、東京から山奥の小さな村にやって来た主人公の内科医が、ヘンテコな男性外科医と看護師の2人と共同生活を送りながら、個性豊かな村人たちと出会い、命と向き合って成長していく姿を描くヒューマンドラマだ。

 高畑さん演じる主人公の紅野真空(くれの・まそら)は、東京の大病院で忙しい毎日を送っていたが、ある日突然“ある病”が発覚してしまい、「お金もないし、仕事も続けたいし……」と、偶然知った山奥の小さな村・虹ノ村の医師に転職。“医者でありながら患者”という自らの新しい人生と向き合いながら成長していく。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の「ちゅらさん」「ひよっこ」や、「最後から二番目の恋」「この世界の片隅に」などの脚本家の岡田惠和(よしかず)さんが手がける初の医療ドラマとなる。

 真空と一つ屋根で暮らす外科医の浅黄朔(あさぎ・さく)を俳優の井浦新さん、看護師の蒼山太陽(あおやま・たいよう)を人気バンド「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんがそれぞれ演じる。浅黄はツナギにサングラスという医者らしからぬ風体で「本業は農家、副業が外科医」と主張している自由奔放で天真らんまんな性格。蒼山は前髪ぱっつんのいじられキャラだが、仕事ぶりは超絶優秀……というキャラクターだ。

 第1話は初回拡大スペシャルとして、21日午後9時~10時9分に放送。うっそうとした森を抜け、怪しげなバスに乗り、山奥にポツンとたたずむ虹ノ村診療所にやってきた真空。降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷わらしのような少女が真空に手招きをしていた。導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中に入ると、まるで妖怪のように個性豊かな村人たちが集合していた。

 やがて案内された診療所で、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山と、真空は一つ屋根の下で暮らすことになるのだが……というストーリー。

水野美紀、いびつな3人暮らしをするシングルマザー役 安達祐実&眞島秀和は認知症と向き合う夫婦に

2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」のキャスト陣=テレビ朝日提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」のキャスト陣=テレビ朝日提供

 女優の水野美紀さんが、高畑充希さん主演で2021年1月にスタートする連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演することが12月2日、分かった。高畑さん扮(ふん)する女ドクター・紅野真空(くれの・まそら)がやってくる「虹ノ村」で、娘と自らを捨てた夫の父親といびつな3人暮らしをするシングルマザー・緑川嵐を演じる。

 緑川嵐は、村役場でバリバリ働くキャリアウーマン。嘘のない奔放な性格で、歯に衣着せぬ物言いも多く、年配者にも一切容赦がない。シングルマザーとして娘を育てながら、虹ノ村を盛り上げるべくまい進している……という役どころだ。

 併せて、安達祐実さん、眞島秀和さん、光石研さん、西田尚美さん、泉谷しげるさん、モト冬樹さん、半海一晃さん、池田良さん、水野久美さんの出演も発表された。安達さんは村唯一の食堂“にじいろ商店”の看板娘で認知症を患う橙田雪乃、眞島さんは雪乃に忘れられてしまうたび何度もプロポーズを繰り返す夫・橙田晴信、光石さんは真空が虹ノ村にやってくるきっかけを作った村役場の職員・霧ケ谷桂、西田さんは桂の妻・霧ケ谷氷月を演じる。

 村のマスコットキャラ的存在“じじーず”の一人で、嵐の義父・緑川日出夫役を泉谷さん、“じじーず”の白倉博役をモトさん、筑紫次郎役を半海さん、“まじょたく君”と呼ばれる配達員・雨尾結城役を池田さん、元教師で真空にいつも電話をしてくるおばあちゃん・桃井佐和子役を水野久美さんが務める。

 ◇水野美紀さんのコメント

 岡田さんの脚本は1999年の「彼女たちの時代」以来で、そのドラマで演じた“千津”という役のキャラクターに今回も近いものがあります。心が温かくなる、生きていく上で必要な、本当に必要な、とてもささいな幸せが詰まった物語です。撮影はアドリブも交えたグルーブ感のある群集シーンが多く楽しくて、演出も面白いです。深川さんの型を壊そうとする演出は、毎回新鮮です。

 このドラマを楽しみにしてくださっている方、いらっしゃいますか? 2020年は大変な1年でしたけど、新しい年、こんな心温まるほのぼの面白いドラマで始めるのはとてもオススメなのですが、いらっしゃいますか? いらっしゃってください。どうかたくさんいらっしゃってください。

 ◇安達祐実さんのコメント

 最初に台本を読んだ時、何とも言葉にできない感情などがうまく表現されていて、でも説明しすぎず、演じがいのあるストーリーだと思い、本当に面白い読み物だと感じました。雪乃は認知症を患っているという、難しい役どころではありますが、人間の感情は一つ二つではないということを体現している人だと思います。とても人間らしくていとおしい人です。

 人生は難しくて、うまくいかないことももちろんある。皆何かを抱えて、受け入れて、時には受け流して、そうやって生きている。でも、それでいいじゃないか!って思わせてくれる作品です。このドラマを見て、少しホッとしたり温かくなったりしてもらえたらうれしいなと思います。

 ◇眞島秀和さんのコメント

 この作品はとても心が温まる群像劇だと思います。出演者の方々も多彩な顔ぶれで、撮影が楽しく、現場では毎回笑いが絶えません。皆様の演技に泣かされたり、笑いをこらえたり、とても刺激的です。ソーシャルディスタンスが求められる世の中ですが、人間同士の絆が感じられる作品だと思いますので、泣けてほっこりする一時を楽しんでください。

井浦新がつなぎ×サングラス姿のヘンテコ外科医 北村匠海は“前髪ぱっつん”看護師に “女ドクター”高畑充希と共同生活

2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」に出演する井浦新さん(左)と北村匠海さん=テレビ朝日提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」に出演する井浦新さん(左)と北村匠海さん=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さん主演で、2021年1月にスタートする連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に、俳優の井浦新さん、北村匠海さんが出演することが11月24日、分かった。井浦さんは本業は農家だと豪語するつなぎ×サングラス姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(あさぎ・さく)、北村さんはいじられキャラで“前髪ぱっつん”の若き看護師・蒼山太陽(あおやま・たいよう)を演じる。

 井浦さんは、自身の演じる朔について「何か深いものを背負って村に来ているんですけど、きっと視聴者の皆様は、何かを背負っているとは気づかないくらい、無邪気で奔放で。自分が話題の中心にいないとつまらなくなって、すぐに自分の話題を放り込んでいく……押しが強い妖怪みたいな存在」とコメント。

 太陽を演じる北村さんは「沸点が低くて、朝食の準備をしていると思ったら、突然朔先生に対して大声でブチ切れたりするキャラクター。そして一気に100度まで上がった熱がすぐに冷水に戻るみたいな……波のあるカロリーが高い役です」と語っている。

 ◇北村匠海さんのコメント

 すてきな先輩方に囲まれるのもすごい楽しみでしたし、深川監督とお会いした時に「いろいろチャレンジすることが多いと思う」と言われ、この作品のお芝居を通して自分も役も成長できるかもしれないと感じたので、本読みの時点ですでにワクワクしていました。現場は本当に楽しくて、お二人としゃべっているのを、そのまま芝居でもやっている感じです。アドリブも入って、普通に会話しているのを撮られているみたいな瞬間もあったり。そういう瞬間が本当に楽しくて、助け合いながら、笑い合いながらやっています。

 いろんな“妖怪”みたいな人たちが出てくるドラマではあるのですが(笑い)、人の温かさは、監督をはじめ皆さん心の内にはしっかり刻みながら芝居をしているので、今こういう大変な世の中で、このドラマを通して人の温かみに触れられるものにはなるのではないかなと思っています。また、僕たちが毎日撮影現場で流すその汗と涙、そして笑顔が詰まっているので、楽しみにしていただければと思います。

 ◇井浦新さんのコメント

 最初に脚本を読んだ時に、温かく優しい気持ちになれるという印象がありました。さらに、共演者の皆さんの並んだ名前を見て、この物語をこの座組みでやったら「そりゃ面白いものができるだろう!」と思いましたし、実際に現場に入ってみると、温かさや優しさというのはさらに沸騰していって、とても生命感あふれる物語になっていっているなと感じています。

 撮影は、かなりハードルは高いんですけど、その難しさが3人だったら越えていける、3人で助け合えるから何がきても大丈夫だなって思います。ワンシーン、ワンシーンに、僕たちみんなの熱量が詰まっているので、何気ないシーンだったとしても、楽しく見ていただきながら、そこから何か生命感のようなものを感じ取っていただければうれしいです。そして、見てくださった方の背中をちょっと押してあげられるような、エネルギーになるような作品にしたいと思います。

高畑充希、テレ朝木曜ドラマで医師役初挑戦 “秘密”を抱えた女ドクターに 岡田惠和初の医療ドラマで主演

2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」で主演を務める高畑充希さん=テレビ朝日提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」で主演を務める高畑充希さん=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さんが、2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務めることが11月17日、明らかになった。脚本家の岡田惠和(よしかず)さんが手がける初の医療ドラマで、高畑さんは主人公の“秘密”を抱えたドクター、紅野真空(くれの・まそら)を演じる。高畑さんは今作が初の医師役となる。

 「にじいろカルテ」は、“暮らしを支える医療”をテーマにしたヒューマンドラマ。さまざまな命とどう向き合い、共に人生に寄り添っていくのかを描き出し、医療ドラマの“王道”とは一線を画したストーリーになるという。映画「神様のカルテ」やドラマ「僕とシッポと神楽坂」などの深川栄洋監督が演出を担当する。

 東京の大病院の救命救急の現場で、夢と誇りを持ちながら働いていた真空に、ある日突然“とある病”が発覚。仕事を続けたい真空は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で、病を隠して働くことに。しかし、たどりついた“虹ノ村”で待ち受けていたのはヘンテコな男性外科医と看護師だった。男2人との“シェアハウス生活”を送りながら、個性豊かな村人たちと出会い、時に笑い、時に泣き、けんかしながらも、熱く命と向き合って成長していく……というストーリー。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

 ◇高畑充希さんのコメント

 ――「にじいろカルテ」の出演が決まった時は、どう思われましたか?

 ご一緒できるチームの方々がとても魅力的でしたし、貴島(彩理)プロデューサーともぜひいつか一緒にお仕事したいと思っていたので、最初にお話をいただいた時はとてもうれしかったです。

 脚本の岡田さんも、過去に一度ドラマでご一緒した際にすごく温かい脚本を書いてくださる方だなと感じていたので、また岡田さんワールドに参加できるのがずっと楽しみでした。岡田さんの脚本には悪い人が出てこなくて、すごく優しい気持ちになれるせりふが多いんです。そんな岡田さんが書かれた柔らかい世界観に、深川監督がスパイスを加えていくような現場になっていて、お二人の化学反応を楽しみながら今はお芝居をしています。

 ――今回演じられる紅野真空は高畑さんから見てどういうキャラクターだととらえていますか。

 真空は「こういうキャラクターです!」となかなか言い切れない不思議な人なんです。それは真空だけではなくて、今回登場するキャラクター全員がちょっとずれているんですね。その中では真空が一番普通なんじゃないかと思うくらい(笑い)。その、みんなのちょっとずつずれているのが隙(すき)のようになっていて、すごく可愛いく感じたり、愛(いと)おしく感じたりするんです。今作はみんなで作っているという感じが強く、「真空はこういう人だから」と気負わずに、その時、起こったことを楽しみながら演じていきたいと思っています。

 ――意外にも医者役は初だそうですが、演じてみていかがですか?

 私は説明ぜりふを覚えるのが苦手だから、お医者さん役とか弁護士さん役とかをできるだけ避けて生きていきたいと思っていたんですが……(笑い)、今作はもちろん医療ものではあるんですけれど、医療シーンがものすごく少ないドラマで、たまにそういうシーンがあると、みんなで「そういえば医療ものだったね」って言いながら撮影しています。この作品は真空が持病を持っているということもあり、「病と共存しながら生きる」という、どちらかというと人間関係や生き方などをテーマにした作品なので、意識せずにいられています。

 ――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

 撮影が始まってしばらくたつんですけれど、ものすごく現場の空気が良くて。映像もすごくこだわっていて、カメラを変えたりライティングにこだわったり、おもちゃみたいなカットがところどころはさみ込まれたりするのですが、そんな温かい空気感の画(え)を撮りながら、キャスト陣、スタッフ陣もすごく楽しんでいて。現場の皆さんもとても優しいですし、毎日平和だな~と思いながら撮影しています。

 監督の深川さんもとても優しい方なのですが、その一方ですごくスパルタで(笑い)。「もうちょっとこうやってみましょう」とどんどん高い壁を提示されて、みんなパニックになりながら、何度もやってみる……という感じで。長いシーンなどを撮り終わった日は、心地よい疲れでぐったりしながらおうちに帰っています。

 ――視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

 今はしんどいニュースが多く、暗い気持ちになってしまうこともあると思いますが、そんな中で、この作品は温かい気持ちになれたり、「明日も頑張るか!」という気持ちになれるドラマだと感じているので、見ていただく方の1週間の癒やしになればいいなと思っています。

 また、岡田さんの脚本には「そういうこともあるよね」「でも、まあ、いっか!」と感じさせてくれるメッセージ性のあるせりふが多く、私たちもせりふを言いながら、本当にそうだなと共感しています。刺激的なことが多いリアルな日常の中で、このドラマを見ている時間だけでも「まあいっか」とこわ張った肩の力を抜いていただけたらうれしいです。

 ◇脚本家・岡田惠和さんのコメント

 2021年の冬、見てくださる方々の心が少しだけ温まるような、こたつ布団のようなドラマになればと願っております。高畑充希さんとは初めて連ドラでのタッグで、うれしいです。医師だけど決してスーパーなヒロインではなく、周囲の人に救われ、だんだんと自分の生きる場所を得ていく女性をとてもキュートに演じてくださってます。診療所の仲間や村の人たちもすてきで豪華です。俳優陣の豊かなお芝居を堪能していただけたらと思っております。

 ◇貴島彩理プロデューサーのコメント

 お医者さんのドラマ……というとやっぱり、命を救う手術のシーンが見どころ。けれど“お医者さん”という人の毎日には、それ以外の時間のほうが長いように思います。おなかがすいたなあとラーメンを食べる日も、恋愛に悩んで仕事が手につかない日も、友達としょーもない下ネタで盛り上がる日も、医者だけど風邪を引いて寝込む日もある。医者じゃなくても、どんな人にも、そういう“普通”があると思います。

 今、世の中は毎日劇的な出来事にあふれていて、ついついみんなが、それに一喜一憂してしまうけれど、なにか人間の“ちょっとダメでもすてきなところ”に気づけるような、ドラマを見た後に、大切な誰かに「いいんだよ」と言ってあげたくなるような、優しいドラマがお届けできればと思います。