モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ ニュース

<インタビュー>工藤阿須加 小芝風花の妹思いの兄役 “実際の兄”としての経験が生きる  「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」

連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演している工藤阿須加さん
連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演している工藤阿須加さん

 1月23日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠で放送中の連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(毎週土曜午後11時)に出演している俳優の工藤阿須加さん。女優の小芝風花さん扮(ふん)する主人公・清水萌子美(もこみ)の兄の俊祐を演じている。俊祐は殻にこもりがちな妹を心配する、妹思いの優しい兄。自身も妹3人、弟1人の5人きょうだいの長兄である工藤さんは、実際の経験が役にも生きているという。「家族といる時間が僕自身、本当に心が癒やされます。家族のありがたみを作品で表現できたら」と話す工藤さんに話を聞いた。

 ◇

 「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」は、幼少の頃よりぬいぐるみや植物の気持ちが分かる“不思議な感覚”を持つため、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきた萌子美が、さまざまな経験を通して成長していく姿や、家族の再生を描くヒューマンホームドラマ。工藤さん演じる萌子美の兄・俊祐は、妹思いで、営む花屋も常連客がたくさんいるなど近隣の人々に親しまれ、友人たちからも信頼されており、よく相談事をされるが、実は人には決して明かせない一面を持っている……という役どころだ。

 妹に優しい俊祐だが、工藤さんも「きょうだいのためなら自分の時間を削れる」と話すほど、弟妹思いの兄だ。「昔から本当にきょうだい仲は良くて、それぞれ仕事を始める前までは、誕生日はどんな予定があっても絶対に予定を空けて家に帰っていました!」とにっこり。多忙な父親の代わりに、弟や妹の卒業式にも全て工藤さんが出席したという。

 そんなきょうだいの存在が、今回の役作りのヒントになっていると話す工藤さん。「家族とはいえ、きょうだい一人一人、個性も性格も違うので、それぞれへの話し方も違ってくるんです。妹たちのおかげで、萌子美に対する話し方や接し方の引き出しはたくさんあると思います」といい、「第1話で萌子美が部屋に閉じこもって、俊祐が声をかけるシーンでは、閉じこもった妹の部屋に入っての声のかけ方だったり、トーン、話し方などは兄としての経験が参考になりましたね」と振り返った。

 俊祐は周囲の人物から愛される一見明るい好青年だが、実は人に言えない秘密も抱えている。工藤さんに自身も仲のよいきょうだいに秘密にすることはあるか、と尋ねると「自分は結構話しますね(笑い)」という答えが。「でも、必ずしも秘密を言えるから良い関係性だとは思っていなくて、相手を傷つけるようなことであった場合は言わない方が思いやりにもなりますし、自分は言える秘密だからこそ言っている部分はありますね」と語った。

 そういった“人を思いやる気持ち”も今作のテーマになっているという工藤さん。「ぬいぐるみや植物の気持ちが分かる萌子美のような、これまでの自身の価値観だったり、固定観念をくつがえすような人と出会った時に、それを受け入れることが果たしてできるか、台本を読みながら考えていました」と語る。「そんな許容だったり、人を思いやる気持ちを役を通して改めて学んでいきたいです」と意気込んだ。

 実は1年ほど前から、家族もののホームドラマをやりたいと話していたという工藤さん。今年30歳、友人も結婚し、家庭を持ち始めた。「そんな友人たちから温かい日常や物語を聞いたり、家庭を持ったゆえの苦悩を聞いたりしていると、いいなって(笑い)。父親役というよりか、大きな枠で家族の温かみを伝えられるドラマをやってみたいと思っていました」という。「自分にとっては節目の年。また新たな扉が開くかもしれないという高揚感はありますね!」と笑顔で話してくれた。

<ドラマ紹介>「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」小芝風花主演 “不思議な感覚”持つ主人公と家族のヒューマンドラマ 橋部敦子脚本  第1話あらすじも

1月23日スタートの連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝風花さん=テレビ朝日提供
1月23日スタートの連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝風花さん=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さん主演の連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど」(テレビ朝日系、土曜午後11時)が1月23日に始まる。小芝さん演じる幼少期からぬいぐるみや植物などモノの気持ちが分かる不思議な感覚を持つため、極力他人と関わらないように生きてきた清水萌子美(しみず・もこみ)が、さまざまな経験を通して成長していく姿を軸に萌子美の家族の再生を描くヒューマンホームドラマ。

 連続ドラマ「僕の生きる道」(カンテレ・フジテレビ系)の僕シリーズ3部作などの橋部敦子さんが脚本を手がける。

 第1話は、小さな工場で不良品チェックのアルバイトをしている萌子美。ある日、他の従業員が仕分け終わった部品に不良品があるのに気付き、思わず「その子、ケガ」と言いかけてしまう。幼い頃からモノの気持ちが分かる感覚を隠せず、周囲との間に波風を立てることも少なくなかった萌子美は、工場でもどこか周りから浮いた存在だった。

 母の千華子は、そんな娘がほかの子供たちとどこか違うことに長年悩み、何事もなく暮らしてほしいと願いつつ、それすらかなわないことに不安を抱き続けていた。22歳の誕生日。萌子美はある理由から工場に行きたくないと言い出す。この日だけは穏便に過ごしたい、と千華子は娘の言うことを聞く。その夜、家族そろって誕生祝いをしていると、訪問者があり……。

 萌子美の母・千華子を富田靖子さん、千華子の言いなりの父・伸寛を田辺誠一さん、妹思いの優しくて明るい兄だが人には明かせない一面をもつ俊祐を工藤阿須加さん、娘の千華子との確執を抱えながらも清水家に転がり込んでいる祖父・須田観を橋爪功さんが務める。

<インタビュー>小芝風花「悩みながら演じています」 コメディエンヌから“新境地”へ 「モコミ」でデリケートな感覚の主人公に

連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝風花さん
連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝風花さん

 1月23日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠で放送される連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(毎週土曜午後11時)で主演を務める女優の小芝風花さん。小芝さんといえば、2019年の「トクサツガガガ」から「べしゃり暮らし」、2020年の「妖怪シェアハウス」など最近はコメディエンヌとして高い評価を得ているが、今作は、主人公の心の成長と家族の再生を描くヒューマンホームドラマで、脚本も「僕の生きる道」をはじめとした「僕シリーズ3部作」などの橋部敦子さんが手がける。役について「今まで演じてきた役とはぜんぜん違う。悩みながら演じています」と語る小芝さんに話を聞いた。

 ◇

 ドラマは、幼少の頃よりぬいぐるみや植物などの気持ちが分かる“不思議な感覚”を持つため、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきた清水萌子美(しみず・もこみ、小芝さん)がさまざまな経験を通して成長していく姿や、家族の再生を描く。小芝さんによると、主人公の萌子美は「昔から見えている世界が普通の人とは違っていたことで、周りから『変だね』『気持ち悪い』とか言われたりして、ずっと人と向き合うことが怖かったり、感情を押し殺して生きてきたのですが、物や植物の気持ちが分かる優しい子です」という。

 周囲からコミュニケーション力に問題があると指摘され、小学校5年生からほとんど学校に通わなくなり、以来20歳まで家で引きこもっていた萌子美。デリケートな面の強いキャラクターは、小芝さんがこれまでコメディー作品で演じてきたはつらつとしたキャラクターとは正反対。「最近はコメディー作品で演じることが多かったのですが、コメディーとはせりふのテンポ感などがまったく違うのですごく難しいです……」と明かす。

 「この会話は面白く成立させていいのかな?」とついつい考えてしまうという小芝さん。「私自身、普段口数が多い方なので、『これ言っていいのかな?』と迷いながら生きてきた萌子美を演じる時は、“この話を聞いている時はどう思っているのだろう”とか、“この時の距離感はどうなんだろう”って意識しています」と明かす。また、シーンごとに試行錯誤を重ねているといい、「自身も悩みながら演技をしていることが、周囲との関係に悩んでいる萌子美そのままの役どころになっています」と語った。

 小芝さんは、萌子美と自身との共通点として「私もずっと自分の意見を言うのが怖かった」と話す。「今まで嫌なことがあったり、嫌なことを言われても笑ってごまかす癖がずっとあって。そんな時は家に帰って母に愚痴を聞いてもらっていたのですが、(新型コロナウイルス感染拡大の影響による)自粛期間中に自分と向き合う時間が大きくて、いろんな作品に出演させていただけて、いろんな人と出会えているので、ちゃんと自分の意見を伝えなければ、と思うようになりました」

 今年で芸能生活10年目、また2021年は“年女”の年でもある。女優としてこれからも「いろんな作品で、いろんな役を演じたい」といい、「こうやって今まで演じたことのないような役をもらえるのはうれしいです!」とにっこり。「本読みの時に橋部さんから『もう全部お任せします』と言っていただいて。ちゃんと乗り越えて成長できるように頑張っていきたいです」と意気込んだ。

 キャリア10年目、節目の年に一歩ずつ新たな境地を切り開こうとしている小芝さん。今作でまた新たな魅力を見せてくれるだろう。

加藤清史郎「モコミ」で小芝風花の恋の相手役 10年ぶりテレ朝連ドラレギュラー

連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演する加藤清史郎さん(左)と小芝風花さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演する加藤清史郎さん(左)と小芝風花さん=テレビ朝日提供

 俳優の加藤清史郎さんが、小芝風花さん主演で2021年1月23日にスタートする連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(テレビ朝日系、土曜午後11時)に出演することが12月22日、明らかになった。加藤さんが同局の連続ドラマにレギュラー出演するのは、2011年に放送された「11人もいる!」以来10年ぶり。今作では、小芝さん演じる主人公・清水萌子美の淡い恋の相手役を演じる。

 加藤さん演じる岸田佑矢は、モノの気持ちが分かってしまう萌子美が、「自分を変えたい!」と勇気を出して、一歩前に踏み出す際に出会う青年。萌子美にとって佑矢は、外の世界とのかけ橋になる、重要な存在だ。

 NHK大河ドラマ「天地人」(2009年)で主人公の幼少期を演じ、注目されてから着々とキャリアを積んできた加藤さんだが、「これまで、ドラマの中で誰かの恋愛対象になる役柄を演じたことがなかったので、今回のお話を最初に聞いたときは、『僕でいいのでしょうか?』と心配になりましたし、とてもドキドキしました」といい、「萌子美と佑矢の距離がどうやって近づいていくのかまだまだ未知の部分がありますが、新しい役を演じられることが楽しみです。ドラマの中でも萌子美と佑矢の恋愛がいいスパイスになると思うので、萌子美の目から見た佑矢がキラキラしてみえるよう、精いっぱい演じたいと思います!」と意気込んでいる。

小芝風花の“家族”に工藤阿須加、田辺誠一、富田靖子ら “訳あり祖父”に橋爪功も 来年1月23日スタート

連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演する(左上から時計回りに)工藤阿須加さん、橋爪功さん、富田靖子さん、田辺誠一さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演する(左上から時計回りに)工藤阿須加さん、橋爪功さん、富田靖子さん、田辺誠一さん=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さんが主演を務めるドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の放送開始日が2021年1月23日に決定し、俳優の工藤阿須加さん、田辺誠一さん、富田靖子さん、橋爪功さんらの出演が12月8日、発表された。小芝さん扮(ふん)する主人公の清水萌子美の兄を工藤さん、父を田辺さん、母を富田さん、祖父を橋爪さんが演じる。

 工藤さん演じる清水俊祐は殻にこもりがちな妹を心配する兄、田辺さん演じる清水伸寛は優しすぎるため家庭での存在感が薄い父、富田さん演じる清水千華子は娘を心配するあまり過干渉になる母という役どころ。橋爪さん演じる須田観は清水家に同居することになる祖父で、家族の間に波紋を起こしていく。

 工藤さんは「僕は5人兄妹の長男で、妹がいるので、モコミを演じる小芝さんとコミュニケーションを取りながら本当の兄妹のような関係性を築けていけたらと思います」と意気込みを語った。橋爪さんは「彼女となら、変に作り込まなくても、良い関係が築けるだろうし、面白いドラマが作れる気がしています」と期待を寄せている。

 富田さんは「各登場人物の心情が丁寧に描かれていたので、一気に引き込まれました」と脚本の感想を語り、田辺さんは「清水家は基本“ホッコリ系”です。ドラマを見終わったとき『家族っていいな』と思ってもらいたい」とアピールしている。

 そのほかに、俊祐が切り盛りする花屋の店員・依田涼音役で水沢エレナさん、桜井真由役で内藤理沙さんの出演も決定。2人は家族とは違う立場から萌子美の成長に関わっていく。

 2021年1月23日から同局の「土曜ナイトドラマ」枠で放送。

=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供

小芝風花、「土曜ナイトドラマ」で半年ぶり主演 ぬいぐるみの気持ちが分かる“不思議な感覚”の持ち主に

2021年1月スタートの連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝風花さん=テレビ朝日提供
2021年1月スタートの連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝風花さん=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さんが、2021年1月からテレビ朝日系の「土曜ナイトドラマ」(土曜午後11時)で放送される連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に主演することが11月19日、明らかになった。小芝さんは、今夏、同枠で放送された主演ドラマ「妖怪シェアハウス」が「ギャラクシー賞」(放送批評懇談会)の月間賞を受賞しており、半年ぶりに同枠に“帰還”する。

 本作は、「救命病棟24時」の第1、第2シリーズや、「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」などの橋部敦子さんが脚本を手掛けるオリジナル作品。小芝さんは、ぬいぐるみや植物の“気持ち”が分かる“不思議な感覚”の持ち主・清水萌子美を演じる。

 「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」は、“不思議な感覚”を持っているが故、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきた萌子美が、あることをきっかけに、さまざまな経験をし成長していく姿と共に、家族の再生を描く“ヒューマンホームドラマ”。

 ◇小芝風花さんのコメント

 --民放連続ドラマで2回目の主演となります。感想をお聞かせください。

 また土曜ナイトドラマで主演を務めさせていただけることがうれしいです! 「妖怪シェアハウス」同様、頑張ろう!という気持ちでいっぱいです。今回は眠る前の一時、見てくださる方の心がホッコリするような、気持ちよく眠れるような、一週間頑張ったご褒美になるような作品にしたいです。

 --本作の脚本を読んでの感想は?

 コロナという大変な問題が起こり、今年は人との距離をどう取ればいいのか、改めて考えた年になったと思います。この作品ではとても近い距離にある家族の関係を描いていて、萌子美たち家族は一見平穏だけれど、実は心がバラバラだったことが明かされます。橋部さんの脚本は、人の感情の動きがとても丁寧に描かれ、萌子美たち家族が再生していく姿からは、今の時代だからこそ伝わるものがたくさんある気がします。

 --萌子美をどのように演じたいか、役作りで意識していることはありますか?

 萌子美の1番の特徴は物の気持ちが分かることなので、物と対峙(たいじ)したとき一方的に物の言うことに耳を傾けるのではなく、ちゃんと“会話”しているように見せたいです。物がどんな風に話しているのか、その物はどんな性格なのか、テレビの画面越しに伝えるのはとても難しいですが、丁寧に演じたいと思います。一方で、萌子美はどこにでもいる女の子だと思うので彼女の普通っぽさも忘れないようにしたいです。

 もう一つは“距離感”です。家族との距離感、他人との距離感、物との距離感……。家族は大切だけれど、物の気持ちを聞いている方が落ち着くような、萌子美の“心の距離感”をしっかり表現していきたいです。

 --小芝さんが物の気持ちが分かるとしたら、どんな物の気持ちを知りたいですか?

 ペットです! 今は飼っていませんが、何を考えているのか、何を欲しているのか、知りたくないですか? ペットではありませんが、家に観葉植物のガジュマルがあって、母と一緒に面倒を見るのにハマっているんです。観葉植物って水をあげるタイミングが難しいんですよ! あげ過ぎてもいけないし、足りないと枯れてしまうし。「今、水が欲しい!」とか「栄養が足りないよ!」とか言ってくれたら助かりますね(笑い)。

 --小芝さんと萌子美に共通点はありますか?

 萌子美は周りから「ヘンな子」というレッテルを貼られ、自分がしゃべると気味悪がられるんじゃないか、家族に迷惑をかけてしまうんじゃないかと思っているので、人と上手にコミュニケーションが取れません。私も、「ここはこうしてほしい」とリクエストするのが苦手なので、そういう面では萌子美に近いかもしれないです。それと、ガジュマルのことを「ガジュさん」と呼んで話しかけているので、そこはちょっと萌子美っぽいかもしれないです(笑い)。

 --視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 萌子美は自分だけの小さな世界から勇気を出して一歩踏み出し、数々の出来事に向き合います。そんな萌子美の奮闘をぜひ応援していただきたいです! 私自身も人との距離感や、自分の気持ちをなかなか伝えられないことなど、何か悩んでいる方に寄り添えるよう、さらに前に進むきっかけになるよう、いろいろなことに頑張る萌子美を精いっぱい演じます!

 ◇橋部敦子さんのコメント

 --「土曜ナイトドラマ枠」の執筆で、何か意識したことはありましたか?

 前々からナイトドラマを書かせていただきたいと言い続けていて、それがかなってとてもうれしいです。今回は冬の土曜の夜に、ホッコリ笑えて温もりを感じていただけるドラマをお届けするという思いから、企画が立ち上がりました。

 --「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」では、どんな物語を紡いでいきたいですか?

 ずっと自分自身を隠してきた萌子美が、本来の自分を呼び覚ましていく物語であり、萌子美の変容と共に、家族が再生していく物語です。それぞれの人物が、目をそらしていたことに向き合っていく過程を、ホッコリと描いていきます。人とは違う感覚を持っている萌子美のお芝居や、その感覚を表す映像表現は、私自身も楽しみなところです。

 --小芝さんの印象を教えてください。モコミのキャラクターで楽しみにしている部分はありますか?

 幅広い役を演じることができる、とてもチャーミングな役者さんという印象です。楽しみにしているところは、たくさんありすぎます。脚本を書いていても、小芝さんがどんな表情をするのだろうと思うとワクワクするシーンが、たくさんあります。

 --視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 冬の土曜の夜、「モコミ」に登場する人々に、ぜひ会いにきていただきたいです。とてもすてきなキャストの皆さんが演じてくださり、愛らしい人々のお話になると確信しています。物語を通じ、ささやかではありますが、きっと何かを受け取っていただけると思います。

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠
2021年1月23日からスタート 土曜午後11時放送