人生最高の贈りもの あらすじ

人生最高の贈りものあらすじ

 ドラマ「人生最高の贈りもの」は、テレビ東京で2021年1月4日に放送される新春ドラマスペシャル。女優の石原さとみさんが、テレビ東京のドラマで初主演を務める。本作は、余命宣告を受けた1人の女性と、彼女を取り巻く家族の絆を描いた作品。自分の運命を明るく前向きに進もうとする主人公・田渕ゆり子を演じる石原さんは、「自分自身の生活にも豊かさを生み出すことに幸せを感じられる今の自分だからこそできる作品だと感じました」と作品について語っている。

 ドラマは、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんによるオリジナル脚本。日本テレビ時代に「池中玄太」シリーズなどを手がけた石橋冠監督がメガホンをとる。石原さんが、岡田さんと石橋監督の作品に出演するのは初めてとなる。

 東京・豊島区で、妻に先立たれた元大学講師の翻訳家・笹井亮介が1人暮らしをしていた。ある日、長野県安曇野で夫・田渕繁行と暮らしていた一人娘・ゆり子が、父のもとに帰ってくる。連絡もなく突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は一切語ろうとしない。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていく父と娘の2人暮らし。ところが、娘の人生に残された時間はわずかだった……という展開。

 ドラマは2021年1月4日午後8時から放送。

ドラマ「人生最高の贈りもの 」のあらすじ

石原さとみ主演テレ東SPドラマ「人生最高の贈りもの」が1月4日放送 岡田惠和が描く家族の絆 寺尾聰、向井理、勝地涼ら出演

新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」で主演を務める石原さとみさん (C)テレビ東京
新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」で主演を務める石原さとみさん (C)テレビ東京

 女優の石原さとみさんが主演を務めるテレビ東京系の新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」が1月4日午後8時から放送される。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などの岡田惠和(よしかず)さんによるオリジナル脚本。石原さんは自分の運命を、明るく前向きに進もうとする主人公・田渕ゆり子を演じ、家族の絆を描いた愛と感動の物語となる。

 ドラマには、ゆり子の父親で元大学講師の翻訳家・笹井亮介役で寺尾聰さん、笹井亮介の元教え子で、英語教師のゆり子の夫・田渕繁行役で向井理さん、亮介の担当編集者で締め切りを守らない亮介に頭を抱える野村役で勝地涼さんらが出演。日本テレビ時代に「池中玄太シリーズ」や「新宿鮫シリーズ」など数多くの名作ドラマを演出してきた石橋冠さんが監督を務めた。

 妻に先立たれ、東京都豊島区で一人暮らしをしていた笹井亮介(寺尾さん)の元に、ある日、長野県安曇野で夫と暮らしていた一人娘の田渕ゆり子(石原さん)が帰ってくる。連絡もなく突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は一切語ろうとしない。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていく父と娘の2人暮らし。ところが、娘の人生に残された時間はわずかだった……というストーリー。1月4日午後8時~同9時54分に放送される。