日本沈没-希望のひと- あらすじ

日本沈没-希望のひと-あらすじ

 ドラマ「日本沈没-希望のひと-」は、2021年10月期にTBS系の「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ。俳優の小栗旬さんが主演する。小栗さんが同枠で主演を務めるのは、2010年に放送された「獣医ドリトル」以来、約11年ぶり。松山ケンイチさん、杏さん、仲村トオルさん、香川照之さんも出演する。

 原作は1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」。翌年、同局で実写化したテレビドラマが放送されたほか、2本の映画、アニメ、マンガ化もされた。今回のドラマは、原作を大きくアレンジ。2023年の東京が舞台で、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが、沈没という目に見えない危機が迫る中、テーマとなる「見いだしていく希望」が描かれる。

 小栗さんは、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚・天海啓示(あまみ・けいし)、松山さんは、天海と同じく各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した「日本未来推進会議」に経産省代表として参加している常盤紘一、仲村さんは、日本未来推進会議を発足した総理大臣の東山栄一、杏さんは週刊誌の女性記者・椎名実梨(みのり)、香川さんは、日本地球物理学界の異端児・田所雄介を演じる。

 脚本は、「華麗なる一族」「獣医ドリトル」(共にTBS系)、「ウォーターボーイズ」シリーズ(フジテレビ系)、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)などの橋本裕志さん、プロデューサーは「グッドワイフ」「グランメゾン東京」「おカネの切れ目が恋のはじまり」(全てTBS系)などの東仲恵吾さんが担当する。

ドラマ「日本沈没-希望のひと-」のあらすじ