日本沈没-希望のひと- あらすじ

日本沈没-希望のひと-あらすじ

 ドラマ「日本沈没-希望のひと-」は、2021年10月期にTBS系の「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ。俳優の小栗旬さんが主演する。小栗さんが同枠で主演を務めるのは、2010年に放送された「獣医ドリトル」以来、約11年ぶり。松山ケンイチさん、杏さん、仲村トオルさん、香川照之さんも出演する。

 原作は1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」。翌年、同局で実写化したテレビドラマが放送されたほか、2本の映画、アニメ、マンガ化もされた。今回のドラマは、原作を大きくアレンジ。2023年の東京が舞台で、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが、沈没という目に見えない危機が迫る中、テーマとなる「見いだしていく希望」が描かれる。

 小栗さんは、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚・天海啓示(あまみ・けいし)、松山さんは、天海と同じく各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した「日本未来推進会議」に経産省代表として参加している常盤紘一、仲村さんは、日本未来推進会議を発足した総理大臣の東山栄一、杏さんは週刊誌の女性記者・椎名実梨(みのり)、香川さんは、日本地球物理学界の異端児・田所雄介を演じる。

 脚本は、「華麗なる一族」「獣医ドリトル」(共にTBS系)、「ウォーターボーイズ」シリーズ(フジテレビ系)、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)などの橋本裕志さん、プロデューサーは「グッドワイフ」「グランメゾン東京」「おカネの切れ目が恋のはじまり」(全てTBS系)などの東仲恵吾さんが担当する。

ドラマ「日本沈没-希望のひと-」のあらすじ

第2話のあらすじ “天海”小栗旬、絶体絶命のピンチに

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第2話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第2話が、10月17日に放送される。15分拡大で放送。

 田所博士(香川照之さん)の予測通り、日之島が沈んだ。関東沈没の前兆ということで、環境省の天海啓示(小栗さん)は早急に対策を立てるように、と日本未来推進会議で訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼さん)は「ただの地滑りだ」と否定する。

 そんな中、天海が企業から不正に金をもらっていたという記事が週刊誌に掲載される。天海は否定するが、環境省では謹慎処分、未来推進会議からも外されそうになる。絶体絶命のピンチに、田所から「解決の糸口になるかも」と、海上保安庁の海底調査データを入手するように頼まれた天海。経産省の常盤紘一(松山ケンイチさん)にデータ入手を依頼するが……。

第3話のあらすじ “天海”小栗旬、対策の緊急性強く訴え “里城”石橋蓮司には相手にされず

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第3話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第3話が10月24日に放送される。

 「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之さん)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗さん)。対策の緊急性を強く訴えるが、里城副総理(石橋蓮司さん)は田所を詐欺学者と決めつけて相手にせず、東山総理(仲村トオルさん)も即断できない。

 記者の椎名(杏さん)は、天海と共に危機感を募らせる常盤(松山ケンイチさん)に接触する。その夜、常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦さん)に呼ばれた常盤だが、そこには里城がいて、天海の人間性や関東沈没説への見解を聞かれる。

 日本未来推進会議は関東沈没への対策を議題に検討会を開催。天海が、地球物理学の世界的権威でアメリカの教授・ジェンキンスが田所博士の分析を支持したことを告げると、会議は一気に緊迫感を増して……。

第4話のあらすじ 「関東圏沈没」の記事が掲載 “常盤”松山ケンイチ、“田所”香川照之に怒りを抑えられず

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第4話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第4話が11月7日に放送される。

 「半年以内に関東圏沈没」の記事が新聞に載った。里城副総理(石橋蓮司さん)や長沼官房長官(杉本哲太さん)はネタ元特定に躍起。東山総理(仲村トオルさん)は椎名(杏さん)を呼び出し問い詰める。椎名は東山が会見するべきだと言う。

 環境省の天海(小栗さん)とも話した東山は会見を開催。総理の口から関東沈没の可能性が語られ、国民は大混乱に陥る。危機対策は日本未来推進会議に委ねられ、経産省の常盤(松山ケンイチさん)を中心に迅速な対応が進む。

 そんな中、ワイドショーで関東沈没の現状を話す田所(香川照之さん)。東山が発表していない情報で、常盤は怒りを抑えられない。一方で、新聞にリークしたのも天海では? という疑念を拭えなくて……。

第5話のあらすじ 関東沈没で“天海”小栗旬ら被害 “田所”香川照之の導き出したこととは?

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第5話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第5話が11月14日に15分拡大で放送される。

 恐れていた関東沈没は突然始まり、首都圏を中心に深刻な災害となった。沿岸部にいた天海(小栗さん)と椎名(杏さん)も巻き込まれ、被害を受ける。天海の妻・香織(比嘉愛未さん)と娘の茜(宝辺花帆美ちゃん)、椎名の母・和子(宮崎美子さん)らの乗った避難バスがトンネル崩落事故に巻き込まれたという情報も。

 東山総理(仲村トオルさん)は全力対応を国民に約束。常盤(松山ケンイチさん)ら日本未来推進会議のメンバーは総理の指示下、被害状況の把握や被災者の救助などの対応にあたっていた。

 第2波が来るのかどうか注目される中、昼夜を徹してデータ検証していた田所博士(香川照之さん)が一つの結論に達して……。

第6話のあらすじ 第2章「日本沈没編」開幕 “天海”小栗旬、“田所”香川照之に重大事実伝えられる

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第6話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第6話が11月21日に放送される。第2章「日本沈没編」が始まる。

 天海(小栗さん)が日本未来推進会議に戻って来た。首都東京の復興に向けて、取り組む決意を誓い合う。国民は日常を取り戻しつつあり、政府でも復興議論が進められていた。

 復興計画を巡り東山総理(仲村トオルさん)と里城副総理(石橋蓮司さん)は再び対立。東山は、関東沈没を経て、里城に立ち向かう覚悟を決めていたが、未来推進会議の進めていた復興計画に東山主導で突如ストップがかかる。里城が奇策を弄(ろう)してきたのだ。

 天海は田所博士(香川照之さん)に呼ばれ、日本沈没、という事実を伝えられる。だが、里城だけはその事実をいまだに認めていない。天海は独断で、国民の命を救うためにできることをやろうとするも、高い壁に阻まれる。そんな中、衝撃の出来事が起こり……。

第7話のあらすじ “里城”石橋蓮司の主導下、“日本沈没”が無かったことに? “天海”小栗旬、窮地に追い込まれる

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第7話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第7話が11月28日に放送される。

 田所博士(香川照之さん)が日本沈没の機密情報を漏らした疑いで東京地検特捜部に連行された。国家機密とされていた日本沈没は、里城副総理(石橋蓮司さん)主導の下、無かったことにされようとしていた。

 著名なジェンキンス教授(モーリー・ロバートソンさん)も日本沈没を否定する。天海(小栗さん)は企業の協力も得られず、窮地に追い込まれる。

 政府にDプランズから接触があり、海外の土地購入の話を持ち掛けてくる。東山総理(仲村トオルさん)は購入を決断。そんな中、天海は椎名(杏さん)の協力を得ながら、田所を陥れたいと考える人物を特定しつつあり……。

 ドラマは、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」をアレンジ。環境省官僚・天海啓示らが2023年、国の海中沈没という未曽有の危機に立ち向かう姿を描く。

第8話のあらすじ 移民交渉の窓口は閉じられ、八方塞がり “天海”小栗旬、危険な賭けを思い付くが?

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第8話のワンシーン(C)TBS
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第8話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第8話が12月5日に放送される。

 中国は、アメリカの会見を受けて、日本政府との移民交渉を完全に遮断。世界各国も中国に同調し、移民交渉の窓口は閉じられた。世界に日本沈没の情報が知れ渡り、日本国内でも政府や東山総理(仲村トオルさん)への怒りは日増しに高まっていた。

 再交渉を試みる日本政府に中国は到底不可能な条件を突きつける。天海(小栗さん)と常盤(松山ケンイチさん)は、何とか交渉を進めるために動くが不調。八方塞がりの中、田所博士(香川照之さん)からは、日本沈没はいつ起きてもおかしくないとの話を聞かされる。

 追い込まれた天海は、中国に対しての危険な賭けを思い付く。里城副総理(石橋蓮司さん)の協力も得て、それを実行する。そして、衝撃的な出来事が待ち受けていて……。

最終話のあらすじ 2時間3分SP「さよなら日本」 さらなる悲劇で移民受け入れ停止 そして日本沈没が

連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」最終話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」最終話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」最終話「さよなら日本」が12月12日に放送される。沈没までわずかとなった日本で、最後の一人を救うまで立ち向かう天海啓示(小栗さん)らの奮闘が2時間3分スペシャルで描かれる。

 東山総理(仲村トオルさん)を狙ったテロのニュースは、全世界に大きな衝撃を与えた。国内の情勢が不安定と判断されて移民計画に影響することを恐れた日本政府は、早急に里城副総理(石橋蓮司さん)を総理代行にして世界へアピールする。

 しかし、移民計画が進行していた矢先に、さらに予期していなかった悲劇が起こってしまう。天海、常盤(松山ケンイチさん)ら日本未来推進会議が中心となって事態の打開に挑むが、状況は改善しない。そして、ついに全世界で日本人移民の受け入れ停止が発表される。

 そんな中、追いうちをかけるように田所博士(香川照之さん)から、「日本沈没までもう時間がない」と警告される。それでも最後の一人を救うまで、天海は関東に残って立ち向かう決意をする。

 そして、ついに恐れていた日本沈没が起きる。天海や常盤の安否は……。日本人にとって「希望のひと」となれたのか……。

 ドラマは、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」をアレンジ。環境省官僚・天海啓示らが2023年、国の海中沈没という未曽有の危機に立ち向かう姿を描く。