星になりたかった君と あらすじ

星になりたかった君とあらすじ

 ドラマ「星になりたかった君と」は、第1回令和小説大賞受賞作「星になりたかった君と」を実写ドラマ化。俳優の眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さんが主演を務める。眞栄田さんは今作が地上波ドラマ初主演となる。眞栄田さんは人生につまずき迷い続ける主人公・鷲上秀星を演じ、アイドルグループ「日向坂46」の渡邉美穂さんが、将来が見えずに「星になりたい」と願うヒロインの少女・琴坂那沙役で出演する。

 ドラマは、遊歩新夢(ゆうほ・にいむ)さんの小説「星になりたかった君と」(実業之日本社)が原案。物語は、天文学者になることを夢見ながら、人生に思い悩み、大学休学中の秀星(眞栄田さん)と、心臓を患い余命いくばくもない那沙(渡邉さん)はある日、プラネタリウムで偶然出会い、2人の運命は交錯していく。「私は星になりたい」、そんな那沙に少しずつ惹(ひ)かれていく秀星。徐々に心を通わせていく中で、秀星はある事実を知ることになる。

 物語のキーパーソンとなる謎の青年・ナユタ役で板垣瑞生さん、那沙の姉で、那沙にとって唯一の理解者・琴坂詩織役で高月彩良さん、秀星の祖父で天文学者の鷲上貴生役で嶋田久作さんも出演する。

 日本テレビで、2021年1月4、5日深夜0時59分~同1時29分に放送。また、ドラマの地上波放送終了直後から動画配信サービス「Hulu(フールー)」で、オリジナルストーリー「星になりたかった君と~もうひとつの物語~」の配信もスタートする。新たなシーンを盛り込み、地上波版とは違った展開やエンディングになっているという。

ドラマ「星になりたかった君と」のあらすじ