イチケイのカラス キャスト

イチケイのカラスキャスト

竹野内豊
黒木華
新田真剣佑
小日向文世
草刈民代
山崎育三郎
升毅

竹野内豊、11年ぶり月9主演で初裁判官役 黒木華と初共演 「イチケイのカラス」21年4月スタート

2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する竹野内豊さん(左)と黒木華さん (C)フジテレビ
2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する竹野内豊さん(左)と黒木華さん (C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さんが2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)で主演を務めることが11月30日、明らかになった。竹野内さんは、2010年に同枠で放送された「流れ星」以来、11年ぶりとなる月9主演で、絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちおを演じる。また、裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは今作が初となり、竹野内さんも初の裁判官役となる。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の、自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。また、みちおは元弁護士という異色な経歴の持ち主で、裁判官になった背景には、過去のとある事件が深く関わっていて、物語が展開するにつれ、みちおの知られざる過去も次第に明らかになっていく。

 竹野内さんは「今まで、裁判官の方にはお会いしたこともなければ、刑事裁判官という職業に焦点が当たった連ドラも今までなかったので、台本を読んで、勉強になりました。イチケイメンバーの会話のテンポもよく、一人一人のキャラクターが生きているので、これは面白い作品になるだろうなと思いました」と印象を語る。また、「人の今後の人生を左右する職業なので、型破りな役ですが、そこは丁寧に演じていかなければと思っています」と考えを明かすと、「裁判官も、ご覧になってくださる視聴者の皆様と同じ一人の人間だと思うので、“人を裁く”ということがいかに難しいかということを、一緒に考えていけるような作品が作れたらすてきだなと思います」と話していた。

 そんなみちおと真逆なタイプの裁判官・坂間千鶴役で女優の黒木華さんが“月9”初出演を果たす。坂間は東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物で、「裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている」と強烈に自負している……というキャラクターだ。黒木さんも裁判官役は初。また竹野内さんと黒木さんは今回が初共演となる。

 竹野内さんは黒木さんについて「変幻自在に役を演じられる日本で貴重な女優さんで、いつか共演してみたいと思っていた方でしたので、今回ご一緒できてうれしかったです」とコメント。一方、黒木さんも「今回初めてご一緒させていただきましたが、みちおさんを独特な雰囲気や、間で、魅力的に演じてらっしゃってすごく楽しいです」と竹野内さんの印象を語っていた。

 フジテレビ第1制作室の後藤博幸プロデューサーは、「有罪率99.9%、そこに関わる検事や弁護士がドラマで描かれることはよくありますが、その判決を下す裁判官にスポットライトがあたることは意外とありませんでした。今回は、正しい判決をするために奮闘する裁判官たちのその様を、笑いあり、涙あり、サスペンスありでテンポよく描きます。法廷には魅力的なキャラクターが多数登場しますが、中でも、竹野内豊さん演じるみちおの、常識を覆してでも真実を追い求める超マイペースな様、黒木華さん演じる坂間の、冗談の全く通じない堅物エリートっぷりは要注目です! ぜひご家族の皆さんでご覧いただき、元気になっていただいて、この先1週間の糧にしていただければうれしいです」とアピールしていた。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

新田真剣佑、“月9”ドラマ初出演 「イチケイのカラス」で“裁判官”竹野内豊をサポートする書記官役

4月スタートの「イチケイのカラス」に出演する新田真剣佑さん(C)フジテレビ
4月スタートの「イチケイのカラス」に出演する新田真剣佑さん(C)フジテレビ

 俳優の新田真剣佑さんが、俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)に出演することが2月5日、分かった。新田さんが“月9ドラマ”に出演するのは初めてで、主人公の裁判官・入間みちお(竹野内さん)をサポートする裁判所書記官の石倉文太(ぶんた)を演じる。竹野内さん、裁判官の坂間千鶴役の黒木華さんとは初共演となる。

 裁判所書記官は、裁判の記録や調書などを作成、保管するほか、裁判所主導の現場検証ではスケジュールの調整、検証に立ち会って記録したりと、裁判官をサポートする役割を担っている。石倉は人懐っこい性格でイチケイメンバーのムードメーカー。元傍聴マニアで、みちおが弁護士バッジを捨て裁判官へと転身するきっかけとなった、ある事件の裁判も傍聴していた。さらに、坂間には好意を抱いているという役どころだ。

 ドラマは浅見理都さんの同名マンガが原作。絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。4月スタート。

 ◇新田真剣佑さんのコメント

 --出演にあたって

 今まであまり見たことのない裁判官目線のお話なので、とても興味深く台本を読ませていただきました。撮影現場では、いつも竹野内さん、黒木さんたちと一緒で、とても楽しくやらせていただいています。

 --竹野内豊さん、黒木華さんについて

 竹野内さんとは子供の頃にお会いしており、それ以来ぶりにお会いでき、こうして共演させていただけることをうれしく思っています。黒木さんとも初めてご一緒させていただくのですが、一度舞台を見させていただき、とても感動したので、今回も勉強させていただけたらと思っています。

 --視聴者へのメッセージ

 長い期間をかけて皆で大切に撮影しています。放送をぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。そして、若手でありながらも懸命に頑張っている石倉の姿を、同世代の方にも伝えられたらと思っています。

 ◇後藤博幸プロデューサーのコメント

 裏方として裁判官を支え続ける裁判所書記官の仕事内容を事細かに答えられる人はそう多くはないと思いますが、ニュースなどで法廷が映る際、裁判官の下に座っているのが書記官と言われるとピンとくる方も多いのではないでしょうか。「イチケイのカラス」では裁判官だけでなく書記官にもスポットライトが当たります。その書記官を、華のある新田真剣佑さんに演じていただくことで、書記官の存在と魅力が世の中に伝わり、今後、裁判所書記官を目指す方が増えてくれるとうれしいです。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

伝説の刑事裁判官役で小日向文世、最高裁判所判事役で草刈民代が出演

“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する小日向文世さん(左)と草刈民代さん(C)フジテレビ
“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する小日向文世さん(左)と草刈民代さん(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演で、4月にスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)に、小日向文世さんと草刈民代さんが出演することが2月20日、分かった。小日向さんは伝説の刑事裁判官・駒沢義男、草刈さんは最高裁判所判事・日高亜紀をそれぞれ演じる。

 ドラマは浅見理都さんの同名マンガが原作。絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちお(竹野内さん)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)メンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

 小日向さんが演じる駒沢は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部の部長。任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテランであり、ニコニコと笑みを絶やさず、ユーモアに満ちた温厚な人物。出世コースに縁がなく、62歳にしてイチケイの部長止まりだが、実は有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において、30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官。みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった事件の裁判にも関わっており、みちおを裁判官の道へ導いた師でもある。

 また、草刈さんが演じる日高は最高裁判所判事。最高裁判所長官1人、最高裁判所判事14人の計15人で構成される最高裁判所裁判官において、女性初となる最高裁判所長官のポストに最も近いと言われている超エリートだ。みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物でもある。

山崎育三郎、新“月9”ドラマ「イチケイのカラス」出演 “刑事裁判官”竹野内豊に振り回されるクールな検事役

4月スタートの連続ドラマ「イチケイのカラス」に出演する山崎育三郎さん(C)フジテレビ
4月スタートの連続ドラマ「イチケイのカラス」に出演する山崎育三郎さん(C)フジテレビ

 俳優の山崎育三郎さんが、俳優の竹野内豊さん主演で4月にスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)にレギュラー出演することが3月10日、分かった。山崎さんが同枠の作品に出演するのは、2017年放送の「突然ですが、明日結婚します」以来、4年ぶり2度目。今作では、自由奔放な刑事裁判官・入間(いるま)みちお(竹野内さん)に振り回される正義感の強いクールな検事・井出伊織(いで・いおり)を演じる。

 井出は、みちおのお目付け役として東京地検第3支部へ異動してきた優秀な検事。みちおの自由奔放な言動に振り回されるが、次第にみちおの裁判官としての確固たる信念に気付き、一目置くようになるという設定。さらに、俳優の升毅さんが、井出とコンビを組む主任検事の城島怜治(れいじ)役で出演することも発表された。

 ◇山崎育三郎さんのコメント

 台本を読み終わった後の爽快感が印象的でした。井出の検事としての葛藤や、イチケイの皆さんとの関係性の中で生まれる絆がとても魅力的に描かれていると思います。井出は冒頭陳述などで事件の概要を説明していく役割でもあるので、セリフ量の多いシーンでもテンポの良さを意識しながら演じています。

 今回、コンビのような間柄である升さんですが、お互い野球好きということもあって、撮影の合間はずっと野球の話をしています(笑い)。みちお役の竹野内さんはいつも穏やかな雰囲気で、座長として周りのことをよく見てくださっているのですごく信頼しています。今までになかった刑事裁判官をメインとした作品で、笑いあり、涙あり、家族みんなで楽しめるような内容になっています。1週間の始まりである月曜の夜にぜひ楽しんでご覧いただきたいです.

 ◇升毅さんのコメント

 裁判については一般的な知識しかなかったのですが、台本を読んでいて、新しい知識が分かりやすく、テンポよく入ってくるので面白いと思いました。「被告人に判決を下す裁判官もまた、人間なんだ」という気付きもありましたね。裁判官と検察官は、本来なら一線を画す存在ではあるのですが、現場ではみんなとても仲良く、一つのチームのような雰囲気で撮影しています。竹野内さんは常に自然体で唯一無二の存在感ですし、黒木さんはとても気さくで気立てのいい女性です。山崎さんもクールで優秀な検事である井出にぴったりはまっています。「裁判劇」と聞くと堅苦しいイメージやサスペンスを想像されると思うのですが、このドラマはコメディー要素とシリアスな部分のメリハリがついています。裁判に対するイメージも変わると思うので、そこにも期待してご覧いただけたらうれしいです。

 ◇後藤博幸プロデューサーのコメント

 「イチケイのカラス」最大の売りの一つは、裁判官である主人公・みちおに周囲の人たちが振り回されることです。それは、有罪率99.9%を誇る検事も例外ではありません。若手エリート・井出と温情派ベテラン・城島による検事バディーが、公判でみちおのマイペースに巻き込まれ、検事としてあっと驚く行動を取ることも度々あり、そこにグッときたりクスッとなったりすると思います。他の作品では見られない“イチケイ”ならではの検事の活躍にご期待ください!

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

チョコレートプラネット&ミルクボーイ“月9”初出演 “裁判官”竹野内豊ファンの傍聴マニア役

連続ドラマ「イチケイのカラス」第1話にゲスト出演するチョコレートプラネット(中央)(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第1話にゲスト出演するチョコレートプラネット(中央)(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演で4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)に、お笑いコンビ「チョコレートプラネット」と「ミルクボーイ」がゲスト出演することが3月29日、分かった。両コンビが同枠のドラマに出演するのは今回が初めて。チョコレートプラネットは4月5日放送の第1話、ミルクボーイは同12日放送の第2話に登場する。

 両コンビは、主人公の自由奔放な刑事裁判官・入間(いるま)みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」のメンバーで、裁判の“傍聴マニア”を演じる。みちおの型破りな言動をひたすらメモし、判決の行く末を見守るキャラクターとなる。「みちおを見守る会」の会長は、俳優の明樂哲典(あきら・てつのり)さんが演じる。

 ドラマは浅見理都さんの同名マンガが原作。絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端の刑事裁判官・みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。黒木華さん、新田真剣佑さんらも出演する。

 4月5日の初回は30分拡大版で放送される。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

前田敦子、月9「イチケイのカラス」 幼児虐待容疑の母に 「心が苦しく」

連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話にゲスト出演する前田敦子さん (C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話にゲスト出演する前田敦子さん (C)フジテレビ

 女優の前田敦子さんが、4月5日にスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)の第2話にゲスト出演することが明らかになった。竹野内豊さんが異端の刑事裁判官役で主演を務めるドラマで、前田さんは、4月12日放送の第2話で、幼児虐待の容疑で起訴される料理研究家・深瀬瑤子(ふかせ・ようこ)を演じる。

 前田さんは「とても心が苦しくなる役どころでしたので、やらせていただくべきかすごく迷いましたが、新しい挑戦をしてみたく、飛び込んでみました。田中(亮)監督の演出と導きにとても救われました」と話している。

 ドラマは、浅見理都さんの同名マンガが原作。異端の刑事裁判官・みちお(竹野内さん)が、冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証をして、事件の真相を明らかにしていく。

 前田さんが演じる瑤子は1歳半の長女が泣きやまないことにいら立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことで、2年6カ月の有罪判決を受ける。瑤子は判決を不服として控訴し、高裁は審理内容を精査し、地裁に差し戻すことになる。
 

<ドラマ紹介>「イチケイのカラス」 竹野内豊が11年ぶり“月9”主演 型破りな刑事裁判官に 黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎ら出演

4月5日スタートの連続ドラマ「イチケイのカラス」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
4月5日スタートの連続ドラマ「イチケイのカラス」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)が4月5日に始まる。竹野内さんの同枠主演は2010年放送の「流れ星」以来11年ぶり。自由奔放で型破りな刑事裁判官の入間みちおと、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)メンバーの活躍を“コミカル&ビター”に描く。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ(講談社)。みちお(竹野内さん)は異端の刑事裁判官。ひげをはやしてカジュアルな服装をしている。絶対に冤罪(えんざい)を生まないよう、自らの足で現場検証して事件の真相を明らかにしていく。

 経歴も異色で元弁護士。裁判官になった背景には、過去のある事件が深く関わっていて、物語が進むにつれ、その知られざる過去が明らかになっていく。

 イチケイのメンバーは、黒木華さん、新田真剣佑さん、桜井ユキさん、水谷果穂さん、中村梅雀さん、小日向文世さんが演じる。黒木さんはみちおと真逆なタイプで冗談の全く通じない堅物裁判官・坂間千鶴。新田さんはみちおのファンで彼をサポートする裁判所書記官の石倉文太(ぶんた)。中村さんはお人よしの主任書記官・川添博司。桜井さんは三つ子の母で書記官の浜谷澪。水谷さんは新人事務官の一ノ瀬糸子。小日向さんは伝説の裁判官・駒沢義男という配役。

 さらに、山崎育三郎さんがみちおに振り回される正義感の強いクールな検事・井出伊織、升毅さんが井出とコンビを組む主任検事の城島怜治、草刈民代さんが最高裁判所判事・日高亜紀をそれぞれ演じる。

 第1話は30分拡大版で放送。ある日、特例判事補になったエリートの千鶴(黒木さん)がイチケイに赴任してくる。東大法学部出身で、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強烈に自負している。千鶴が異動してきた目的は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態のイチケイを立て直すためだった。

 駒沢(小日向さん)は、千鶴にみちおと組むよう指示。その後、みちお、千鶴、駒沢は、大学生の長岡誠(萩原利久さん)が、代議士の江波和義(勝村政信さん)に全治1カ月のケガを負わせた傷害事件を扱う。誠の父洋一郎は江波の秘書で、2カ月前に不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に自殺を図っていた。

 第1回公判で、誠は江波が先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張。するとみちおは、傷害事件の元になった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証すると言い出して……。

 ほかに「チョコレートプラネット」がゲスト出演する。