イチケイのカラス ニュース

伝説の刑事裁判官役で小日向文世、最高裁判所判事役で草刈民代が出演

“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する小日向文世さん(左)と草刈民代さん(C)フジテレビ
“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する小日向文世さん(左)と草刈民代さん(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演で、4月にスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)に、小日向文世さんと草刈民代さんが出演することが2月20日、分かった。小日向さんは伝説の刑事裁判官・駒沢義男、草刈さんは最高裁判所判事・日高亜紀をそれぞれ演じる。

 ドラマは浅見理都さんの同名マンガが原作。絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちお(竹野内さん)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)メンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

 小日向さんが演じる駒沢は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部の部長。任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテランであり、ニコニコと笑みを絶やさず、ユーモアに満ちた温厚な人物。出世コースに縁がなく、62歳にしてイチケイの部長止まりだが、実は有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において、30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官。みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった事件の裁判にも関わっており、みちおを裁判官の道へ導いた師でもある。

 また、草刈さんが演じる日高は最高裁判所判事。最高裁判所長官1人、最高裁判所判事14人の計15人で構成される最高裁判所裁判官において、女性初となる最高裁判所長官のポストに最も近いと言われている超エリートだ。みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物でもある。

新田真剣佑、“月9”ドラマ初出演 「イチケイのカラス」で“裁判官”竹野内豊をサポートする書記官役

4月スタートの「イチケイのカラス」に出演する新田真剣佑さん(C)フジテレビ
4月スタートの「イチケイのカラス」に出演する新田真剣佑さん(C)フジテレビ

 俳優の新田真剣佑さんが、俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)に出演することが2月5日、分かった。新田さんが“月9ドラマ”に出演するのは初めてで、主人公の裁判官・入間みちお(竹野内さん)をサポートする裁判所書記官の石倉文太(ぶんた)を演じる。竹野内さん、裁判官の坂間千鶴役の黒木華さんとは初共演となる。

 裁判所書記官は、裁判の記録や調書などを作成、保管するほか、裁判所主導の現場検証ではスケジュールの調整、検証に立ち会って記録したりと、裁判官をサポートする役割を担っている。石倉は人懐っこい性格でイチケイメンバーのムードメーカー。元傍聴マニアで、みちおが弁護士バッジを捨て裁判官へと転身するきっかけとなった、ある事件の裁判も傍聴していた。さらに、坂間には好意を抱いているという役どころだ。

 ドラマは浅見理都さんの同名マンガが原作。絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。4月スタート。

 ◇新田真剣佑さんのコメント

 --出演にあたって

 今まであまり見たことのない裁判官目線のお話なので、とても興味深く台本を読ませていただきました。撮影現場では、いつも竹野内さん、黒木さんたちと一緒で、とても楽しくやらせていただいています。

 --竹野内豊さん、黒木華さんについて

 竹野内さんとは子供の頃にお会いしており、それ以来ぶりにお会いでき、こうして共演させていただけることをうれしく思っています。黒木さんとも初めてご一緒させていただくのですが、一度舞台を見させていただき、とても感動したので、今回も勉強させていただけたらと思っています。

 --視聴者へのメッセージ

 長い期間をかけて皆で大切に撮影しています。放送をぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。そして、若手でありながらも懸命に頑張っている石倉の姿を、同世代の方にも伝えられたらと思っています。

 ◇後藤博幸プロデューサーのコメント

 裏方として裁判官を支え続ける裁判所書記官の仕事内容を事細かに答えられる人はそう多くはないと思いますが、ニュースなどで法廷が映る際、裁判官の下に座っているのが書記官と言われるとピンとくる方も多いのではないでしょうか。「イチケイのカラス」では裁判官だけでなく書記官にもスポットライトが当たります。その書記官を、華のある新田真剣佑さんに演じていただくことで、書記官の存在と魅力が世の中に伝わり、今後、裁判所書記官を目指す方が増えてくれるとうれしいです。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

竹野内豊、11年ぶり月9主演で初裁判官役 黒木華と初共演 「イチケイのカラス」21年4月スタート

2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する竹野内豊さん(左)と黒木華さん (C)フジテレビ
2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する竹野内豊さん(左)と黒木華さん (C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さんが2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)で主演を務めることが11月30日、明らかになった。竹野内さんは、2010年に同枠で放送された「流れ星」以来、11年ぶりとなる月9主演で、絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちおを演じる。また、裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは今作が初となり、竹野内さんも初の裁判官役となる。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の、自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。また、みちおは元弁護士という異色な経歴の持ち主で、裁判官になった背景には、過去のとある事件が深く関わっていて、物語が展開するにつれ、みちおの知られざる過去も次第に明らかになっていく。

 竹野内さんは「今まで、裁判官の方にはお会いしたこともなければ、刑事裁判官という職業に焦点が当たった連ドラも今までなかったので、台本を読んで、勉強になりました。イチケイメンバーの会話のテンポもよく、一人一人のキャラクターが生きているので、これは面白い作品になるだろうなと思いました」と印象を語る。また、「人の今後の人生を左右する職業なので、型破りな役ですが、そこは丁寧に演じていかなければと思っています」と考えを明かすと、「裁判官も、ご覧になってくださる視聴者の皆様と同じ一人の人間だと思うので、“人を裁く”ということがいかに難しいかということを、一緒に考えていけるような作品が作れたらすてきだなと思います」と話していた。

 そんなみちおと真逆なタイプの裁判官・坂間千鶴役で女優の黒木華さんが“月9”初出演を果たす。坂間は東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物で、「裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている」と強烈に自負している……というキャラクターだ。黒木さんも裁判官役は初。また竹野内さんと黒木さんは今回が初共演となる。

 竹野内さんは黒木さんについて「変幻自在に役を演じられる日本で貴重な女優さんで、いつか共演してみたいと思っていた方でしたので、今回ご一緒できてうれしかったです」とコメント。一方、黒木さんも「今回初めてご一緒させていただきましたが、みちおさんを独特な雰囲気や、間で、魅力的に演じてらっしゃってすごく楽しいです」と竹野内さんの印象を語っていた。

 フジテレビ第1制作室の後藤博幸プロデューサーは、「有罪率99.9%、そこに関わる検事や弁護士がドラマで描かれることはよくありますが、その判決を下す裁判官にスポットライトがあたることは意外とありませんでした。今回は、正しい判決をするために奮闘する裁判官たちのその様を、笑いあり、涙あり、サスペンスありでテンポよく描きます。法廷には魅力的なキャラクターが多数登場しますが、中でも、竹野内豊さん演じるみちおの、常識を覆してでも真実を追い求める超マイペースな様、黒木華さん演じる坂間の、冗談の全く通じない堅物エリートっぷりは要注目です! ぜひご家族の皆さんでご覧いただき、元気になっていただいて、この先1週間の糧にしていただければうれしいです」とアピールしていた。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

イチケイのカラスフジテレビ系
2021年4月スタート 月曜午後9時放送