イチケイのカラス 視聴率

初回視聴率13.9% “月9”10作連続2桁スタート 竹野内豊が型破りな刑事裁判官に

連続ドラマ「イチケイのカラス」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)の初回が4月5日に30分拡大で放送され、平均視聴率(世帯)は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。“月9”ドラマの初回としては、2018年7月期放送の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」から10作連続で2桁発進となった。

 第1話には、俳優の萩原利久さん、勝村政信さん、お笑いコンビ「チョコレートプラネット」らがゲスト出演した。

 ある日、エリートで堅物裁判官の坂間千鶴(黒木華さん)がイチケイに赴任してくる。そんな中、みちおらは大学生の長岡誠(萩原さん)が、代議士の江波和義(勝村さん)に全治1カ月のケガを負わせた傷害事件を扱う。誠の父・洋一郎は江波の秘書で、2カ月前に不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に自殺を図っていた。第1回公判で、誠は江波が先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張。みちおは、傷害事件の元になった洋一郎の死の真相を確かめるため、現場検証すると言い出す……という展開だった。

第2話視聴率10.5% 竹野内豊、“人気料理研究家”前田敦子の幼児虐待事件を捜査

連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)の第2話が4月12日に15分拡大で放送され、平均視聴率(世帯)は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回13.9%(同)に続き、2週連続で2桁をキープした。

 ドラマは、浅見理都さんの同名マンガ(講談社)が原作。自由奔放で型破りな刑事裁判官の入間みちお(竹野内さん)と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)メンバーの活躍を、“コミカル&ビター”に描く。

 第2話には、女優の前田敦子さん、俳優の石丸謙二郎さん、馬場徹さん、お笑いコンビ「ミルクボーイ」らがゲスト出演した。

 みちおらは第1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田さん)の幼児虐待事件を扱う。瑤子は、当時1歳半の長女が泣きやまないことにいらだち、激しく揺さぶるなどしてけがを負わせ、傷害罪で2年6カ月の有罪判決を受けたが、判決を不服として控訴していた。

 同件は、最高裁の事務総長・香田健一郎(石丸さん)の息子・隆久(馬場さん)が第1審の裁判長を務めた“取り扱い要注意”案件だった。第2審で長女の診断に不審な点が見つかり、みちおは裁判所主導で捜査を行う……という展開だった。

視聴率アップ 第3話は12.7% 竹野内豊、岡田義徳の殺人事件を捜査

連続ドラマ「イチケイのカラス」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第3話が4月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第2話の10.5%(同)から2.2ポイントアップし、3週連続で2桁をキープした。

 ドラマは、浅見理都さんの同名マンガ(講談社)が原作。自由奔放で型破りな刑事裁判官の入間みちお(竹野内さん)と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)メンバーの活躍を、“コミカル&ビター”に描く。

 第3話には、女優の佐津川愛美さんと俳優の岡田義徳さんらがゲスト出演。佐津川さんは夫・野上哲司(成松修さん)を殺害された野上奈緒、岡田さんは奈緒の夫の野上を殺害したとされる被告・藤代省吾をそれぞれ演じた。

 みちおが裁判長を務める、ガラス工房で働く藤代が野上を殺害したと自供する事件の第1回公判が開かれる。その後、みちおは警察の実況見分が2回行われていたことに気付き、真相を明らかにするために裁判所主導の捜査権を発動する……という展開だった。

第4話視聴率12.4%で好調維持 “坂間”黒木華が少年事件裁く 永野芽郁主演映画とのコラボも

連続ドラマ「イチケイのカラス」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第4話が4月26日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。4週連続2桁をマークし、好調をキープした。

 第4話には、女優の馬場ふみかさん、俳優の田中偉登さんらがゲスト出演した。裁判官の坂間千鶴(黒木華さん)の妹、絵真(馬場さん)が官舎に訪ねてくる。絵真から、姉はどんな裁判官なのかと聞かれたみちおは、坂間の裁判を傍聴してみてはどうかと進言。絵真は、坂間が裁判官を務める公判を傍聴する。そんな中、イチケイで、アルバイト先の売上金約5000万円を盗んだ17歳の望月博人(田中さん)の事件を扱う。みちおの推薦で坂間が裁判長を務めるが、第1回公判で博人は完全黙秘を貫く……という展開だった。

 同話では、女優の永野芽郁さんが主演を務める映画「地獄の花園」(関和亮監督、5月21日公開)とのコラボシーンもあり、永野さんをはじめ同映画に出演する広瀬アリスさん、遠藤憲一さんが被告として登場した。

第5話視聴率12.3%で好調キープ 竹野内豊&黒木華が2事件まとめて裁判 乃木坂46生田絵梨花も登場

連続ドラマ「イチケイのカラス」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第5話が5月3日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。5週連続2桁をマークし、好調をキープした。

 第5話には、アイドルグループ「乃木坂46」の生田絵梨花さん、女優の黒沢あすかさん、俳優の松木研也さんらがゲスト出演した。

 イチケイではバレエ団で起きた傷害事件を扱うこととなり、坂間千鶴(黒木華さん)が裁判長を務める。バレエ団代表の槇原楓(黒沢さん)と同バレエ団の元トレーナー・矢口雅也(松木さん)が口論になった末、槇原が矢口を突き飛ばし、大けがを負わせたという内容だった。同じ頃、みちおが裁判長を務める食い逃げ事件の犯人が、槇原と矢口が口論していた場に、バレリーナの馬場恭子(生田さん)がいたと証言する。みちおらは傷害事件と食い逃げ事件をまとめて審理する「併合審理」を行い、二つの事件の真相に迫る……という展開だった。

視聴率上昇 第6話13.4%で好調維持 “みちお”竹野内豊VS“窃盗犯”バカリズム

連続ドラマ「イチケイのカラス」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第6話が5月10日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第5話の12.3%(同)から1.1ポイント上昇し、好調をキープした。

 第6話では、お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を担当し、女優の永野芽郁さん主演の映画「地獄の花園」(関和亮監督、5月21日公開)とのコラボ第2弾として、バカリズムさんが前科6犯の窃盗犯・岸田茂役でゲスト出演した。

 みちおは、岸田(バカリズムさん)が、会計事務所所長の志摩総一郎(羽場裕一さん)の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件を扱う。被害者の志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当した殺人事件に関係する人物だった。岸田は金が余っている家しか狙わず、用意周到に準備し、人は絶対に傷つけないというポリシーを持っていた。みちおは、犯行については理路整然と話す岸田が、逃走時のことにはあいまいで、今回初めて自首してきたことに違和感を覚える。その後、みちおは防犯カメラの映像から、岸田が逃走時に持っていたかばんの中には、現金113万円より多額のお金が入っていたのではないかと推測。岸田に真相を聞こうとするが……という展開だった。

個人全体視聴率が7.9%と番組最高をマーク “みちお”竹野内豊の過去とバカリズムのゲスト出演で?

連続ドラマ「イチケイのカラス」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さんが主演を務める連続ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第6話が、5月10日に放送され、個人全体視聴率が7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)をマーク。初回の7.8%を超え、番組最高を更新した。平均視聴率(世帯)は13.4%で、6週連続2桁マークと好調だ。

 ドラマは、浅見理都さんの同名マンガ(講談社)が原作。自由奔放で型破りな刑事裁判官の入間みちお(竹野内さん)と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)メンバーの活躍を、“コミカル&ビター”に描く。

 第6話では、お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を担当し、女優の永野芽郁さん主演の映画「地獄の花園」(関和亮監督、5月21日公開)とのコラボ第2弾として、バカリズムさんが前科6犯の窃盗犯・岸田茂役でゲスト出演した。

 みちおは、岸田(バカリズムさん)が、会計事務所所長の志摩総一郎(羽場裕一さん)の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件を扱う。被害者の志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当した殺人事件に関係する人物だった。岸田は金が余っている家しか狙わず、用意周到に準備し、人は絶対に傷つけないというポリシーを持っていた。みちおは、犯行については理路整然と話す岸田が、逃走時のことにはあいまいで、今回初めて自首してきたことに違和感を覚える。その後、みちおは防犯カメラの映像から、岸田が逃走時に持っていたかばんの中には、現金113万円より多額のお金が入っていたのではないかと推測。岸田に真相を聞こうとするが……という展開だった。

 関係者は「みちおの過去の事件の布石が描かれたこと」と、「バカリズムさんがゲストとして登場してくださったことが要因」となったのではないかと分析している。

視聴率微増 第7話は13.6%で好調維持 “みちお”竹野内豊が“因縁事件”の真相へ

連続ドラマ「イチケイのカラス」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第7話が5月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第6話の13.4%(同)から0.2ポイントアップし、好調をキープした。

 第7話では、裁判官の入間みちお(竹野内さん)が弁護士時代の最後、12年前に担当した東丸電機殺人事件の再審公判が行われる。無実を訴え続け、獄中で命を絶った被告、仁科壮介(窪塚俊介さん)は、生前、事件現場から逃げる国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一さん)を目撃していた。みちおは裁判所主導で捜査を始めるが、犯人が志摩だという決定的な証拠を見つけられない。そんな中、検察は、みちおらを裁判から外すため忌避申し立てを行う。そこでみちおは、最後の裁判長を務める再審第3回公判に、12年前に裁判長を務めた日高亜紀(草刈民代さん)らを尋問するため、法廷に呼び出す……という展開だった。

第8話視聴率11.7%で2桁維持 “みちお”竹野内豊が「万引き犯VS万引き犯」事件を裁く

連続ドラマ「イチケイのカラス」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第8話が5月24日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。8週連続2桁をキープした。

 第8話には、女優の朝加真由美さん、真凛さんらがゲスト出演した。みちおたちの所属するイチケイで、万引きした主婦の潮川恵子(真凛さん)が、万引きする現場を目撃した山寺史絵(朝加さん)をけがさせた傷害事件を扱う。史絵は恵子の小学校時代の恩師。また、万引きの前科がある恵子は、窃盗事件での裁判の最中だった。窃盗事件と傷害事件が併合されて開かれた第2回公判で、恵子は、史絵が万引きしていたのを目撃して止めようとした際に襲われて抵抗したからだと証言。裁判長のみちおは、裁判所主導で捜査を始める……という展開だった。

第9話視聴率10.5% 竹野内豊が家政婦殺人事件の真相へ 松風理咲がゲスト

連続ドラマ「イチケイのカラス」第9話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第9話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第9話が5月31日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第9話には女優の松風理咲さんが被害者の娘・希美役でゲスト出演。みちおら“イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理される。桐島家の家政婦・高見梓(春木みさよさん)が、口論になった桐島優香(八木さおりさん)をバルコニーから突き落としたとされる事件で、優香は転落後も息があったが、梓はそのまま放置した。優香の娘・希美(松風さん)が見守る中で開かれた第1回公判で、梓は「自分は殺していない、あれは事故」と主張する。被告、被害者の過去や事件の詳細を求める裁判員のため、みちおは裁判所主導で捜査をする……という展開だった。

視聴率アップ第10話は12.7% 竹野内豊主演“月9”次週最終回

連続ドラマ「イチケイのカラス」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第10話が6月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。前週の10.5%から2.2ポイントアップ。10週連続で2桁をキープした。ドラマは次週最終回を迎える。

 第10話には板尾創路さんがゲスト出演した。“イチケイ”で氏名、本籍、職業不詳のホームレス(板尾さん)が起こした傷害事件を扱う。当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良さん)の胸を工具で殴打し、けがを負わせたという事件。純ら少年5人が被告のホームレスらに投石し、1人がけがをした。被告が純を捜し出して注意したところ、もみ合いになり、けがを負わせてしまった。第1回公判、ホームレスは素性を明かすのを拒む。みちおが起訴内容に間違いがないか聞くと、被告は「間違っている」「嘘が嫌いだ」と主張を始める……という展開だった。

竹野内豊主演“月9” 最終回視聴率最高タイ13.9%で全話2桁達成

連続ドラマ「イチケイのカラス」最終回のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「イチケイのカラス」最終回のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)の最終第11話が6月14日に30分拡大版で放送され、平均視聴率(世帯)は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。前週の12.7%から1.2ポイントアップ。初回と並ぶ番組最高タイの数字で、全話2桁を達成した。

 最終回には、俳優の佐々木蔵之介さんがゲスト出演し、大物議員を父に持つ衆議院議員・安斎高臣を演じた。

 イチケイで、大学の自転車競技部員が深夜、自主練習をしていたところ女児をはねるという事故を扱う。部員は、工事用のガードフェンスをよけた結果、交差点の角で女児と接触したと主張。しかし、検察の調べでは、当時、工事していたという記録が出てこなかった。その後、みちおらは現場付近で、衆議院議員・安斎高臣(佐々木さん)がプロジェクトリーダーを務める大型商業施設の建設工事が行われていると知る。さらに、同施設の工事で、違法労働を原因とした崩落事故が発生していたと判明する。そこで、みちおらは違法労働を指示したと思われる安斎を法廷に呼ぶが……という展開だった。