イチケイのカラス あらすじ

イチケイのカラスあらすじ

 ドラマ「イチケイのカラス」は、俳優の竹野内豊さんが主演を務める2021年4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ。竹野内さんは、2010年に同枠で放送された「流れ星」以来、11年ぶりとなる月9主演で、絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちおを演じる。また、裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは今作が初となり、竹野内さんも初の裁判官役となる。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の、自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。また、みちおは元弁護士という異色な経歴の持ち主で、裁判官になった背景には、過去のとある事件が深く関わっていて、物語が展開するにつれ、みちおの知られざる過去も次第に明らかになっていく。

 そんなみちおと真逆なタイプの裁判官・坂間千鶴役で女優の黒木華さんが“月9”初出演を果たす。坂間は東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物で、「裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている」と強烈に自負している……というキャラクターだ。黒木さんも裁判官役は初。また竹野内さんと黒木さんは今回が初共演となる。

ドラマ「イチケイのカラス」のあらすじ

第2話のあらすじ “料理研究家”前田敦子の幼児虐待事件 “刑事裁判官”竹野内豊らが真相へ

4月12日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
4月12日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)第2話が4月12日に15分拡大版で放送される。女優の前田敦子さんがゲスト出演し、人気料理研究家の深瀬瑤子を演じる。

 ある日、東京地裁第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の堅物裁判官の坂間千鶴(黒木華さん)は、最高裁判所判事で司法研修所時代の上席教官でもある日高亜紀(草刈民代さん)に呼び出され、パーティーに出席する。

 そこで坂間は、最高裁の事務総長・香田健一郎を紹介される。香田は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていると知っていて、人事局で入間みちお(竹野内さん)の存在が問題視されつつあると、坂間に告げる。日高は坂間に、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合、人事局に報告するようにと指示する。

 そんな中、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世さん)は、みちおたちに、合議制で扱いたい案件があると告げる。それは、第1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田さん)の幼児虐待事件だった。瑤子は、当時1歳半の長女が泣きやまないことにいらだち、激しく揺さぶるなどしてけがを負わせ、傷害罪で2年6カ月の有罪判決を受けていた。しかし、瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻していた。

 この案件は、香田の息子・隆久が第1審の裁判長を務めた“取り扱い要注意”だった……。

第3話のあらすじ “刑事裁判官”竹野内豊が殺害事件を捜査 佐津川愛美、岡田義徳ゲスト出演

4月19日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
4月19日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第3話が4月19日に放送される。夫・野上哲司(成松修さん)を殺害された妻の野上奈緒役で女優の佐津川愛美さん、奈緒の夫を殺害したとされる被告・藤代省吾役で俳優の岡田義徳さんがそれぞれゲスト出演する。

 ガラス工房で働く藤代(岡田さん)が市役所職員の野上を殺害したとされる事件を東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)が扱う。

 藤代の工房の教室に、野上と奈緒の娘・碧(渡邉心結さん)が通っていた。野上は碧を迎えに来る奈緒に一方的に好意を抱き、「野上哲司は浮気している」「夫と別れなければ罰を与える」など人格非難にあたる手紙を差し出し人不明で送り付け、監視もしていた。

 藤代の仕業だと分かった野上は、事件当夜、藤代の工房へ向かい、口論からつかみ合いになった。藤代が自転車に乗って逃げようとした矢先、野上と衝突。転倒した野上は、後頭部を強く打ち命を落とした。藤代は犯行の露見を恐れ、野上の遺体を焼却炉で燃やしていたという。

 入間みちお(竹野内さん)が裁判長を務める第1回公判。入廷した藤代は、駒沢義男(小日向文世さん)の姿を見て驚く。駒沢は18年前に裁判長として藤代を裁いたことがあった。

 みちおは警察の実況見分に違和感を覚え、真相を明らかにするために裁判所主導の捜査権を発動して……。

第4話のあらすじ “坂間”黒木華が未成年、窃盗事件の裁判長に 板谷由夏、馬場ふみからが登場 永野芽郁、広瀬アリスも

4月26日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
4月26日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第4話が4月26日に放送される。同話から女優の板谷由夏さん演じる弁護士の青山瑞希が登場。また、同話には女優の馬場ふみかさん、永野芽郁さん、広瀬アリスさん、俳優の遠藤憲一さん、田中偉登さんらがゲスト出演する。

 裁判官の入間みちお(竹野内さん)は、坂間千鶴(黒木華さん)を訪ねてきた坂間の妹・絵真(馬場さん)と出会う。絵真から、姉はどんな裁判官なのかと聞かれたみちおは、坂間の裁判を傍聴してみてはどうかと進言。絵真は、坂間が裁判官を務める公判を傍聴する。

 そんな中、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)で、アルバイト先の売上金約5000万円を盗んだ17歳の望月博人(田中さん)の事件を扱う。博人は、警察に逮捕されそうになったときに、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいた。

 みちおは裁判長に坂間を推薦。坂間も決意を表明する。第1回公判が始まると、博人は完全黙秘を貫き……。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ(講談社)。自由奔放で型破りな刑事裁判官のみちおと、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍を、“コミカル&ビター”に描く。

 第4話は、永野さんが主演を務める映画「地獄の花園」(関和亮監督、5月21日公開)とのコラボシーンもあり、永野さんらが被告として登場する。

第5話のあらすじ 竹野内豊&黒木華が2事件をまとめて裁判 乃木坂46生田絵梨花がバレリーナ役

5月3日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
5月3日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第5話が5月3日に放送される。アイドルグループ「乃木坂46」の生田絵梨花さんがバレリーナの馬場恭子役でゲスト出演する。

 裁判官の入間みちお(竹野内さん)らの元に、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人はバレエ団代表で振付師の槇原楓(黒沢あすかさん)、被害者は同バレエ団の元トレーナー・矢口雅也(松木研也さん)だった。口論から、槇原に突き飛ばされた矢口が頭を強打し、意識不明の重体となった。

 東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)書記官・石倉文太(新田真剣佑さん)は起訴状を見て、自分の中学、高校時代の同級生で初恋の相手・恭子(生田さん)の在籍するバレエ団と気付いて驚く。

 裁判官・坂間千鶴(黒木華さん)が裁判長の第1回公判。冒頭陳述で検察官の井出伊織(山崎育三郎さん)は、トレーナーの矢口が複数のダンサーにセクハラをして槇原に解雇されたのが原因で、一方的に恨みを抱いていたと説明する。

 そんな中、別の事件の公判を終えたみちおが、傍聴席から坂間に向けて「さっき、食い逃げの公判をやったんだよ。食い逃げとバレエ団、二つの裁判、一つにくっつけたいんだよ」と書いた紙を見せる。別々の事件であっても犯人が共通していたりする場合にまとめて審理する「併合審理」をしたいという。坂間はみちおを退廷させるが……。

 予告映像には、恭子を演じる生田さんがクラシックバレエを披露する姿のほか、「2つの事件をまとめて裁判!?」のテロップと共に、みちおや坂間らが事件を調査するシーンなどが収められている。