江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~ キャスト

江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~キャスト

岡田結実
葉山奨之
吉谷彩子
前田公輝
田中直樹(ココリコ)

岡田結実、江戸の花魁役で連ドラ主演 21年1月期「江戸モアゼル」ビジュアル解禁

2021年1月期の連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に主演する岡田結実さん=読売テレビ提供
2021年1月期の連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に主演する岡田結実さん=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さんが、2021年1月期の連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系)に主演することが12月1日、分かった。同作で、現代にタイムスリップしてきた江戸の花魁(おいらん)・仙夏(せんか)を演じる岡田さんの花魁姿も併せて公開された。

 ドラマは、江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」が原作。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁の仙夏が、現代に突然タイムスリップし、「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係を繰り広げる、ハートフルなラブコメディーとなる。

 岡田さんは「とても芯が強く、粋じゃない曲がったことがとても嫌いで、だからってそれを押し付けるわけでもなく引くところは引く、そしてどんなにつらいこと悲しいことがあってもめげずにそこで一生懸命咲き誇ろうとする」仙夏の生き様が「かっこいい」といい、「とても惹(ひ)かれる女性です」と話している。

 さらに「この作品を見てくださる方々が少しでも悩んでいたり考えていることがあったりした時に少しでも背中をさすってあげられる、そんな仙夏、作品になったらいいなぁと思いつつ、コメディー&ラブもあるので気楽に楽しんでいただきたいです!」と視聴者に呼びかけていた。

 一方、原作者の江戸キリエさんは、「ひそかに趣味全開で描き始めたマンガだったので、まさかこうした機会をいただけるとは……と、恐縮しつつ、大変ありがたくうれしいです!」とドラマ化を喜んでいる。

 また、仙夏役の岡田さんについて「可憐(かれん)で、元気なイメージです! いろいろな番組で楽しく拝見していたので、主人公役を演じていただけることを伺い、とてもうれしく楽しみです!」と話していて、「華やかでにぎやかな作品になりそうで、一視聴者として、ひたすら楽しみにしております!」と期待を寄せた。

 ドラマは2021年1月7日スタートで、毎週木曜午後11時59分に放送される。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

ライス関町知弘が初回ゲスト出演 岡田結実に手を握られる

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」1話の場面写真=読売テレビ提供
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」1話の場面写真=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さん主演で1月7日スタートの連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第1話に、2016年に「キングオブコント」のチャンピオンに輝いた、お笑いコンビ「ライス」の関町知弘さんが出演することが5日、明らかになった。

 関町さんのドラマ出演は、2017年の「でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~」(フジテレビ系)以来。今作では花魁(おいらん)の仙夏(せんか、岡田さん)がアルバイトとして働くことになるカフェの客を演じる。カフェ店員の制服姿の仙夏と、関町さん演じる青年が手を握り合う場面写真も公開された。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

秋元才加が第1話にゲスト出演 吉谷彩子の上司役

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」1話の場面写真=読売テレビ提供
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」1話の場面写真=読売テレビ提供

 元AKB48で女優の秋元才加さんが、女優の岡田結実さん主演で1月7日スタートの連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第1話にゲスト出演することが6日、分かった。秋元さんは、ウェブ広告会社で働く春日泉美(吉谷彩子さん)の上司・桃山智子を演じる。オフィスでの仕事のやりとりを繰り広げる2人の場面写真も公開された。

 第1話は、現代にタイムスリップしてきた江戸時代の伝説的花魁・仙夏(岡田さん)は、フリーターの青年・蔵地(葉山さん)の家に居候することになる。アルバイト先のカフェで仙夏が悪戦苦闘する中、蔵地が思いを寄せる友人・泉美(吉谷さん)がカフェに訪れる。蔵地の恋心に気付いた仙夏は、花魁のテクニックを駆使して蔵地と泉美を結びつけようとするが……という展開。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

堀田茜、“花魁”岡田結実と“恋のバトル” 「江戸モアゼル」第2話ゲスト出演

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に出演する堀田茜さん(右)と岡田結実さん=読売テレビ提供
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に出演する堀田茜さん(右)と岡田結実さん=読売テレビ提供

 モデルで女優の堀田茜さんが、女優の岡田結実さん主演の連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第2話(1月14日放送)にゲストとして出演することが分かった。堀田さんは、鳥居(前田公輝さん)と親密な関係にある高津綾子を演じる。鳥居は、主人公の仙夏(岡田さん)が江戸時代で片思いしていた直次郎とうり二つの男で、仙夏と綾子が恋のバトルを繰り広げるという。

 ドラマは、江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」(幻冬舎コミックス)が原作。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽(だいじん)だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁(おいらん)・仙夏が、現代にタイムスリップし、恋の四角関係を繰り広げる物語。

 第2話は、直次郎とうり二つの会社社長、鳥居が秘書を募集していると聞いた仙夏が、採用試験を受けて鳥居の秘書になる。そんな中、仙夏は、鳥居が綾子と2人きりで会っているところを目撃する……という展開。

 堀田さんは、演じる綾子について「今まで演じたことがないタイプの女性だったので、私としても挑戦でしたが、温かく楽しい雰囲気の中、撮影を終えることができました」と語り、「綾子がどんな女性かはぜひ番組をご覧ください!」とコメントを寄せている。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

“リュウソウレッド”一ノ瀬颯が「江戸モアゼル」で武士に 恋の五角関係が展開

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に出演する一ノ瀬颯さん=読売テレビ提供
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に出演する一ノ瀬颯さん=読売テレビ提供

 特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)でリュウソウレッド/コウを演じた一ノ瀬颯(いちのせ・はやて)さんが、岡田結実さん主演のドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)に第3話から登場することが1月20日、分かった。一ノ瀬さんは、仙夏(岡田さん)と同様に、江戸からタイムスリップしてくる武士・長兵衛(ちょうべえ)を演じる。長兵衛が恋愛事情に加わり、「恋の五角関係」が展開されるという。

 一ノ瀬さんは、ドラマ出演について「今回、長兵衛というとても個性的かつ魅力的な人物を演じさせていただけることを大変光栄に思います! この年になって、小学生のころに好きだった一人称、"拙者"を堂々と使って生きられることに興奮を覚えました(笑い)」といい、「仙夏、蔵地、泉美、鳥居の四角関係に、長兵衛が加わり五角関係になったら、果たしてどうなってしまうのか……。長兵衛を通して体現する"江戸の男"に注目してもらいつつ、ぜひ楽しんでいただければと思います!」とアピールしている。

 原作は、江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁・仙夏が、現代に突然タイムスリップし、「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋愛を繰り広げる。

 1月21日放送の第3話は、鳥居(前田公輝さん)とお試しで2週間だけ付き合うことになった仙夏は、連絡用に渡されたスマホの使い方を覚えて動画投稿をするようになり、蔵地(葉山奨之さん)は心配する。そんな中、仙夏は動画クリエイターを名乗る姫子(長井短さん)と組んで、コラボ動画を作ることになった。仙夏は、江戸時代からタイムスリップしてきたことを姫子に告白すると、姫子もタイムスリップで明治時代から来たと打ち明ける。コラボ動画は仙夏の花魁キャラで反響を呼ぶが、そこには大きな落とし穴が……という展開。

読売テレビ提供
読売テレビ提供

江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~読売テレビ・日本テレビ系
2021年1月7日スタート 毎週木曜午後11時59分に放送