連続ドラマW インフルエンス あらすじ

連続ドラマW インフルエンスあらすじ

 ドラマ「連続ドラマW インフルエンス」は、女優の橋本環奈さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ。橋本さんがWOWOWのドラマに出演するのは初めて。友情が引き金となって三つの殺人事件を犯した女性3人の生涯を描いた感動サスペンスドラマで、葵わかなさん、吉川愛さんも出演する。

 ドラマは、近藤史恵さんの小説「インフルエンス」(文春文庫)が原作。女性小説家のもとに「私と友人2人が犯した三つの殺人を小説にしてほしい」と、友梨と名乗る女性がやって来る。最初の事件が起こったのは、35年前の昭和の団地で、高校生だった少女たちは二つの殺人事件を起こしていた。そして10年後、秘密を共有したまま20代となった彼女たちは、さらに恐ろしい殺人計画を立てる……というストーリー。全5話。

 橋本さんが演じるのは、幼い頃から団地で育った主人公の戸塚友梨。かつて、幼なじみの日野里子が祖父から性的虐待を受けていることを知りながらも、彼女を守れなかったことに負い目を感じた経験があり、暴漢に襲われた親友の坂崎真帆を守るため、男を刺してしまうという役柄だ。

 葵さんは両親の離婚を機に友梨と同じ団地に引っ越してきて、友梨が憧れを抱くようになる都会育ちの真帆、吉川さんは虐待を知られたことから友梨と疎遠になり、劣悪な家庭環境から不良になってしまう里子を演じる。

ドラマ「連続ドラマW インフルエンス」のあらすじ

連続ドラマW インフルエンスWOWOWプライム
2021年3月20日スタート 毎週土曜午後10時放送
「WOWOW オンデマンド」でも配信