お茶にごす。 ニュース

鈴木伸之、単独初主演連ドラ「お茶にごす。」が地上波放送へ 原作は「今日俺」作者 “最強不良”が茶道部に

10月7日スタートの連続ドラマ「お茶にごす。」のメインビジュアル (C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
10月7日スタートの連続ドラマ「お茶にごす。」のメインビジュアル (C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが連続ドラマ単独初主演を務めた「お茶にごす。」が、テレビ東京の「木ドラ24」(木曜深夜0時半)枠で10月7日から放送されることが分かった。放送に先駆けて、「Amazon Prime Video」で全12話が配信されており、鈴木さんは「改めて地上波で放送されることで、さらに多くの方々にお届けできることうれしく思います!」とコメントを寄せている。

 本作は、鈴木さんもドラマ版に出演した「今日から俺は!!」などの西森博之さんの同名マンガが原作で、中学最強の不良と恐れられた“悪魔(デビル)まークン”こと船橋雅矢(鈴木さん)が、高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と茶道部に入門する物語。

 鈴木さんは「その見た目から人から勘違いされやすい主人公まークンが、学校の日常生活やちょっとした事件を通して、周りの仲間に支えられながら、人間として大きく成長する物語になっています。そして見た後にほっこりできるような、そんなドラマになっていると思いますので、ぜひご覧になっていただきたいです」と呼びかけている。

 ドラマには船橋の友達・山田航役で瀬戸利樹さん、船橋の同級生で茶道部のメンバー・浅川夏帆役で萩原みのりさん、茶道部の部長・姉崎奈緒美役で久間田琳加さんらも出演。オープニングテーマを4人組レゲエグループ「湘南乃風」、エンディングテーマをガールズユニット「iScream」が担当する。

 瀬戸さんは「個性あふれるキャラクターたちの会話やアクション。絶対に楽しんでご覧いただける要素が満載です。深夜に笑って心が温まる作品になっていると思います」と自信。萩原さんは「本当に毎日が青春で、めちゃくちゃ楽しい撮影期間でした。かなりクセの強い演出が多くて、初めての撮影方法をたく経験させていただきました」と振り返りつつ、「深夜にクスッと笑っていただけるとうれしいです」と話している。

 久間田さんは、役柄について「茶道部の部長だったので、何度も茶道教室に通い、より綺麗なお手前ができるよう練習しました」と明かし、「個性豊かな茶道部のメンバーとの撮影は、夏の思い出で、もう一度青春を味わうことができました。心に残る言葉がたくさん詰まっているので、茶道のシーンと合わせて、ぜひ注目してみていただきたいです!」とアピールしている。

元「乃木坂46」メンバー・永島聖羅、地上波連ドラで初レギュラー 「お茶にごす。」で茶道部員役

連続ドラマ「お茶にごす。」に出演する(上段左から)永島聖羅さん、仁科かりんさん、平川結月さん、(下段左から)山本直寛さん、濱正悟さん、野間口徹さん(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
連続ドラマ「お茶にごす。」に出演する(上段左から)永島聖羅さん、仁科かりんさん、平川結月さん、(下段左から)山本直寛さん、濱正悟さん、野間口徹さん(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの永島聖羅さんが、「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「お茶にごす。」(テレビ東京)に出演することが1月21日、分かった。永島さんは、今作で地上波連続ドラマに初めてレギュラー出演。ドラマの舞台となる開架高校の1年生茶道部・飯倉智花を演じる。

 ドラマは「今日から俺は!!」などで知られる、西森博之さんの同名マンガが原作。中学最強の不良と恐れられた船橋(鈴木さん)は、高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と願い、茶道部に入門。茶道の心得を知り、茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく。果たして暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか……というストーリー。

 また、開架高校2年生の茶道部副部長・慎大寺珠美役で仁科かりんさん、2年生茶道部・奥沼民子役で平川結月さん、船橋をライバル視する軽挙高校1年生・樫沢光輝役で山本直寛さん、船橋に何かとけんかを売る開架高校1年生・北沼役で、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS 警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日)などに出演した濱正悟さん、開架高校の教師で茶道部顧問・縦島洋役で野間口徹さんが出演することも発表された。

 ドラマはテレビ東京で年内に放送。地上波での放送に先駆けて、3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信される。

鈴木伸之「お茶にごす。」で連ドラ単独初主演 「今日俺」西森博之のマンガ原作

連続ドラマ「お茶にごす。」で主演を務める鈴木伸之さん(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
連続ドラマ「お茶にごす。」で主演を務める鈴木伸之さん(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが、2021年にテレビ東京系で放送される連続ドラマ「お茶にごす。」で主演を務めることが、12月11日、分かった。鈴木さんが連続ドラマで単独主演を務めるのは初めて。鈴木さんも実写版に出演した「今日から俺は!!」などで知られる、西森博之さんの同名マンガが原作で、「『今日から俺は!!』でもご一緒させていただきました、西森先生の作品にまた出演できてうれしい気持ちでいっぱいです」と語っている。

 中学最強の不良と恐れられた船橋は、高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と願い、茶道部に入門。茶道の心得を知り、茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく。果たして暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか……というストーリー。

 鈴木さんが演じる船橋は、開架高校1年生。強面で威圧的な雰囲気からむやみやたらにけんかを売られる不遇な人生を過ごし、周りからは通称“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれているキャラクターだ。鈴木さんは「皆から恐れられていた1人の高校生が茶道部の仲間と“茶道”を通じて人として成長していくお話になっています。コミカルな登場人物と、人として大切な言葉がたくさん詰まった作品ですので、愛すべき茶道部員たちをよろしくお願いします!」とコメントしている。

 船橋の友達・山田航役で瀬戸利樹さん、船橋の同級生で茶道部のメンバー・浅川夏帆役で萩原みのりさん、茶道部の部長・姉崎奈緒美役で久間田琳加さんも出演。地上波での放送に先駆けて、3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信される。

(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
(C)西森博之/小学館 (C)「お茶にごす。」製作委員会
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館

お茶にごす。テレビ東京系
2021年に放送
先行で2021年3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信