お茶にごす。 あらすじ

お茶にごす。あらすじ

 ドラマ「お茶にごす。」は、「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務め、2021年にテレビ東京系で放送される連続ドラマ。鈴木さんが連続ドラマで単独主演を務めるのは初めて。鈴木さんも実写版に出演した「今日から俺は!!」などで知られる、西森博之さんの同名マンガが原作で、「『今日から俺は!!』でもご一緒させていただきました、西森先生の作品にまた出演できてうれしい気持ちでいっぱいです」と語っている。

 中学最強の不良と恐れられた船橋は、高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と願い、茶道部に入門。茶道の心得を知り、茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく。果たして暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか……というストーリー。

 鈴木さんが演じる船橋は、開架高校1年生。強面で威圧的な雰囲気からむやみやたらにけんかを売られる不遇な人生を過ごし、周りからは通称“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれているキャラクター。

 船橋の友達・山田航役で瀬戸利樹さん、船橋の同級生で茶道部のメンバー・浅川夏帆役で萩原みのりさん、茶道部の部長・姉崎奈緒美役で久間田琳加さんも出演。地上波での放送に先駆けて、3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信される。

ドラマ「お茶にごす。」のあらすじ

お茶にごす。テレビ東京系
2021年に放送
先行で2021年3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信