機界戦隊ゼンカイジャー ニュース

“謎の青年ステイシー”世古口凌がレギュラー出演 正体は敵幹部の息子 ステイシーザーに変身

「機界戦隊ゼンカイジャー」に登場する世古口凌さん演じるステイシー(左)とステイシーザー(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
「機界戦隊ゼンカイジャー」に登場する世古口凌さん演じるステイシー(左)とステイシーザー(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 俳優の世古口凌さんが、スーパー戦隊シリーズ「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)に、ゼンカイジャーの敵・ステイシー役でレギュラー出演することが4月11日、明らかになった。今作では、駒木根葵汰さん、榊原郁恵さんに続く“俳優が演じる”3人目のレギュラーキャストとなる。

 ステイシーは、11日放送の第6カイ「不快不可解ゴミあつかい!」に謎の青年として登場した。その正体は、悪の王朝トジテンドに属する敵幹部・バラシタラの息子で、「ステイシーザー」に変身し、ゼンカイジャーとバトルを繰り広げる。一見、人間のように見えるステイシーがなぜ機械生命体のバラシタラと血縁関係にあるのかは謎に包まれている。また、その能力は「スーパー戦隊シリーズのファンを沸かせること必至」のものだといい、この度、能力のヒントだという歴代のスーパー戦隊シリーズのロボットが集結した場面カットも公開された。

 世古口さんは「スーパー戦隊シリーズのオーディションへの熱い思いは誰よりもありました。でもそれが空回りし、最終審査でうまくできなくて帰り道に悔し涙した記憶があるので、出演が決まった時は、うれし涙がポロポロこぼれ落ちましたね(笑い)」とコメント。

 役どころについて、「ステイシーは外側から見るとプライドが高くて人との距離間をしっかりとる、とっつきにくい青年なんです。でも演じていて分かってきたのは、彼なりの正義感や目的があって、そのために一生懸命だということ。もちろん目的のためなら手段は選びませんが……(笑い)。孤独とは、強さとは何なんだろうと考えさせられます。父のバラシタラとの関係性や、(主人公の)介人たちと交わることによってステイシーがどう変化していくのかが、今後すごく楽しみしているポイントです!」と語った。

 続けて、「役者・世古口凌としても、もっと表現の幅を広げていろんなステイシーを視聴者の方々にお見せできるよう、成長を感じられる期間にしていきたいです」「歴史あるスーパー戦隊シリーズ、記念すべき45作目の『機界戦隊ゼンカイジャー』を全力で盛り上げたいので、皆さんの力を貸していただけるととてもうれしいです。そしてこれから、ステイシーをどうぞよろしくお願いします!」と意気込んだ。

 4月18日放送の第7カイ「魔界の王子は気がみじかい!」では、ステイシーがゼンカイザーたちを翻弄(ほんろう)するストーリーが展開する。

(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

ささきいさお&堀江美都子 「ゴレンジャー」主題歌コンビが43年ぶり新曲 新戦隊「ゼンカイジャー」第2話挿入歌歌唱

「機界戦隊ゼンカイジャー」第2話挿入歌「全界合体!ジュラガオーン」を歌うささきいさおさん(左)と堀江美都子さん
「機界戦隊ゼンカイジャー」第2話挿入歌「全界合体!ジュラガオーン」を歌うささきいさおさん(左)と堀江美都子さん

 歌手のささきいさおさんと堀江美都子さんが、3月7日にスタートしたスーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)第2話(3月14日放送)の挿入歌「全界合体!ジュラガオーン」を歌っていることが13日、明らかになった。ささきさんは「アニメソング界の大王」、堀江さんは「アニメソング界の女王」と呼ばれる“レジェンド”。特撮ファンには、スーパー戦隊シリーズの第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975~77年)の主題歌「進め!ゴレンジャー」の歌唱で知られ、2人が新曲でデュエットするのはアニメ「科学忍者ガッチャマンII」のエンディング曲「明日夢みて」(1978年)以来、43年ぶりとなる。

 ささきさんと堀江さんが歌う「全界合体!ジュラガオーン」は、現在95歳で、日本最高齢の作曲家となる渡辺宙明さんが手掛けた。第2話の巨大ロボットのバトルシーンで流れるといい、ささきさんは「渡辺宙明先生の作曲で再びミッチ(堀江さん)とデュエットできるなんて、夢みたいな出来事です。だって3人の年齢を足すと……なんですから。ゼンカイオー ジュラガオーンが戦っているバックに流れる歌を聴いていると、みんな若くて元気ですよね。そうでしょ。皆さんも元気になってね!」とコメントを寄せた。

 また堀江さんは、「スーパー戦隊シリーズの45作品目に、渡辺宙明先生の曲を再びささきさんとデュエットすることができ大変光栄です。ゼンカイジャーの活躍が楽しみです! 皆さんもぜひ歌ってくださいね!」とファンに呼びかけている。

「チェンジ全開」な一斉変身シーンお披露目 ワルド&歴代怪人に立ち向かう劇場版特別映像公開

「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」のワンシーン スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映
「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」のワンシーン スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映

 3月7日にスタートしたスーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の劇場版「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」から新たな特別映像が公開された。歴代の敵幹部をモチーフにした「スーパー悪者ワルド」や歴代怪人を相手に、主人公の五色田介人(ごしきだ・かいと、駒木根葵汰さん)が「全部の悪者まとめて倒す、スーパー戦隊になってやるよ」と宣言。「5人でチェンジ全開!」とのテロップと共に、一斉変身シーンも一瞬だけお披露目されている。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」は、この世にあまた存在する「並行世界」をすべて消し去ってしまおうとする悪の王朝「トジテンド」に、“全力全開”で立ち向かっていく1人のヒーロー・ゼンカイザーと、その仲間の4人のロボヒーロー、キカイノイド(機械生命体)たちの活躍を描く。「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」は、新戦隊「ゼンカイジャー」に加え、歴代レッドと歴代怪人が集結し、熱い戦いを繰り広げる。

 「魔進戦隊キラメイジャー」の劇場版「魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム」、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の劇場版「『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ」との3本立てで、「スーパー戦隊 MOVIE レンジャー2021」として公開中。

出典:YouTube

つるの剛士歌う主題歌が配信開始 「みんなで踊ろう!ゼンカイダンス!」YouTubeで公開

「みんなで踊ろう!ゼンカイダンス!」のサムネイル(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
「みんなで踊ろう!ゼンカイダンス!」のサムネイル(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 つるの剛士さんが歌うスーパー戦隊シリーズ「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、午前9時半)の主題歌「全力全開!ゼンカイジャー」(テレビサイズ)のダウンロードとストリーミング配信がスタートした。

 また、東映の公式YouTubeチャンネル「東映特撮YouTube Official」で、「全力全開!ゼンカイジャー」に乗せたダンス動画「みんなで踊ろう!ゼンカイダンス!」も公開。同曲のテレビサイズフルバージョンが視聴できるのは同チャンネルだけとなる。。

 主題歌が収録されたCDは4月7日に発売される。CDのみの「通常盤」と、特典が付く「全力全開!盤」をラインアップ。特典は、「センタイギア 01 ゴレンジャー スーパーレッドVer.」と「スーパー戦隊シリーズ45作品記念OP主題歌TVサイズ集」となる。「通常盤」は1320円で、「全力全開!盤」は3300円。

(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

<インタビュー>駒木根葵汰 きっかけもらったスーパー戦隊に「恩返し」誓う 「ゼンカイジャー」主演に懸ける思い

スーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」の主演・駒木根葵汰さん
スーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」の主演・駒木根葵汰さん

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)。同作で主人公のゼンカイザー/五色田介人(ごしきだ・かいと)を演じるのが、俳優の駒木根葵汰(こまぎね・きいた)さんだ。子供のころのヒーローは「もちろんスーパー戦隊でした」といい、「僕が今、いろいろなことに挑戦できるのも、小さいころにスーパー戦隊ヒーローから勇気をもらったからだろうし、僕が格闘技(空手)を始めるきっかけをくれたのもスーパー戦隊。だから、僕が立派なヒーローになることで恩返しすることができたら」と意気込む駒木根さんに話を聞いた。

 ◇オーディションで抜てき! 「信じられない」という気持ちの方が強かった

 「機界戦隊ゼンカイジャー」は、この世にあまた存在する「並行世界」をすべて消し去ってしまおうとする悪の王朝「トジテンド」に、“全力全開”で立ち向かっていく1人のヒーロー・ゼンカイザーと、その仲間の4体のロボヒーロー、キカイノイド(機械生命体)たちの活躍を描く。

 ゼンカイザーに変身する五色田介人役の駒木根さんは2000年1月30日生まれ、茨城県出身の21歳。インスタグラムで「イケメン高校生」として話題となり、現事務所のホリプロからスカウトされ芸能界入りした。

 今回オーディションでゼンカイザー/五色田介人役を射止めた。「受かるとは思っていなかった」というのが本音で、「(受かったときは)本当に信じられなくて、うれしかったのですが、それよりも『信じられない』という気持ちの方が強かったです」と振り返る。

 ◇主人公・五色田介人は「ヒーロー」と呼ぶにふさわしい人間

 クランクインから今年1月の制作発表記者会見、2月20日公開の劇場版「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」を経て、現在はテレビシリーズ開始に向け、1年間にわたって戦隊ヒーローを演じることの喜びや楽しさを一つ一つ実感にしていっている段階にある駒木根さん。

 新戦隊「ゼンカイジャー」の構成は1人の人間と4体のロボットのため、シリーズ45作目の記念作品の主演俳優として、“一人で立たなくていけない”駒木根さんにかかる期待も大きいが……。

 「最初に設定を聞いたときは、プレッシャーというか『自分が背負わないといけない』という気持ちが強かったのですが、今はあまり気にしてはないです。『記念作品だから』頑張るわけでもないですし、自分がやるべきことをただひたすらやっていれば、結果は付いてくると思っているので、今はひたすら全力で作品に挑むことだけを考えています」と力を込める。

 また駒木根さんから見た、主人公の五色田介人は「『世界初』を目指して、何事も全力全開でやる、すごくエネルギッシュで、人から愛されやすい、『ヒーロー』と呼ぶにふさわしい人間」。“初代スーパー戦隊レッド”となる「秘密戦隊ゴレンジャー」のアカレンジャーをモチーフにしながらも、「白」をベースにしたヒーロー「ゼンカイザー」についても、「本当に新しくて、とても好きです、自分は“レッド”をやりたくてオーディションを受けたので、いざ蓋(ふた)を開けたら、“レッドじゃない”ということで少し戸惑いを感じたのですが、僕自身、新しいものが好きなので、『これは面白い』と思えましたし、やりがいを感じています。ゼンカイザーも五色田介人も自分そのものだと思っているので、すごく愛着もありますし、格好良く見えるように頑張っていきたいです」と目を輝かせていた。

 ◇俳優としての目標は…「いつかは追いつきたい」

 今回、俳優として大きな成長の場を手に入れた駒木根さんは、「今まで生きてきた中で、初めて夢中になってやれているのがこの仕事。毎日、学ぶことが多く、刺激もたくさん受けていて、本当に楽しいですし、やりがいを感じています!」と声を弾ませる。

 そんな駒木根さんが目標とするのは、事務所の先輩で、「仮面ライダードライブ」で主演を務めた竹内涼真さん。「『スーパー戦隊をやる』って決まって改めて感じたこと。特撮ドラマの主演を1年間やって、今現在、第一線で活躍を続けていらっしゃる。僕が進むべき道しるべでもありますし、追いかけて、追いかけて、いつかは追いつきたい、という強い意志を持って、いろいろなことに挑み続けたいと思っています」と語る。

 改めて、自身の“ヒーローの資質”について聞くと、「オーディションで選ばれたからには、何らかしらの資質はあるんだと自分でも思いたいですし、撮影を通じて蓄えていきたい」と気合を入れ直す駒木根さん。ヒーローとしてのお披露目となる劇場版「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」についても、「僕たち『ゼンカイジャー』の始まり、その第一歩となる作品になるので、『これから始まるんだ』という強い意志を持って演じたましたので、そこも見ていただけたらうれしいです」とアピールしていた。

出典:YouTube

つるの剛士が歌うオープニング主題歌 「通常盤」「全力全開!盤」の2形態が発売

3月7日スタートの「機界戦隊ゼンカイジャー」のロゴ(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
3月7日スタートの「機界戦隊ゼンカイジャー」のロゴ(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズの第45作「機界(きかい)戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)で、タレントのつるの剛士さんが歌うオープニング主題歌「全力全開!ゼンカイジャー」が、CDのみとなる「通常盤」と、番組に登場するキーアイテム「センタイギア 01 ゴレンジャー スーパーレッドVer.」と「スーパー戦隊シリーズ 45作品記念 OP主題歌TVサイズ集」を同梱した「全力全開!盤」の2形態が発売されることが2月20日、分かった。

 また、カップリングとして、ささきいさおさんと堀江美都子さんが歌う挿入歌「全界合体!ジュラガオーン」が収録されることが決定した。価格は「通常盤」は1200円(税抜き、以下同)、「全力全開!盤」が3000円。

 さらに、カラフルな衣装を着たつるのさんが決めポーズをしている、新アーテイスト写真も公開。2017年からスーパー戦隊親善大使を務めている松本寛也さんが、今年も継続することも発表された。

主演・駒木根葵汰「全力全開」宣言 主人公のキャッチフレーズで意気込み語る 思い出のスーパー戦隊は?

スーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」で主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じる駒木根葵汰さん
スーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」で主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じる駒木根葵汰さん

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の制作発表記者会見が1月15日、東映の公式YouTubeチャンネル「東映特撮YouTube Official」ほかで配信され、俳優の駒木根葵汰(こまぎね・きいた)さんが主人公のゼンカイザー/五色田介人(ごしきだ・かいと)を演じることが分かった。

 駒木根さんは「こういう状況の中で制作発表ができて、この場に立てることができてうれしく思います。苦しい中でも前に進めることはたくさんの方の支えがあってのことだと思います」とあいさつ。「僕がすべきことは、この1年間すべてをかけて五色田介人を演じきることだと思っております。僕が小さいころ、ヒーローにもらった夢や希望、憧れを今度は子供たちに与えられたらいいなと思っております。そのためにほかのキャスト、スタッフと一丸で全力全開で頑張ってまいりますので、ぜひ1年間応援よろしくお願いいたします!」と意気込みを語った。

 自身も幼少期にスーパー戦隊シリーズを見ていたという駒木根さんは、思い出の作品に「百獣戦隊ガオレンジャー」「爆竜戦隊アバレンジャー」「忍風戦隊ハリケンジャー」などを挙げた。自身も憧れだったという戦隊主人公を演じることについて「まだ理解はできていないですし、自分で大丈夫かなと思ったのですが、やるからには、介人のキャッチフレーズである“全力全開”で皆さんと力を合わせながら頑張っていきたいです!」と力を込めた。

ロボヒーロー声優に浅沼晋太郎、梶裕貴、宮本侑芽、佐藤拓也

「機界戦隊ゼンカイジャー」発表会見に出席した駒木根葵汰さん(中央)やロボヒーローら
「機界戦隊ゼンカイジャー」発表会見に出席した駒木根葵汰さん(中央)やロボヒーローら

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の制作発表記者会見が1月15日、東映の公式YouTubeチャンネル「東映特撮YouTube Official」ほかで配信され、主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じる俳優の駒木根葵汰さんらキャストが発表された。声優として、浅沼晋太郎さん、梶裕貴さん、宮本侑芽さん、佐藤拓也さんが出演することも分かった。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」は、この世にあまた存在する「並行世界」をすべて消し去ってしまおうとする悪の王朝「トジテンド」に、“全力全開”で立ち向かっていく1人のヒーロー・ゼンカイザーと、その仲間のロボヒーローの“機械生命体”キカイノイドたちの活躍を描く。

 キカイノイドは、レッドのゼンカイジュラン/ジュラン、イエローのキカイノイド・ゼンカイガオーン/ガオーン、ピンクのゼンカイマジーヌ/マジーヌ、ブルーのゼンカイブルーン/ブルーンの全4体が発表。

 “チョイうざ頑固オヤジ”の脳筋パワータイプなジュランを浅沼さん、機械よりも地球の生き物が大好きなガオーンを梶さん、占いやファンタジー、オカルトが大好きで引っ込み思案なマジーヌを宮本さん、真面目な学級委員長タイプで、好奇心も旺盛なブルーンを佐藤さんがそれぞれ演じる。

「機界戦隊ゼンカイジャー」のBGMは渡辺宙明 95歳・日本最高齢の作曲家が39年ぶりに担当

3月7日スタートの「機界戦隊ゼンカイジャー」のロゴ(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
3月7日スタートの「機界戦隊ゼンカイジャー」のロゴ(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズの第45作「機界(きかい)戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の音楽(BGM)を、数々の特撮、アニメ作品に携わってきた作曲家の渡辺宙明さんが担当することが1月15日、分かった。渡辺さんがスーパー戦隊シリーズで、一部の挿入歌だけではなく、作品全体の音楽を手掛けるのは、39年ぶりとなる。また、オープニング主題歌「全力全開!ゼンカイジャー」をタレントのつるの剛士さんが歌うことも発表された。

 渡辺さんは、1975年放送の「秘密戦隊ゴレンジャー」から1982年放送の「大戦隊ゴーグルV(ファイブ)」までの6作連続でスーパー戦隊シリーズの音楽を担当。そのほか「人造人間キカイダー」や、宇宙刑事シリーズ、仮面ライダーシリーズにも携わってきた。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」では、作曲家の大石憲一郎さんとのタッグで作品のBGMを担当。現在95歳の渡辺さんは日本最高齢の作曲家となるという。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」は、この世にあまた存在する「並行世界」をすべて消し去ってしまおうとする悪の王朝「トジテンド」に、“全力全開”で立ち向かっていく1人のヒーロー・ゼンカイザーと、その仲間のロボヒーローの“機械生命体”キカイノイドたちの活躍を描く。

 3月7日のテレビ放送に先駆け、2月20日に映画「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE」が公開される。映画は、「スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021」と題し、「魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE」との3本立てで公開される。

主演“ゼンカイザー”は駒木根葵汰 「オオカミくん」出身の20歳

スーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」で主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じる駒木根葵汰さん
スーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」で主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じる駒木根葵汰さん

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズの第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の制作発表記者会見が1月15日、東映の公式YouTubeチャンネル「東映特撮YouTube Official」ほかで配信され、俳優の駒木根葵汰(こまぎね・きいた)さんが主演を務めることが分かった。主人公のゼンカイザー/五色田介人(ごしきだ・かいと)を演じる。

 駒木根さんは2000年1月30日生まれ、茨城県出身の20歳。インスタグラムで「イケメン高校生」として話題となり、2018年に「AbemaSPECIALチャンネル」(現・「ABEMA」)で配信された「太陽とオオカミくんには騙されない」に出演。「仮面ライダーゼロワン」で主人公の飛電或人を演じたことでも話題となった高橋文哉さんや、モデルの生見愛瑠(ぬくみ・める)さん、女優の鈴木美羽さん、特撮ドラマ「ウルトラマンZ」などで知られる黒木ひかりさんらと共演した。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」は、この世にあまた存在する「並行世界」をすべて消し去ってしまおうとする悪の王朝「トジテンド」に、“全力全開”で立ち向かっていく1人のヒーロー・ゼンカイザーと、その仲間のロボヒーローの“機械生命体”キカイノイドたちの活躍を描く。

 3月7日のテレビ放送に先駆け、2月20日に映画「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE」が公開される。映画は、「スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021」と題し、「魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE」との3本立てで公開される。

1月15日に制作発表会見を生配信 主演俳優&主題歌発表 “ギネス級”のニュースも?

「機界戦隊ゼンカイジャー」のビジュアル(C)テレビ朝日・東映 AG・東映
「機界戦隊ゼンカイジャー」のビジュアル(C)テレビ朝日・東映 AG・東映

 3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズ第45作「機界(きかい)戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の制作発表会見が、1月15日正午から生配信されることが分かった。本作に登場する唯一の“人間”ヒーロー・ゼンカイザー役の主演俳優や主題歌が明らかになるほか、“みんなのアイドル”登場、“ギネス級”ニュースの発表などもあるという。「東映特撮YouTube Official」「TTFC(東映特撮ファンクラブ)」「TELASA(テラサ)」で生配信される。

 制作発表会見の司会は、大のスーパー戦隊ファンだというお笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーさんと、テレビ朝日の大木優紀アナウンサーが務める。また、会見に先駆け、ツイッターでは「主演俳優のイニシャル当てクイズ」もスタート。番組の公式ツイッターをフォローし、三つの選択肢から正解だと思うツイートをリツイートすることで参加できる。応募期間は1月10日午前10時~15日正午。詳細は番組公式ツイッター、番組公式サイトから確認できる。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」では、主人公となる戦隊は5人で構成され、1人の人間と4人の機械生命体(=ロボット)の組み合わせという、これまでにない斬新な設定。また、4人のロボヒーローたちは人間サイズの敵には等身大で挑み、巨大な敵には乗り物に乗らず巨大ロボ化して戦うという。

 物語は、この世に数多く存在する“並行世界”をすべて消し去ってしまおうとする敵に“全力全開”で立ち向かっていくヒーローたちの活躍を描いていく。また劇中には、地上戦における変身や攻撃などに加え、巨大戦でも使用する「ギアトリンガー」、「ギアトリンガー」と合わせて効果を発揮する、スーパー戦隊の力を凝縮した「センタイギア」といった重要なアイテムも登場する。

変身アイテムの玩具「全界変身銃 DXギアトリンガー」 センタイギアをセット

「機界戦隊ゼンカイジャー」の変身アイテムの玩具「全界変身銃 DXギアトリンガー」(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
「機界戦隊ゼンカイジャー」の変身アイテムの玩具「全界変身銃 DXギアトリンガー」(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映

 スーパー戦隊シリーズの第45作「機界(きかい)戦隊ゼンカイジャー」の変身アイテムの玩具「全界変身銃 DXギアトリンガー」(バンダイ)が2021年3月6日に発売されることが分かった。

 銃型の変身アイテムで、付属のセンタイギアをギアトリンガーにセットする。センタイギアの表と裏を入れ替えてセットすることでさまざまな効果が発動し、センタイギアは食玩やカプレルトイなどでも展開予定。価格は4950円。

 センタイギアを 6個収納できるバックル「ゼンカイバックル」(2750円)、「DXギアトリンガー」と「ゼンカイバックル」のセット「ゼンカイジャーゼンカイなりきりセット」(7700円)なども発売される。

(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映
(C)2021 テレビ朝日・東映 AG・東映

スーパー戦隊新作は5分の4が“ロボ”の斬新設定 歴代戦隊ヒーロー&ロボがモチーフ「機界戦隊ゼンカイジャー」

2021年3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズ第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」 スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映
2021年3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズ第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」 スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映

 スーパー戦隊シリーズ第45作のタイトルが「機界(きかい)戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)に決まり、2021年3月7日にスタートすることが12月21日、明らかになった。主人公となる戦隊は5人で構成され、1人の人間と4人の機械生命体(=ロボット)の組み合わせという、これまでにない斬新な設定となる。また、4人のロボヒーローたちは人間サイズの敵には等身大で挑み、巨大な敵には乗り物に乗らず巨大ロボ化して戦うという。

 戦隊のビジュアルは、5人それぞれ異なる歴代のスーパー戦隊シリーズに登場したヒーローやロボットがモチーフとなる。最初にこの世界を悪から守るため立ち上がるヒーロー・ゼンカイザーは、「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975~77年)のアカレンジャーがモチーフ。ゼンカイザーと共に戦う4人のロボヒーローのうち、ゼンカイジュランは「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992~93年)に登場した大獣神、ゼンカイガオーンは「百獣戦隊ガオレンジャー」(2001~02年)の精霊の王・ガオキング、ゼンカイマジーヌは「魔法戦隊マジレンジャー」(2005~06年)の魔神の王・マジキング、ゼンカイブルーンは「轟轟戦隊ボウケンジャー」(2006~07年)の巨大ロボ・ダイボウケンをベースにしている。

 物語は、この世に数多く存在する“並行世界”をすべて消し去ってしまおうとする敵に“全力全開”で立ち向かっていくヒーローたちの活躍を描いていく。また劇中には、地上戦における変身や攻撃などに加え、巨大戦でも使用する「ギアトリンガー」、「ギアトリンガー」と合わせて効果を発揮する、スーパー戦隊の力を凝縮した「センタイギア」といった重要なアイテムも登場する。

 2021年3月7日のテレビシリーズスタートに先駆け、劇場版「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE」が、「魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE」との3本立てで、「スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021」と題して同年2月20日に公開。キャストや声優などの情報は同年1月15日に制作発表記者会見で明らかにされる。

スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映
スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映
スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映
スーパーヒーロープロジェクト(C)テレビ朝日・東映 AG・東映

機界戦隊ゼンカイジャーテレビ朝日系
2021年3月7日にスタート 日曜午前9時半から放送