アプリで恋する20の条件 ニュース

本田翼の寝顔を杉野遥亮が優しく見つめる“胸キュン”カット公開 “その後”をHulu独占配信

本田翼さん主演の「アプリで恋する20の条件」Huluオリジナルストーリー「アプリの向こう側編」場面カット=日本テレビ提供
本田翼さん主演の「アプリで恋する20の条件」Huluオリジナルストーリー「アプリの向こう側編」場面カット=日本テレビ提供

 女優の本田翼さん主演で1月10日に放送されたスペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件(アプ恋)」(日本テレビ系)の“その後を描く”オリジナルストーリー「アプリの向こう側編」の配信がスタートした。動画配信サービス「Hulu(フールー)」独占配信となる。また、本田さんの寝顔を杉野遥亮さんが優しく見つめる“胸キュン”シーンの場面カットも新たに公開された。

 ドラマは、マッチングアプリを通じて男女6人が織りなすラブコメディー。本田さん、杉野さんのほか、山本舞香さん、鷲見玲奈さん、濱津隆之さん、野村周平さんらも出演した。

 本田さんがいつも“選ばれない人生”を送ってきた28歳の会社員・加瀬妙子、杉野さんがマッチングアプリで妙子と出会う、イケメンなのに不愛想で口が悪い男性・長谷川誠を演じ、山本さんがマッチングアプリを活用する女子大生の島田実日子役、鷲見さんが派手めで美しいミステリアスな三上咲子役、濱津さんが妙子が勤めるイベント会社の社長・糸川弘樹役、野村さんが自称“アプリの達人”のカフェ店長・高木遥斗役で登場した。

 「アプリの向こう側編」は、妙子(本田さん)と誠(杉野さん)が付き合ってから10カ月後のアフターストーリーや、遥斗(野村さん)と咲子(鷲見さん)、糸川(濱津さん)と実日子(山本さん)らの、本編の裏側で起こっていたやりとりも描かれる、

日本テレビ提供
日本テレビ提供

本田翼、杉野遥亮と街中でハグ! 「アプ恋」キュンシーン写真公開 先行配信で「身長差最高」と反響も

新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」の場面写真=日本テレビ提供
新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」の場面写真=日本テレビ提供

 女優の本田翼さん主演で1月10日午後10時半から放送される新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件(アプ恋)」(日本テレビ系)から、“キュンシーン”写真が公開された。主人公の妙子(本田さん)がマッチングアプリで出会った誠(杉野遥亮さん)と街中でハグをする姿や、誠から手を差し伸べられる姿などが収められている。

 ドラマは、いつも“選ばれない”人生にうんざりしていた妙子をはじめとする6人の男女が、マッチングアプリを使って恋をしていく姿を描くラブコメディー。山本舞香さん、鷲見玲奈さん、濱津隆之さん、野村周平さんらも出演し、映画「午前0時、キスしに来てよ」「ひるなかの流星」などで知られる新城毅彦監督がメガホンをとる。

 動画配信サービス「Hulu(フールー)」では、地上波放送に先立ち1月7日からドラマを先行配信。SNSでは、妙子と誠に対して「不意キュンがヤバい!」「見上げる身長差最高!」「胸キュン必須」などの声が上がっているほか、「本田翼ちゃんの不器用そうな女子感ピッタリ」「表情豊かで超かわいい」「可愛すぎる!」といった反響も寄せられている。

 さらに地上波放送直後からは、アプリでマッチングした妙子と誠のその後を描くオリジナルストーリー「アプリの向こう側編」を独占配信する。

本田翼主演の新春SPドラマ「アプリで恋する20の条件」1月10日放送 マッチングアプリがつなぐ男女6人のラブコメ 杉野遥亮、鷲見玲奈らも

新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」の場面写真=日本テレビ提供
新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」の場面写真=日本テレビ提供

 女優の本田翼さんが主演を務める新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」(日本テレビ系)が、1月10日午後10時半から放送される。マッチングアプリを通じて男女6人が織りなすラブコメディーで、映画「午前0時、キスしに来てよ」「ひるなかの流星」などで知られる新城毅彦監督がメガホンをとる。本田さんをはじめ、杉野遥亮さん、山本舞香さん、鷲見玲奈さん、濱津隆之さん、野村周平さんが出演する。

 本田さんが演じるのは、いつも“選ばれない人生”を送ってきた28歳の会社員・加瀬妙子。彼氏にフラれ、知り合いのカフェの店長の勧めで“マッチングアプリ”を始めることになる。杉野さんはマッチングアプリで妙子と出会う、イケメンなのに不愛想で口が悪い男性・長谷川誠、山本さんはマッチングアプリを活用する女子大生の島田実日子、鷲見さんは派手めで美しいミステリアスな三上咲子、濱津さんは妙子が勤めるイベント会社の社長・糸川弘樹、野村さんは自称“アプリの達人”のカフェ店長・高木遥斗をそれぞれ演じる。

 イベント会社に勤める28歳の妙子は、いつも“選ばれない”人生にうんざりしていた。この日も会社でミスをして、社長の糸川から叱責を受けたあげく、家に帰ると彼氏から別れを告げられてしまう。

 そんな妙子は知り合いのカフェ店長・遥斗に勧められ、マッチングアプリを始めることに。アプリの達人と自称する遥斗の教えで、好条件の男・誠とマッチングした妙子は、ついに初デートに出かける。しかし、誠はイケメンなのに不愛想で口が悪く、印象は最悪だった。

 一方、遥斗はアプリで出会った他の女性・咲子の思わせぶりな態度に振り回され、毎度ギリギリではぐらかされてしまう。妙子の上司・糸川も、妻に逃げられた寂しさからアプリで女子大生・実日子とマッチングするが……というストーリー。

 動画配信サービス「Hulu(フールー)」では、1月7日からドラマを先行配信中。さらに地上波放送直後から、アプリで“マッチング”した妙子と誠のその後を描くオリジナルストーリー「アプリの向こう側編」を独占配信する。

<インタビュー>鷲見玲奈 “NGなし”で走ったフリー1年目 念願の初ドラマはアナウンサーの“クセ”で苦労

新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」に出演する鷲見玲奈さん
新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」に出演する鷲見玲奈さん

 昨年の3月にテレビ東京を退社し、フリーアナウンサーとして新たに歩みを進めた鷲見玲奈さん。転身後はバラエティー番組にゲスト出演する機会も増え、同日に連続で別の番組に“はしご出演”するなど、タレントとしての新たな一面も披露した。そんな2020年は鷲見さんにとって「怒濤(どとう)の1年」だったといい、「“NGなし”で走ってきました」と振り返る。さまざまな現場で感じたアナウンサー業との違いや苦労、1月10日午後10時半から放送される新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」(日本テレビ系)で「挑戦してみたかった」というドラマ初出演への思いなどを聞いた。

 ◇「毎回、一から勉強」 フリー転身後の目まぐるしい日々

 鷲見さんがフリーアナウンサーとしての一歩を踏み出したのは昨年4月。12月中旬に行った取材で、鷲見さんに2020年はどんな年だったか聞くと「怒濤の1年でしたね」と切り出した。「本当にいろいろな経験をさせていただいて、毎日が目まぐるしかった。フリーになったのは今年ですが、もう2、3年たっているんじゃないかと感じるほど濃い日々だったと思います」と、しみじみと語る。

 これまでアナウンサーとして出演してきたバラエティー番組にも、ゲストとして出演する姿を多く見かけたが、鷲見さんは「役割も求められていることも違うので、とにかく迷惑をかけないように、邪魔にならないように……という気持ちだった」といい、各現場で「一から勉強させていただきました」と丁寧に向き合ったという。

 「毎回、これで大丈夫だったかな、正解だったかなと考えたり、うまくいかなくて落ち込んだりもしました」と繊細な一面も明かした鷲見さん。マネジャーの励ましが助けになったといい、「周りの方々のおかげで頑張ることができています」と笑顔で感謝していた。

 ◇初ドラマでは「今までと逆の作業を」 職業柄の“クセ”に苦戦

 「いろいろな経験をした」と語る鷲見さんは、2020年の締めくくりに「挑戦したいことの一つだった」というドラマ出演の夢も実現させた。鷲見さんにとって初ドラマとなる「アプリで恋する20の条件」は、マッチングアプリを介して描かれる男女6人のラブコメディー。鷲見さんはアプリで出会った男性を思わせぶりな態度で翻弄(ほんろう)する、美しくミステリアスな女性・三上咲子を演じる。

 これまでバラエティー番組の再現ドラマで演技を披露したことはあったが、本格的な芝居への挑戦は今回が初めて。鷲見さんは「役作りもどうすればいいのかまったく分からず、『私で大丈夫かな』ととにかく不安でした」と心境を吐露し、実際に演じてみて「表情から仕草、言葉の間、歩くスピード……そういった細かいところまで意識しないと人って描けないんだなと、率直に思いました」と苦労を明かした。

 そして、特に苦戦したのが話し方だという。「アナウンサーという職業柄、どうしてもセリフををはっきり言いすぎてしまう。でも、そうすると会話にリアリティーがなくなってしまうんですよね。言葉の語尾をあえてはっきり言わないとか、言葉の一つ一つをしっかり言わないとか、今まで教わってきたことと逆の作業をしていくのがすごく難しかったです」と振り返った。

 しかし、「次にドラマに出られる機会があるなら、そのときには成長していたい」といい、「今回、演技に挑戦して、セリフのない動きや表情の作り方を学びました。自分がドラマを見るときにも、そういったポイントを意識するようになり、他の作品を見てもっと勉強したいと思いました」と女優業への意欲を見せる。また、ドラマの現場で飛び交う用語について「分からないものが多いので、あとで聞こうと思って」と話すなど、積極的に吸収しようとする姿勢も印象的だった。

 今後、演じてみたい役柄を聞くと「嫌な女をやってみたいですね(笑い)。再現ドラマで少し経験したことがあるので、もっと本格的になりきってみたい」と声を弾ませ、「どの仕事にも難しいところ、楽しいところがある。演技には苦戦しましたが、ドラマではまた新しい出会いもあり、とても楽しかったです。また機会をいただけたら、ぜひ挑戦したいです」と目を輝かせていた。

 最後に、2021年の抱負を尋ねた。鷲見さんは「フリーになってからは、仕事に対して『来る者拒まず』のスタンスで、“NGなし”で走ってきました。2021年も変わらず、そのままでいたい」と力を込め、「充実した1年にしたいです」と明るい笑顔で締めくくった。念願の初ドラマからスタートを切り、走り続けていく鷲見さんに今後も注目したい。

本田翼、杉野遥亮とマッチング 主演SPドラマ「アプリで恋する20の条件」 山本舞香、鷲見玲奈らも出演

新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」のビジュアル=日本テレビ提供
新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」のビジュアル=日本テレビ提供

 女優の本田翼さんが、2021年1月10日午後10時半から放送される新春スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」(日本テレビ系)に主演することが12月21日、分かった。杉野遥亮さんとマッチングアプリで出会う会社員を演じる。山本舞香さん、鷲見玲奈さん、濱津隆之さん、野村周平さんも出演し、男女6人が織りなすラブコメディーとなる。

 本田さんが演じるのは、イベント会社に勤めて、いつも“選ばれない人生”を送ってきた加瀬妙子。彼氏にフラれ、知り合いのカフェ店員の勧めで“マッチングアプリ”を始めることになる。イケメンなのに、不愛想で口が悪い長谷川誠を杉野さん、マッチングアプリを活用する女子大生の島田実日子を山本さん、派手めで美しいミステリアスな三上咲子を鷲見さん、妙子が勤めるイベント会社の社長・糸川弘樹を濱津さん、自称“アプリの達人”カフェ店員の高木遥斗を野村さんが演じる。

 イベント会社に勤める28歳の妙子は、いつも“選ばれない”人生にうんざりしていた。会社でミスをして、社長の糸川から叱責を受け、家に帰ると彼氏から別れを告げられてしまう。妙子は知り合いのカフェ店員・遥斗の勧めで“マッチングアプリ”を始めることに。マッチングした誠と初デートするが、不愛想で口が悪い誠への印象は最悪だった。一方、遥斗はアプリで出会った美しい女性・咲子の思わせぶりな態度に振り回され、毎度ギリギリではぐらかされてしまう。妙子の上司・糸川も妻に逃げられたさみしさからアプリで女子大生の実日子とマッチングするが……という展開。

 本田さんは「脚本を読ませていただいて、最初に感じたことは、リアリティー感です」といい、「人との出会いはさまざまだと思いますが、今の時代、職場や友人の紹介だけではなく、マッチングアプリを通して共通の趣味などをきっかけに出会う、このドラマはそうした今の“出会い方”を描いた現代的なラブストーリーです」と紹介。そして「今回、初共演の方もたくさんいらっしゃいますが、個性が強い皆さんなので撮影がとても楽しみです」とコメントしている。

 ドラマは、映画「午前0時、キスしに来てよ」「ひるなかの流星」などで知られる新城毅彦監督がメガホンをとる。動画配信サービス「Hulu(フールー)」では、地上波放送に先立ち1月7日午後6時からドラマを先行配信。さらに地上波放送直後から、アプリで“マッチング”した妙子と誠のその後を描くオリジナルストーリー「アプリの向こう側編」を独占配信する。