ラブファントム あらすじ

ラブファントムあらすじ

 ドラマ「ラブファントム」は、キスから始まる“美魔男”とのラブストーリーとして人気を集め、累計300万部を突破(電子版含む)している人気マンガ「ラブファントム」を2021年春にMBSの「ドラマ特区」枠で実写ドラマ化。“怪人”と呼ばれるほど優秀で容姿端麗なエリートホテルマンの長谷慧と、不器用だが裏表のない“癒やし系”ピュアなホテルカフェ店員の平沢百々子との秘密の恋を描いた“溺愛系”ラブストーリーで、長谷を俳優の桐山漣さん、百々子を女優の小西桜子さんがそれぞれ演じる。

 原作は、女性向けマンガ誌「プチコミック」(小学館)で連載中のみつきかこさんのマンガ。恋愛経験ゼロのホテルカフェ店員の百々子(22)は、ある夜ホテルの空中庭園で見知らぬ男と出会い、吸い寄せられるようにキスを繰り返す。百々子はほどなく、男の正体が同じホテルに勤務する完璧すぎるほどのエリートホテルマンの長谷(38)だと知る。その夜のキスが忘れられない百々子だったが、何もなかったようにクールで冷たい態度の長谷に戸惑う百々子。職場でのクールな一面と、彼女にだけ見せる甘く熱い一面のギャップがある年上男子との恋愛模様が繰り広げられる。

 ドラマは放送後、動画サービス「Hulu」で独占配信される。

ドラマ「ラブファントム」のあらすじ

ラブファントムMBS「ドラマ特区」枠
2021年春放送
放送後、動画サービス「Hulu」で独占配信