その女、ジルバ キャスト

その女、ジルバキャスト

池脇千鶴
江口のりこ
真飛聖
中田喜子
久本雅美

池脇千鶴、9年ぶり連ドラ主演作「その女、ジルバ」撮影現場公開 「久々にドキドキ」 ダンス猛特訓も

連続ドラマ「その女、ジルバ」で主演を務める池脇千鶴さん=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」で主演を務める池脇千鶴さん=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演で、東海テレビ・フジテレビ系の「オトナの土ドラ」枠で1月9日にスタートする連続ドラマ「その女、ジルバ」(土曜午後11時40分)の撮影現場が、このほど公開された。9年ぶりの連ドラ主演となる池脇さんは、「(台本は)原作をギュっと抜粋している分、一つのシーンがすごく長かったり、皆さんとのいろんな会話が何ページもあったりするので久々にドキドキしました」と撮影当初を振り返る。さらに、「夜ふとテレビつけた方が引き込まれる作品になると思います」と抱負を語った。

 「その女、ジルバ」は、「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有馬しのぶさんの同名マンガが原作。新は大手百貨店でアパレル店員として働いていたが、物流倉庫に左遷されてしまう。そんな彼女が人生の折り返し地点で飛び込んだのは、“40歳未満お断り”の超高齢熟女バー「BAR OLD JACK & ROSE」だった。新は、「小娘」「ピチピチ」とからかわれながらも、高齢ホステスたちの刺激を受けながら、忘れかけていたものを取り戻していく……というストーリー。

 物流センターでのシーンでは、チームリーダーの浜田スミレ役の江口のりこさんや、同僚の村木みか役の真飛聖さんと休憩時間に暖を取りながら女子トーク。リラックスムードで過ごしているという。

 一方、新が働く「BAR OLD JACK&ROSE」のシーンについて、池脇さんは「共演者にお姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、私よりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます」とコメント。熟女ホステス役の中田喜子さん、久本雅美さんら“お姉さま方”の冗談に、池脇さんは絶えず笑顔を見せているという。

 また、艶やかなドレスに身を包んで、劇中でダンスを披露する池脇さんは、撮影の合間を縫って猛特訓。本番直前の休憩時間にもダンス指導の先生に質問したり、何度も振りをチェックしたりしているという。

 連続ドラマ「その女、ジルバ」は、1月9日から毎週土曜午後11時40分放送。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

その女、ジルバ東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠
2021年1月9日にスタート 土曜午後11時40分放送