その女、ジルバ あらすじ

その女、ジルバあらすじ

 ドラマ「その女、ジルバ」は、女優の池脇千鶴さん主演で、東海テレビ・フジテレビ系の「オトナの土ドラ」枠で1月9日にスタートする連続ドラマ。池脇さんが連続ドラマの主演を務めるのは9年ぶり。

 「その女、ジルバ」は、「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有馬しのぶさんの同名マンガが原作。新は大手百貨店でアパレル店員として働いていたが、物流倉庫に左遷されてしまう。そんな彼女が人生の折り返し地点で飛び込んだのは、“40歳未満お断り”の超高齢熟女バー「BAR OLD JACK & ROSE」だった。新は、「小娘」「ピチピチ」とからかわれながらも、高齢ホステスたちの刺激を受けながら、忘れかけていたものを取り戻していく……というストーリー。

 連続ドラマ「その女、ジルバ」は、1月9日から毎週土曜午後11時40分放送。

ドラマ「その女、ジルバ」のあらすじ

<ドラマ紹介>「その女、ジルバ」池脇千鶴が9年ぶり連ドラ主演 新米ホステス&伝説のママの2役 江口のりこらも出演

1月9日スタートの連続ドラマ「その女、ジルバ」のワンシーン=東海テレビ提供
1月9日スタートの連続ドラマ「その女、ジルバ」のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さんが主演を務め、東海テレビ・フジテレビ系の「オトナの土ドラ」枠で放送される連続ドラマ「その女、ジルバ」(土曜午後11時40分)が1月9日スタートする。9年ぶりの連ドラ主演となる池脇さんが、主人公の新米ホステス・笛吹新と、伝説のママ・ジルバの2役を演じる。同作は、夢も、仕事も、結婚も諦めかけていた40歳の主人公が、伝説のママ・ジルバの店でホステスとして働くことを通じ、成長していく姿が描かれる。

 「その女、ジルバ」は、「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有馬しのぶさんの同名マンガが原作。新は大手百貨店でアパレル店員として働いていたが、物流倉庫に左遷されてしまう。そんな彼女が人生の折り返し地点で飛び込んだのは、“40歳未満お断り”の超高齢熟女バー「BAR OLD JACK & ROSE」だった。新は、「小娘」「ピチピチ」とからかわれながらも、高齢ホステスたちの刺激を受けながら、忘れかけていたものを取り戻していく……というストーリー。

 「BAR OLD JACK & ROSE」のホステスは中尾ミエさん、久本雅美さん、草村礼子さん、中田喜子さん、草笛光子さん、マスターは品川徹さんが演じる。真飛聖さん、江口のりこさん、山崎樹範さんらも出演する。

 第1話で新は、憧れだったアパレル会社の販売員として働いていたが、結婚直前で婚約者の前園真琴(山崎さん)に裏切られ破談となった上、リストラで倉庫勤務に左遷させられる。40歳を迎えた誕生日の朝、出勤しようとする新は道でうずくまっていたヨレヨレの高齢女性・久慈きら子(草笛さん)に手を貸す。そして出勤した新に、倉庫部門の新課長として紹介されたのは、なんと婚約を破棄した前園だった。ストレスまみれだったその日の帰り道、新は「ホステス求む!時給2000円 未経験者歓迎 年齢40歳以上」と書かれた「BAR OLD JACK & ROSE」の張り紙を見つける……。

東海テレビ提供
東海テレビ提供

第2話のあらすじ “アララ”池脇千鶴、まずまずの接客 しかし、早くも試練が…

連続ドラマ「その女、ジルバ」第2話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」第2話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第2話「Shall we ダンス?」が1月16日に放送される。

 超高齢熟女バー「OLD JACK & ROSE」で見習いホステス“アララ”として働きだした新(池脇さん)。熟女ホステスたちの明るく前向きな姿に感化され、昼間の職場でも楽しそうな新に、スミレ(江口のりこさん) やみか(真飛聖さん)らは「まさか……ホスト?」と勘違い。元カレの前園(山崎樹範さん)も気が気ではない。

 店では、くじらママ(草笛光子さん)やエリー(中田喜子さん)、ナマコ(久本雅美さん)、ひなぎく(草村礼子さん)ら熟女ホステスと共に、慣れないながらもまずまずの接客ぶりだったが、早くも試練が訪れる。

 突然、フロアが暗転し、流れ始めるムーディーな音楽。店恒例のダンスタイムだ。次々とソシアルダンスを踊り始める常連客とホステスたちの中、ダンス経験のない新はオロオロ。常連客の花山(芋洗坂係長さん)に誘われ、恐る恐る踊り始めた新だったが、その姿はまるで相撲の取組。フロアでよろけてしまう。そんな姿を見かねたマスターの幸吉(品川徹さん)は、ダンスの特訓を言い渡す……。

第3話のあらすじ “新”池脇千鶴、職場追放の大ピンチ! “チームリーダー”江口のりこに呼び出され…

連続ドラマ「その女、ジルバ」第3話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」第3話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第3話「不屈のタマシイ!?」が1月23日に放送される。予告動画では、「職場追放の大ピンチ!」のテロップと共にスミレ役・江口のりこさんの「のんきに副業なんかしてたら、本当にこの男にリストラされるよ」というせりふも収められている。

 超高齢熟女バー「OLD JACK & ROSE」でのバイトに少しずつなじんできた一方、昼間の職場では予想外の試練が新(池脇さん)を待っていた。突然、チームリーダーのスミレに呼び出された新と前園(山崎樹範さん)。みか(真飛聖さん)も見守る中、ホストにハマっていると勘違いされた新がリストラ対象になっていることをどう考えているのか、と2人を問い詰める。

 身に覚えのないことばかりであぜんとする新。熱くなっているスミレの剣幕に、ホスト通いではなく熟女バーでホステスのバイトをしていることを白状せざるをえなくなる。その日の終業後、バーの前で「ホステス募集40歳以上」の貼り紙をしげしげ眺めるスミレとみかの姿があった。2人とも口ではあれこれ言いながらも、新のバイト先が気になって仕方なかったのだ。

 ドレスにウィッグ、バッチリメーク。昼間とは別人の“アララ”の姿に衝撃を受ける2人。居心地悪そうにしながらもビールを注文する。そこにエリー(中田喜子さん)が姿を見せる。いつもは明るいキャラクターで店を盛り上げるエリーの様子がどうもおかしい。彼女が二十代の時、散々貢いだ挙句に捨てられた詐欺師のような男に約40年ぶりに再会、しかも同じ団地に引っ越してきたといい……。

第4話のあらすじ “新”池脇千鶴、初代ママ・ジルバの壮絶な人生を知ることに

連続ドラマ「その女、ジルバ」第4話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」第4話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第4話「姉の思いと弟の決意」が1月30日に放送される。予告動画では、「スミレに何が!?」のテロップと共に、江口のりこさん演じるスミレが涙する様子も公開されている。

 秘密にしていたバー「OLD JACK & ROSE」でのバイトが職場にバレてしまった新(池脇さん)だが、その後、店に誘ったことがきっかけとなりスミレ(江口さん)、みか(真飛聖さん)と同い年の友情が芽生える。しかし職場のリストラ計画は人知れず進行していた。

 店では、毎年ジルバママの命日に開かれるパーティの準備が進んでいた。そんな中、新の携帯に弟・光(金井浩人さん)から連絡が。地元・会津の町おこしイベントで東京に来ていると聞き、新はあわてる。倉庫に出向になったこともバーでバイトしていることも実家には一切知らせていなかったのだ。とりあえず会って食事する約束をしたものの、その前に新は光と思わぬ形であっさり再会してしまう。

 「ジルバをしのぶ会 VOL9」の宴が盛大に始まった。新もこの日は客の1人として楽しむことに。常連客の他に、テレビでよく見かける直木賞作家・大田原真知(中尾ミエさん)も姿を見せる。彼女は、かつて“チーママ”の源氏名で店でホステスとして働いていたというのだ。その夜、新は初代ママ・ジルバの長く苦難に満ちた壮絶な人生について知ることになる……。

第5話のあらすじ “スミレ”江口のりこ、退職願を提出 “新”池脇千鶴は仰天し…

連続ドラマ「その女、ジルバ」第5話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」第5話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第5話「シジュー娘の決断」が2月6日に放送される。

 退職願を出したとスミレ(江口のりこさん)に突然告げられ、仰天する新(池脇さん)。みか(真飛聖さん)は前園(山崎樹範さん)の仕業に違いないと食ってかかる。しかしスミレは「もう決めたことだから」と多くを語らずその場を収める。

 その夜、「OLD JACK&ROSE」では、一同がスミレの話を聞いていた。会社は、スミレにパワハラ疑惑があることを問題視しているのだという。そんなことあるはずが……と言いたいところだが、少し前まではスミレから小言やイヤミを言われていた身としては、コメントしづらい新とみかだった。

 その時、店に新を訪ねて1人の客がやってくる。なんと前園だった。新に本音をこぼす前園。スミレの退職に関しては思うところがあるらしい。普段はひょうひょうとしている前園も、中間管理職という立場に苦しんでいた……。

第6話のあらすじ “アララ”池脇千鶴&“スミレ”江口のりこに恋の予感? クリスマスパーティーに参加

連続ドラマ「その女、ジルバ」第6話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」第6話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第6話「ロマンチックは突然に」が2月13日に放送される。予告動画では「アララ(池脇さん)に恋の予感!? そしてスミレ(江口のりこさん)にも……?」のテロップと共に、アララとスミレが、クリスマスパーティーに参加する様子が収められている。

 年末の繁忙期。新(池脇さん)の働く倉庫は大忙し。みか(真飛聖さん)が辞めてシジュー3人娘の1人が欠けてしまった感傷に浸る間もなく、新とスミレ(江口さん)は慌ただしい毎日を送っていた。遅めの昼休みを取りながら、今は島根の実家でのんびり暮らすみかに思いをはせる2人。その手には、みかの送ってくれた縁結びの神様・出雲大社のお守りがあった。

 「BAR OLD JACK & ROSE」では、恒例のクリスマスパーティーの準備が進んでいた。くじらママ(草笛光子さん)や、ナマコ(久本雅美さん)、ひなぎく(草村礼子さん)らがツリーを飾っている中、エリー(中田喜子さん)は大切な常連客へのプレゼントの準備に悪戦苦闘。不器用なエリーを先輩ホステスたちが手助けしている。客の中では、石動(水澤紳吾さん)がなぜかソワソワ。どうやら意中の相手に告白の準備か。

 新からクリスマスパーティー招待のチラシをもらい、独り身に慣れ切ったスミレは感動。その様子を我が事のようにうれしく思いながら、少し前まで落ち込んでいた自分が驚くほど軽やかに生きていることを実感する新だった。

 パーティー当日。テーブルにはクリスマス料理やケーキが並び、ホステスたちや幸吉(品川徹さん)がクリスマス仕様のコスプレで客を迎える。そこにはちょっとオシャレしたスミレや、石動ら常連客の姿も。そして突然店を訪れた、ナゾの男……。

第7話のあらすじ “白浜”竹財輝之助との再会に、“新”池脇千鶴は? ジルバの過去が明らかに

連続ドラマ「その女、ジルバ」第7話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「その女、ジルバ」第7話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第7話「ここは私のふるさと」が2月20日に放送される。予告動画では、江口のりこさん演じるスミレが「世界ってこんなに幸せに満ちてたっけ?」と話す場面のほか、「不思議な青年 白浜(竹財輝之助さん)との出会い…」のテロップと共に、白浜と話す新(池脇さん)の姿が公開されている。

 大みそか、「BAR OLD JACK & ROSE」で大掃除をしていた新の前に現れた白浜。クリスマスの夜、閉店間際に店を訪れ、新に花束を渡して立ち去ったあのイケメンだ。「ジルバは死んだよ」と幸吉(品川徹さん)が告げる。ジルバの写真に手を合わせた後、白浜は語り始めた。ブラジル育ちの白浜は、現地で出会ったある男に「日本に戻ったらジルバに会いに行け」と言われ、かつてジルバを訪ねた。しかしジルバは突然取り乱し、白浜を追い返したのだという。

 「どうしてあの時……あんなに」と白浜が話した時、店にふらりと真知(中尾ミエさん)が現れる。仕事が終わったので幸吉と一杯やろうと立ち寄ったのだという。白浜に尋ねられるがままに真知が語り始めたジルバの過去。それは、かつて地球の裏側で起きた悲劇だった。

 年が変わり1月、新はふるさと福島へ帰ってきた。弟・光(金井浩人さん)のカフェのオープンを応援するためだ。大盛況の店内で、早速手伝い始める新。そして新の帰郷にはもう一つ目的があった。職場の異動、バーでのバイト。ずっと両親に言えずに逃げてきたことに、いよいよ決着をつける時が来た……。

その女、ジルバ東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠
2021年1月9日にスタート 土曜午後11時40分放送