珈琲いかがでしょう あらすじ

珈琲いかがでしょうあらすじ

 ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、「凪のお暇」などで知られるコナリミサトさんの同盟マンガを実写ドラマ化。テレビ東京系で2021年放送。俳優の中村倫也さんが主演を務める。中村さんが同局系のドラマに主演するのは初めて。本作は移動コーヒー店「たこ珈琲」店主の青山一(あおやま・はじめ)が、心を込めて入れたコーヒーとさりげない言葉で、人生に少し傷ついた人たちの心を癒やしていく物語。原作ファンの間では「コーヒー屋さんが中村倫也にしか見えない」「ぜひ中村倫也で実写化を」などと話題を呼んでおり、今回、ファンからの声に応えたキャスティングが実現した。

 「珈琲いかがでしょう」は2014~2015年に「WEBコミック EDEN」で連載され、2018年にはアニメ化もされた。実写ドラマには、映画「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督、「パラレルワールド・ラブストーリー」の森義隆監督、「ケンとカズ」の小路紘史監督が集結。荻上監督は脚本も担当する。

ドラマ「珈琲いかがでしょう」のあらすじ