大河ドラマ 「どうする家康」 あらすじ

大河ドラマ 「どうする家康」あらすじ

 「どうする家康」は、2023年のNHK大河ドラマ。主演を松本潤さんが務め、徳川家康を演じる。

 ドラマは一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描く、ハラハラドキドキ、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメント作となるという。


 大河ドラマは現在、長谷川博己さん主演の「麒麟(きりん)がくる」が放送中で、2月7日に最終回を迎える。2月14日から吉沢亮さん主演の「青天を衝(つ)け」がスタートし、2022年は小栗旬さん主演の「鎌倉殿の13人」が放送される。

NHK大河ドラマ「どうする家康」 のあらすじ