連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃 あらすじ

連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃あらすじ

 ドラマ「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」(WOWOWプライム、土曜午後10時)は、東野圭吾さんの小説「さまよう刃」(角川文庫)が原作。俳優の竹野内豊さんが主演を務める。竹野内さんは、2009年に公開された同名・同原作の映画(益子昌一監督)で、逃亡する犯人を追う刑事役で出演しているが、今回のドラマでは刑事に追われる犯人役を演じる。2021年5月スタート。

 ドラマは、東野圭吾さんの小説「さまよう刃」(角川文庫)が原作。⾧峰重樹(竹野内さん)は妻を亡くした後、男手一つで一人娘・絵摩を高校生になるまで育ててきた。ところがある夜、絵摩が凄惨な遺体で発見される。悲しみに暮れる⾧峰のもとに、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。そこに帰宅した犯人の一人・アツヤを思わず殺害してしまった⾧峰は、その後、主犯のカイジを追い始める……というストーリー。

 女優の石田ゆり子さんも出演する。石田さんは、警察に追われていると知りつつ、長峰に救いの手を差し伸べる女性・木島和佳子を演じる。竹野内さんと石田さんの共演は、2006年に放送された連続ドラマ「家族~妻の不在・夫の存在~」(テレビ朝日系)以来15年ぶり。

ドラマ「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」のあらすじ

連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃WOWOWプライム
2021年5月15日スタート 毎週土曜午後10時放送