エージェントファミリー~我が家の特殊任務~ ニュース

中村ゆりか、“体当たり”アクションに自信「この迫力を早く見ていただきたい」 “熱さ”学んだ主演ドラマ 3月21日放送

3月21日放送のドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」のワンシーン=カンテレ提供
3月21日放送のドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」のワンシーン=カンテレ提供

 女優の中村ゆりかさん主演のドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(カンテレ)が、関西ローカルで3月21日深夜に放送される。本作は、某国のエージェントとして日本で疑似家族を営みながら活動する“一家”の姿を描いたアクションコメディー。放送を前に、“一家”の娘で新米スパイの佐藤みなみを演じる中村さんが、アクションへの挑戦やドラマの見どころを語った。

 「アクション作品に出るのが一つの目標だった」という中村さんは、出演に対し「こういう機会をいただけて、改めて感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。オファーを受けた際は、驚きのあまり「『本当に私なのかな?』とマネジャーさんを疑って、『人違いじゃないですか?』って聞いた」とエピソードを明かした。

 中村さんは撮影の数カ月間前から練習に取り組み、“スタントなし”でアクションに挑戦。「実際にやってみるとやっぱり痛いし、覚えることも多くて大変だったんですけど、それ以上に『やってやるぞ!』という初めての気持ちが湧き上がってきて、すごく楽しかったです」と充実感をにじませ、「撮影も直前まで『できるかな?』って不安とドキドキでいっぱいなんですけど、現場が整ってカメラの前に立つと、不思議と『できる!』って気持ちになるんですよ。だから、その感情に乗ってやろうと頑張りました。この現場で感じられた“強い気持ち”“熱くなる気持ち”は絶対に忘れたくなくて、これからの作品でも大事にしたいと強く思っています」と語った。

 そして、“体当たり”のアクションについて「この迫力を早く皆さんに見ていただきたい」と自信をのぞかせつつ、「ただアクションが激しいだけではなく、物語の中にある家族の愛や、それぞれが成長していく姿など、視聴者の方にもいろいろと感じていただけるドラマになったと思いますので、ぜひご覧ください。視聴者の方のちょっとした刺激になれたら、すごくうれしいです」と見どころをアピールした。

 ドラマには、みなみと疑似家族を営む父・俊夫役で小市慢太郎さん、母・しのぶ役で真飛聖さんが出演。伊藤万理華さん、瀧川英次さんらも出演する。3月21日深夜1時~同59分に放送。

カンテレ提供
カンテレ提供

<インタビュー>中村ゆりか スタントなしの本格アクションに初挑戦 “青たん”できるも「頑張った勲章」

スペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」の主演を務める中村ゆりかさん
スペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」の主演を務める中村ゆりかさん

 女優の中村ゆりかさんが3月18日、大阪市内で開催された、主演を務めるスペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(カンテレ)の取材会に出席。おっとりとした性格で、友人からは「亀」と呼ばれることもあるという中村さんだが、新米スパイを演じる本作では、スタントなしの本格アクションに初挑戦。撮影では「気が付いたら青たん(青あざ)ができてしまいましたが、頑張った勲章だと思っています」と語っていた。

 アクションシーンを撮影するにあたり「去年9月から4カ月近く練習させていただきました」といい、「でんぐり返しから始まり、立ち回りまでアクション監督の方から指導してもらいました」とにっこり。“怪演”女優と評されることも多い中村さんだが、「小柄な女性が体を動かして、男の人を倒すというギャップ」が、今回の怪演ポイントだと語っていた。

 ドラマは、某国のエージェントとして日本で活動する新米スパイ・佐藤みなみ(中村さん)と、同じくエージェントで、みなみと疑似家族を営む父・俊夫(小市慢太郎さん)、母・しのぶ(真飛聖さん)による佐藤家の活躍を描く。3月21日深夜1時から関西ローカルで放送。

中村ゆりか、回し蹴り&パンチの豪快アクション 素手で刃物に太刀打ちも? 主演ドラマSP映像公開

3月21日放送のドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」のワンシーン=カンテレ提供
3月21日放送のドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」のワンシーン=カンテレ提供

 女優の中村ゆりかさん主演で、3月21日深夜に放送されるドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(カンテレ、関西ローカル)のウェブ限定のスペシャル映像が3月8日、公開された。中村さん演じる新米スパイの佐藤みなみが、鬼気迫る表情を浮かべて、屈強な男たちを相手に回し蹴(げ)りやパンチなど豪快なアクションを繰り広げる姿が映し出されている。

 スペシャル映像には、刃物を持った敵に対して素手で挑むみなみの姿や、みなみの母・しのぶ(真飛聖さん)がみなみに銃口を向ける意味深な場面なども収められている。

伊藤万理華、「エージェントファミリー」に出演 キーパーソンの女子高生役

スペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」に出演する伊藤万理華さん
スペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」に出演する伊藤万理華さん

 元「乃木坂46」の伊藤万理華さんが、中村ゆりかさん主演のスペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(カンテレ、関西ローカル)に出演することが1月28日、分かった。本作は、中村さん扮(ふん)する新米スパイと、その疑似家族の活躍を描くアクションコメディーで、伊藤さんはキーパーソンである女子高生・上杉晴夏を演じる。

 ドラマは、某国のエージェントとして日本で活動する新米スパイ・佐藤みなみ(中村さん)と、同じくエージェントで、みなみと疑似家族を営む父・俊夫(小市慢太郎さん)、母・しのぶ(真飛聖さん)による佐藤家の活躍を描く。「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「幽かな彼女」などの古家和尚さんが脚本、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などの白木啓一郎さんが監督を務める。

 伊藤さんが演じる晴夏は、佐藤家がデータの入手をもくろむ新型人工臓器開発の研究者である信也(赤ペン瀧川さん)の娘。研究に没頭する信也への反抗心で非行に走る晴夏だが、家庭教師として上杉家に潜入したみなみとの交流で、次第に心を開いていく。冷徹に任務を遂行するよう訓練されてきたみなみの心にも変化が生じる中、データを狙う別の組織の陰謀によって、晴夏の身に危険がおよび始める……という設定。

 脚本や役柄について、伊藤さんは「秘密を抱えて任務に取り組む世界に読んでいてわくわくしました。私が演じる晴夏は、何も知らずに危険な事件に巻き込まれていく役柄なので、視聴者と同じ目線で不思議な世界に入り込めると思いました!」と語っている。

“怪演”女優・中村ゆりか、新米スパイ役でドラマ主演 本格アクションに初挑戦で「小さくてもしっかり力強いところを」

スペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」に出演する(左から)真飛聖さん、中村ゆりかさん、小市慢太郎さん=カンテレ提供
スペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」に出演する(左から)真飛聖さん、中村ゆりかさん、小市慢太郎さん=カンテレ提供

 ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)での“怪演”が話題を呼んだ女優・中村ゆりかさんが、2021年3月21日深夜放送のスペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(カンテレ、関西ローカル)で主演を務めることが12月25日、分かった。某国の新米スパイが主人公のアクションコメディーで、「アクションのお芝居のお話が私にいただけるなんて想像もしていなくて、本当に驚きました。小さくてもしっかり力強いところを見せられるように頑張ります!」と意気込んでいる。

 中村さんが演じるのは、父“俊夫”(小市慢太郎さん)と、母“しのぶ”(真飛聖さん)と暮らす佐藤家の一人娘“みなみ”。一見ごく普通の家庭に見える佐藤家だが、実は俊夫は諜報工作、しのぶは狙撃、みなみは格闘術に秀でたスパイとして日本に潜入した、血の繋がりのない疑似家族だった。

 ある日、祖国からの指令で、みなみは、ある企業が極秘に進める新しい人工培養臓器の開発の重要人物である研究者の上杉に近づくべく、上杉の娘の晴夏の家庭教師として潜入。ピンチを救うことで晴夏の信頼を得ていくが、別の組織の陰謀によって、晴夏の身に危険が及ぶ事態が発生。晴夏と親しくなっていたみなみは晴夏の安全と任務の板挟みに苦しむ……という展開。「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「幽かな彼女」などの古家和尚さんが脚本、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などの白木啓一郎さんが監督を務める。

 中村さんは「アクションには本当にずっと興味がありました。『キャットウーマン』、『バイオハザード』、『トゥームレイダー』といった作品に出てくるかっこいい女性にはやっぱり憧れます」とコメント。

 ドラマの撮影に向けて、今秋から激しいアクション訓練に取り組んでいるといい、「初めての格闘術を練習して、最初は本当に体が追いついて行くのに必死な状態でした。アクション監督や監督から抜かりなくご指導していただいていて、今はどうしたら自分が格好良く見えるのかをイメージすることができるようになりました。もう少し練習の時間をいただけるので、そこでもっと力強さを身につけていきたいです」と話す。

 みなみという特殊なバックボーンを持つ役どころについては、「人を倒す任務に従わなければいけないのですが、時には人を思いやる心を持てるのがみなみの人柄です。任務と人情の葛藤が視聴者の方の心にも響くようにできたらいいなと思います」と語っている。