エージェントファミリー~我が家の特殊任務~ あらすじ

エージェントファミリー~我が家の特殊任務~あらすじ

 ドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(カンテレ、関西ローカル)は、女優の中村ゆりかさんが主演を務めるスペシャルドラマ。某国の新米スパイが主人公のアクションコメディーで、「アクションのお芝居のお話が私にいただけるなんて想像もしていなくて、本当に驚きました。小さくてもしっかり力強いところを見せられるように頑張ります!」と意気込んでいる。2021年3月21日深夜放送。

 中村さんが演じるのは、父“俊夫”(小市慢太郎さん)と、母“しのぶ”(真飛聖さん)と暮らす佐藤家の一人娘“みなみ”。一見ごく普通の家庭に見える佐藤家だが、実は俊夫は諜報工作、しのぶは狙撃、みなみは格闘術に秀でたスパイとして日本に潜入した、血の繋がりのない疑似家族だった。

 ある日、祖国からの指令で、みなみは、ある企業が極秘に進める新しい人工培養臓器の開発の重要人物である研究者の上杉に近づくべく、上杉の娘の晴夏の家庭教師として潜入。ピンチを救うことで晴夏の信頼を得ていくが、別の組織の陰謀によって、晴夏の身に危険が及ぶ事態が発生。晴夏と親しくなっていたみなみは晴夏の安全と任務の板挟みに苦しむ……という展開。「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「幽かな彼女」などの古家和尚さんが脚本、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などの白木啓一郎さんが監督を務める。

ドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」のあらすじ