コントが始まる あらすじ

コントが始まるあらすじ

 ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系、土曜午後10時)は、2019年に放送された連続ドラマ「俺の話は長い」(同局系)などを手掛けた金子茂樹さんが脚本を担当するオリジナル。俳優の菅田将暉さんが主演を務める。菅田さんが連続ドラマの主演を務めるのは、2019年1月期に同局で放送された「3年A組-今から皆さんは、人質です-」以来、約2年ぶり。女優の有村架純さん、古川琴音さん、俳優の仲野太賀さん、神木隆之介さんも出演し、1993年生まれの菅田さん、有村さん、仲野さん、神木さんが顔をそろえる。

 ドラマは、“あの頃”に思い描いていた“大人の自分”とはまるでかけ離れた、大失敗な人生を歩む20代後半の若者たちが、その失敗をしたからこそ出会う人や出来事によって、思い描きもしなかった未知の幸せと巡りあう様を描く群像劇。

 毎話、劇中に登場する売れないお笑いトリオ「マクベス」のコントからスタートし、このコントの内容が残り53分間の物語の伏線としてつながっていくという異例の構成で制作される。

 菅田さん、仲野さん、神木さんは「マクベス」の高岩春斗、美濃輪潤平、朝吹瞬太をそれぞれ演じる。有村さんは、マクベスがネタ作りで使っているファミレスの店員・中浜里穂子、古川さんは里穂子の妹の中浜つむぎに扮(ふん)する。

ドラマ「コントが始まる」のあらすじ

<ドラマ紹介>「コントが始まる」 菅田将暉主演の群像劇 有村架純、仲野太賀、神木隆之介ら1993年生まれ共演も 第1話あらすじも

連続ドラマ「コントが始まる」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「コントが始まる」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の菅田将暉さん主演の連続ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系、土曜午後10時)が4月17日に始まる。菅田さん演じるお笑い芸人の主人公・高岩春斗ら20代後半の若者たちが、夢と現実の間で葛藤しながら、思いもしなかった幸せと巡り合う様を描く群像劇だ。

 ほかに有村架純さん、仲野太賀さん、神木隆之介さん、古川琴音さんらが出演する。菅田さん、有村さん、仲野さん、神木さんの4人が1993年生まれということもあり、同い年共演が実現。有村さんはファミリーレストランのウエートレス・中浜里穂子、仲野さんと神木さんは、春斗が突っ込みを務めるお笑いトリオ「マクベス」のメンバーの、美濃輪潤平、朝吹瞬太をそれぞれ演じる。古川さんは、里穂子の妹の中浜つむぎを演じる。

 第1話は……春斗(菅田さん)は、トリオ結成10年を前にある決断を迫られていた。訳あって大手企業を退職した里穂子(有村さん)は、妹つむぎ(古川さん)と同居してファミリーレストランで働いていた。

 ある日、マクベスの3人が里穂子の働くレストランへ。以後、常連客となり、店でネタ作りをするようになる。ネタ作りに励む姿を見ているうちファンになった里穂子だが、初めて足を運んだライブ会場で「マクベス解散」を知る。ぼう然とする里穂子は、突然春斗に声を掛けられ......。

 脚本は、2019年放送の連続ドラマ「俺の話は長い」(同局系)の金子茂樹さんのオリジナル作。菅田さんの連続ドラマ主演は2019年1月期放送の「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(同局)以来約2年ぶり。

第2話のあらすじ マネジャーから呼び出される“春斗”菅田将暉 マクベス解散!? “瞬太”神木隆之介が遺書?

ドラマ「コントが始まる」第2話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「コントが始まる」第2話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の菅田将暉さん主演の連続ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第2話が4月24日に放送される。

 お笑いトリオ「マクベス」の解散を決意した春斗(菅田さん)は、マネジャーから呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。さらに、春斗はファミリーレストランのウエートレス・里穂子(有村架純さん)からある相談を受ける。

 里穂子は、「マクベス」のメンバーの瞬太(神木隆之介さん)が、里穂子が働くファミリーレストランで遺書を書いていたことを心配しているという。春斗は「コントの小道具として遺書を書いていただけではないか?」と里穂子に説明するが、どうやら瞬太が遺書を書いていた理由は別にあるという。

第3話のあらすじ “春斗”菅田将暉の“兄”毎熊克哉が登場 “里穂子”有村架純は「マクベス」ロス?

ドラマ「コントが始まる」第3話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「コントが始まる」第3話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の菅田将暉さん主演の連続ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第3話が5月1日に放送される。

 第3話では、里穂子(有村架純さん)の妹・つぐみ(古川琴音さん)が、春斗(菅田さん)らの「マクベス」が解散を発表してから、里穂子がため息ばかりついていることを心配していた。一方、春斗は兄・俊春(毎熊克哉さん)のことを気にかけていた。俊春は、順風満帆の人生を歩んできたが、突然挫折し、実家の部屋に引きこもり始めていた……というストーリー。

第4話のあらすじ “瞬太”神木隆之介と“つむぎ”古川琴音の過去が交錯? “瞬太の母”西田尚美も登場

ドラマ「コントが始まる」の第4話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「コントが始まる」の第4話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の菅田将暉さん主演の連続ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第4話が5月8日に放送される。女優の西田尚美さんが、お笑いトリオ「マクベス」の朝吹瞬太(神木隆之介さん)の母親・友利子役で登場する。 

 第4話では、潤平(仲野太賀さん)が、高校時代の担任・真壁(鈴木浩介さん)と、彼女の奈津美(芳根京子さん)と共に昔話に花を咲かせる。真壁の息子が生まれた日、瞬太は、息子をいとおしそうに見つめる真壁を見て、なぜか涙を流していたという。

 一方、里穂子(有村架純さん)は自宅で熱帯魚の世話をする妹のつむぎ(古川琴音さん)を見て、昔のことを思い出す。姉のことを献身的に支えてくれる今の日々もそうだが、つむぎは昔から面倒見が良かったという。そして、全く交わるはずのない二つの昔の出来事が数奇な運命によって絡み合うことになる……と展開する。