泣くな研修医 あらすじ

泣くな研修医あらすじ

 ドラマ「泣くな研修医」は、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さんが主演を務めるテレビ朝日系の「土曜ナイトドラマ」(土曜午後11時)。2021年4月からスタートする。白濱さんが同局の連続ドラマで主演を務めるのは今回が初めて。人一倍お人よしで、熱い感情を持つ研修医1年生の雨野隆治役で、初の医師役に挑戦する。

 ドラマは、現役外科医・中山祐次郎さんの小説デビュー作にしてベストセラーとなった同名小説(幻冬舎文庫)が原作。医師でありながら何も分からない研修医たちのリアルを描くと共に、現代の医療界が抱える問題をあぶり出していく。

 白濱さん扮(ふん)する雨野は、一日も早く一人前の医師になろうと情熱を持って取り組むが、その熱意が空回りしてばかり。医師のサポートという名の雑務をこなす研修医生活の中で、やがて医師とは何者であるのか気づいていく……という役どころだ。

ドラマ「泣くな研修医」のあらすじ