リコカツ あらすじ

リコカツあらすじ

 ドラマ「リコカツ」は、「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。離婚に向けて活動する“リコカツ”をスタートさせた夫婦を描く。女優の北川景子さんが主演を務める。北川さんはファッション雑誌の優秀な編集者の水口咲役で、咲の夫で航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員・緒原紘一を永山瑛太さんが演じる。

 咲は、大手広告代理店勤務だった父と“美魔女モデル”と呼ばれる母を持ち、自由な家庭で育った正直な女性。一方、紘一は厳格な自衛官一家で育った堅物人間。そんな正反対な性格の2人が運命的な出会いを果たし、交際ゼロ日でスピード結婚したものの、生活習慣の違い、結婚生活に求める価値観の違いが原因で離婚を決意。しかし、家族や職場、友人らから盛大に祝福され、周囲に離婚の決意を切り出せず、水面下で“リコカツ”を始める……。

ドラマ「リコカツ」のあらすじ

<ドラマ紹介>「リコカツ」 北川景子、“夫”永山瑛太と離婚に向けて活動 主題歌は米津玄師 第1話あらすじも

連続ドラマ「リコカツ」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「リコカツ」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の北川景子さん主演で俳優の永山瑛太さんが出演する連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)が4月16日に始まる。離婚に向けて活動する“リコカツ”をする夫婦を描く。北川さんがファッション雑誌の優秀な編集者の水口咲、永山さんが咲の夫で、航空自衛隊航空救難団のエース隊員・緒原紘一を演じる。

 「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。自由奔放な妻・咲と生真面目な夫・紘一が、周囲に離婚の話を切り出せずにいる中、水面下でリコカツを進めていく物語だ。

 第1話は……咲(北川さん)と紘一(永山さん)は、運命の糸に導かれるように結婚した。出会いは3カ月前。雪山で遭難した咲を、航空救難団の紘一が救助したのがきっかけだった。

 結婚式翌日。咲は早朝4時に起床ラッパの音で起こされ、紘一に緒原家の家訓を唱和させられる。会社で後輩の三本木なつみ(大野いとさん)にこぼす咲。なつみには笑われた上、元カレの青山貴也(高橋光臣さん)の方が良かったのではないかと言われてしまう。

 紘一の提案で休日に外食することになり、咲は喜ぶが、紘一はファッションから店選びまで何もかもセンスが違った。その上、自分の考えを押し付けてくるため、咲の不満が爆発。紘一も「思っていた結婚生活と違う」と大げんかになり、互いに離婚を口にする。

 2人は離婚を考えていることを緒原家の食事会で紘一の両親に話そうとした。しかし、母・薫(宮崎美子さん)と父・正(酒向芳さん)から先に「自分たちは離婚する」と言われてしまい……。咲の父・武史(佐野史郎さん)と母・美土里(三石琴乃さん)の間にも不穏な空気が……。

 三石さんは人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役などで知られる声優。咲の姉・鹿浜楓を平岩紙さんが演じる。主題歌は、シンガー・ソングライターの米津玄師さん書き下ろしの「Pale Blue」で、初回放送で解禁される。

第2話のあらすじ “咲”北川景子、“紘一”永山瑛太とパーティーへ!? “母”三石琴乃、夫の浮気を確信

連続ドラマ「リコカツ」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「リコカツ」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の北川景子さん主演で俳優の永山瑛太さんが出演する連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)第2話が4月23日に放送される。

 交際ゼロ日婚を果たしたが、お互いのあまりの不一致に離婚を決意した咲(北川さん)。しかし、歩道橋で足を滑らせた自分を、身を挺して守ってくれた紘一(永山さん)の頼もしさと、「まだ君の夫だから」という優しい言葉に心が揺れる。

 そんな時、紘一の母・薫(宮崎美子さん)が離婚届を残して家を出て行った。2人で緒原家に駆けつけると、父・正(酒向芳さん)は心配するでもなく、紘一の妻・咲に当たり前のように夕飯の支度を要求。そんな義父の態度にも、それを何とも思わない様子の紘一にも、咲は腹を立てる。

 翌日、咲は編集長の大崎(松永天馬さん)から、ラルフローレンの新連載企画を聞く。連載を依頼する吉良夫妻を招くパーティーに、咲にも夫婦で出席してほしいという。成功させれば外されていた企画の担当に復帰するチャンス。パーティーは苦手だと渋る紘一を「離婚後に自活するには、仕事は大事。これもリコカツ!」と説得する。

 その数日後、紘一は隊長の重森(菅原卓磨さん)から、今年のバーベキュー大会には夫婦で参加するよう念押しされる。しかし、パーティーと同じ日であることに後で気付いて、咲と大げんかに。

 すれ違いばかりで落ち込む咲は、久しぶりに行ったレストランで元カレの貴也(高橋光臣さん)と偶然再会する。咲の実家では、母・美土里(三石琴乃さん)が夫・武史(佐野史郎さん)の浮気を確信し……。

第3話のあらすじ “咲”北川景子&“紘一”永山瑛太、新婚旅行!? “母”三石琴乃は離婚する気?

連続ドラマ「リコカツ」第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「リコカツ」第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の北川景子さん主演で俳優の永山瑛太さんが出演する連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)第3話が4月30日に放送される。

 キャンプの夜、林の中で道に迷った咲(北川さん)を紘一(永山さん)が見つけ出し、背負って帰ってくれた。どんな時も自分を守ってくれる紘一に、咲は素直に感謝し、紘一も喜ぶ咲を見てうれしく思う。

 そんな時、咲の母・美土里(三石琴乃さん)が2人の新居にやって来て「ここに住む」と言い出す。原因は夫・武史(佐野史郎さん)の浮気で、美土里は離婚する気らしい。

 離婚届を残して出て行った紘一の母・薫(宮崎美子さん)は、箱根の温泉旅館で働いていることが分かる。夫の正(酒向芳さん)はメンツを気にして迎えに行かないため、紘一と咲が休暇を取って会いに行くことに。離婚を決めていた2人だったが、初めての旅行はどこか楽しみで、周囲からも「新婚旅行」と冷やかされ、まんざらでもない。

 紘一は同じスポーツジムに通う貴也(高橋光臣さん)と何となく気が合い、サウナで互いの身の上話を始める。箱根行きの前夜、紘一の職場で新婚旅行壮行会が開かれ、その帰り際、紘一は部下の純(田辺桃子さん)に「相談がある」と言われる。同じ頃、咲は編集長(松永天馬さん)に、ファッション誌の部署から文芸部への異動を告げられ……。

第4話のあらすじ “咲”北川景子の“元カレ”高橋光臣が自宅に… “紘一”永山瑛太は?

連続ドラマ「リコカツ」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「リコカツ」第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の北川景子さん主演で俳優の永山瑛太さんが出演する連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)第4話が5月7日に放送される。

 咲(北川さん)は紘一(永山さん)が自分と結婚した理由に心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲をいとおしく思う。紘一の実家の騒動を機に初めて気持ちが通じ合えた2人。夫婦仲良く帰宅すると、なぜか咲の元カレ・貴也(高橋光臣さん)が居た。

 咲の母・美土里(三石琴乃さん)が、弁護士の貴也に自分の離婚を相談したのがきっかけだった。貴也は、そこが元カノ・咲の新居で、咲の夫がスポーツジムで仲良くなった紘一と知り、凍り付く。この一件を機に、咲と紘一の間に再び距離ができてしまう。

 翌日、咲は異動になった文芸部に初めて出勤し、小説家・水無月連(白洲迅さん)の担当を命じられる。連は若者に絶大な人気がある“恋愛のカリスマ”。しかし、その言動は身勝手極まりなく、異動早々に仕事にも暗雲が垂れこめていた。

 紘一は、自分なりの思いで咲との離婚を真剣に考え始めていた。そんな時、美土里が自分の誕生日パーティーを咲たちの新居で開くことを勝手に決め、知り合いに招待状を送っていた。そのパーティーで再び咲と紘一と貴也が顔を合わせ。紘一に思いを寄せる同僚隊員・純(田辺桃子さん)もやって来て……。