生きるとか死ぬとか父親とか ニュース

<ドラマ紹介>「生きるとか死ぬとか父親とか」 ジェーン・スーのエッセーが原作 吉田羊&國村隼が親子に

連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」第1話のワンシーン(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」第1話のワンシーン(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会

 女優の吉田羊さん、俳優の國村隼さんダブル主演の連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)が4月9日に始まる。原作はラジオパーソナリティーやコラムニストなどで活躍するジェーン・スーさんの同名エッセー(新潮社)。スーさんがモデルの主人公・蒲原トキコを吉田さん、トキコの父親を國村さんが演じる。

 愛嬌(あいきょう)はあるが自由奔放な70代の父と、父に振り回される40代半ばの中年の娘の、おかしくて、時々切ない家族の愛憎物語を描く。

 第1話は……ラジオ番組「トッキーとヒトトキ」のパーソナリティ、トッキーこと蒲原トキコは、リスナーの「お悩み相談コーナー」で大人気。しかしそんなトキコにも悩みがある。父親の蒲原哲也だ。父に振り回されるトキコはある日、父についてエッセイを書こうと決める。そこには亡き母の人生と、父への愛憎が入り混じる娘の秘めたる思いがあって……。

 劇中のラジオ番組「トッキーとヒトトキ」で、トキコの相方として番組を進行するアナウンサー・東七海役を田中みな実さん、20代のトキコを松岡茉優さん、トキコの母役を富田靖子さんが演じる。

田中みな実、ジェーン・スー原作テレ東ドラマで吉田羊の“相方”に 現実味を帯びた悩みに「胸が締めつけられました」

連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する田中みな実さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する田中みな実さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会

 フリーアナウンサーの田中みな実さんが、女優の吉田羊さんと俳優の國村隼さんのダブル主演で4月期に放送されるテレビ東京の連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演することが3月23日、明らかになった。劇中のラジオ番組「トッキーとヒトトキ」のメインパーソナリティーを務める主人公・蒲原トキコ(吉田さん)の相方として、番組を進行するアナウンサーの東七海を演じる。

 ドラマは、ラジオパーソナリティーやコラムニストなどとして活躍し、女性からの支持を集めるジェーン・スーさんの同名の著書(新潮社)が原作。愛嬌(あいきょう)はあるが自由奔放な70代の父と、父に振り回される40半ばの中年の娘のおかしくて、ときどき切ない家族の愛憎物語を描く。ある日、父についてのエッセーを連載することになるトキコの父を國村さんが演じる。

 田中さんは「局アナの頃から親交があるジェーン・スーさん原作の本ということで、お話をいただいたときの感慨もひとしおでした。スーさんが大切にされているラジオの仕事で関わる人物を演じる機会をいただけて大変光栄です」とコメント。

 「私が演じた東七海が抱える悩みは、きっと自身も局に在籍し続けていたら訪れたであろう問題で、現実味を帯びた内容に胸が締めつけられました」といい、「劇中で描かれるラジオ番組『トッキーとヒトトキ』は、小道具や演出など細部にまでこだわっていて本物の番組さながらでした。局アナの頃からラジオの仕事に携わっている身として、よりリアリティーを追求できるよう、ご提案できることはさせていただきました」と撮影を振り返った。

 また、吉田さんとの共演について、「学ぶこと、得ることが多く、お会いするたびに刺激を受けました。羊さんのお芝居を目の前で見て、感じて、受け止めることができて、願ってもないような経験をさせていただきました。2人のやりとりはアドリブも多いので、そこにトキコと東の信頼関係みたいなものが垣間見えるといいなと思います」と話した。

 同ドラマに、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さん、「アルコ&ピース」の平子祐希さん、「かもめんたる」の岩崎う大さんが出演することも発表された。

(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会

松岡茉優、吉田羊の“20代の姿”に「身の引き締まる思い」 4月期ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」出演

連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する松岡茉優さん (C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する松岡茉優さん (C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

 女優の松岡茉優さんが、吉田羊さんと國村隼さんのダブル主演で4月期に放送される連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)に出演することが3月5日、分かった。吉田さん扮(ふん)する主人公・蒲原トキコの“20代の姿”を演じる松岡さんは、「今回吉田羊さんの20代を演じさせていただけること、身の引き締まる思いです」と話している。

 ドラマは、ラジオパーソナリティーやコラムニストなどとして活躍し、女性からの支持を集めるジェーン・スーさんの同名の著書(新潮社)が原作。愛嬌(あいきょう)はあるが自由奔放な70代の父と、父に振り回される40半ばの中年の娘のおかしくて、ときどき切ない家族の愛憎物語を描く。國村さんは、ある日、父についてのエッセーを連載することになる主人公・トキコ(吉田さん)の父を演じる。

 松岡さん扮する“20代のトキコ”は、今のトキコと父の関係を形作る過去の家族の物語に登場する。松岡さんは「台本を読ませていただき、『普通の家族なんてないですよ。』というせりふにとても惹(ひ)かれました。私のせりふではないのですが物語のテーマと捉えました」と明かす。

 また「羊さんの演じられた現代のトキコを拝見することで、イメージが膨らみました」といい、「國村隼さんと親子役をできることが私の人生にあるのだなあと思いました。とても豊かな時間で、たくさんのことを教えていただきました。トキコと似た思いを持って過ごされてる方々に、幅広く届くことを願っています。きっと、自分のことを許せたり、少しだけ大事にできるようになると思うのです。私は回想シーンのみの出演なので、ドラマの完成がとても楽しみです」と思いを語った。

吉田羊、「生きるとか死ぬとか父親とか」で國村隼と親子役でW主演 ジェーン・スーの著書が原作

連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」で主演を務める吉田羊さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」で主演を務める吉田羊さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

 女優の吉田羊さんと俳優の國村隼さんがダブル主演を務める連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」が、4月からテレビ東京系で放送されることが2月16日、明らかになった。ドラマは、ラジオパーソナリティーやコラムニストなどで活躍するジェーン・スーさんの同名の著書(新潮社)が原作で、ジェーン・スーさんをモデルにした主人公を吉田さん、主人公の父親を國村さんが演じる。

 主人公・蒲原トキコ(吉田さん)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村さん)がたった一人の肉親だった。破天荒な人生を歩み、自由奔放で愛嬌(あいきょう)のある70代の父、独身で勝ち気な40半ばの娘。一度は絶縁寸前までいった2人だが、今ではときどき外食しながら話をする関係になっている。ある日、トキコは父についてのエッセーを連載することになり、父に会うたびいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではなく、母との出会い、全財産喪失、そして他の女性の影……といった家族の物語を描く。

 劇中では、主人公がパーソナリティーを務めるラジオ番組で、「お悩み相談のコーナー」が登場する。ジェーン・スーさんもラジオ番組でお悩み相談コーナーを担当しており、今作のラジオシーンのせりふはすべてジェーン・スーさんが監修する。

 メイン監督は、映画「溺れるナイフ」(2016年)、「21世紀の女の子」(2019年)、「ホットギミック ガールミーツボーイ」(2019年)などで知られる山戸結希さんが務める。山戸さんは連ドラ初監督。

 ドラマは深夜ドラマ枠「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)で4月9日から放送される。

 ◇吉田羊さんのコメント

 言葉豊かで聡明なジェーン・スーさんを、私のようなものが演じさせていただいていいものかと正直尻込みしました。けれど、読ませていただいた原作と脚本がとてもすてきで、何より、スーさんとお父様がとっても可愛くて、この親子の魅力を、私を通じて皆さまにお伝えできたらと、願うような気持ちでお引き受け致しました。

 お父さん役の國村さんとは、9年ぶりの共演です。穏やかで軽やかで、よく通る口笛を吹きながら現場入りされ、関西人ならではの話術でおもしろ話をいつも聞かせてくださいます。尻尾をつかませないひょうひょうとしたたたずまいは、どこか今回の「お父さん」にも通じていて、「してやられた!」と最後は笑って許してしまう、そんな人間力をお持ちの方です。不思議なもので、親子を演じていると似てきて、同じタイミングで空を見上げたり、ため息をついたり、口元を拭ったり……今回、密度の濃い撮影のため、日一日と互いの円が重なっていくのが面白いです。その重なりを求めたスーさんの思いを、我々親子が演じることですてきに表現できたらいいなと願っています。

 私自身も、4年前に母を亡くしています。反発ばかりでしたが、それが母の愛を求める裏返しだったと気づいたのは母が亡くなる直前のこと。もっとこうすればよかったという後悔はいまだにたくさん。と同時に、健在の父に対しては、そんな思いはしたくないという決意のようなものは、スーさんと同じかなと思います。なので、トキコを演じながらも、私自身の人生を生きている感覚。スーさんは書くことで、私は演じることで、皆さんは見ることで、それぞれの家族と向き合い、何かしらのヒントが見つかれば幸いです。家族、友人、恋人、仕事……日々私たちを悩ませるあれこれに響くスーさんの正直で的確な言葉たちに、そしてこの親子の「小さな一大事」に、ぜひ会いに来てください。ふっと心が軽くなりますよ。どうぞお楽しみに。

 ◇國村隼さんのコメント

 企画を拝見して、まさに今をとらえた内容だと思いました。<家族>のかたちもさまざまになり、昔のように二十何歳かで娘は嫁にいき、また親は息子やその嫁と同居なんてちょっとしたファンタジーになりつつあります。

 ジェーン・スーさんの原作は親の世代も子供の世代もそれぞれの暮らしやすさを追い求めながら、またそれゆえの衝突もあり、少しの苦みとゆるやかな楽しみのなかで人生は過ぎて行く、そんな面白さをまざまざと描き出していきます。

 共演する吉田羊さんは、軽やかに過酷な現場を楽しんでおられて、私もそのおすそ分けをいただいている気分になってしまいます。台本を読みながら、そして演じながら、したいことはするしかない。しかしそのしっぺ返しは甘んじて受けるんだぞ。肝(はら)はくくっておくもんだ。という人生の教訓・三カ条をいただいたと思っております。そんなわけで、私にとってこの父親役は十年ほど先の年齢になりますが、今のうちに、自分自身がどんな齢の重ね方をしたいのか?と、考えてみるきっかけにもなりました。ま、そうそう答えは出ませんけれど。

 ドラマをご覧いただいた皆様のご感想をお聞かせください。大人になってからの親子の物語、ほんわか甘苦いです。

 ◇ジェーン・スーさんのコメント

 父と私の、ごく私的な日常が映像になるなんて! 父にとっても私にとっても、身に余る光栄です。ドラマ化にあたり、創作していただいたフィクション部分も大変気に入っています。

 そして、まさか吉田羊さんにジェーン・スーを演じていただけるとは。「ジェーン・スーを美しく修正すると吉田羊さんになる」と友人から言われたことがあり、恐縮ながらうれしい気持ちでいっぱいです。國村隼さんに父を演じていただけること、天国の母も喜んでいると思います。大人になり、親との関係のつむぎ直しを考え始めた皆さんに楽しんでいただけたら光栄です。

(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

生きるとか死ぬとか父親とかテレビ東京系 深夜ドラマ枠「ドラマ24」
2021年4月9日スタート 金曜深夜0時12分放送