RISKY ニュース

萩原みのり「原作マンガの表情超えたい」 Travis Japan・宮近海斗は「作品の中でもがくの楽しい」 新ドラマ「RISKY」で主演

女優の萩原みのりさんが主演を務める連続ドラマ「RISKY」のポスタービジュアル(C)「RISKY」製作委員会・MBS
女優の萩原みのりさんが主演を務める連続ドラマ「RISKY」のポスタービジュアル(C)「RISKY」製作委員会・MBS

 MBSの「ドラマ特区」枠で3月25日にスタートする連続ドラマ「RISKY」の合同取材会がこのほど行われ、主演の女優・萩原みのりさん、ジャニーズJr.の人気グループ「Travis Japan」の宮近海斗さんが出席した。ドラマは、たちばな梓さんのマンガ「RISKY~復讐(ふくしゅう)は罪の味~」が原作のラブ・サスペンス。地上波連ドラ初主演となる萩原さんは、「あのマンガの表情を超えたいなと思いながら、常に挑んでいる感じです」と心境を語った。

 ドラマは、幼い頃に両親を失い、姉に育てられたヒロイン・ひなた(萩原さん)が、姉の人生を狂わせた“女”に復讐を仕掛けていく物語。かなた(深川麻衣さん)は、桜井亨(古川雄輝さん)と婚約し、幸せの絶頂にいた。しかし、黒田美香(山下リオさん)が亨を略奪し、その出来事が引き金となって、ひなたは、かなたまで失ってしまう。姉の仇を討つため、ひなたは恐ろしい復讐を計画。美香の会社でアルバイトをする謎に包まれた青年・浅井光汰(宮近さん)も登場し、話数を重ねるごとに復讐劇はどんどんヒートアップし……という展開。

 今作が地上波連ドラ初主演の萩原さんは、ドラマ化が発表されると、さまざまな人から連絡をもらったという。「ずっと昔からお世話になっているスタッフさん、監督から、『ちゃんと進んでいるな。頑張っているな。楽しみにしているよ』って連絡をいただいて。すごくうれしかった」と笑顔を見せる。

 原作マンガは「好きなシーンだらけ」という萩原さんは、「いつも原作モノの実写化をやらせていただくときに、好きなコマや印象に残ったところに付箋を貼っていくんですけど、付箋だらけになって……」と告白。「どのシーンも、どの表情も、自分がやってみるのが楽しみでしかない」とわくわくしている様子だった。

 亨の前にいるひなたと、別の場面でのひなたとの違いに気をつけているという萩原さんは、「だましているモードと、すごく居心地がいいときのモード、一目で違いが出るといいなと気をつけて演じています」と話していた。

 一方、宮近さんは、自信が演じる光汰について「この作品の中でいちばん普通の人というか、気持ちがわかりやすい人だと思う」と説明。「真っすぐなひなたに対する思いで動いているので、どれだけ真っすぐに演じられるかと、気持ちを届けられるかというのを、映像を通して伝えられたら」と意気込みを語った。

 取材中、萩原さんから「(撮影現場で)ずーっとニコニコしている」と言われた宮近さんは、「現場がリラックスして何でも楽しくなっちゃう感じがある」とにっこり。同世代の俳優との共演があまりないという宮近さんは、「台本を読み、自分でかみ砕いた上で、(演技)プランをお話しされているのを見て、俳優さんってすごいなって。背中見て頑張ります」と刺激を受けている様子だった。

 「役者してるんだ、って思えることは自分にとって自信になるのでうれしい」という宮近さん。「今までに出た映像作品ではない濃さがあるので、宮近海斗としてそういう面があるということを披露できる場でもあると思う。作品の中でもがくの楽しいです」と充実の表情を見せていた。

 ちなみに、今回のドラマ出演が決まった際には「Travis Japan」のメンバーに共有したといい、「『また決まったの?』って感じで。松田元太、中村海人は、『えーマジ?』みたいな。僕も『まあそうだけど』と言って。吉澤閑也はよくわかんない表情をしていました(笑い)」と明かしていた。

 ドラマは、3月25日からMBSで毎週木曜深夜0時59分に放送。テレビ神奈川、テレ玉ほかでも放送される。TSUTAYAプレミアム/TSUTAYA TVにて最新話が、テレビ放送より1週間前に先行配信中。

萩原みのり、「はな恋」出演の期待の若手女優 地上波連ドラ初主演 “恐怖の復讐”を企てるヒロインに

連続ドラマ「RISKY~復讐は罪の味~」で主演を務める萩原みのりさん (C)「RISKY」製作委員会・MBS
連続ドラマ「RISKY~復讐は罪の味~」で主演を務める萩原みのりさん (C)「RISKY」製作委員会・MBS

 女優の萩原みのりさんが、MBSの「ドラマ特区」枠で3月25日にスタートする連続ドラマ「RISKY」で主演を務めることが2月19日、明らかになった。失った姉の仇(かたき)を取るために、恐怖の復讐(ふくしゅう)を企てる主人公・広瀬ひなたを演じる。萩原さんが地上波ドラマで主演を務めるのは初めて。

 萩原さんは1997年3月6日生まれ。2013年にデビューし、映画「64-ロクヨン-前編・後編」「何者」(共に2016年)、「昼顔」「心が叫びたがってるんだ。」(共に17年)、連続ドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系、2015年)などに出演。昨年は「転がるビー玉」「37セカンズ」「ステップ」「僕の好きな女の子」「13月の女の子」「アンダードッグ」「佐々木、イン、マイマイン」の7本の出演映画が公開され、現在大ヒット中の映画「花束みたいな恋をした」にも出演している。

 「RISKY」は、電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で累計ダウンロード数が1700万を突破した、たちばな梓さんのマンガ「RISKY~復讐は罪の味~」が原作のラブ・サスペンス。ひなたの姉・かなたの元婚約者の桜井亨はある出来事をきっかけに、ひなたに急接近して関係を持ってしまう。しかしそれは、ひなたの恐ろしい計画の序章に過ぎず、次々と復讐劇が始まっていく……というストーリー。

 萩原さんのほか、女優の山下リオさん、深川麻衣さん、ジャニーズJr.の人気グループ「Travis Japan」の宮近海斗さん、俳優の古川雄輝さんが出演することも発表された。山下さんは亨の婚約者・黒田美香、宮近さんは美香の職場でアルバイトをしている青年・浅井光汰、深川さんはかなた、古川さんは亨をそれぞれ演じる。脚本は、連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系、2017年)、「おじさまはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系、2020年)などを手がけた坪田文さんが務める。

 萩原さんは「初めてこの作品を読んだとき、自分の想像を毎度上回る展開に魅了され、ページをめくる手が止まりませんでした。そして今、ひなたを自分が演じられることが本当に楽しみで、撮影が始まる日を毎日ドキドキしながら待っています。今回ドラマでは原作とは少し違ったエンディングが待ち受けています。原作を好きな方にも、これからこの作品に出会う方にも楽しんでいただけるよう、ひなたの気持ちをしっかり受け継いで、キャスト、スタッフの皆様と丁寧に作り上げていけたらと思っています」とコメントした。

 ドラマは3月25日から毎週木曜深夜0時59分に放送。テレビ神奈川、テレ玉ほかでも放送される。

(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS
(C)「RISKY」製作委員会・MBS

RISKYMBS「ドラマ特区」枠
2021年3月25日から毎週木曜深夜0時59分に放送。
テレビ神奈川、テレ玉ほかでも放送される。