死神さん キャスト

死神さんキャスト

田中圭
前田敦子

田中圭、堤幸彦監督作品初主演 “死神”と呼ばれるダークヒーロー刑事に 「楽しみ半分、怖いです」

「Hulu」オリジナルドラマ「死神さん」で主演を務める田中圭さん(左)と、演出を担当する堤幸彦監督
「Hulu」オリジナルドラマ「死神さん」で主演を務める田中圭さん(左)と、演出を担当する堤幸彦監督

 俳優の田中圭さんが、動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオリジナルドラマ「死神さん」で主演を務めることが2月25日、明らかになった。田中さんは、“死神”と呼ばれる刑事・儀藤堅忍(ぎどうけんにん)を演じ、劇中ではダークヒーローとして活躍する。ドラマのメイン演出は、「TRICK」や「SPEC」シリーズで知られる堤幸彦監督で、田中さんは堤監督演出作品で初めて主演する。

 「死神さん」は、大倉崇裕さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作のミステリードラマ。クセモノ刑事・儀藤堅忍が、警視庁内で“死神”とうとまれながらも、警察が掘り返されたくない事件を洗い直して、真相を明らかにしていく姿を描く。

 田中さんが、堤監督作品に出演するのは映画「包帯クラブ」(2007年)以来14年ぶり。田中さんは「『包帯クラブ』でご一緒したときは、とにかく堤監督からのムチャぶりがすごかった思い出があります。当時、オーディションにも参加者の相手役として関わったのですが、監督がわざとなのか、僕を試したのか、飽きたのか分からないですけど、いろいろな人のものまねでせりふを言わされたんです(笑い)。撮影現場でも『ちょっと、ここでこうしてみよう』というムチャぶりがあったので、今回も楽しみ半分、怖いです(笑い)」とコメントした。

 一方、堤監督は「田中君には、どこに心があるのか完全には理解できない、不思議なたたずまいがあるんです。監督の負けだと感じるような、打ち崩させない何かがあるので、『包帯クラブ』でご一緒してから今まで、ずーっと隠し玉みたいに思っていた存在でした」とコメント。「今回は、『やっぱり田中君は田中君だなぁ』と思うような演出はしたくない。見たことのない姿やポーズ、仕草も作ってはやらせたいです」と明かした。

 「死神さん」は、全6話で今秋配信予定。

前田敦子、メッシュ入りのショートヘアに 田中圭主演作「死神さん」で巡査長役

9月17日に配信スタートするドラマ「死神さん」のメインビジュアル(C)HJ ホールディングス
9月17日に配信スタートするドラマ「死神さん」のメインビジュアル(C)HJ ホールディングス

 女優の前田敦子さんが、俳優の田中圭さんが主演を務める動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオリジナルドラマ「死神さん」に出演することが6月30日、分かった。前田さんは、田中さん演じる“死神”と呼ばれる刑事・儀藤堅忍(ぎどうけんにん)とバディーになるのを熱望する巡査長の南川メイを演じる。前田さんはメイの役作りで、ボブだったヘアスタイルをさらに短くし、メッシュが入ったショートヘアにした。メイを演じるほか、ストーリーテラーにも初挑戦する。

 「死神さん」は、大倉崇裕さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作のミステリードラマ。クセモノ刑事・儀藤が、警視庁内で“死神”とうとまれながらも、警察が掘り返されたくない事件を洗い直して、真相を明らかにしていく姿を描く。「TRICK」や「SPEC」シリーズで知られる堤幸彦監督がメイン演出を務める。

 メイはドラマオリジナルのキャラクターで、広報課所属の巡査長。儀藤からバディーになるのを拒否され続けている。儀藤から「パシリ」と呼ばれながらも、後方支援として“自分なり”に儀藤をバックアップするという役どころ。

 儀藤が長髪で全身黒ずくめのファッションをしているのに対して、スタッフから「メイはメッシュを入れて、明るいヘアスタイルにしたい」という要望を受けた前田さんは「メッシュが映えるように髪を切ってもらったんです」とコメント。メイを演じることについては「ビジュアルも含め、私としても目新しさが詰まった役です」と語っている。

 前田さんと田中さんは、2015年に放送された特別番組「世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~」、2017年放送の連続ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(共にフジテレビ系)に続き、今作で3回目の共演。前田さんは、田中さんとの共演について「田中さんは作品を見る人がすごく安心できる存在。また一緒にガッツリお芝居をさせてもらえるということで私も強い安心感を覚えています。しかも、今回は今までにない田中さん!『どう来るんだろう!?』って、もう楽しみだらけです」と語っている。

 前田さんはドラマについて「台本を読んでいる時点から、『ハッ、こういうふうに! ハッ、ここに伏線があったのか!』と、私も毎話楽しませていただきました」と話し、「堤監督の演出が入ることで、より面白いドラマになるんじゃないかな、と期待しています。皆さんも、ぜひ楽しみにしていてください!」とアピールしている。

 また、ドラマのメインビジュアルも公開された。田中さん演じる儀藤のビジュアルは、堤監督のアイデアで、長髪で黒ずくめのファッションに加え、鼻に大きなホクロがあるのが特徴となっている。田中さんは「いつも衣装合わせの時、違うな……と思ったら意見を言うようにしているんですけど、今回は『あ~なるほど!』と。自分でもワクワク楽しみながら、このスタイルになりました」と振り返っている。

 なお、ドラマでは儀藤と事件を再捜査する相棒が毎話変わる。メインビジュアルでは相棒の顔が不明となっており、今後、発表されるという。

 ドラマは9月17日から毎週金曜に1話ずつ配信。全6話。

蓮佛美沙子、「死神さん」で「ぶっ飛んだ役」 田中圭の相棒に

9月17日に配信スタートするドラマ「死神さん」の第弐話に出演する蓮佛美沙子さん(右)と田中圭さん (C)HJ ホールディングス
9月17日に配信スタートするドラマ「死神さん」の第弐話に出演する蓮佛美沙子さん(右)と田中圭さん (C)HJ ホールディングス

 女優の蓮佛美沙子さんが、動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオリジナルドラマ「死神さん」の「第弐(2)話」にゲストとして出演することが8月20日、分かった。蓮佛さんは、「死神」と呼ばれる主人公の刑事・儀藤堅忍(ぎどうけんにん、田中圭さん)と相棒を組む八王子中央署・交通課巡査長の三好若菜を演じる。

 第弐話は、儀藤が、借金癖のある夫を車でひき殺したと自供した妻・羽多野百合恵に無罪判決が下ったことを受け、捜査を担当していた八王子中央署へ向かう。そして、三好を新たな相棒に選び、再捜査を開始するが……という展開。

 警察のパワハラ・セクハラ体質にうんざりして転職活動を続ける現代っ子という三好を演じた蓮佛さんは「初めてに近いくらいぶっ飛んだ役で、すごく疲れたけど、すごく楽しかったです」と振り返っている。撮影については「もっと演じていたい! という気持ちで撮影を終われたことがとてもうれしかったです」とコメントしている。

 「死神さん」は、大倉崇裕さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作のミステリードラマ。儀藤が警視庁内でうとまれながらも、警察が掘り返されたくない事件を洗い直し、真相を明らかにしていく姿を描く。9月17日から毎週金曜に1話ずつ配信。全6話。第弐話のPR映像も公開された。