着飾る恋には理由があって 視聴率

初回視聴率9.1% 川口春奈主演のTBS系“火10” 横浜流星らとルームシェア

川口春奈さん
川口春奈さん

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が4月20日に15分拡大で放送され、平均視聴率(世帯)は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 ドラマは、昨年1月期に同枠で放送された「恋はつづくよどこまでも」などで知られる金子ありささんの完全オリジナル。きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の異なる人々と一つ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、よろいを脱ぎ捨てて自分らしく生きる姿を描く。川口さんは、インテリアメーカーの広報として活躍する“着飾る女”真柴くるみを演じ、横浜流星さんが、くるみとひょんなことから一つ屋根の下で暮らすことになる、シンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿役で出演する。

 第1話では、会社に貢献したいと宣伝を兼ねて始めたSNSのフォロワーは10万人近くと、インフルエンサーとしても活躍するくるみ(川口さん)は、会社のため、フォロワーのため、そしてひそかに思いを寄せる社長の葉山祥吾(向井理さん)のため、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する日々を送っていた。だが、日々の業務に追われ、マンションの契約更新を忘れていたせいで部屋を追い出されてしまう。

 救いの手を差し伸べたのは、カフェでバイトしていたころに仲良くなった常連さんで、くるみが「姉御」と慕う、唯一の女友達の人気フードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣さん)。香子の計らいでくるみの行き着いた先は、表参道の一等地に建つ彼女のマンションだった。優雅な一人暮らしと思いきや、そこにいたのは既成概念を覆すカオスなメンバーたちで……と展開した。

第2話視聴率8.2% “真柴”川口春奈のSNS全面停止

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が4月27日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。前週第1話の9.1%(同)から0.9ポイントダウンした。

 第2話では、葉山社長(向井理さん)の突然の退任にすっかり傷心の真柴(川口さん)。駿(横浜さん)は元気のない真柴に、仕入れたエビを食べさせると約束する。同じころ、真柴と一緒に暮らす陽人(丸山隆平さん)は、真柴のSNSが全面停止になっていることを知り、元気づけようと「2人で花見へ行こう」と誘うも、なぜか駿、羽瀬(中村アンさん)、香子(夏川結衣さん)も一緒に行くことに。

 一方、「el Arco Iris」広報課は社長退任の対応に追われていた。しかし、思わぬハプニングが起こり……と展開した。

第3話視聴率6.8% “真柴”川口春奈、“駿”横浜流星らとキャンプ場へ

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が5月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第3話では、真柴(川口さん)は広報課長の松下(飯尾和樹さん)にミスを指摘され、休暇を取るように勧められる。そんな中、羽瀬(中村アンさん)の絵が若手の登竜門と言われる「ART NEW WAVE2021」の最終選考に残る。

 よく行くキャンプ場の近くで展示・結果発表されると知った陽人(丸山隆平さん)は、羽瀬の絵を見たいからと自分も行くことを決める。仕事で行けない香子(夏川結衣さん)の提案もあり、駿(横浜流星さん)と真柴も入れた4人でキャンプ場へと出発するのだが……。

着飾る恋には理由があってTBS系
2021年4月からスタート 火曜ドラマ枠(火曜午後10時)