カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~ ニュース

<インタビュー>板垣李光人 「カラフラブル」周が「可愛いすぎ」と話題 期待の若手俳優の素顔

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」で吉川愛さんとともにダブル主演を務める俳優の板垣李光人さん
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」で吉川愛さんとともにダブル主演を務める俳優の板垣李光人さん

 連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)で、女優の吉川愛さんとともにダブル主演を務める俳優の板垣李光人さん。美しい見た目の持ち主で、メークやファッションを自由に楽しむ相馬周(めぐる)役を演じており、「可愛すぎ」「尊すぎ」と視聴者の注目を集めている。「周くんは、ほとんど役作りがいらないくらい僕に近い」と話す板垣さんの素顔とは……。

 ◇中学3年時、メークの楽しさを知る

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。吉川さん演じるマンガ誌の編集者・町田和子(わこ)と、板垣さん演じる相馬周のキュートなラブストーリー。

 今回がドラマ初主演ということで、「うれしかった気持ちもありましたけど、主演ということで不安も多少あります」と思いを明かした板垣さん。「この作品自体がキラキラしていて、見ている人たちの癒やしになるお話なので、そこまで気張らずにやれたらいいな」と意気込みを語る。

 板垣さん演じる周は、和子の高校の後輩。ファッションショップで働きながらキラ(桐山漣さん)のスタイリストをしている。自分でその美しい見た目を気に入っていて、それをいかしたメークとファッションを楽しんでいる。

 板垣さんも、周と同じように、メークやファッションを楽しんでいるといい、「(周は)昔からある『女性としての役割』『男性としての役割』に対して、疑問に思って、思ったことを口にする。僕もそういう人間なので、ビジュアル的な部分でも、内面的な部分でもすごく似ているなと思います」と話す。

 中学3年のときに出演した舞台がきっかけで、メークの楽しさを知った。「舞台のメークって、ビジュアルとして役を表現するというか、『この人がどんな人物である』というのを表現する。そういうところがすごく面白くて。メークなので『造形をきれいにする』という部分もありますけど、(ビジュアルが)変わる感じがすごく面白くて……」と魅力を語る。

 ちなみに、好きなファッションは「装飾が多ければ多いほど好き」といい、「“(欧州貴族の)~十何世”という前世がどこかに入るんじゃないかって思うぐらい。あの時代って、女性・男性関係なく、化粧して、ヒールを履いている時代。絶対、どこかに前世がいると思います(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに話す。

 ◇「“推し”はやっぱり偉大」 韓国のアイドルグループに夢中

 アニメ、アイドルの「オタク」でもあるという板垣さん。「そういう意味でいうと、(“2.7次元アイドル”『KOUGU維新』の熱狂的なファンである)和子と似ているところがあります。“推し”はやっぱり偉大ですね。元気出ますよね」と笑顔を浮かべる。最近は、韓国のアイドルグループ「SEVENTEEN(セブンティーン)」の動画を見ることにハマっているといい、撮影で忙しい日々の気分転換となっている。

 第1話では、和子が「肌が発光してる!」と表現するほど、美しいオーラの周の姿が映し出され、視聴者の注目を集めた。板垣さんといえば、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役や、実写映画「約束のネバーランド」のノーマン役などでも知られ、「美少年すぎる」と話題になることが多い。

 学生時代から美しい外見が注目されていたのでは?と尋ねてみると、「どっちかっていうと、クラスのお母さんとかに……(言われていた)」と照れながら明かしてくれた板垣さん。「中学時代は、絵を描くのが好きだったんですけど、休み時間は一人で絵を描いている感じでした」と明かす。

 ただ、一人で過ごすのも好きだが、好きな人であれば人といるのも嫌いではないといい、自身の性格について、「結構めんどくさいんじゃないかな?(笑い)」と分析。人見知りな部分もあるといい、「初めてお会いした方とか、(自分が)本当にしゃべるのが下手なので、意思疎通がとれないというか……(笑い)」と表現しつつも、「お互いに受け入れ始めたら、そんなにしゃべらない方ではないです」と明かす。

 ◇「お芝居とは違う表現の方法を」

 今作のほかにも、大河ドラマ「青天を衝(つ)け」への出演など、今後の活躍が楽しみな存在である板垣さん。目標としている役者像は、安藤政信さん、市原隼人さん、三浦貴大さんといった3人の先輩俳優だ。3人は、板垣さんのファースト写真集「Rihito 18」(SDP)で、写真家として板垣さんを撮影した。

 「お芝居も成功されていて、写真家としても一流として極めていらっしゃって。すごく大変だと思うんですけど、僕も、ファッション、メーク、イラストだったりっていうところで、お芝居とはまた違う表現の方法をしていきたいと思っています。いろいろな道を並行して、でも、どれもおろそかにしない活躍をされていて憧れがあります」

<テレビ試写室>「カラフラブル」第2話 “キラ”桐山漣דあさひ”水野美紀のやりとりがたまらない 「生理」がテーマ

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第2話のワンシーン=読売テレビ提供
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第2話のワンシーン=読売テレビ提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組を放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人(りひと)さんダブル主演の連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第2話だ。

 ◇混乱する“キラ”桐山漣の表情に注目

 昨年放送されたドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(同局系)で、眞島秀和さん演じる主人公を一方的にライバル視し、すぐに突っかかる鳴戸役を演じた桐山漣さん。「ぐぬぬぬ……」と言ったかと思えば、猫なで声で「ネコチャァァン」と大好きな猫を呼ぶ。そんな姿にハマった一人だが、今作でも桐山さんの良さが爆発している。

 「このキラを待たせるとは、いい度胸だな!」。自分以外の人間には関心がなく、名前すら覚えないワガママモデルのキラ。スタッフや同業者に嫌われてしまっているが、桐山さんが演じることで、そのかっこ良さと面白さがミックスされ、可愛らしく見えてくる。

 第2話では、水野美紀さん演じるあさひとのやりとりを通して、キラが徐々に変化していく様子が描かれる。桐山さんと水野さんのお芝居は楽しく、2人のシーンを心待ちにしている自分がいた。

 あさひを口説こうとしても全く相手にされないというシーンでは、「このキラに口説かれてうれしくないって……」と“混乱”するキラの様子が映し出される。桐山さんのお芝居をぜひ楽しみにしてほしい。

 ◇女性の生理がテーマに

 今回は、“めぐわこ”こと、周(めぐる/板垣さん)と和子(吉川さん)のお試し交際が描かれる。テーマは女性の生理。仕事のアイデアが浮かばず、気分も何となくすぐれない。大したことのないことでもものすごく悲しくなってしまう……これらは、和子にとって生理1週間前の現象だった。生理になった後も、さまざまな症状が現れる。同じ女性でも症状がほとんどない人もいる。そんな生理についてのあれこれが描かれる。

 テレビドラマのテーマとしては、あまり見たことがない“攻めた”ものではないだろうか。筆者は女性なので、“生理あるある”に共感するところが多かった。具体的に教えてくれるので、男性がドラマを見ても「女性って大変だな……」と理解できると思う。もしかしたら、女性の気持ちを分かろうとするきっかけとなるかもしれない。そんなことも感じた。

 とにかく、キラとあさひのやりとりが楽しく、“めぐわこ”が可愛いので、ぜひ「カラフラブル」の世界観に一度触れてみてほしい。

 原作はマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」。吉川さん演じるマンガ誌の編集者・町田和子と、板垣さん演じるメイクやファッションを自由に楽しむ相馬周のキュートなラブストーリー。

<ドラマ紹介>「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」 吉川愛&板垣李光人がW主演 キュートな恋物語

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第1話のワンシーン=読売テレビ提供
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第1話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人(りひと)さんダブル主演の連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)が4月1日に始まる。吉川さんは仕事熱心だが自身には手を抜きがちなマンガ誌の編集者・町田和子(わこ)を、板垣さんはメークやファッションを自由に楽しむ相馬周(めぐる)を演じる。2人のキュートなラブストーリーが展開される。2人は共にドラマ初主演。

 原作はマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」。高校生時代の先輩後輩、和子と周が5年の時を経て再会した。周はすぐ和子に告白。和子は戸惑いながらもお試しで交際することにし、初々しく恋を育んでいく。

 第1話は……マンガ誌の編集者・和子は、美しいものが大好き。その一方、仕事や“推し”のことに全力で自分のことは二の次になってしまいがちだった。仕事ができて周囲への気遣いを忘れない編集長のあさひ(水野美紀さん)に憧れている。

 ある日、和子は同期のファッション誌編集者・玲(中川大輔さん)から撮影を手伝ってほしいと頼まれる。撮影現場へ行くと、人気モデルのキラ(桐山漣さん)が現れる。和子は、キラの美しさに見とれる。

 その時、キラを追ってやってくる男性がいた。女性と見間違われるほど美しい彼は、和子の高校時代の後輩・周。周は、キラのスタイリストをしていた。思いがけない再会に、和子はビックリ。周は和子のことを「僕のずっと好きな人です」と宣言し、いきなり抱きしめ……。

 脚本は坪田文さん、監督は熊坂出さんらが務め、昨夏放送された「おじさんはカワイイものがお好き。」のスタッフが再集結する。あさひはドラマオリジナルキャラクター。

読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供

<インタビュー>吉川愛「カラフラブル」でドラマ初主演 板垣李光人の“可愛さ”に注目 女優業は「楽しいから続けられている」

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」で、俳優の板垣李光人さんとともにダブル主演を務める女優の吉川愛さん
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」で、俳優の板垣李光人さんとともにダブル主演を務める女優の吉川愛さん

 4月1日にスタートする連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)で、俳優の板垣李光人さんとともにダブル主演を務める女優の吉川愛さん。作品ごとに全くちがう印象を見せる“カメレオン女優”を目指しているという吉川さんが、今作では仕事に夢中になるあまり、自分自身には手を抜きがちなマンガ誌の編集者を演じる。吉川さんに、今作への意気込みや、女優業への思いを聞いた。

 ◇ドラマ初主演に喜び 「嬉しかった」

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。吉川さん演じるマンガ誌の編集者・町田和子(わこ)と、板垣さん演じるメイクやファッションを自由に楽しむ相馬周(めぐる)のキュートなラブストーリーだ。

 高校生時代に出会った和子と周が、5年の時を経て再会するところからスタート。周は再会してすぐ和子に告白。和子は戸惑いながらもお試しで交際することにし、初々しく恋を育んでいく……というストーリー。ドラマオリジナルキャラクターとなる、和子が所属する編集部の編集長・あさひ役を水野美紀さんが演じるほか、有名モデルのキラ役で桐山漣さんが出演する。

 今作がドラマ初主演ということで、「主演をやらせていただけると聞いて、すごく光栄でうれしかったです」と笑顔を浮かべた吉川さん。好きなものに対してまっすぐな和子について、「私はアニメが好きで、アニメのことになると熱くなってしまうので一緒だな」と共感している様子。ただ、美容やファッションについては、どんなときでも「一応ちゃんとしていたいタイプです(笑い)」と話す。

 メークも完璧なファッションショップ店員・周役の板垣さんについて、「可愛い」と話した吉川さんは、「(板垣さんは)透き通っていて。爪の先まで見てしまったんですけど(笑い)、ちゃんと整っていてすごいなって思いました」と振り返る。そんな板垣さん演じる周の可愛さに注目してほしいといい、「板垣さんご本人がすごく可愛くて、周君に寄せていくともっと可愛いです」と力を込める。

 今作を手がける熊坂出監督からは、「自分がやりたいことを自由にやって」と言ってもらっているといい、「めちゃめちゃ楽しいです! (自由ではなく)縛られていると、『こうしよう』と頭で考えちゃって、考えた行動になってしまう。自由にできると、実際に和子として動いたときに感じたものも表現できるので、そのほうが好きです」と楽しみながら撮影に挑んでいる。

 ◇好きなタイプは「尊敬できる人」

 今作は恋愛ドラマということで、好きなタイプを尋ねてみると、映画「ワイルド・スピード」などで知られるジェイソン・ステイサムさんの名前を挙げた吉川さん。「周君と正反対かもしれないんですけど(笑い)。尊敬できるような人がいいですね。『この人いい!』って自慢したくなる人が魅力的」と話す。

 撮影で忙しい日々が続くが、好きなアニメを見たり、音楽を聴いたりしてリフレッシュしている。なかでも、湯船につかることは欠かせないといい、「どんなに朝早くて夜遅かったとしても、10分以上は必ず湯船につかるようにしていて。その時間が、ものすごくリフレッシュになります。その時間が一番好き」と話す。

 湯船につかるときには、台本は一切持ち込まないといい、「(セリフは)お風呂に入る前に覚えて、お風呂入って一瞬飛ばして、出て覚えていたらラッキーみたいな(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに話す。

 ちなみに、2021年のプライベートな目標は「自分磨きを頑張ること」。「自分だけで頑張ってスキンケアをしたりしていたんですけど、今年は他人の手も借りようかなと思いだして。『やったことないこともやってみよう!』って、ネイルサロンに初めて行きました」と明かす。 

 ◇二階堂ふみのような女優に

 吉川さんは、1999年10月28日生まれ。東京都出身。B型。元“名子役”で、2009年放送の連続ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系)などに出演していたことでも知られている。

 近年では、天海祐希さん演じる主人公と対峙(たいじ)する役で見せた怪演が話題となったドラマ「緊急取調室」(2019年放送、テレビ朝日系)や、上白石萌音さん演じるヒロインの同期役を演じたドラマ「恋はつづくよどこまでも」(2020年放送、TBS系)など、数々のドラマ、映画などに出演。NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」に宇野真理役で出演するなど、活躍している。

 「恋はつづくよどこまでも」出演時のインタビューでは、二階堂ふみさんのような、役によって印象が全く違う女優を目標にしていると話していた吉川さん。現在も、その思いは変わらないといい、「いろいろな役をやって、『愛ちゃんだったんだ』って言われるような振り幅をちゃんとできたらいいな」と話す。オファーを受けて「面白い」と感じたら、どんな役でもやりたいと考えているという。

 そんな吉川さんは、女優業について、「楽しくなかったら、たぶん私やっていないです。楽しいから続けられている」と話す。役を演じることによって、自分自身を発見できるといい、「『私、こういうところ共感できるな』とか、『ここはちょっとちがう考えだ』とかいっぱい見つけられるので、そういうところも楽しさの1つかもしれないです。それが一番好きなんだと思います」と話す。

 最後に、吉川さんは「このドラマを見ていると、女性しかわからないことや、男性しかわからないことを教えてくれて、普段見えない相手の気持ちもわかってもらえると思います。私自身もそうだったのですが、勝手に思い込んでいたことや偏見のようなものも見直すきっかけとなったので、そのあたりにも注目して見ていただけたらうれしいです」と視聴者に呼びかけた。

板垣李光人、“ジェンダーレス男子”姿で可愛すぎる笑顔 吉川愛とのW主演ドラマ キャストビジュアル公開

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」でダブル主演を務める吉川愛さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」でダブル主演を務める吉川愛さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人さんのダブル主演で4月1日スタートの連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)のキャストビジュアルが3月9日、公開された。吉川さん演じる新米編集者の町田和子(わこ)がジャケットスタイルではにかむ姿、板垣さん演じる相馬周(めぐる)がジェンダーレスな服装でキュートな笑顔を向けた様子を収めている。

読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供

板垣李光人、吉川愛とドラマ初主演で“ジェンダーレス男子”役 「おじカワ」スタッフが再集結

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」でダブル主演を務める吉川愛さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」でダブル主演を務める吉川愛さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人さんが、4月1日スタートの連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)でダブル主演を務めることが3月2日、分かった。2人はいずれもドラマ初主演となる。

 マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな等身大の女性と、メークとファッションを自由に楽しむ男性の恋模様を描く。

 美しいものが大好きだけど、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっているマンガ誌の編集者・町田和子(わこ)を吉川さん、メークも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる)を板垣さんが演じる。

 ドラマの脚本は坪田文さん、監督は熊坂出さんが務め、昨年夏に放送された「おじさんはカワイイものがお好き。」を手掛けたスタッフが再集結。また、2017年から始まった「木曜ドラマF」枠が、今期から「モクドラF」に名称変更することも発表された。

 吉川さん、板垣さんのコメントは以下の通り。 

読売テレビ提供
読売テレビ提供

 ◇吉川愛さんのコメント

 ――今回、連続ドラマの主演が決まられた時のご感想をお願いします。

 主演をやらせていただけると聞いて、すごく光栄でうれしかったです。至らないところは多々あると思いますが楽しく撮影できればいいなと思います!

 ――吉川さんが演じられる「わこ」の役どころについて教えてください。

 わこちゃんは自分のことより好きなことに全力で夢中になってしまう猪突猛進で、かっこいい部分と不器用で可愛い部分がある女の子です。

 ――ご共演される板垣さんのご印象について教えてください。

 初めてお会いした時に髪型、服装や、爪の先まできれいでこんなきれいな男性がいらっしゃるんだとびっくりしました。まだきちんとお話ししたことがないのですがコスメ好きとお伺いしたので撮影現場でもコスメのお話などできたらと思います!

 ――みどころやお意気込みなど、視聴者の方にメッセージをお願いします。

 人には思い込みや偏見で、傷付いたり思い悩んだりすることがあると思います。そんな時にこの作品を見ていただきたいです。この作品を見ればいろいろな考え方を持てたり、前向きな気持ちになれると思うので、1人でも多くの方に見てほしいです!

 ◇板垣李光人さんのコメント

 ――今回、連続ドラマの主演が決まられた時のご感想をお願いします。

 自分自身、今回初めて主演という立場を経験させていただけるということで、うれしさと不安とを感じています。ですがいつも通り、真摯(しんし)に愛をもって、楽しく作品と向き合っていけたらと思います。

 ――板垣さんが演じられる「めぐる」の役どころについて教えてください。

 高校時代、わこちゃんと出会って自由にファッションやメークを楽しむようになりました。わこちゃんのことを思い、自分の考える美しさというものに対してひたすら努力をする、まっすぐな子です。

 ――ご共演される吉川さんのご印象について教えてください。

 吉川さん自身もオタクだということで、わこちゃんのそういう部分の表現にすごくリアリティーを感じました。僕もオタクなので、推しを前にした時のお芝居をみて「わかる……」と心の中で激しくうなずいていました……。

 ――みどころやお意気込みなど、視聴者の方にメッセージをお願いします。

 原作のもつ、キラキラとした尊い空間を吉川さんはじめとしたすてきなキャストの皆さんとつくっていけたらと思います。ぜひ、木曜の夜にカラフルでラブにあふれた世界をお楽しみください!

カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~読売テレビ・日本テレビ系
2021年4月1日スタート 木曜午後11時59分