高嶺のハナさん あらすじ

高嶺のハナさんあらすじ

 ドラマ「高嶺のハナさん」(BSテレ東)は、女優の泉里香さんが主演を務める連続ドラマ。泉さんがドラマで主演を務めるのは初めて。会社で高嶺の花として一目置かれているバリキャリOLだが、年下のダメ社員に恋してしまう高嶺華(たかみね・はな)を演じる。

 ドラマは、ムラタコウジさんの同名マンガ(日本文芸社)が原作で、主人公の高嶺華(ハナ)と年下社員・弱気強(よわき・つよし)のすれ違い恋愛を描くラブコメディー。

 小学5年生で恋愛スキルが止まっているハナは、思いを寄せる弱気に仕事上でキツく当たってしまい、本心である“好き”を言えずにいる。一方、弱気もハナに恋しているが、ハナに嫌われていると思い込んでいる。さらに、そんな2人の邪魔をするプレイボーイ社員の更田元気(さらだ・げんき)や、社内のアイドル・天井苺(あまい・いちご)も絡んで……というストーリー。弱気をはじめとする他のキャストは後日発表される。

 「高嶺のハナさん」はBSテレ東のほか、テレビ大阪で4月10日から毎週土曜深夜0時56分に放送。動画配信サービス「ひかりTV」では、1週間先行配信も決定している。

ドラマ「高嶺のハナさん」のあらすじ

高嶺のハナさんBSテレ東で2021年4月10日深夜0時スタート
テレビ大阪では、4月10日から毎週土曜深夜0時56分に放送