桜の塔 視聴率

初回視聴率13.5%で好発進 玉木宏主演の警察内権力闘争ドラマ

連続ドラマ「桜の塔」第1話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「桜の塔」第1話のワンシーン=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第1話が4月15日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2桁に乗せ、好スタートを切った。

 「桜の塔」は、2019年に放送された「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)や、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)の武藤将吾さんが脚本を手がけるオリジナル作品で、警視総監を目指す警官たちによる権力闘争を描く。玉木さんは、幼少期の出来事が火種となり、権力を手に入れることを渇望する警視庁捜査共助課の理事官・上條漣を演じる。

 第1話では、都内の銀行で立てこもり強盗事件が発生。捜査1課主任・水樹爽(広末涼子さん)率いる「水樹班」は事件現場を包囲。現場からの連絡を受け、刑事部長・千堂大善(椎名桔平さん)は特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請する。

 しかし、千堂と次期警視総監の座を争う、警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎さん)と警務部長・吉永晴樹(光石研さん)が抱える思惑が絡み合い、「SAT」出動を決める交渉は決裂。そうこうしているうちに、覆面をかぶった犯人が人質の1人に発砲し、裏口から逃走してしまう……という展開だった。

第2話視聴率10.2%で2桁維持 女性狙う連続通り魔事件 “上條”玉木宏が捜査指揮

連続ドラマ「桜の塔」第2話のワンシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「桜の塔」第2話のワンシーン=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第2話が4月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、初回13.5%(同)からダウンしたものの、2桁台をキープした。

 第2話では、銀行強盗事件で手がらを立てた上條(玉木さん)は、1日おきに女性たちが襲われる連続通り魔事件の捜査指揮を担当。さらに、上條は警視正への昇進候補者にも選ばれる。一方、芸人のMr.予言者(渡部豪太さん)なる人物が、次の通り魔事件を予測し、犯行現場に遭遇するところまでを動画サイトで配信したことで、さらに事件が注目を集める。しかしこれは、既に事件の法則を分析し終えていた上條が、世間の反響を大きくするためのパフォーマンスだった。ところがその後、全く想定外だった事件が起きてしまう……という展開だった。

第4話視聴率9.4% “漣”玉木宏、父親の死の真相追求へ

ドラマ「桜の塔」の第4話の一場面=テレビ朝日提供
ドラマ「桜の塔」の第4話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第4話が5月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4話では、漣の父親代わりであり、情報屋としても暗躍する元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅんさん)が、漣の父・勇仁(岡部たかしさん)が“自殺”した23年前の事件の真相を告白。刈谷いわく、勇仁は自殺ではなく何者かに首をくくるように強要されたというのだ。漣は、父を死に追いやった犯人を突き止めることを決意。漣を囲っている刑事部長・千堂大善(椎名桔平さん)は自らの派閥への悪影響を危惧し、報復をやめさせようとするが、漣は聞く耳を持たず……という展開だった。

第5話視聴率9.9% “漣”玉木宏、“千堂”椎名桔平への報復開始

ドラマ「桜の塔」第5話の一場面=テレビ朝日提供
ドラマ「桜の塔」第5話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第5話が5月13日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。前週第4話の9.4%(同)から、0.5ポイントアップした。

 第5話では、上條漣(玉木さん)が、父を自殺に追いやった刑事部長・千堂大善(椎名桔平さん)への報復に動きだす。漣は千堂と警視総監の座を争う警務部長・吉永晴樹(光石研さん)に協力を持ち掛ける。千堂失脚を望みつつ、漣と手を組むのは危険と判断した吉永は拒否するが、「5年前の傷害事件でなぜ犯人が捕まらないのか不思議」と独り言を言う。それをヒントと思った漣は、5年前の事件の精査を始める……という展開だった。 

第6話視聴率9.8% “漣”玉木宏、因縁の“千堂”椎名桔平と対立激化

ドラマ「桜の塔」の第6話の一場面=テレビ朝日提供
ドラマ「桜の塔」の第6話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第6話が5月20日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話では、漣(玉木さん)は、国会議員の加森沙代里(中田有紀さん)の受託収賄罪の証拠をつかむ。だが、副総監の千堂(椎名桔平さん)から立件許可が下りず、手をこまねくことに。その矢先、加森の立件になくてはならない証拠データが根こそぎ消失。重要な証拠を失った漣は、千堂が間違いなく裏で糸を引いていることを察知し、千堂との対立が激化する……という展開だった。

第7話10.1%で2桁復帰 “漣”玉木宏は新派閥立ち上げ 大臣の狙撃事件発生

ドラマ「桜の塔」の第7話のワンシーン=テレビ朝日提供
ドラマ「桜の塔」の第7話のワンシーン=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7話が5月27日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第2話(4月22日放送)の10.2%(同)以来の2桁台となった。

 漣は、同期の新垣広海(馬場徹さん)らと共に新派閥「改革派」を旗揚げする。一方、副総監・千堂大善(椎名桔平さん)は厳しい状況下にいた。漣が国会議員の汚職を暴いたのを受け、警視総監の任命権を有する内閣府特命担当大臣・若槻(浜田晃さん)との関係が悪化していたのだ。そんな中、若槻が狙撃される事件が発生。漣は千堂の仕組んだ事件とにらむが、狙撃犯特定の手がかりが全く見当たらない……という展開だった。

第8話視聴率10.3% “漣”玉木宏、“千堂”椎名桔平ら警視総監候補を招集

ドラマ「桜の塔」の第8話の一場面=テレビ朝日提供
ドラマ「桜の塔」の第8話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第8話が6月3日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 副総監の千堂(椎名桔平さん)を襲撃した後、逃亡を続けていた刈谷(橋本じゅんさん)が何者かによって射殺される。一方、漣は「クラブS」のママ・志歩(高岡早紀さん)から、刈谷が生き別れた娘にあげるつもりだったぬいぐるみを渡され、“何か”を感じ取る。そして漣は、警視総監の候補である、千堂、吉永(光石研さん)、権藤(吉田鋼太郎さん)の3人を会議室に招集する……という展開だった。

最終話視聴率10.5% 3週連続2桁締め 玉木宏 VS 椎名桔平の“最後の闘い”

ドラマ「桜の塔」の最終話のワンシーン=テレビ朝日提供
ドラマ「桜の塔」の最終話のワンシーン=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終話が6月10日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前々週第7話の10.1%(同)から3週連続で2桁台でフィニッシュした。

 警視総監の座を狙う副総監・千堂(椎名桔平さん)と、千堂を出世街道から引きずり下ろすと誓った漣の“最後の闘い”がついに勃発。元警官・刈谷(橋本じゅんさん)の殺害の捜査が秘密裏に進行する中、ある意外な人物が自首し、警視庁は混乱に陥る。一方、漣の幼馴染である警視庁捜査1課主任・水樹爽(広末涼子さん)は、一連の事件の裏では、漣が一枚噛んでいるのではないかと疑い、漣の取り調べに踏み切る……という展開だった。