全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの あらすじ

全っっっっっ然知らない街を歩いてみたもののあらすじ

 ドラマ「全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの」(フジテレビ)は、清野とおるさんの同名マンガ(大洋図書)が原作。俳優のムロツヨシさんが主演を務めるこ。ムロさんが同局の連ドラで主演するのはこれが初めて。ムロさん演じる東京・赤羽在住のマンガ家セイノが、今まで足を踏み入れたことがない街を歩く“大人の街ぶら冒険ストーリー”となる。3月28日深夜にスタート。4月2日まで6夜連続で放送。

 ドラマは、ある日、地図を見て「自分の知らない街ばかりだ」と気づいたセイノは、足を踏み入れたことがない街でどんな光景が広がり、どんな人がいて、どんな物語がそこにあるのか、知らないまま死んでしまうのは「なんか、嫌だー!」と思い立ち、縁もゆかりもない土地へ足を運び始める……という展開。東京・上中里、山田、埼玉・霞ヶ関、神奈川・国道、千葉・久留里(前後編)の5カ所を訪れる。

ドラマ「全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの」のあらすじ

全っっっっっ然知らない街を歩いてみたもののフジテレビ
2021年3月28日深夜0時30分にスタート。4月2日まで6夜連続で放送。