悪魔とラブソング あらすじ

悪魔とラブソングあらすじ

 ドラマ「悪魔とラブソング」は、女優の浅川梨奈さんとが俳優の飯島寛騎さんとダブル主演を務める連続ドラマ。動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信される。浅川さんが連続ドラマに主演するのは初めてで、飯島さんとは今作が初共演。

 少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)と「Hulu」がタッグを組んだ「マーガレットLove Stories」の第2弾で、桃森ミヨシさんの同名マンガ(2007~2011年)が原作。美しい歌声と容姿を持ちながらも、常に本音を口にしてしまうがゆえに「悪魔」と呼ばれている女子高生・可愛マリア(かわい・まりあ)が主人公。マリアが転校を機に理解者を見つけ、他人に合わせて生きてきた同級生たちを変えながら絆を築いていく青春群像劇だ。

 浅川さんは「悪魔みたいな人」と周囲から敵視される主人公の可愛マリア、飯島さんはマリアと出会い、ピアノに対するコンプレックスと向き合い始める目黒伸(めぐろ・しん)を演じる。2人はそれぞれ、撮影の約2カ月前から本格的に歌とピアノ演奏に取り組み、劇中では生歌、生演奏を披露している。

 ドラマは全8話。6月からHuluで独占配信される。

ドラマ「悪魔とラブソング」のあらすじ

悪魔とラブソング2021年6月19日から動画配信サービス「Hulu(フールー)」で一挙独占配信
ドラマは全8話