春の呪い ニュース

<インタビュー>桜田ひより ラブストーリーに苦手意識「圧倒的経験不足です」 “同い年”小坂菜緒の活躍「本当に刺激に」

連続ドラマ「春の呪い」に出演する桜田ひよりさん
連続ドラマ「春の呪い」に出演する桜田ひよりさん

 今年4月に新設されたテレビ東京のドラマ枠「サタドラ」(土曜午後11時25分)で5月22日にスタートした「春の呪い」。「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位になった、小西明日翔さんの同名マンガ(一迅社)が原作の“情念と衝撃のラブストーリー”で、主人公の亡き妹を演じているのが女優の桜田ひよりさんだ。この春に高校を卒業したばかりの18歳ながら、出演作は多数。以前より、演技力を高く評価されてきた。一方で、ラブストーリーのイメージは希薄で、本人も「苦手意識があります」と明かす。そんな桜田さんに話を聞いた。

出典:YouTube

 ◇恋愛ものってほとんどやってきたことがなくて…

 「春の呪い」は、最愛の妹を亡くし、悲しみに暮れる主人公と、そんな主人公に交際を申し込む妹の婚約者、そして、この世を去ってから恐怖の幻影として姿を現す妹。3人の複雑な思いが渦巻く奇妙な三角関係の行方が描かれる。高橋ひかるさんが、妹の春をただ一人の家族だと思い、溺愛していた主人公の立花夏美、工藤阿須加さんが、容姿端麗のエリート銀行マンで、夏美の妹・春の婚約者だった財閥系の御曹司・柊冬吾を演じ、桜田さんは、病気で他界してしまった夏美の妹・立花春役で出演している。

 演じる春は、桜田さんによると「絵に描いたような女の子らしい女の子」。「夢見がちで、ちょっと不思議な感じもある。おっとりとした仕草や、自分が思う“女の子”のイメージをそのまま具現化したいと演じましたし、(夏美)お姉ちゃんの想像の中では、ホラーっぽさを出せたら」と明かす。

 第1話の最後で春は亡くなるが、思い出の中などで、工藤さんと桜田さんによる仲むつまじい男女を描いたデートシーンも登場する。ラブストーリーに対して「自分は苦手意識があるのかなと思いました」と桜田さんは話す。

 理由は「圧倒的経験不足」といい、「このお仕事で、恋愛ものってほとんどやってきたことがなくて。あったとしても片思い止まりだったり……。恋する女の子を、自分の中でもっと研究しなくてはいけないなって思いました」と語る。

 一方で、実生活では兄のいる妹という桜田さんは、「お兄ちゃんに対して失礼なのかもしれないのですが、前からお姉ちゃんがほしくて(笑い)。姉妹で洋服を共有したりするのが憧れでしたし、今回、お姉ちゃんの服を借りたりするシーンもあるので、作品で実現できてうれかったです」と笑顔を見せた。

 なお、兄と桜田さんの関係は「一緒にゲームしたり、ディズニーランドにいったり。友達にはできないような相談もするし、仲はいい方だと思います」とのことだった。

 ◇高校を卒業して大人としての自覚が一気に強くなった

 この春に高校を卒業した桜田さんは、「以前は学生という肩書に安心して、少し甘えている部分もあったのですが、高校を卒業して社会人になり、大人としての自覚が一気に強くなった気がします」と心境の変化を告白する。

 女優業以外に目を向ければ、専属モデルを務める女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)5月号(4月1日発売)で単独表紙を飾った。

 撮影では「緊張しました」という桜田さんだが、「他のメンバーと一緒に表紙を飾るのとは違って、雑誌を背負っている感じがより強かったのですが、周囲の反応も良くてうれしかったです」と笑顔をのぞかせる。

 Seventeenモデルで同い年の「日向坂46」の小坂菜緒さんとは大の仲良し。「本当に仲がいいんですけど、(小坂さんが)忙しすぎて、なかなか会えないんですよ。でも雑誌のアンケートで相思相愛だったので、うれしかったですし、写真集も買おうと思っています」と話す。

 桜田さんから見た小坂さんは、「大人っぽくて、この仕事に対して誇りを持っている女の子」。「会う度に、お仕事が楽しいって話しています、純粋に心から楽しんでいる姿は本当に刺激になるので、テレビに出ている姿を見る度に私も頑張ろうって気持ちになります」と語っていた。

ヘア&メーク:池上豪(NICOLASHKA)/スタイリスト:福田亜由美(crepe)
ヘア&メーク:池上豪(NICOLASHKA)/スタイリスト:福田亜由美(crepe)
002.jpg
002.jpg
002.jpg
002.jpg

<SNS反響>初回から「ドロドロ」? ラスト1分の衝撃展開「ホラーすぎて震えた」

高橋ひかるさん主演の「サタドラ『春の呪い』」第1話のワンシーン (C)テレビ東京
高橋ひかるさん主演の「サタドラ『春の呪い』」第1話のワンシーン (C)テレビ東京

 女優の高橋ひかるさん主演の連続ドラマ「春の呪い」の放送が、今年4月に新設されたテレビ東京のドラマ枠「サタドラ」(土曜午後11時25分)で5月22日にスタート。第1話では、ラストの1分の衝撃展開にSNSは沸いた。

 ドラマは、「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位になった、小西明日翔さんの同名マンガ(一迅社)が原作。主人公と、妹の婚約者で財閥系の御曹司の青年、恐怖の幻影として姿を現す妹。複雑な思いが渦巻く奇妙な三角関係の行方が描かれる、“情念と衝撃のラブストーリー”だ。

 高橋さんが演じる立花夏美は、一見、明るく社交的だが、胸の内には屈折した感情を抱えている。両親との間に確執があったこともあり、妹の春をただ一人の家族だと溺愛しているという役柄。容姿端麗のエリート銀行マンで、春の婚約者・柊冬吾役を工藤阿須加さん、病気で他界してしまう夏美の妹・立花春役を桜田ひよりさんが務める。

 第1話は、夏美(高橋さん)は11歳だった2010年春に母・京子(近藤奈保希さん)と死別。そんな時に女性の影をちらつかせる父・浩司(飯田基祐さん)を軽蔑し、妹の春(桜田さん)をたった一人の家族として生きる決意をする。だが2020年冬、姉妹に舞い込んだ柊冬吾(工藤阿須加さん)との見合いによって、妹との絆を揺るがす危機が。冬吾は遠縁にあたる相馬財閥の分家、柊家の三男。冬吾の母・聖美(高島礼子さん)が目を付けたのは春だった……という展開。

 同話のラストは春の葬儀のシーンで、ひつぎの中で眠る春を前に悲しみに暮れる夏美。すると突然、死んでいるはずの春が夏美の腕をつかむと、目を見て「お姉ちゃん、冬吾さんは渡さない」と“呪いの言葉”を投げかける。

 SNSでは「なんだ? 初回、衝撃のラスト!?」「ラストびびったw」「原作以上にドロドロ…ラストが怖かった」「初回ラスト1分、急展開すぎるやろ」「ラストがホラーすぎて震えた」「ドロドロっぽい。嫌いじゃない」「ありきたりの三角関係のラブストーリーかと思ったら、ラストの展開が意外過すぎました」といった視聴者からの感想が書き込まれた。

<ドラマ紹介>「春の呪い」 高橋ひかる主演で人気マンガ実写化 “情念と衝撃のラブストーリー”

テレビ東京「サタドラ『春の呪い』」第1話のワンシーン (C)テレビ東京
テレビ東京「サタドラ『春の呪い』」第1話のワンシーン (C)テレビ東京

 女優の高橋ひかるさん主演の連続ドラマ「春の呪い」が5月22日にスタートする。今年4月に新設されたテレビ東京のドラマ枠「サタドラ」(土曜午後11時25分)の第2弾作品となる、“情念と衝撃のラブストーリー”。高橋さんは同局のドラマ初出演にして初主演で、最愛の妹を亡くし、悲しみに暮れるなか、妹の婚約者だった財閥系の御曹司の青年から交際を申し込まれる、主人公・立花夏美を演じる。

 原作は、「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位になった、小西明日翔さんの同名マンガ(一迅社)。主人公と、妹の婚約者で財閥系の御曹司の青年、恐怖の幻影として姿を現す妹。複雑な思いが渦巻く奇妙な三角関係の行方が描かれる。

 高橋さんが演じる夏美は、一見、明るく社交的だが、胸の内には屈折した感情を抱えている。両親との間に確執があったこともあり、妹の春をただ一人の家族だと溺愛しているという役柄。容姿端麗のエリート銀行マンで、春の婚約者・柊冬吾役を工藤阿須加さん、病気で他界してしまう夏美の妹・立花春役を桜田ひよりさんが務める。

 第1話は、夏美(高橋さん)は11歳だった2010年春に母・京子(近藤奈保希さん)と死別。そんな時に女性の影をちらつかせる父・浩司(飯田基祐さん)を軽蔑し、妹の春(桜田さん)をたった一人の家族として生きる決意をする。だが2020年冬、姉妹に舞い込んだ柊冬吾(工藤阿須加さん)との見合いによって、妹との絆を揺るがす危機が。冬吾は遠縁にあたる相馬財閥の分家、柊家の三男。冬吾の母・聖美(高島礼子さん)が目を付けたのは春だった……。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

<インタビュー>高橋ひかる バラエティー番組で培った人間力! 「頑固でしなやかな大人に」20歳の誓い

テレビ東京の連続ドラマ「春の呪い」で主演を務める高橋ひかるさん
テレビ東京の連続ドラマ「春の呪い」で主演を務める高橋ひかるさん

 2016年公開の映画『人生の約束』で女優デビューから5年――。今年4月に新設されたテレビ東京のドラマ枠「サタドラ」(土曜午後11時25分)にて、5月22日から放送される「春の呪い」で、約3年ぶりの連続ドラマ主演を務める女優でモデルの高橋ひかるさん。近年は女優以外にも、バラエティー番組やラジオ、YouTubeなど活躍の幅を広げているが、“演じる”という仕事にどんな相乗効果を生み出しているのだろうか。話を聞いた。

 ◇妬み嫉み渦巻く「呪い」ドラマ主演

 「サタドラ」枠は、登場人物たちのセンセーショナルな喜怒哀楽を描き、視聴者に「次が見たい」と思わせる中毒性の強いコンテンツを提供しようというコンセプトで創設された。第2弾となる「春の呪い」では、情念の深い、狂おしくも切ないラブストーリーが展開する。

 本作で高橋さんが演じるのは、最愛の妹・春を亡くした主人公・立花夏美。悲しみに暮れるなか、妹の婚約者だった財閥系の御曹司の青年から交際を申し込まれる……という役柄だ。原作や台本を読んだ高橋さんは「想像し得ない感情が多く、あまり参考にできる作品がない」と感じたという。

 そんな中、頼りにしたのが、真摯(しんし)に台本に向き合うこと。

 「これまでももちろんしっかり読ませていただいて作品に臨んでいましたが、この作品はとにかく台本を肌身離さず、言葉の重みを噛(か)みしめながら、裏にある感情までも考えて表現しようと心がけました」。

 劇中、さまざまな感情が渦巻くが、とかく妬みや嫉みなど、まさに「センセーショナル」という言葉がぴったりくるようなシチュエーションが次々とやってくる。「ドロっとしていますよね」と高橋さんは笑うと、「毒々しさはもちろんですが、そこにしっかり現実味を持たせることは意識しました」と役作りについて明かしていた。

 ◇女優、モデル、バラエティー……しっかり線引きしています

 近年、女優やモデルの仕事以外に、バラエティー番組やYouTubeなど、活躍の場を広げている高橋さん。「相互作用すればいいなという思いはありますが、基本的にはそれぞれのジャンルのお仕事は、地続きというよりは、しっかりと線を引いてやっています」とスタンスを明かす。

 その理由について「このドラマもそうですが、かなりディープな感情を持つ役の撮影をしていると、私はあまり器用ではないので、どうしてもうまく切り替えられないときもあります。でも、せっかくいただいた仕事なので、ドラマでもバラエティーでも全力を尽くしたいので、ある程度スイッチを切り替えるようにしているんです」と説明する。

 とは言いつつ、人間としてさまざまなところに筋肉がついているという自覚はある。

 「お仕事の幅が広がると、出会う人も広がります。女優の仕事だけではなかなか出会うことができない、お笑い芸人さんやアナウンサーの方など……そういう方たちとお話しをさせていただくと、すごく刺激になるし、視野は広がった気がします」。

 ◇バラエティ番組等で培ったコミュニケーションを取ることの大切さ

 ドラマの現場でも実感したことがある。コミュニケーションの取り方だ。

 主演として臨んだ本作。髙橋さんは「私は人とコミュニケーションを取るのが、あまり得意ではないんです」と打ち明けると「(妹である春役の)桜田ひよりさんや、(春の婚約者だった柊冬吾役の)工藤阿須加さんら共演者の方々が『座長!』なんて言ってくださいますが、なかなか自分で盛り上げることも難しく……」と苦笑い。

 それでも「いろいろな現場を経験して、伝えることの大切さを学びました。自分からコミュニケーションを取れたらいいなと常日頃から思っていたので、この現場でも、つたないながらもしっかり話しかけようとしていたんです。そうすると、だんだんと円滑に会話ができるようになって、雰囲気も良くなるんですよね。そういう部分ではバラエティー番組などに出演したことが、ドラマの撮影にも活きているなと感じました」と自身も成長を実感しているようだ。

 ◇軸がぶれないように……頑固さとしなやかさを持った大人の女性に!

 2014年「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たした高橋さん。スクリーンデビューとなった『人生の約束』では、石橋冠監督や、俳優の竹野内豊さんから、作品に向き合う姿勢や、いい意味でのかたくなさなど、女優としての資質の高さを賞賛されたが、そんな彼女も9月に20歳を迎える。

 「いろいろなことを学ぶうちに、良くも悪くも柔軟になっている自分がいます」と冷静に自己分析すると、「しっかり自分の意志を持つことの大切さも忘れてはいけないと思います」と強い視線で語る。

 高橋さんは「小さいころから頑固って言われていたんです」と笑いながらつぶやくと、「しっかり軸がぶれないように、人としてもお芝居に対してもまっすぐ向き合って生きていきたい」と抱負を述べる。一方で「そのなかで、しなやかさや柔らかさも大切に……。物事を柔軟に受け入れることができる大人になりたいです」と目標を掲げていた。(取材・文・撮影:磯部正和)

工藤阿須加が“夏美”高橋ひかると禁断の恋 妹・春役は桜田ひより

5月22日スタートの連続ドラマ「春の呪い」に出演する工藤阿須加さん(左)と桜田ひよりさん (C)テレビ東京
5月22日スタートの連続ドラマ「春の呪い」に出演する工藤阿須加さん(左)と桜田ひよりさん (C)テレビ東京

 女優の高橋ひかるさん主演で小西明日翔さんのマンガ(一迅社)を実写化する連続ドラマ「春の呪い」(テレビ東京系、土曜午後11時25分)に、俳優の工藤阿須加さんと女優の桜田ひよりさんが出演することが4月24日、明らかになった。桜田さんは、高橋さん扮(ふん)する主人公・立花夏美の妹で病気で他界する立花春、工藤さんは妹・春の婚約者で財閥系の御曹司、柊冬吾を演じる。工藤さんがテレビ東京の連続ドラマに出演するのは初めて。5月22日から放送されることも分かった。

 春の呪いは「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位に選ばれた。4月7日にドラマ化が発表されると、Yahoo!のリアルタイム検索では「春の呪い」がトレンド入り。ファンから「春の呪いがトレンドにあるから、あの春の呪い?って思ったらあの春の呪いだった」などと盛り上がった。

 ドラマは、最愛の妹・春(桜田さん)を亡くした夏美(高橋さん)が妹の婚約者の冬吾(工藤さん)に恋をする……。禁断の恋に揺れる姉、妹の婚約者、恐怖の幻影として姿を現す妹の奇妙な三角関係が描かれる。

 ◇工藤阿須加さんのコメント

 --オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

 人気のあるマンガの実写化だったので、原作の雰囲気を大事にしながらドラマに取り組みたいと思いました。

 --原作を読んだ感想をお聞かせください。

 登場人物がそれぞれどこかずれていて、狂っている。ただ、それが普通で、人間臭いところが読んでいてひかれました。痛みが残るすてきなマンガでした。

 --柊冬吾役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

 生まれながらにして、周りが求める人間に、レールを敷かれた人生。自己主張を押し殺された環境の中で、夏美との出会いで次第に葛藤がにじみ出てくるところを大事に演じさせていただきたいと思います。

 --視聴者へメッセージをお願いいたします。

 マンガの雰囲気とは少し違う部分もありますが、大切に作品と向き合いながら完璧でない人間臭さがいとおしく思える作品になっていると思います。癒えない傷を抱えながら突き進む夏美と冬吾を楽しんでいただけたらと思います。

 ◇桜田ひよりさんのコメント

 --オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

 春から見た夏美と冬吾が一体どのように見えているのか10代の女の子誰しもが持っている感情が痛いほど伝わってきました。とても魅力的で可愛らしい春に早くなりたいと思いました。

 --原作を読んだ感想をお聞かせください。

 所々コメディー要素が入っていて、暗い作品が苦手な方でも読みやすいなと感じました。

 --役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

 自分が理想とする可愛らしい女の子を演じさせていただいています。

 --視聴者へメッセージをお願いいたします。

 主演の高橋ひかるさんとは、衣装合わせの時に初めてお会いしましたが、私服が双子コーデでお互い驚きました(笑い)。他のキャストの皆さんもスタッフの皆さんもすてきな方ばかりで、温かい雰囲気に包まれながら絶賛撮影中です。今までにない不思議な三角関係をお楽しみください。

 ◇稲田秀樹プロデューサーのコメント

 先日の初発表以来、早くもネット上などで話題になっている問題作「春の呪い」の主要キャスト2人がようやく発表の運びとなりました。主人公・夏美の妹役に桜田ひよりさん、そしてその婚約者であり、姉の夏美に心を寄せていく冬吾役に工藤阿須加さん。原作を読んだときに思い浮かんだお2人がそのまま現実のキャストとなる奇跡が起きました。

 工藤さんにはいつもの爽やかなイメージを覆すような内省的でクールな大人の男の役に挑戦していただきたかったですし、桜田さんにはその独特な空気感と演技力で、現実と幻影の二役を演じ分けていただきたいと思っています。お2人とも恋愛ドラマの経験が少ないとおっしゃっていたので、そういう意味でも新鮮ですし、思い切ったトライぶりを楽しみにしていただけたらと思います。高橋ひかるさんと3人が奏でる「新しい形のラブストーリー」にぜひご期待ください。

高橋ひかる、テレ東ドラマで初主演 「春の呪い」で亡妹の婚約者と付き合う難役

連続ドラマ「春の呪い」で主演を務める高橋ひかるさん(C)テレビ東京
連続ドラマ「春の呪い」で主演を務める高橋ひかるさん(C)テレビ東京

 女優の高橋ひかるさんが、テレビ東京で放送される連続ドラマ「春の呪い」で、主演を務めることが4月7日、分かった。高橋さんは同局のドラマ初出演にして初主演。亡くなった妹の婚約者と付き合うという難役に挑戦する。

 ドラマは、「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位になった、小西明日翔さんの同名マンガ(一迅社)が原作。最愛の妹・春を亡くした主人公・立花夏美が恋したのは、妹の婚約者・柊冬吾だった。禁断の恋に揺れる姉、妹の婚約者で財閥の御曹司である青年、恐怖の幻影として姿を現す妹。複雑な思いが渦巻く奇妙な三角関係のゆくえとは……という内容。今春から新設されたドラマ枠「サタドラ」(土曜11時25分)第2弾の作品となる。

 高橋さんが演じる立花夏美は、一見、明るく社交的だが、胸の内には屈折した感情を抱えている。両親との間に確執があったこともあり、妹の春をただひとりの家族だと溺愛しているという役柄。

 ドラマのオファーを受けた際の感想を高橋さんは「今まで出会ったことがないような作品で、原作を読ませていただきながらドキドキしました。演じる上で不安ももちろんありますが、いまは、毎日作品のことで頭がいっぱいで幸せです」とコメント。

 また、今回演じる主人公について「立花夏美という人物はとても繊細で、まっすぐな人です。冬吾と出会うことで、夏美が今まで感じたことのない感情や罪悪感に触れていき、感情が動いていくところを表現できたらなと思っています」と語っている。

(C)小西明日翔/一迅社
(C)小西明日翔/一迅社
(C)小西明日翔/一迅社
(C)小西明日翔/一迅社