ヒヤマケンタロウの妊娠 あらすじ

ヒヤマケンタロウの妊娠あらすじ

 ドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」は、ドラマは坂井恵理さんの同名マンガ(講談社)が原作で。2022年にNetflixで独占配信。俳優の斎藤工さんが主演を務める。斎藤さんは妊娠するハイスペック男子の桧山健太郎を演じる。ヒロイン瀬戸亜季役で女優の上野樹里さんが出演する。

 ドラマは、Netflixオリジナルシリーズとして、Netflixとテレビ東京が共同で企画、製作。男性が妊娠、出産する世界を舞台に男女逆転生活やギャップをコミカルに描く。妊娠をきっかけに、さまざまな問題に直面した主人公が奮闘しながら、成長していく物語。

 ある日、広告代理店でバリバリ働く桧山(斎藤さん)は、自分が妊娠していると知る。桧山のパートナーの亜季(上野さん)も自分が親になると考えていなかったため、2人は想定外の出来事に困惑する。“妊夫”として妊婦が体験する苦労など、多くの問題に直面する桧山と、桧山を支える亜季。2人は「産むか、産まないか」の決断を迫られる……という展開。

 脚本は、「全裸監督」シリーズなどの山田能龍(よしたつ)さん、映画「グッド・ストライプス」「あのこは貴族」などで監督も務めた岨手由貴子さん、映画「ミセス・ノイズィ」の天野千尋さんの3人が担当。CMディレクターとしても活躍する箱田優子監督、映画「ハローグッバイ」「望郷」などの菊地健雄監督がメガホンをとる。

Netflixドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」のあらすじ