#コールドゲーム ニュース

<インタビュー>結木滉星、役者業は「楽しくて、充実」 “ルパパト”に感謝の思いも 「#コールドゲーム」長男の二面性に注目

連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演する俳優の結木滉星さん
連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演する俳優の結木滉星さん

 女優の羽田美智子さん主演の連続ドラマ・オトナの土ドラ「#コールドゲーム」に出演する俳優の結木滉星さん(26)。隕石(いんせき)衝突の影響で氷河期に入った地球を舞台に、羽田さん扮(ふん)する天才詐欺師・木村祥子が、偽装家族の母として過酷な日々を戦い抜く姿を描く。祥子の長男・大輝を演じる結木さんは、「“生きる”ということがテーマで、今のこのご時世にも合っているんです。ドラマを見てくれた人が『もうちょっと頑張ってみるか』と思ってくれたらうれしいです」と話す。コロナ禍がきっかけで、仕事の向き合い方が変わったという結木さんに、ドラマへの意気込みや俳優業について聞いた。

 ◇羽田美智子がムードメーカー 大輝は「内面を大切に」

 ドラマは、NHK大河ドラマ「天地人」、東海テレビ連続ドラマ「隕石家族」などの小松江里子さん脚本のオリジナル作品。第七支部では、生存者たちは限りある食糧や資源を分け合いながら共同生活していて……という設定。結木さん演じる大輝は、イケメンで身体能力も抜群。女性人気が断トツで、第七支部内の女性たちから猛烈アプローチを受けている。恋人と父親を死に追いやった人物に復讐(ふくしゅう)を企てていて……という役どころだ。

 今作への出演が決まったときの思いを「大輝は物語の中で重要になってくるキーパーソンなので、気が引き締まる思い」と振り返った結木さん。「イケメンで女性に人気がある、という設定がありますけど、大輝の魅力ってそこじゃないというか。人のことを思いやれて、男気があってかっこいいなと思いますし、どちらかというと内面を大切にしながら演じていこうと思っていました」と役への思いを話す。

 撮影現場では、羽田さんがムードメーカー。「気さくで、誰にでも平等で、明るくて。羽田さんがいらっしゃったら現場が明るくなるし、みんなが笑顔になります」と話す。そんな羽田さんは、撮影期間中、結木さんのカレンダーをメークルームに貼ってくれていたといい、「『貼ってくださった』というより、『貼られた』というか……(笑い)。ちゃんと1週間ごとに(カレンダーのページを)変えてくださっていて、うれしかったです」と笑顔を見せる。

 第1話では、羽田さん演じる祥子が、第七支部で反乱を起こした人たちに「今のこの世界を生きるには、寂しさや孤独、時には泣きたくなるような気持ちにも耐え続けるタフなハートが必要なのよ。甘ったれんのもいい加減にしな!」と叫ぶ場面も登場した。結木さんによると、ドラマにはぐっとくるセリフがちりばめられているという。

 「僕自身、コロナがあって仕事が停滞した時期とかもあって。だからこそ仕事ができる喜びと、仕事に対しての感謝をすごく感じました。そんな中で、メッセージ性のある『#コールドゲーム』の撮影では、すごく影響を受けました」と明かす。「僕だけでできる仕事なんてないんだなというか……僕のために動いてくれている人がたくさんいて、その人たちに対して恩返しもしたいですし、そういうふうに思えたのはコロナがきっかけで。自分の中で大きなターニングポイントになりました」と続ける。

 ◇演出家・鈴木勝秀との出会いで変化

 結木さんは、1994年12月10日生まれ。大分県出身。学生時代のスカウトがきっかけで芸能界入りし、2012年にデビュー。「高校のときは学業優先だったので、単発の仕事をする時期が3年ぐらいありました。初めてのお仕事はCMだったのですが、わけがわからず一日が終わりました」と当時を振り返る。

 大学1~2年の頃、演出家の鈴木勝秀さんとの出会いがあった。「それまで中途半端で、やりたいこともとくに決まっていなかったんですけど、スズカツさんに出会って、役者業の奥深さ、演じる楽しさに気づかされて。そこから意識が変わって、自分が満足するまでは絶対に(役者業を)続けていこうと思って」と変化を明かす。

 2018~19年放送の特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(ルパパト)」(テレビ朝日系)で、熱血キャラの朝加圭一郎(パトレン1号)を演じ、注目を浴びた結木さん。「テレビドラマにガッツリと出るのは初めてに近かったので、一から勉強させていただきました」と振り返りながら、「原点になるのかわからないですけど、『自分のお芝居だけ考えていてもできないな』と気づくことができた。ルパパトには感謝しています」と感謝の気持ちを語る。

 「今楽しくて、充実しています」と役者業について話した結木さん。今後について聞いてみると、「僕にしかできない要素を取り入れながら、唯一無二の役者になりたいなと思っています」と力を込めた。

 最後に、視聴者に向けて「大輝は、物語が進むにつれて、感情を爆発させるシーンも多くなってきます。一人でいるときと、みんなでいるときと全然顔が違うので、二面性を楽しんでもらえたらいいなと思っています」と呼びかけた。

<ドラマ紹介>「#コールドゲーム」 羽田美智子が天才詐欺師に 氷河期に入った地球が舞台

女優の羽田美智子さん主演の連続ドラマ「#コールドゲーム」第1話のワンシーン=東海テレビ提供
女優の羽田美智子さん主演の連続ドラマ「#コールドゲーム」第1話のワンシーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系の「オトナの土ドラ」枠(土曜午後11時40分)で放送される、女優の羽田美智子さん主演のドラマ「#コールドゲーム」が6月5日に始まる。隕石(いんせき)衝突の影響で氷河期に入った地球を舞台に、羽田さん扮(ふん)する天才詐欺師・木村祥子が、偽装家族の母として過酷な日々を戦い抜く姿を描く。初回は深夜0時10分から。

 NHK大河ドラマ「天地人」、東海テレビ連続ドラマ「隕石家族」などの小松江里子さん脚本のオリジナル作品。

 祥子の長男で恋人と父親を死に追いやった人物に復讐(ふくしゅう)を企てる大輝を結木滉星さん、長女で大輝に恋心を抱く頭のいい高校生の陽菜を久間田琳加さん、木村家の父で、人のいい隆を「ずん」のやすさん、木村家が身を寄せる避難所「第七支部」を取り仕切る支部長で元国会議員の如月雄一郎を中村俊介さんが演じる。

 第1話は……隕石落下の影響で地軸が大きく変動しマイナス45度の氷河期に突入した地球。第七支部で、生存者たちは限りある食糧や資源を分け合いながら共同生活していた。

 前科2犯の天才詐欺師・祥子、息子の大輝、娘の陽菜、夫の隆たち“木村家”は、支部長の如月の考えで家族優先が徹底されているこの避難所で、ある秘密を抱えて日々を過ごしていて……。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

羽田美智子、「隕石家族」以来の「オトナの土ドラ」枠主演 隕石衝突後の世界で天才詐欺師に 結木滉星、久間田琳加、中村俊介も

6月5日スタートの連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演する(上段左から時計回りに)結木滉星さん、羽田美智子さん、中村俊介さん、ずんのやすさん、久間田琳加さん
6月5日スタートの連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演する(上段左から時計回りに)結木滉星さん、羽田美智子さん、中村俊介さん、ずんのやすさん、久間田琳加さん

 女優の羽田美智子さんが、6月5日から東海テレビ・フジテレビ系の「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)枠で放送される連続ドラマ「#コールドゲーム」に主演することが4月14日、分かった。羽田さんが同枠の作品で主演を務めるのは、2020年4月期放送の「隕石家族」以来、約1年ぶり。羽田さんのほか、結木滉星さん、久間田琳加さん、「ずん」のやすさん、中村俊介さんの出演も発表された。

 ドラマは、NHK大河ドラマ「天地人」「花燃ゆ」、東海テレビ制作の帯ドラマ「花嫁のれん」、連続ドラマ「隕石家族」などの小松江里子さんが脚本を担当するオリジナル作品。隕石(いんせき)衝突の影響で極寒の氷河期に入った地球が舞台。羽田さん扮(ふん)する天才詐欺師・木村祥子と偽装家族の姿を描くサバイバルストーリー。全8回。

 結木さんは、祥子の偽装家族・木村家の長男で、恋人と父親を死に追いやった人物に復讐(ふくしゅう)を企てる大輝、久間田さんは木村家の長女で、大輝に恋心を抱く頭脳明晰(めいせき)な高校生の陽菜、やすさんは木村家の父で、人がいい隆、中村さんは、木村家が身を寄せる避難所「第七支部」を取り仕切る支部長で元国会議員の如月雄一郎をそれぞれ演じる。

 ◇羽田美智子さんのコメント

 昨年の「隕石家族」に続いてのオトナの土ドラ出演で、「隕石家族」の現場があまりにも楽しかったので「もう一度あの現場に帰れる!」と、とてもうれしかったです。

 詐欺師役と聞いて、私以外のスタッフは全員私には無理だと思ったそうですが、実は私、ずっと詐欺師役をやってみたかったんです! だから、「あーっ!キター!」と思いましたね。以前、詐欺師の女性の話を見て、「この人が、こんな多くの人をだますその背景にはいったい何があるんだろう……?」と考えた時に、詐欺師の役ってきっと面白いんだろうなと感じたんです。でもそういうオファーは来ないんだろうな…と思っていたところに今回の話をいただけたので、すごく楽しく生き生きと演じられていると思います。

 ストーリーは、「奇想天外!!!」の一言に尽きます。地球に隕石が衝突することが分かってからの人間のあり方を問うた昨年の「隕石家族」から、今回はさらに進んで、隕石が衝突した後に氷河期を迎えた地球が舞台、という設定に思わず笑ってしまいました。

 私が演じる祥子は詐欺師というぶっ飛んだ設定ではありますが、本質は絶望感や孤独感をエネルギーに変えて、一心不乱に生きていくたくましさを持った女性だと捉えています。普段の私は不器用でドジなことをしてしまいがちなのですが、祥子は完璧な女性です。性格が自分とは真逆なので、歩き方や立ち方も意識的に変えています。

 共演者の皆さんもすてきな方ばかりで、滉星くんは、外見だけでなく内面的にも、こんな息子が本当にいたらいいなと思ういい男っぷりですし、琳加ちゃんはふわふわしたマシュマロみたいに可愛いのに、乱暴な役柄とのギャップが面白いです。やすさんは一生懸命お芝居のことを聞いてきてくださるので、大きな弟ができた気分です(笑い)。中村さんとは「隕石家族」でもご一緒しましたが、またもや一癖も二癖もある役を演じています。そんな役でも中村さんが演じるとチャーミングになるので不思議です。

 今まで見たことのないような世界観で、私自身も演じたことのない役柄に挑戦しています。もしもこういう時代がきたら……というSF要素があり、人と人のつながりや、家族とは? というテーマも流れていて、非常に面白いドラマになっていると思いますので、ぜひご期待ください。

結木滉星、“天才詐欺師”羽田美智子の偽装家族の長男役 「#コールドゲーム」出演

6月5日スタートの連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演する結木滉星さん
6月5日スタートの連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演する結木滉星さん

 俳優の結木滉星さんが、6月5日から東海テレビ・フジテレビ系の「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)枠で放送される、女優の羽田美智子さん主演の連続ドラマ「#コールドゲーム」に出演することが4月14日、分かった。結木さんは、羽田さん扮(ふん)する天才詐欺師の木村祥子の偽装家族・木村家の長男、大輝を演じる。

 大輝は、木村家が身を寄せる避難所「第七支部」で女性たちからモテまくっているイケメン。身体能力も抜群。恋人と父親を死に追いやった人物に復讐(ふくしゅう)を企てているという役どころ。

 ◇結木滉星さんのコメント

 オファーを聞いた時、監督の千葉(行利)さんとは(連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」などで)何度かご一緒したことがありましたが、物語全話を通じてご一緒する機会は今回が初めてだったのですごく楽しみでした。

 大輝という役もこの物語において大事な存在だったので気が引き締まりました。二面性の強い役柄だと思ったので、表と裏の顔をうまく使い分けられたらいいなと試行錯誤して、監督ともたくさんコミュニケーションを取りながら演じています。また、大輝はある復讐のために偽装家族を組んでいるので、その背景を固めていく作業も大切にしています。特に、羽田さん演じる祥子さんはお母さんというより相棒として捉えているので、他の家族に対しての接し方の違いを個人的に意識して演じています。

 羽田さんはすごく気さくな方で、全ての人に平等に接しているところがとてもすてきで印象的です。羽田さんがその場にいるだけで現場が明るくなって常に楽しく撮影できています。ただ、僕のカレンダーをお渡ししたところ、気に入ってくださって何枚かメーク室に貼ってあるのですが、恥ずかしいのでやめてほしいです(笑い)。ここまで影のある役を演じたことがなかったので、毎日が新鮮でとてもやり甲斐を感じています。

 最初は“偽装家族”だった家族がどう変化していくのか、それぞれの抱えている問題がどう解消されていくのかを、皆さんに早く見てほしいなと思っています。氷河期化した過酷な環境という設定ですが、笑えるところもあり、一見何気ないシーンでも心に響くようなセリフが散りばめられていて、僕自身も心動くシーンがたくさんありました。ぜひ期待してほしいです。そして皆さんの期待に応えられるように、今後の撮影も全力で取り組みたいと思います。

#コールドゲーム東海テレビ・フジテレビ系 「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)
2021年6月5日スタート