ひねくれ女のボッチ飯 ニュース

<インタビュー>飯豊まりえ「12時間かけて焼き肉を食べたのは初めて」 「ひねくれ女のボッチ飯」撮影の裏側明かす 続編への思いも

連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」で主演を務める女優の飯豊まりえさん(C)テレビ東京
連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」で主演を務める女優の飯豊まりえさん(C)テレビ東京

 連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(テレビ東京系)で主演を務める女優の飯豊まりえさん。数々のグルメドラマを生み出してきた同局の新たなグルメドラマで、プロデューサーには人気ドラマ「孤独のグルメ」を手がけてきた制作陣が名を連ねる。食べることが大好きで、一人で食事をする“ボッチ飯”もよくするという飯豊さんは、「私的には『宝くじに当たった』みたいな出会いでした(笑い)」と喜びを語る。飯豊さんに、制作現場の裏側や見どころを聞いた。

 ◇“ひねくれ女”役に「新境地な感じ」

 ドラマは、飯豊さん演じる、人付き合いが苦手で友達もいない“ひねくれ女”川本つぐみが主人公。ある日、インスタグラムアカウント「ホワイトホース」を見付けたつぐみは、食事の写真と、自分と似た理不尽な境遇がつづられた投稿に魅力を感じ、「白馬の王子様」と呼んで慕うようになる。やがて、つぐみは、投稿主のホワイトホース(白石一馬/柄本時生さん)と同じものを一人で食べる“ボッチ飯”が日々の楽しみになっていく。毎週木曜深夜1時放送。

 「孤独のグルメ」チームからオファーを受けた飯豊さんは、「私自身、食が好きなのでうれしかったですね!」とにっこり。台本を読む前は「女性が可愛く食べるドラマ」を想像していたというが、演じたのは“ひねくれ女”。「つぐみのような役はやったことがなかったので新境地な感じがして。自虐をしているところとか、言葉のチョイス、妄想癖があるところが台本を読んでいて面白かったです」と話す。

 つぐみのモノローグも面白いポイントだといい、「しょうが焼きを食べるときに、『普通の味なんでしょ~?』みたいな感じで食べるのですが、食べてみて『なにこれ、めっちゃおいしいじゃん!』って(笑い)。サラダを食べるときも『はいはい、隠し味のリンゴも丸見えですよ~』と言いながら、食べてみて『リンゴのシャキシャキ感、普通ですね。でも中にナッツ入っていたんだ、侮れないな~』みたいな(笑い)。(食べる前との)その違いも見ていて面白いと思う」と続ける。

 自身も“ボッチ飯”をよくするという飯豊さんは、「『隣にいるご夫婦は何のお仕事をしてるんだろう?』『この家族は今日はお誕生日なのかな?』とか考えながら食べている」といい、「(撮影でも)自然につぐみとして、ごはんを食べながらリアクションをとっていくので、リアルな感じがして面白かったです」と明かす。ちなみに、飯豊さんが気合を入れたいときの“ボッチ飯”は定食屋での魚定食。「きちんとしたお魚と、ごはんと、小鉢に乗っている野菜とか食べると頑張ろうという気持ちになる」と話す。

 ◇こだわりの制作の裏側とは

 「これはびっくりなんですけど、お店に入って出るまで1シーンなんですけど、(台本では)11ページくらいありまして。撮影に12時間かかります!(笑い)」と撮影の裏側を明かした飯豊さん。肉を取る、肉を焼く、箸上げ(箸でつかんだ肉を撮影)、肉を食べるカット、ごはんを食べる、茶碗にごはんをよそう……などの撮影があり、1シーンの撮影に約12時間かかっている。

 「楽しく食べられてラッキー!と思っていたんですけど、撮影は簡単にいきませんよね(笑い)」と本音を漏らしつつ、「『ごはんをおいしく食べるよ』という顔や、口元も撮っていただいたり、店内にいるお客さんを見たり、撮るところはいっぱいある」と明かす。

 そんな撮影に「毎回結構ひーひーなんですよ」と苦労を明かしたが、「仕上がりを見るとめっちゃおいしそうなんですよね! シーズン2、3と続いてほしいなと思いながらやっていました」と続編への思いも明かす。

 ◇これまでの食リポ経験の集大成に

 今回の撮影にあたり、「女性なのでそんなに食べられないんじゃないか」という気遣いから、「あんまり食べないでください」「食べるのは本番のみで」とスタッフに言われていたという飯豊さん。

 「私は食べるのが大好きなので、リハーサルから食べていて(笑い)。本番が終わっても食べますし、なんならお昼ごはんも、夜ごはんも、お弁当も食べるので、本当に楽しくごはんを食べさせていただきました」と笑顔。撮影で訪れた店のごはんはどれもおいしかったといい、プライベートでも行きたいと考えている。

 これまでの食リポの経験が役に立った。「『にじいろジーン』(カンテレ・フジテレビ系)では、山口(智充)さんが本当に食べるのがお上手で。『箸を持ち上げるときにゆっくりいって、口の中に行ったら勢いよく食べろ』というのを教わっていたんです。『めざましテレビ』での、トレンドのものを食べて食リポするという撮影では『ゆっくり食べてください』と言われていた。それらの経験が集大成としてここにあります!(笑い)」と力を込めていた。おいしそうに食べる飯豊さんの姿にぜひ注目してほしい。

<SNS反響>おいしそうに食べる飯豊まりえが話題 「『孤独のグルメ』みたいで面白い」の声も

飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」のワンシーン(C)テレビ東京
飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」のワンシーン(C)テレビ東京

 女優の飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(テレビ東京系)の第1話と第2話が、7月1日深夜に放送された。人気ドラマ「孤独のグルメ」シリーズなどのグルメドラマを生み出した同局の新たな“飯ドラマ”。美味しそうに食べる飯豊さんの姿が登場し、視聴者からは「飯豊まりえ版 孤独のグルメ」「飯豊まりえ、うまそうに食うなぁ。好感度激上がり」などの声が上がった。

 主人公・川本つぐみ(飯豊さん)は、インスタグラムアカウント「ホワイトホース」を見付け、魅力的な食事の写真と、自分と似た理不尽な境遇がつづられた投稿に魅力を感じ、「白馬の王子様」と呼んで慕うようになる。やがて、つぐみは、投稿主のホワイトホース(白石一馬/柄本時生さん)と同じものを一人で食べる“ボッチ飯”が日々の楽しみになっていく……という内容。

 第1話は「町中華・カツカレー」、第2話は「大衆食堂・しょうが焼肉定食」が放送された。SNSでは、「またテレ東で飯テロ番組!」「『孤独のグルメ』みたいで面白い」「テレ東どんだけ深夜の飯テロ」「しょうが焼き食いたくなった」「つぐみのひねくれた心の声は、見ている自分の気持ちを代弁してくれるようでスカッとする」などの声が上がった。

 また、飯豊さんについて、「飯豊まりえさんが可愛すぎた」「ふてくされた役、上手だと思う!」「飯豊まりえさんのいろんな表情が可愛い」といったコメントも並んでいた。

<ドラマ紹介>「ひねくれ女のボッチ飯」 テレ東の新グルメドラマ 飯豊まりえが“ボッチ飯”

飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」の第1話のワンシーン(C)テレビ東京
飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」の第1話のワンシーン(C)テレビ東京

 女優の飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(テレビ東京系)が、7月1日に始まる。人気ドラマ「孤独のグルメ」シリーズ、「きのう何食べた?」「忘却のサチコ」などのグルメドラマを生み出した同局の新たな“飯ドラマ”。飯豊さんは人付き合いが苦手で友達もいない、ひねくれ女の主人公・川本つぐみを演じる。7月1日深夜0時半から第1話、同日深夜1時から第2話が放送され、第3話以降は毎週木曜深夜1時に放送される。

 主人公・川本つぐみ(飯豊さん)は、インスタグラムアカウント「ホワイトホース」を見付け、魅力的な食事の写真と、自分と似た理不尽な境遇がつづられた投稿に魅力を感じ、「白馬の王子様」と呼んで慕うようになる。やがて、つぐみは、投稿主のホワイトホース(白石一馬/柄本時生さん)と同じものを一人で食べる“ボッチ飯”が日々の楽しみになっていく。

 第1話は「町中華・カツカレー」。川本つぐみはインスタグラムアカウント「ホワイトホース」に出会う。顔も名前も不明だが、よくある料理なのに妙に魅力的な食事の写真と、自分と似ている理不尽な境遇が書かれた投稿に魅力を感じ、ホワイトホースを自分の「白馬の王子様」だと信じて……。

 第2話は「大衆食堂・しょうが焼肉定食」。必ず連絡すると言ったのに、二度と連絡をくれなかった元同僚、小西加奈子(花音さん)。彼女と偶然再会したつぐみは暗い気持ちに。そんな時、「僕は透明人間になった」というホワイトホースのインスタに共感を覚え、投稿の店へ。しかしそこは女子には入りづら過ぎる大衆食堂で……。

飯豊まりえ、主演グルメドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」 7月1日放送開始 メッセージ動画も

飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」のポスタービジュアル(C)テレビ東京
飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」のポスタービジュアル(C)テレビ東京

 女優の飯豊まりえさんが主演する連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(テレビ東京系)が7月1日から放送されることが6月16日、分かった。ドラマは4月29日から動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で先行配信されていた。7月1日深夜0時半から第1話、同日深夜1時から2話が放送され、3話以降は毎週木曜深夜1時に放送される。

 「ひねくれ女のボッチ飯」は同局の新たなグルメドラマ。主人公・川本つぐみ(飯豊さん)は、インスタグラムアカウント「ホワイトホース」を見つけ、魅力的な食事の写真と、自分と似た理不尽な境遇がつづられた投稿に魅力を感じ、「白馬の王子様」と呼んで慕うようになる。やがて、つぐみは、投稿主のホワイトホース(柄本時生さん)と同じものを食べる“ボッチ飯”が日々の楽しみになっていく……。

 同局宣伝部の公式ツイッターでは、第1話の放送に合わせて、飯豊さんのメッセージ動画が公開される予定。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

渡辺満里奈、9年ぶりドラマ出演 飯豊まりえ主演ドラマでタイ料理店店員役 鈴木亜美、早見沙織らも

連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」第5話に出演する渡辺満里奈さん(左)と飯豊まりえさん(C)テレビ東京
連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」第5話に出演する渡辺満里奈さん(左)と飯豊まりえさん(C)テレビ東京

 タレントの渡辺満里奈さんが、テレビ東京で今夏放送される連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」の第5話にゲスト出演することが5月13日、分かった。渡辺さんがドラマに出演するのは、2012年に放送されたHBC(北海道放送)制作の「スープカレー」以来、約9年ぶり。

 本作で“タイ料理店”の店員役を演じる渡辺さん。夫で、お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さんの風貌は、ファンの間で“外国人っぽい”と評判だ。渡辺さんは同役のオファーについて「暗に間接的なイメージがあったのかなと思いました(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに語っている。

 さらに「台本を読んだらなんと、タイ語のセリフがあったので、難しそうでひるみましたが、飯豊まりえさんの食べる姿を想像したらニヤけてしまって楽しみになりました」とコメント。ドラマの見どころについては「辛くて甘くて奥が深い、めくるめくタイの味を共に食べている気持ちになれると思います! 楽しんでください」と話している。

 「ひねくれ女のボッチ飯」は女優の飯豊まりえさん主演で、テレビ東京の新たなグルメドラマ。主人公・川本つぐみ(飯豊さん)は、インスタグラムアカウント「ホワイトホース」を見つけ、魅力的な食事の写真と、自分と似た理不尽な境遇がつづられた投稿に魅力を感じ、「白馬の王子様」と呼んで慕うようになる。やがて、つぐみは、投稿主のホワイトホース(柄本時生さん)と同じものを食べる“ボッチ飯”が日々の楽しみになっていく……という展開。

 第5話には鈴木亜美さんもゲスト出演する。また、第4話にプロレスラーのオカダ・カズチカ選手、第6話にモデルの市川紗椰さんと声優の早見沙織さん、第7話に俳優の高橋努さんと田中聡元さん、女優の小野真弓さんと山田キヌヲさん、第8話に女優の峯村リエさんがゲスト出演する。

 ドラマは、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で先行配信中。5月15日午前6時に第3・4話、同月22日午前6時に第5・6話、同月29日午前6時に第7・8話が配信される。配信後、テレビ東京で放送される。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

飯豊まりえ、テレ東の新作“グルメドラマ”主演 ボッチ飯楽しむひねくれ女役 柄本時生が“白馬の王子様”に

連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」で主演を務める飯豊まりえさん(C)テレビ東京
連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」で主演を務める飯豊まりえさん(C)テレビ東京

 女優の飯豊まりえさんが、テレビ東京で放送される連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」に主演することが4月14日、分かった。飯豊さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。本作は、連続ドラマ「孤独のグルメ」シリーズ、「きのう何食べた?」「忘却のサチコ」といった数々のグルメドラマを生み出した同局の新たなグルメドラマとして制作され、飯豊さんは人付き合いが苦手で友達もいない、ひねくれ女の主人公・川本つぐみを演じる。

 俳優の柄本時生さんも出演し、インスタグラムに「ホワイトホース」というアカウント名で食事の写真を投稿する男、白石一馬に扮(ふん)する。

 物語は、つぐみがインスタグラムでホワイトホースというアカウントを知る。顔、名前は分からないが、魅力的な写真と、自分と似ている理不尽な境遇がつづられた投稿に引きつけられ、ホワイトホースを自分の“白馬の王子様”だと信じる。ホワイトホースと同じものを食べるために“ボッチ飯”を始めたつぐみは、日々の生活が楽しくなった上、ホワイトホースからの「いいね」が楽しみになる……という展開。

 ドラマは、4月29日午前6時に動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で先行配信。配信後、テレビ東京で放送される。

 ◇飯豊まりえさんのコメント

 純粋にこの役をいただけたことが光栄です。日頃お昼ご飯のお弁当を2個も食べてしまうこともあるので、もってこいの役に出会えました(笑い)。

 私が演じる“川本つぐみ”という役は、表には出さないだけで、本当は心が豊かな、トキメキをたくさん持っている女の子だと私は思っています。それをどこまで出してどこまで隠すかバランスを考えながら演じていく毎日を楽しんでいます! 大変なことでいうと、いつもトレーニングに通っているので姿勢が良くなっていまして、監督に「姿勢が良すぎて自信があるように見える」と言われたので、今は日常的に猫背になりながら過ごしています。いろんな食べ物も思いも味わいながら、この役と向き合っていきたいです。

 共演する柄本時生さんとは、なかなかご一緒できるシーンは少なそうですが、どんなことがお話しできるか、今から楽しみです。

 コロナ禍で一人ご飯をされる方も今たくさん増えてきていると思います。私もほとんど一人ご飯です。でも、お店やご飯が人と人との心を温かくして、つなげてくれるものだと改めて思える作品です。そんな一人ご飯への印象がまたさらにすてきに感じます。また、おいしいご飯がたくさん登場するのも注目ですが、女の子がなかなか1人では入りづらい居酒屋さんなどにもガツガツ入っていきます。面白い出会いや経験です。女子のボッチ飯をぜひのぞき見しちゃってください!

 ◇柄本時生さんのコメント

 オファーをいただくことは本当にありがたいことで、一生懸命頑張りたいと思っています。すれ違いを使って作られている話はあまり見たことがなくて、これがあったか! と驚きました。

 共演する飯豊まりえさんとは1度しかお会いしたことがないので、現場でお話しできればいいなと思っています。

 ご飯のお話で、口コミの物語でもあると思うので、これを機に、口コミを見て遠くまで足を運ぶこともありなんじゃないかなと思います。楽しくなるよう頑張るので、ぜひ、ご覧ください。

 ◇川村庄子プロデューサーのコメント

 コロナ禍でも、コロナ禍でなくても、楽しめる食ドラマを! を合言葉に、ちょっと変わった女子の一人飯ドラマを緊急制作いたしました! 

 飯豊まりえさんは “めしゆたか”という名字を持つ、この番組の“運命の人”。彼女がさまざまな思いを心に浮かべながらボッチ飯を堪能する姿は圧巻です。

 このドラマは食ドラマ以外にも、令和版“すれ違い”ドラマというもう一つの顔があります。飯豊さん演じるつぐみと柄本さん演じる白石。ネットで情報が氾濫する現代に、ネットの情報だけを頼りに顔も見えない相手を互いに妄想していきます。つぐみと白石はいつか会えるのか? 気軽に楽しめるボッチ飯、スマホ時代のすれ違い……。今だからこそのこのドラマをお楽しみいただけたらとてもうれしいです。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

ひねくれ女のボッチ飯動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で2021年4月29日午前6時に先行配信。
テレビ東京で2021年7月1日深夜0時半から第1話、同日深夜1時から2話が放送され、3話以降は毎週木曜深夜1時に放送。