ひねくれ女のボッチ飯 あらすじ

ひねくれ女のボッチ飯あらすじ

 ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」は、連続ドラマ「孤独のグルメ」シリーズ、「きのう何食べた?」「忘却のサチコ」といった数々のグルメドラマを生み出したテレビ東京の新たなグルメドラマとして制作。女優の飯豊まりえさんが主演を務める。飯豊さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。飯豊さんは人付き合いが苦手で友達もいない、ひねくれ女の主人公・川本つぐみを演じる。

 俳優の柄本時生さんも出演し、インスタグラムに「ホワイトホース」というアカウント名で食事の写真を投稿する男、白石一馬に扮(ふん)する。

 物語は、つぐみがインスタグラムでホワイトホースというアカウントを知る。顔、名前は分からないが、魅力的な写真と、自分と似ている理不尽な境遇がつづられた投稿に引きつけられ、ホワイトホースを自分の“白馬の王子様”だと信じる。ホワイトホースと同じものを食べるために“ボッチ飯”を始めたつぐみは、日々の生活が楽しくなった上、ホワイトホースからの「いいね」が楽しみになる……という展開。

 ドラマは、4月29日午前6時に動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で先行配信。配信後、テレビ東京で放送される。

ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」のあらすじ

ひねくれ女のボッチ飯動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で2021年4月29日午前6時に先行配信。
テレビ東京で2021年7月1日深夜0時半から第1話、同日深夜1時から2話が放送され、3話以降は毎週木曜深夜1時に放送。