連続ドラマW 黒鳥の湖 ニュース

<インタビュー>吉瀬美智子 女優デビュー14年目 「常に新しい自分を見せられたら」

WOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演する吉瀬美智子さん
WOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演する吉瀬美智子さん

 女優の吉瀬美智子さんが、7月24日からWOWOWプライム、WOWOW 4Kで放送、WOWOWオンデマンドで配信される連続ドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」(岩田和行監督、全5話・第1話は無料放送)に出演する。因果応報がテーマになったミステリーで、吉瀬さんは藤木直人さん演じる主人公の妻を演じる。今年、女優デビュー14年目を迎え「常に新しい自分を見せられたら」と話す吉瀬さんに、ドラマの見どころや、女優業について聞いた。

 吉瀬さんがWOWOWのドラマに出演するのは10年ぶり2度目。「WOWOWのドラマはすごく重厚で、しっかりともの作りをしているイメージ。モデルから女優として少しずつステップアップして、10年後にこうして再びキャスティングしていただけたということは、その間の成長過程もちゃんと見た上で、地道にやってきたことを評価してもらえたということ。うれしかったですね」と笑顔を見せる。

 ドラマは、宇佐美まことさんの同名小説(祥伝社)が原作。会社経営者で、美しい妻、可愛い娘と幸せな生活を送る財前彰太(藤木さん)は、興信所の調査員をしていた18年前、若い女性の行方不明事件の調査を依頼された過去があった。その事件で大きな“細工”をした彰太は、その18年後、似たような事件が起き、動揺する。そんな中、愛娘が行方不明になり、調べを進めるうちに妻・由布子(吉瀬さん)の過去を知り……と展開する。

 物語は、18年前の事件と酷似した事件の発生をきっかけに、過去と現在が複雑に絡み合い、人々の心の闇や傷が次第に明らかになっていく。

 「謎解きがすごく複雑で、『あれ、犯人はもしかして……?』と翻弄(ほんろう)される場面もたくさんあるんです。私が演じた由布子は、ちょっと行き過ぎてしまうところもある母親なんですが、芯の強さと弱さのバランスを大切にしながら、品の良さも意識しました」と見どころを明かした吉瀬さん。「ドラマで描かれている因果応報は、決してドラマの世界に限った話ではなく、誰にでも普通に起こりうること。ドラマを見ながら、日ごろの自身の立ち居振る舞いを見つめ直してみるのもいいのかなと思います」と語る。

 藤木さんと夫婦役を演じるのは今回が初めてで、「18年前、まだ興信所の調査員だった頃の彰太さんに助けてもらうシーンでもキュンキュンしましたし、『俺が幸せにするから!』という感じのせりふには、私自身、グッときてしまいました(笑い)。『女子なら一度はこんなせりふ言われたいよね』って女性陣で盛り上がってしまったくらいです」とちゃめっ気たっぷりに撮影を振り返る。また「長年抱えていた秘密をお互いに明かすシーンでは、本番で私の感情がブワッとあふれたときも、彰太さんがギュッと手を握ってくれて。藤木さんに自然に導かれていった感じがありましたね」と2人の信頼関係も芝居の一助になったようだ。

 彰太と由布子の娘・財前美華を演じるのは、演技未経験ながら、映画「ミッドナイトスワン」のオーディションで数百人の中からヒロインの座を射止め、同作で「第44回日本アカデミー賞」の新人俳優賞など数々の新人賞に輝いた服部樹咲さん。吉瀬さんと服部さんは同じ事務所に所属しているが「会うのは今回の現場が初めて」だったという。

 「すごく背も高くて、コンクールで優勝するくらいバレエが上手なので、(今回の作品の撮影で)踊っている姿を『すてきだなあ』と思って見入っていました。役の上では母親に対してちょっと反抗的なキャラクターですが、実際には控え目で、すごく可愛らしい印象の子でしたね」と目を細める。

 また、悩んだ由布子を精神的に支える「瞑想の会」の主催者の一人、大黒を演じる財前直見さんについては「少し怖かったです(笑い)」と率直な思いを告白。「白髪ボブのウイッグを着けた財前さんが振り向いた瞬間に、私が『うわあ!』って本気で怖がってしまった場面があって。監督から『由布子さんがちょっとおびえていますので、もう少し普通にやりましょうか』という演出が入ったくらい“大黒様”になりきっていらっしゃいました。本当は“大黒様”に心を委ねなきゃいけないんだけど、なかなか委ねられなくて……。でも実際の財前さんは、とてもフランクな方で、現場は楽しかったですよ」と振り返った。

 女優デビュー14年目で、日頃から「セルフプロデュースに務めている」と話す吉瀬さん。「常に新しい違う自分を見せられたらいいなと考えながら、お芝居に取り組んでいます。視聴者や観客の方が、次はどんな吉瀬美智子が見たいのかをあれこれ想像して、客観的な視点を大切にしています。『演じる役の振り幅はできるだけ大きくしておきたい』という気持ちもありますね」と話し、「最近、お母さん役も増えてきました。さらに年齢を重ねて、いつかおばあちゃん役をやるときに、一つ一つのしわに深みがある女優になりたいですね」と展望を明かした。(取材・文/渡邊玲子)

<完成報告会>藤木直人、ドラマで18年前の姿も演じ苦笑い 「これちょっと無理だな、と」

WOWOWで放送される「連続ドラマW 黒鳥の湖」の完成報告会に登場した藤木直人さん
WOWOWで放送される「連続ドラマW 黒鳥の湖」の完成報告会に登場した藤木直人さん

 俳優の藤木直人さんが7月15日、東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」(土曜午後10時)の完成報告会に登場。主人公・財前彰太役の藤木さんは、ドラマ内で主人公の18年前の姿も演じていて、「原作を読んだときから『おれの18年前、誰が演じるのかな』と思ってスタッフに聞いたら『藤木さんに演じていただきます』と……。『それは無理です』と(思った)」と苦笑い。「映像でいろいろ(加工を)してくれるのかなと思っていたら、意外とそのままでびっくりしました。これちょっと無理だな、と…」と明かしていた。

 ドラマでは、主人公が過去の過ちに罪悪感を感じながら翻弄(ほんろう)されていく姿を描いていることから、完成報告会では「あの過去があったから今がある」というエピソードをそれぞれ披露するトークも実施。寺の住職の息子・若院役を演じる人気グループ「V6」の三宅健さんは、「16歳のときに『V6』に入って、グループをスタートさせたことが自分の中ではとっても大きなターニングポイントだと思います。じゃなかったら、ここに立っていないんじゃないかなと思います」と自身の転機を説明。

 また、故・ジャニー喜多川さんについても「『V6』にも、ジャニーさんに出会っていなかったらなっていないと思う。右も左も分からない中学生を選んでくれて、会社に入れてくれたので、自分がここに存在しているんだな、と。そう思うと、本当に感謝しかないです」としみじみと語っていた。完成報告会には吉瀬美智子さん、財前直見さん、岩田和行監督も出席した。
 
 ドラマは、宇佐美まことさんの同名小説(祥伝社)が原作。若い女性が拉致され、持ち物が次から次へと家族のもとに送られてくる事件が発生する。ザイゼンコーポレーションの社長・財前彰太(藤木さん)は、興信所の調査員をしていた18年前に、谷岡という男性から、娘が拉致されワンピースの切れ端や切り刻んだ下着、はがされた爪や写真が送られてきた事件の調査を依頼された過去があった。その事件で大きな“細工”をしていた財前は、似たような事件が起き、動揺する。そんな中、財前の愛娘が行方不明になり持ち物が送られてくる。調べを進めるうちに、妻・由布子(吉瀬さん)の過去を知ることになり……というストーリー。

 7月24日からWOWOWプライム、WOWOW4Kで放送、WOWOWオンデマンドで配信。全5話で第1話は無料放送。

斎藤さらら、話題の19歳女優がWOWOWドラマ初出演 「ミッドナイトスワン」服部樹咲のバレエ仲間に

「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演が決まった斎藤さららさんのオフショット
「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演が決まった斎藤さららさんのオフショット

 女優の斎藤さららさんが、藤木直人さん主演で7月24日からWOWOWで放送される「連続ドラマW 黒鳥の湖」(土曜午後10時)に出演することが6月4日、分かった。斎藤さんはグリーン住宅ポイント制度(一般社団法人住宅リフォーム推進協議会)の広告動画に起用され、話題の19歳。WOWOWのドラマに出演するのは今回が初めて。

 斎藤さんは、映画「ミッドナイトスワン」の演技で「第44回日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞した服部樹咲(みさき)さん扮(ふん)する、主人公の娘のバレエ仲間・佐田愛璃を演じる。

 斎藤さんは「こんにちは。斎藤さららです。『黒鳥の湖』の原作をちょうど読んでいたので、作品の世界に携わることができて本当にうれしい気持ちでいっぱいです。WOWOWドラマに初めて出演するので、放送が今から楽しみです! ぜひご覧ください」とコメントを寄せた。

服部樹咲「ミッドナイトスワン」草なぎ剛の“娘” 今度は「連続ドラマW 黒鳥の湖」で藤木直人の娘に

7月スタートの「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演する(上段左から時計回りに)服部樹咲さん、大澄賢也さん、宅麻伸さん、杉本哲太さん、板尾創路さん
7月スタートの「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演する(上段左から時計回りに)服部樹咲さん、大澄賢也さん、宅麻伸さん、杉本哲太さん、板尾創路さん

 映画「ミッドナイトスワン」で草なぎ剛さん演じるトランスジェンダーの凪沙と“疑似母子”となった少女・一果を演じ、「第44回日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞した女優の服部樹咲(みさき)さんが、7月24日からWOWOWで放送される「連続ドラマW 黒鳥の湖」(土曜午後10時)に出演することが6月4日、分かった。今作では、主演の藤木直人さんが演じる、「ザイゼンコーポレーション」の社長・財前彰太の娘・美華を演じる。

 服部さんのほか、大澄賢也さん、宅麻伸さん、板尾創路さん、杉本哲太さんの出演も発表された。大澄さんは彰太の秘書の権田穣、宅麻さんは彰太の叔父の出島文雄、板尾さんは彰太の右腕でザイゼンコーポレーションの専務の田部井克則、杉本さんは彰太が興信所に勤めていた時の上司・八木之典をそれぞれ演じる。ドラマのポスタービジュアル、特報映像も公開された。

 ドラマは、宇佐美まことさんの同名小説(祥伝社)が原作。ザイゼンコーポレーションの社長・彰太は、興信所の調査員をしていた18年前に、谷岡という男から、娘が拉致され洋服の切れ端や切り刻んだ下着、はがされた爪、写真が送られてきた事件の調査を依頼された過去があった。その事件で大きな“細工”をしていた財前は、似たような事件が起き、動揺する。そんな中、財前の愛娘・美華(服部さん)が行方不明になり持ち物が送られてくる。調べを進めるうちに、妻・由布子(吉瀬美智子さん)の過去を知る……。

 7月24日からWOWOWプライム、WOWOW 4Kで放送、WOWOWオンデマンドで配信。全5話で第1話は無料放送。

藤木直人、17年ぶりWOWOWドラマ出演 「連続ドラマW 黒鳥の湖」で過去に過ち犯した主人公

「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演する(左から)三宅健さん、藤木直人さん、吉瀬美智子さん、財前直見さん=WOWOW提供
「連続ドラマW 黒鳥の湖」に出演する(左から)三宅健さん、藤木直人さん、吉瀬美智子さん、財前直見さん=WOWOW提供

 俳優の藤木直人さんが、7月からWOWOWで放送される連続ドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」で、主演を務めることが4月19日、分かった。藤木さんがWOWOWのドラマに出演するのは、約17年ぶりとなる。藤木さんは、ザイゼンコーポレーションの社長で、過去の過ちに罪悪感を感じながら次第に翻弄(ほんろう)されていく主人公・財前彰太を演じる。

 また、彰太の妻で、事件に巻き込まれていく中で過去の秘密が明らかになる財前由布子役で吉瀬美智子さん、寺の住職の息子で、由布子が参加した“瞑想(めいそう)の会”を開く若院役で三宅健さん、若院の母親で、由布子の精神的な支えである大黒様役で財前直見さんが出演することも発表された。

 ドラマは、「愚者の毒」で日本推理作家賞を受賞した宇佐美まことさんの同名小説(祥伝社)が原作で、宇佐美さんの作品の映像化は初めて。若い女性が拉致され、持ち物が次から次へと家族のもとに送られてくる事件が発生。ザイゼンコーポレーションの社長・財前彰太は、興信所の調査員をしていた18年前に、谷岡という男性から、娘が拉致されワンピースの切れ端や切り刻んだ下着、はがされた爪や写真が送られてきた事件の調査を依頼された過去があった。その事件で大きな“細工”をしていた財前は、似たような事件が起き、動揺する。そんな中、財前の愛娘・美華が行方不明になり持ち物が送られてくる。調べを進めるうちに、妻・由布子の過去を知ることになり……。

 「連続ドラマW 黒鳥の湖」は7月からWOWOWプライム、WOWOW 4Kで放送、WOWOWオンデマンドで配信。全5話で第1話は無料放送。

 ◇藤木直人さんのコメント

 ーー本作のオファーを受けた際のお気持ち。

 率直にうれしかったです。WOWOWで「宿命」というドラマをやらせてもらったのがもう17年前。主人公彰太の過去の事件とほぼ同じくらい前(笑い)。スケジュールはハードになりそうですし、今の世の中の状況もとても大変ですが、まずはしっかりと毎日健康体で撮影に臨みたいと思います。

 ーー脚本を読まれた際の感想や、今回演じられる役・財前彰太についての印象。

 原作を読んだとき、今起きている事件と18年前の事件がどう関わってくるのか? 全く先が読めず、彰太と一緒に翻弄され、そしてその結末に驚かされました。あの人がこの世からいなくなったらどうなるんだろう? 誰しもが心によぎったことはあると思います。決して人ごとではなく共感できるキャラクターにしたいと思いました。

 ーーこの映像化を通じて届けたい思いや、視聴者の皆様へメッセージ

 状況が次々と変わっていき、さらには18年前の事件も絡んできて複雑な構造になっています。ワンシーン、ワンシーン丁寧に作っていって皆様にドキドキ、ハラハラしていただけるようなエンターテインメント作品になるよう頑張ります。

 ◇吉瀬美智子さんのコメント

 ーー本作のオファーを受けた際のお気持ち。

 久しぶりのWOWOWで、大人が特に楽しめる作品だなと思いました。難しい役どころではありますが、この役を楽しみながら演じられたらと思います。藤木さんとも2度目の共演なので楽しみです。

 ーー脚本を読まれた際の感想や、今回演じられる役・財前由布子についての印象。

 内容が複雑で由布子も秘密を持っていながらの生活ですが、芯は強く彰太と出会ったことによって救われた部分もあります。品があり、優しさの中にも強さを持っている女性だと思います。

 ーーこの映像化を通じて届けたい思いや、視聴者の皆様へメッセージ

 サスペンスを楽しんでいただきながらも、因果応報というテーマを心にとどめていただけたらと思います。

 ◇三宅健さんのコメント

 ーー本作のオファーを受けた際のお気持ち。

 ドラマでミステリー作品に出演させていただくのは今回が初めてなので、これまで見せたことのなかった自分をお見せできるのではないかと思いました。また、WOWOWでは初めてのドラマ出演になりますので楽しみにしております。

 ーー脚本を読まれた際の感想や、今回演じられる役・若院についての印象。

 先が気になり一気に読んでしまいました。一歩道を踏み外してしまったがために、その人の人生の歯車が狂っていく。自分の犯してしまったその罪に長年悩まされ苦しみ、自分の大切な存在にまで影響を及ぼしてしまう。過去の罪からは逃げられない。正に因果は廻(まわ)るのだと思いました。

 ーーこの映像化を通じて届けたい思いや、視聴者の皆様へメッセージ。

 世の中は帳尻が合うようにできていて、悪いことをすればいずれ暴かれ、必ず報いはやってくるのだなと思いました。原作中の言葉を借りると、「間違った方法で得た幸福は、正しい方法で修正される」正に因果応報。ウソをつけば、そのウソを隠す為に一つ、また一つとウソを塗り重ねていかなければいけなくなる。そのいくつも重ねられたウソが、やがて人の心を真っ黒に塗りつぶしていくのかもしれない。なので、やはり真っ当に生きることが全てなのだと思いました。そんなことを感じられる作品になっていると思いますので、皆様ぜひご覧ください。

 ◇財前直見さんのコメント

 ーー本作のオファーを受けた際のお気持ち。

 最初に、主人公たちの名字が「財前」なので、ややこしいと思いました(笑い)。撮影現場で「財前」と呼ばれると「ハイッ」って返事をする自分が浮かびました。

 ーー脚本を読まれた際の感想や、今回演じられる役・大黒様についての印象。

 脚本の登場人物それぞれに心の闇と、自分の中の正義があって、ラストまでハラハラドキドキ謎を楽しんで読ませていただきました。大黒様は、世話好きで、優しくて、この人に悩みを話すと安心する。そんな器の大きい方なんだろうなぁと感じました。

 ーーこの映像化を通じて届けたい思いや、視聴者の皆様へメッセージ

 エゴや出世欲、金欲などよりも、自分の中の芯をしっかり持って、これからの時代を楽しんで生きましょう!

連続ドラマW 黒鳥の湖2021年7月24日からWOWOWプライム、WOWOW 4Kで放送、WOWOWオンデマンドで配信。
全5話で第1話は無料放送。