ナイト・ドクター 視聴率

初回視聴率13.4%で好発進 波瑠が月9初出演&主演 夜間専門の救急描く青春群像医療ドラマ

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第1話が6月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、好スタートを切った。波瑠さんは同枠のドラマ初出演にして、初主演となる。

 第1話は、医師の働き方改革を目指す柏桜会グループが、「あさひ海浜病院」に夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」を設立。医師の朝倉美月(波瑠さん)、深澤新(岸優太さん)、成瀬暁人(田中圭さん)、桜庭瞬(北村匠海さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)と指導医の本郷亨(沢村一樹さん)がそろった。

 そこに、ホットラインが鳴り、工事現場の崩落事故で重症者が発見されたと連絡が入る。その患者は、すでに7件の病院に搬送を拒否されていた。本郷の指示で患者を受け入れたが、搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示して……と展開した。

第2話視聴率10.6%で2桁キープ 波瑠、岸優太、岡崎紗絵らが“コンビニ受診”担当

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第2話が6月28日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第1話の13.4%(同)からダウンしたものの、2桁をキープした。

 本作は、同局で放送された連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診療レポート~」(2019年)などの大北はるかさん脚本によるオリジナル作品。“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第2話は、軽症だが昼の診察に行けない夜間外来患者「コンビニ受診患者」の診察を担当することになった美月(波瑠さん)、深澤新(岸優太さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)。深澤は鮎川希実(谷村美月さん)の子・玲生を診察。後日、希実が再び玲生を連れてやって来た。深澤は玲生に異常を感じる。

 その日の担当は美月だった。治療を終えた美月が玲生に対する不審点を話すと、深澤に黄疸(おうだん)が出ていなかったか聞かれる。本郷亨(沢村一樹さん)に診察時の様子を思い出すよう言われた美月の頭には、希実の気になる仕草が浮かんだ。その頃、希実は玲生の診療について、夫の聡(笠原秀幸さん)ともめていて……という展開だった。

第3話視聴率11.7%で2桁維持 北村匠海が救急医目指した理由明らかに “母”真矢ミキも登場

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第3話が7月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。初回から3週連続で2桁をキープした。

 第3波は、「あさひ海浜病院」の「柏桜会本院」会長・桜庭麗子(真矢ミキさん)が病院へやって来る。麗子は病院でナイト・ドクターとして働く桜庭瞬(北村匠海さん)の母だった。麗子はグループの経営を学ぶためのイギリス留学を桜庭に勧め、指導医の本郷亨(沢村一樹さん)からも、救急医として初歩的な処置もできないならそのほうがいいと突き放されてしまう。

 そんな中、桜庭は救急医を目指した理由を同僚の朝倉美月(波瑠さん)たちに告白。しかし翌日、翌週の勤務シフト表から桜庭の名前が消えていた。麗子の指示だと言う本郷は桜庭に転科届けを渡して……という展開だった。

第4話視聴率12.4%で2桁キープ 岡崎紗絵が波瑠&松井愛莉と衝突

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第4話が7月12日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。初回から4週連続で2桁をキープした。

 第4話は、搬送された花園詩織(松井愛莉さん)という患者を受け入れた高岡幸保(岡崎さん)たち。詩織の付き添いで、恋人だという男性は、何と幸保の彼氏・青山北斗(竹財輝之助さん)だった。

 北斗は幸保に、詩織とは交際していないと説明するが信じてもらえない。本郷亨(沢村一樹さん)から詩織の経過観察を指示された幸保は、わがまま放題で、これ見よがしに北斗に甘える詩織にイライラが募る。そして、幸保はついに詩織と衝突。本郷に早退を申し出て帰ろうとする幸保を美月がとがめ、2人は激しい言い合いになり……という展開だった。

第5話視聴率10.4% “成瀬”田中圭、訴訟の事実が明らかに 原告が来院

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第5話が7月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 本作は、“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第5話は、朝倉美月(波瑠さん)は、成瀬暁人(田中圭さん)が訴えられていると知る。それ以降、成瀬の美月への態度は更に冷たくなり、患者の治療も一人で進めてしまうように。

 美月が院長の八雲徳人(小野武彦さん)に成瀬の訴訟について尋ねると、成瀬は手術を担当した子供の母親に訴えられているという。そんな中、成瀬を訴えた母親・秋山真紀(山本未來さん)が来院。病院スタッフに成瀬が訴訟を抱えていると知れ渡ってしまい……という展開だった。

 7月26日、8月2日の放送は、東京オリンピック中継に伴い休止。第6話は8月9日に放送される。