ナイト・ドクター 視聴率

初回視聴率13.4%で好発進 波瑠が月9初出演&主演 夜間専門の救急描く青春群像医療ドラマ

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第1話が6月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、好スタートを切った。波瑠さんは同枠のドラマ初出演にして、初主演となる。

 第1話は、医師の働き方改革を目指す柏桜会グループが、「あさひ海浜病院」に夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」を設立。医師の朝倉美月(波瑠さん)、深澤新(岸優太さん)、成瀬暁人(田中圭さん)、桜庭瞬(北村匠海さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)と指導医の本郷亨(沢村一樹さん)がそろった。

 そこに、ホットラインが鳴り、工事現場の崩落事故で重症者が発見されたと連絡が入る。その患者は、すでに7件の病院に搬送を拒否されていた。本郷の指示で患者を受け入れたが、搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示して……と展開した。

第2話視聴率10.6%で2桁キープ 波瑠、岸優太、岡崎紗絵らが“コンビニ受診”担当

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第2話が6月28日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第1話の13.4%(同)からダウンしたものの、2桁をキープした。

 本作は、同局で放送された連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診療レポート~」(2019年)などの大北はるかさん脚本によるオリジナル作品。“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第2話は、軽症だが昼の診察に行けない夜間外来患者「コンビニ受診患者」の診察を担当することになった美月(波瑠さん)、深澤新(岸優太さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)。深澤は鮎川希実(谷村美月さん)の子・玲生を診察。後日、希実が再び玲生を連れてやって来た。深澤は玲生に異常を感じる。

 その日の担当は美月だった。治療を終えた美月が玲生に対する不審点を話すと、深澤に黄疸(おうだん)が出ていなかったか聞かれる。本郷亨(沢村一樹さん)に診察時の様子を思い出すよう言われた美月の頭には、希実の気になる仕草が浮かんだ。その頃、希実は玲生の診療について、夫の聡(笠原秀幸さん)ともめていて……という展開だった。

第3話視聴率11.7%で2桁維持 北村匠海が救急医目指した理由明らかに “母”真矢ミキも登場

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第3話が7月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。初回から3週連続で2桁をキープした。

 第3波は、「あさひ海浜病院」の「柏桜会本院」会長・桜庭麗子(真矢ミキさん)が病院へやって来る。麗子は病院でナイト・ドクターとして働く桜庭瞬(北村匠海さん)の母だった。麗子はグループの経営を学ぶためのイギリス留学を桜庭に勧め、指導医の本郷亨(沢村一樹さん)からも、救急医として初歩的な処置もできないならそのほうがいいと突き放されてしまう。

 そんな中、桜庭は救急医を目指した理由を同僚の朝倉美月(波瑠さん)たちに告白。しかし翌日、翌週の勤務シフト表から桜庭の名前が消えていた。麗子の指示だと言う本郷は桜庭に転科届けを渡して……という展開だった。

第4話視聴率12.4%で2桁キープ 岡崎紗絵が波瑠&松井愛莉と衝突

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第4話が7月12日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。初回から4週連続で2桁をキープした。

 第4話は、搬送された花園詩織(松井愛莉さん)という患者を受け入れた高岡幸保(岡崎さん)たち。詩織の付き添いで、恋人だという男性は、何と幸保の彼氏・青山北斗(竹財輝之助さん)だった。

 北斗は幸保に、詩織とは交際していないと説明するが信じてもらえない。本郷亨(沢村一樹さん)から詩織の経過観察を指示された幸保は、わがまま放題で、これ見よがしに北斗に甘える詩織にイライラが募る。そして、幸保はついに詩織と衝突。本郷に早退を申し出て帰ろうとする幸保を美月がとがめ、2人は激しい言い合いになり……という展開だった。

第5話視聴率10.4% “成瀬”田中圭、訴訟の事実が明らかに 原告が来院

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第5話が7月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 本作は、“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第5話は、朝倉美月(波瑠さん)は、成瀬暁人(田中圭さん)が訴えられていると知る。それ以降、成瀬の美月への態度は更に冷たくなり、患者の治療も一人で進めてしまうように。

 美月が院長の八雲徳人(小野武彦さん)に成瀬の訴訟について尋ねると、成瀬は手術を担当した子供の母親に訴えられているという。そんな中、成瀬を訴えた母親・秋山真紀(山本未來さん)が来院。病院スタッフに成瀬が訴訟を抱えていると知れ渡ってしまい……という展開だった。

 7月26日、8月2日の放送は、東京オリンピック中継に伴い休止。第6話は8月9日に放送される。

第6話視聴率10.2% 放送休止明けも2桁 事故現場で“美月”波瑠の体に異変

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第6話が8月9日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。3週ぶりの放送となったものの、2桁キープをした。

 本作は、“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第6話は、工場の事故で複数の傷病者が出たと「あさひ海浜病院」にドクターカー出動要請が入る。本郷亨(沢村一樹さん)は朝倉美月(波瑠さん)、成瀬暁人(田中圭さん)、深澤新(岸優太さん)を向かわせる。

 現場に着いた深澤は、崩れた資材置き場で重傷の作業員を発見するも、治療に自信が持てず、美月に対応を依頼。しかし、作業員を助けようと資材の山を登った美月が、立ちくらみで落下してしまう。深澤の呼びかけで目を覚まし、処置を再開した美月だが、全員の搬送を終えた時、美月の体に再び異変が起こり……という展開だった。

第7話視聴率11.1%で2桁維持 岡崎紗絵が“覆せないレッテル”にぶつかる

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第7話が8月16日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。初回から6週連続で2桁をキープしている。

 第7話では、高岡幸保(岡崎紗絵さん)が看護師の益田舞子(野呂佳代さん)と合コンへ。そこに参加を断っていた朝倉美月(波瑠さん)がやって来る。医師は敬遠されると、幸保は相手の赤松直人(佐伯大地さん)たちに看護師だと伝えていたが、事情を知らない美月は医師だと告白。男性陣の注目は一気に舞子へ。それを機に美月は幸保ともめてしまう。

 その夜、病院には風見まどか(藤嶋花音さん)という患者が運ばれてくる。付き添いの父・信行(林泰文さん)は夜間勤務の医師たちを信用しておらず、幸保はまどかの緊急手術を拒否されてしまう。そんな時、合コン相手の赤松が原因不明の発熱で外来を訪れ……という展開だった。

第8話視聴率9.5% 田中圭が脳外科への転科に揺れ動く

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第8話が8月23日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。初めて2桁に届かなかった。

 本作は、“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第8話では、朝倉美月(波瑠さん)が、成瀬暁人(田中圭さん)が里中悟(古舘佑太郎さん)から脳外科に誘われている姿を目撃。成瀬は八雲徳人院長(小野武彦さん)や本郷亨(沢村一樹さん)がナイト・ドクターとして受け入れてくれたことに恩を感じ、決めかねているという。

 そんな時、くも膜下出血の患者が運び込まれる。成瀬は進んで担当するが、通常の動脈瘤(りゅう)ではないため手術を断念せざるを得ず、脳外科に頼むことに。本郷は成瀬に脳外科への転科を止める気もないし、背中を押す気もないと告げる。成瀬は転科を真剣に考え始め…………という展開だった。

第9話視聴率9.1% 岸優太、原菜乃華&北村匠海と衝突

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第9話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第9話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第9話が8月30日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 本作は、“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第9話は、「あさひ海浜病院」に入院する深澤(岸優太さん)の妹・心美(原菜乃華さん)の容体が急変。深澤は心美の面倒を見るため休職することに。朝倉美月(波瑠さん)たちは深澤の看病疲れを心配し、心美のお見舞いへ。すると、深澤と心美が何やらもめている。臓器提供のドナー登録をしたいという心美に深澤が大反対していた。

 その後、深澤は美月に心美の説得を頼むが、美月は母親がドナーだったことを打ち明け、断る。心美の死を待つ人がいると思うとゾッとすると話す深澤に、桜庭瞬(北村匠海さん)は思わずつかみかかってしまい……という展開だった。

第10話視聴率11.4%で2桁復帰 波瑠らが直面した“救えない命” 病院は停電の危機に

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第10話が9月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。3週ぶりに2桁に復帰した。

 第10話は、ある夜、朝倉美月(波瑠さん)たちは患者の受け入れを要請されるが、患者の居場所からでは搬送中に落命してしまう状態と判明。本郷亨(沢村一樹さん)は依頼を断るよう告げる。

 続いて別の患者の受け入れ要請が入り、本郷は15分以内に運べることを条件に許可を出す。しかし、病院に到着した頃には約束の時間を過ぎていて、救えなかった。一人は受け入れられず、一人は間に合わず、美月は高岡幸保(岡崎紗絵さん)の腕の中で涙を流す。

 翌日、いつものように患者を受け入れていると、雷雨で病院一帯が大規模停電になってしまい……という展開だった。

最終話視聴率12.5%でフィニッシュ! 波瑠&田中圭ら、それぞれの場所で奮闘

連続ドラマ「ナイト・ドクター」最終話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「ナイト・ドクター」最終話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)最終第11話が9月14日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。同番組で2番目に高い数字でフィニッシュした。

 本作は、“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 最終話は、朝倉美月(波瑠さん)、成瀬暁人(田中圭さん)、深澤新(岸優太さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)、桜庭瞬(北村匠海さん)は、指導医の本郷亨(沢村一樹さん)からナイト・ドクターチーム解散を言い渡される。突然の出来事に衝撃を受ける美月たちだが、なぜか本郷は解散を喜んでいるという。

 その夜、3件の事故が同時発生。美月、深澤、幸保は一人ずつ各現場へ向かい、成瀬は救命センターの指揮を執ることに。桜庭は院内トイレで倒れている患者を発見し、処置する。現場で治療する医師は自分一人という厳しい状況の中、5人は目の前の重症者に対して、大きな決断を迫られようとしていた……という展開だった。