男コピーライター、育休をとる。 ニュース

<インタビュー>瀬戸康史「お互い思いやる気持ちが大切」 「男コピーライター、育休をとる。」で“育休”取った父親役

ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」で主演を務めた瀬戸康史さん
ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」で主演を務めた瀬戸康史さん

 魚返洋平さんの著書をWOWOWでオリジナルドラマ化した「男コピーライター、育休をとる。」。本作で主人公・魚返洋介を演じたのが、俳優の瀬戸康史さん。劇中では、誕生した娘のために、6カ月の育児休暇を取得し、波乱の日々を過ごす姿を描く。現在33歳の瀬戸さんが「童顔の僕にこんなお話をくださるなんて」と意欲的に臨んだ父親役。作品を通じてどんな気づきがあったのだろうか――。

 ◇疑似体験でも「相当辛い」育児

 瀬戸さんが演じた魚坂は、広告代理店に勤めるコピーライター。妻の愛子(瀧内公美さん)の妊娠が分かると、ふとしたことをきっかけに、会社に6カ月の育児休業を申請することに。娘の誕生に感激したものの、いざ経験する育児に身も心も限界に達してしまい……。

 瀬戸さんは“育児休業”というワードに「幸せなイメージしかなかった」と、作品に入る前の印象を述べていたが、実際ドラマで“育児”を経験すると「辛いですね」と苦笑い。「当たり前ですが、思い通りにいかない。これで泣き止むだろうなと思っても、全然泣き止まないし、眠れない。これが毎日続くというのは、疑似体験でしたが相当辛い。本当に大変なことだなと感じました」としみじみ語る。

 元々瀬戸さんが育った家庭では、父親も普通に育児参加をしていたという。瀬戸さん自身も「自分の子どもなんだから放っておくわけないですよね」と語ると、僕ら世代って割と『男性だから、女性だから』という概念ってあまりなく育ったので、女性だけが育児するという感覚もないんじゃないですかね」と感想を述べる。

 ◇完ぺきな父親でなくてもいい

 今年33歳を迎えた瀬戸さん。これまでも特殊な設定で子どもの父親を演じた経験はあるが、いわゆるリアルな設定での父親役は初めて。「いつかは父親役をやりたいと思っていたので、とてもありがたかったです」と笑顔を見せる。

 疑似体験ではあるが、父親役を演じ「小さいころ自分が描いていた20歳や30歳ってすごく大人なイメージでしたが、なってみるとそれほど大人じゃないなって感じる人って多いと思うんです。それと一緒で、父親というのも、すごく立派なものなんだろうなと思っていたのですが、やってみるとある意味で決して完ぺきではなく、たくさん失敗してもいいんだなと思えました」と親しみが湧いたという。

 そして父親の在り方については、瀬戸さんの家族も影響しているようだ。

 「僕は元々獣医になりたいと思っていたので、俳優という道に進んだのは、親のおかげなんです。180度人生が変わり、いまでは俳優業はすごく好きでずっと続けたいと思えるような仕事になっている。こういうパターンもあるので、レールを敷いてもらうことの良さもあるのかなと思うんです」。

 ◇辛い育児も子どもが笑ってくれるだけですべてハッピーになれる!

 視聴者にも「それぞれ置かれた環境が違うので、一概に男性が育児休業をとることが絶対に良いことなのかは分かりませんが、少なくとも、母親と父親が一緒に子育てをするという意識を持つ人が増えてくれたらいいですね」と作品の持つメッセージを伝える。

 育児を通して夫婦関係についても「自分の辛さを主張したり、相手に怒りを吐いたりするのではなく、お互い思いやる気持ちが大切だと感じました。一番助けてくれる人や信じている人をないがしろにしたり、粗末に扱ったりすることって、一番やっちゃいけないことだと思います」と相手への思いやりの大切さを痛感したという。

 育児に奮闘する男性の苦悩や辛さが描かれているが、作品自体はコミカルでポップな、ユーモア溢れるテイストだ。瀬戸さんも「育児について大変な話ばかりしましたが、作品自体は結構気軽に見られます」と強調する。子どもを育てるということについて「本当に大変なことですが、子どもが笑ってくれるだけで、すべてがチャラになるぐらいの力があります。それだけでハッピーになれるのが、育児なのかなと思います」と語っていた。(取材・文・撮影:磯部正和)

 *……「男コピーライター、育休をとる。」は、第1、2話が6月25日午後5時からWOWOWオンデマンドで配信。7月9日に全話一挙配信され、同日から毎週金曜午後11時にWOWOWプライムでも放送。

 ※スタイリスト:小林洋治郎(Yolken) ヘアメーク:須賀元子(星野事務所)

“新米パパ”瀬戸康史が赤ちゃん抱っこ 主演ドラマのポスター公開 瀧内公美との“家族ショット”も

WOWOWオリジナルドラマ「男コピーライター、育休をとる。」のポスタービジュアル=WOWOW提供
WOWOWオリジナルドラマ「男コピーライター、育休をとる。」のポスタービジュアル=WOWOW提供

 俳優の瀬戸康史さんが主演を務める、WOWOWのオリジナルドラマ「男コピーライター、育休をとる。」のポスタービジュアルが6月10日、公開された。“新米パパ”に扮(ふん)する瀬戸さんが赤ちゃんを抱きながら戸惑うコミカルな表情を見せている。

 併せて、本作の場面写真も公開。夫婦役の瀬戸さんと瀧内公美さんが赤ちゃんに手を重ねる“家族ショット”などが収められている。WOWOWの公式YouTubeチャンネルでは90秒の予告映像も公開された。

WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供
WOWOW提供

瀬戸康史主演WOWOWオリジナルドラマ 瀧内公美、赤ペン瀧川、福地桃子ら出演

連続ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」の出演者=WOWOW提供
連続ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」の出演者=WOWOW提供

 俳優の瀬戸康史さんが主演を務める、WOWOWのオリジナルドラマ「男コピーライター、育休をとる。」のキャストが発表され、瀧内公美さん、赤ペン瀧川さん、福地桃子さんらが出演することが5月17日、分かった。

 瀧内さんは、主人公・魚返洋介(瀬戸さん)とともに“育休の壁”を乗り越えていく妻・愛子、瀧川さんは、魚返の同期社員で育休のイロハを指南する通称“育休マイスター”のカマチ、福地さんは、思ったことは空気を読まずに発言し、魚返を困惑させる“いまどき”の新入社員・今泉真理子を演じる。

 また、アートディレクターで育休中の魚返を映画鑑賞の誘惑で惑わす梶原役で少路勇介さん、調子のいい世渡り上手の営業部長・千木良役で池田成志さん、直属の上司で育休取得を切り出す「最初の難関」浜崎部長役で村上淳さんが出演することも発表された。

瀬戸康史、WOWOWドラマで初主演 育休を取得したコピーライター役、襲いかかる難題に四苦八苦

連続ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」で主演を務める瀬戸康史さん=WOWOW提供
連続ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」で主演を務める瀬戸康史さん=WOWOW提供

 俳優の瀬戸康史さんが、WOWOWで放送されるオリジナルドラマ「男コピーライター、育休をとる。」で主演を務めることが4月28日、分かった。瀬戸さんがWOWOWのドラマで主演を務めるのは初めてで、6カ月の育児休業(育休)を取得した、男性コピーライターの主人公の魚返洋介を演じる。日本社会において、保活(保育所に入れるための活動)・パパ友づくり・育児分担などの難題に四苦八苦しながら奮闘する主人公を熱演する。

 ドラマは、男性会社員による紙媒体の単著としては日本初の育児休業体験記「男コピーライター、育休をとる。」(大和書房)を映像化。コピーライターの男性会社員が体験した不安や奮闘、面白さに満ちた育休の6カ月を、ハートフルコメディーとして描く。ドラマの脚本は、映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」などの細川徹さんが手掛け、監督は、劇団「ヨーロッパ企画」の山口淳太さんが担当する。

 広告代理店に勤めるコピーライター・魚返洋介は、妻・愛子から妊娠を告げられ、6カ月の育休の取得を決意する。半年という長期間の育休を取得するため、綿密な移行プランを設計し、不安を胸に上司の浜崎に申し出る。娘の誕生に感激するのもつかの間、波乱の日々が幕を開ける。後輩のサポートも、労働時間のルールもない日々を送る中、次第に現実と妄想の境界を見失っていく。保活、パパ友づくり、育児分担など、次々と襲い掛かってくる難題。不器用な苦闘をへて、育休を終えた魚返の前に広がっていた景色とは……という展開。

 「男コピーライター、育休をとる。」は7月9日からWOWOWプライムで全6回で放送、同日からWOWOWオンデマンドで全12話を一挙配信する。またWOWOWオンデマンドでは6月25日から第1話、第2話を先行配信する。

 瀬戸さん、細川さん、山口さんのコメントは以下の通り。

 ◇瀬戸康史さんのコメント

 --本作のオファーを受けた際のお気持ちや、ドラマのテーマとなる「育休」について。

 育休のリアルとはこれなんだと、思い知らされました……(笑い)。育休というと幸せな様子が多く描かれる印象でしたが、この作品は大変さの方にスポットを当てた作品です。そこを丁寧に描くことで、赤ちゃんが笑ったり、赤ちゃんが寝た後に夫婦でくだらない話をしたり、そういった小さな幸せを実感し、かみ締める作品だと思います。

 --視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

 この作品で僕演じる魚返は、最後までそんなに成長はしないのですが、何かに気付く物語です。それは、支えになってくれる存在がいるって幸せなことなのだということや、当たり前かもしれませんが、その人のことを大切に、思い合って生きていけたらということなどです。ご覧になる皆さんにも、この作品を通して何かに気付くきっかけになれたらうれしいです。

 ◇細川徹さんのコメント

 このドラマのテーマは「育休」です。「育休」のシーンがあるドラマは、これまでもあると思いますが、ある夫婦の育休のはじまりから、終わりまでの半年、つまり「育休」だけで、作られたドラマは、初めてかもしれません。夫婦に子供が生まれて、生活が変わったり、変わらなかったり、当たり前のことしか出てきませんが、そんな当たり前の素晴らしさと面白さが描ければ良いなと思いながら、脚本を書きました。いい気持ちで、寝る前に見られるそんなドラマになっています。今回、久しぶりに、脚本だけの参加なので、監督の山口さんがどんな演出で、映像にするのか、瀬戸さんが、どう演じるのか、想像しないで、完全に視聴者目線で楽しみにしています!

 ◇山口淳太監督のコメント

 原作を拝読した時に、「育休を開業しよう」というキーワードを見つけ、素晴らしい発想の転換だと思いました。そして、育休で「お休み」している人を描くのではなく、育児「開業」、ある意味仕事よりも過酷なその「業」をポップに描くドラマにしようと決めました。とにかく笑えて、思いっきり泣ける、だれもが楽しめるエンターテインメント作品に仕上げたいと思っております。見どころは、主演の瀬戸康史さんが、救いようがないぐらい不器用な男を演じてくださっているところ。ぜひご期待ください。

男コピーライター、育休をとる。WOWOWプライムで7月9日から全6回で放送、同日からWOWOWオンデマンドで全12話を一挙配信。
WOWOWオンデマンドでは6月25日から第1話、第2話を先行配信する。