男コピーライター、育休をとる。 あらすじ

男コピーライター、育休をとる。あらすじ

 ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」は、WOWOWで放送されるオリジナルドラマ。俳優の瀬戸康史さんが主演を務める。瀬戸さんがWOWOWのドラマで主演を務めるのは初めてで、6カ月の育児休業(育休)を取得した、男性コピーライターの主人公の魚返洋介を演じる。日本社会において、保活(保育所に入れるための活動)・パパ友づくり・育児分担などの難題に四苦八苦しながら奮闘する主人公を熱演する。

 ドラマは、男性会社員による紙媒体の単著としては日本初の育児休業体験記「男コピーライター、育休をとる。」(大和書房)を映像化。コピーライターの男性会社員が体験した不安や奮闘、面白さに満ちた育休の6カ月を、ハートフルコメディーとして描く。ドラマの脚本は、映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」などの細川徹さんが手掛け、監督は、劇団「ヨーロッパ企画」の山口淳太さんが担当する。

 広告代理店に勤めるコピーライター・魚返洋介は、妻・愛子から妊娠を告げられ、6カ月の育休の取得を決意する。半年という長期間の育休を取得するため、綿密な移行プランを設計し、不安を胸に上司の浜崎に申し出る。娘の誕生に感激するのもつかの間、波乱の日々が幕を開ける。後輩のサポートも、労働時間のルールもない日々を送る中、次第に現実と妄想の境界を見失っていく。保活、パパ友づくり、育児分担など、次々と襲い掛かってくる難題。不器用な苦闘をへて、育休を終えた魚返の前に広がっていた景色とは……という展開。

 「男コピーライター、育休をとる。」は7月9日からWOWOWプライムで全6回で放送、同日からWOWOWオンデマンドで全12話を一挙配信する。またWOWOWオンデマンドでは6月25日から第1話、第2話を先行配信する。

ドラマ「男コピーライター、育休をとる。」のあらすじ

男コピーライター、育休をとる。WOWOWプライムで7月9日から全6回で放送、同日からWOWOWオンデマンドで全12話を一挙配信。
WOWOWオンデマンドでは6月25日から第1話、第2話を先行配信する。