TOKYO MER~走る緊急救命室~ 視聴率

初回視聴率14.1%で好発進 鈴木亮平が日曜劇場初主演 特殊救命チームの活躍描く本格医療ドラマ

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第1話が7月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、好スタートを切った。鈴木さんは同枠のドラマ初主演となる。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第1話では、事故、災害、事件の現場に駆けつける救命救急チーム「TOKYO MER」が新たに発足。メンバーには、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木さん)、研修医の弦巻比奈(中条あやみさん)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒さん)、ベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチーさん)、麻酔科医の冬木治朗(小手伸也さん)、臨床工学技士の徳丸元一(佐野勇斗さん)、厚生労働省の官僚で医師の音羽尚(賀来賢人さん)がそろった。

 「TOKYO MER」発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報で早速チームが出動。現場には致命傷を負った患者たちが待ち受けていた。現場手術という医師の常識を超越した喜多見の救命行為が、厚生労働省で問題視される。発足早々、解散の危機を迎えるチームに、工場爆発という更なる試練が……という展開だった。

第2話視聴率 初回超え14.3%で好調維持! “研修医”中条あやみが現場で重大手術

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第2話が7月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第1話の14.1%(同)を上回り、好調を維持した。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第2話は、工事現場で鉄骨落下事故が発生し、TOKYO MERが出動。自身を危険にさらしてまで手術するチーフの喜多見幸太(鈴木亮平さん)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみさん)は反発する。しかし、比奈のミスで患者が命の危機に。

 比奈が自信を失う中、新たに夏祭りでの爆発事故現場への出動命令が下る。多数の重傷患者を前にした比奈は「医師の命を守る責任の重さ」に立ちすくんでしまう。喜多見からたった一人での重大手術を任された比奈は試練を乗り越えられるのか……という展開だった。

第3話視聴率14.4%で番組最高の数字 凶悪犯から重病の少女救出へ 菜々緒が身代わりに

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第3話が7月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前週第2話14.3%(同)を上回り、番組最高の数字をマークした。

 第3話は、凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生。現場に急行した喜多見幸太(鈴木さん)は、少女に薬を渡さないと命が危険だと主張。しかし、体裁を気にする警察に口を出すなと言われる。

 シングルマザーの看護師・蔵前夏梅(菜々緒さん)は、状態が危ぶまれる少女を守るため、身代わりとなることを願い出る。そんな中、犯人が夏梅に発砲。激しい銃撃戦が繰り広げられる極限状態で、喜多見は緊急オペを決行して……という展開だった。

第4話視聴率10.1%で2桁維持 鈴木亮平らトンネル崩落事故で「命のリレー」

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第4話が7月25日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 同時間帯は、東京オリンピック・サッカー男子予選ラウンド第2戦「日本対メキシコ」(テレビ朝日)や、卓球混合ダブルス準決勝(NHK・Eテレ)などが放送されたものの、2桁をキープした。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第4話は、トンネル崩落事故が発生し、喜多見幸太(鈴木さん)らが現場へ急行。移植手術のための心臓を運搬中の医師ががれきに埋まっていることが判明する。新たな崩落が起こる中、喜多見はレスキュー隊の千住幹生(要潤さん)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒さん)と決死の突入を試みる。

 心臓移植を待つ患者の少女には命のタイムリミットが迫っていた。現場、オペ室、指令室のメンバー全員が「命のリレー」に挑み……という展開だった。

第5話視聴率10.8%で五輪期間も2桁キープ 賀来賢人に迫られる官僚と医師の究極の選択

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第5話が8月1日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 この日は、通常より25分遅い午後9時25分からスタート。また同時間帯は、東京オリンピック・バドミントン女子シングルス決勝(日本テレビ)や、陸上男子走り高跳び決勝、男子100メートル決勝(NHK総合)などが放送されたものの、2桁をキープした。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第5話は、喜多見幸太(鈴木さん)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里さん)と妊婦を乗せたエレベーターが火災で急停止。乗り合わせた音羽尚(賀来賢人さん)と大物政治家・天沼夕源(桂文珍さん)と共に閉じ込められる。

 煙の充満したエレベーターは、やがて酸欠状態。妊婦の容態まで急変し、音羽はTOKYO MERの出動を要請するが、MERには天沼救出を優先するようにとの命が下る。官僚で医師の医系技官・音羽は究極の選択を迫られ……という展開だった。

第6話視聴率8.4% 裏で五輪閉会式 小手伸也親子の活躍に「ヒーロー」の声

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第6話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」(日曜午後9時)第6話が8月8日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。同時間帯は、NHK総合で東京オリンピックの閉会式が放送。初めて2桁に届かなかった。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第6話は、小学生18人が山中で失踪する事件が発生。現場へ向かったTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木さん)は、子供たちを捜索して治療するため、メンバーを分散配置。これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバーがバラバラで闘うことに。

 音羽尚(賀来賢人さん)や弦巻比奈(中条あやみさん)は、原因不明の重症になった子供たちの処置に苦慮。喜多見は必死に対応するも、薬剤が足りない。なすすべの無い喜多見に、新たな危機が……という展開だった。

 劇中ではチームの麻酔科医・冬木治朗(小手伸也さん)と、遭難した小学生の中にいた冬木の息子・壮太(潤浩君)が活躍する姿が描かれ、視聴者からは「親子でヒーロー」と反響を呼んだ。

第7話視聴率15.0%で番組最高更新 鈴木亮平の秘密明らかに 公安刑事役で稲森いずみ登場

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第7話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」(日曜午後9時)第7話が8月15日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第6話の8.4%(同)から大幅アップで、番組最高を更新と“V字回復”した。

 第7話は、外国人労働者が原因不明の症状を訴え、TOKYO MERが出動。集団食中毒と思われたが、なぜか現場は多くの警察官に占拠されていた。

 真相が見えないまま、喜多見幸太(鈴木さん)が傷病者を搬送しようとすると、公安刑事・月島しずか(稲森いずみさん)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。背景には、政府を揺るがす大きな事件と、喜多見の驚くべき秘密が隠されていた。喜多見の「空白の1年」にも関係していて……という展開だった。

第8話視聴率14.5%で好調維持 鈴木亮平&賀来賢人バディーが崩壊

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第8話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第8話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」(日曜午後9時)第8話が8月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第7話の15.0%からダウンしたものの、好調を維持した。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第8話は、停電で、ある病院の全医療機器がストップ。多くの患者が死に直面する事態に陥る。喜多見幸太(鈴木さん)らMERメンバーは出動するが、「空白の1年」の秘密を知ってしまった音羽尚(賀来賢人さん)は激しく反発。「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」と宣言し、メンバーの信頼関係は崩壊してしまう。

 そんな中、患者を救うために単独で屋外の発電機復旧に向かった喜多見を、恐るべき危機が襲い……という展開だった。

第9話視聴率15.0%で番組最高タイ 病に倒れた石田ゆり子 鈴木亮平&要潤も命の危機に

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第9話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第9話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」(日曜午後9時)第9話が8月29日に放送され、平均視聴率(世帯)は15.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。第7話(8月15日放送)でマークした15.0%(同)と並ぶ番組最高タイの数字で好調を維持した。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第9話は、外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生。出動したTOKYO MERに「大使館内は各国の領土であり、許可なく立ち入れない」という法律の壁が立ちはだかる。更に、都知事の赤塚梓(石田ゆり子さん)が持病で倒れ、指揮官不在となる。

 救助に向かった喜多見幸太(鈴木亮平さん)とレスキューの千住幹生(要潤さん)は患者と共に地下駐車場に閉じ込められてしまう。時間がたつにつれ、酸素が薄れて患者の容体が悪化。2人は命を救うため危険な賭けに挑み……という展開だった。

第10話視聴率13.5% 鈴木亮平が城田優のわなに 初の死者に視聴者騒然

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」(日曜午後9時)第10話が9月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 第10話は、ある大学で爆破事件が発生。救助のために駆け付けた喜多見幸太(鈴木さん)と音羽尚(賀来賢人さん)だが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優さん)のわなだった。

 2人は爆弾が仕掛けられた学舎で重傷者を手術するも、SNSのうわさを信じ込んだ学生たちは喜多見をテロリストだと疑い、とんでもない行動に。2人を襲う最大の危機。そしてついに、初めての死者が……と展開。初の死者に、視聴者は「ウソでしょ…」と騒然となった。

最終話視聴率19.5% 番組最高で有終の美 MERが最大のピンチに立ち向かう!

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」(日曜午後9時)最終第11話が9月12日に15分拡大で放送され、平均視聴率(世帯)は19.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。20%の大台にはわずかに届かなかったものの、番組最高の数字で有終の美を飾った。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 最終話は、喜多見幸太(鈴木さん)は最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里さん)を亡くし、失意のどん底に。喜多見はMER脱退を告げ、音羽尚(賀来賢人さん)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍さん)に逆らえないまま、ついにTOKYO MERの解散が決定しようとしていた。

 そこへエリオット・椿(城田優さん)の連続爆破テロで東京中が炎上。多くの負傷者が出るものの、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまう。最大のピンチを迎えたメンバー。しかし、その時、喜多見はある「言葉」に心を震わされ……という展開だった。