TOKYO MER~走る緊急救命室~ 視聴率

初回視聴率14.1%で好発進 鈴木亮平が日曜劇場初主演 特殊救命チームの活躍描く本格医療ドラマ

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第1話が7月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、好スタートを切った。鈴木さんは同枠のドラマ初主演となる。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第1話では、事故、災害、事件の現場に駆けつける救命救急チーム「TOKYO MER」が新たに発足。メンバーには、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木さん)、研修医の弦巻比奈(中条あやみさん)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒さん)、ベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチーさん)、麻酔科医の冬木治朗(小手伸也さん)、臨床工学技士の徳丸元一(佐野勇斗さん)、厚生労働省の官僚で医師の音羽尚(賀来賢人さん)がそろった。

 「TOKYO MER」発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報で早速チームが出動。現場には致命傷を負った患者たちが待ち受けていた。現場手術という医師の常識を超越した喜多見の救命行為が、厚生労働省で問題視される。発足早々、解散の危機を迎えるチームに、工場爆発という更なる試練が……という展開だった。

第2話視聴率 初回超え14.3%で好調維持! “研修医”中条あやみが現場で重大手術

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第2話が7月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第1話の14.1%(同)を上回り、好調を維持した。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第2話は、工事現場で鉄骨落下事故が発生し、TOKYO MERが出動。自身を危険にさらしてまで手術するチーフの喜多見幸太(鈴木亮平さん)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみさん)は反発する。しかし、比奈のミスで患者が命の危機に。

 比奈が自信を失う中、新たに夏祭りでの爆発事故現場への出動命令が下る。多数の重傷患者を前にした比奈は「医師の命を守る責任の重さ」に立ちすくんでしまう。喜多見からたった一人での重大手術を任された比奈は試練を乗り越えられるのか……という展開だった。

第3話視聴率14.4%で番組最高の数字 凶悪犯から重病の少女救出へ 菜々緒が身代わりに

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第3話が7月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前週第2話14.3%(同)を上回り、番組最高の数字をマークした。

 第3話は、凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生。現場に急行した喜多見幸太(鈴木さん)は、少女に薬を渡さないと命が危険だと主張。しかし、体裁を気にする警察に口を出すなと言われる。

 シングルマザーの看護師・蔵前夏梅(菜々緒さん)は、状態が危ぶまれる少女を守るため、身代わりとなることを願い出る。そんな中、犯人が夏梅に発砲。激しい銃撃戦が繰り広げられる極限状態で、喜多見は緊急オペを決行して……という展開だった。

第4話視聴率10.1%で2桁維持 鈴木亮平らトンネル崩落事故で「命のリレー」

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第4話が7月25日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 同時間帯は、東京オリンピック・サッカー男子予選ラウンド第2戦「日本対メキシコ」(テレビ朝日)や、卓球混合ダブルス準決勝(NHK・Eテレ)などが放送されたものの、2桁をキープした。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第4話は、トンネル崩落事故が発生し、喜多見幸太(鈴木さん)らが現場へ急行。移植手術のための心臓を運搬中の医師ががれきに埋まっていることが判明する。新たな崩落が起こる中、喜多見はレスキュー隊の千住幹生(要潤さん)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒さん)と決死の突入を試みる。

 心臓移植を待つ患者の少女には命のタイムリミットが迫っていた。現場、オペ室、指令室のメンバー全員が「命のリレー」に挑み……という展開だった。

TOKYO MER~走る緊急救命室~TBS系「日曜劇場」日曜午後9時
2021年7月4日スタート