連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班 ニュース

松雪泰子、青木崇高の相棒兼お目付け役に WOWOW「邪神の天秤 公安分析班」出演

WOWOWの「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」に出演する松雪泰子さん
WOWOWの「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」に出演する松雪泰子さん

 女優の松雪泰子さんがWOWOWの「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」に出演することが9月17日、分かった。松雪さんは、警視庁公安五課の警部補・氷室沙也香を演じる。主演は青木崇高さん。

 氷室は、主人公・鷹野秀昭(青木さん)の先輩で、同じ佐久間班のメンバー。ある理由で、鷹野の相棒兼お目付け役を任される。内部スパイ「エス」との工作活動もしている。

 ドラマは、麻見和史さんの小説「邪神の天秤 警視庁公安分析班」「偽神の審判 警視庁公安分析班」(共に講談社)が原作。同じく麻見さんの小説が原作の「殺人分析班」シリーズでは、2015年に「石の繭」、2016年に「水晶の鼓動」、2019年に「蝶の力学」が映像化された。

 「邪神の天秤 公安分析班」は、2019年に放送された「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、公安部に異動した鷹野を主人公にした新シリーズ。鷹野たちがエジプト神話に模した猟奇殺人事件の解決に挑む姿を描く。

 松雪さんは、ドラマについて「公安という特性上極めてストイックに人物造形や関係性が描かれています」と話し、「緻密に計算されたストーリー展開は作品のドライブ感となり、複雑に絡んでいく人間関係は常に見る者の想像力をかき立てる映像作品になる予感がありました」と語っている。

 続けて、「長期に及ぶ壮大な撮影を終えて今振り返り思うのは、最初に読んだその素晴らしい脚本の世界を、実際に撮影して行く中で10倍にも20倍にも増幅できた実感があります」と語っている。さらに、「この作品に関われた事は喜びであり、そしてこの『邪神の天秤 公安分析班』という作品がこれから、皆様の元に羽ばたいて行く日を楽しみにしております」とコメントしている。

 2022年初頭に放送、配信される。

青木崇高、「邪神の天秤 公安分析班」でWOWOWドラマ初主演 「殺人分析班」の鷹野役

2022年放送の「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」に主演する青木崇高さん=WOWOW提供
2022年放送の「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」に主演する青木崇高さん=WOWOW提供

 俳優の青木崇高さんが、2022年にWOWOWで放送、配信される「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」で、同局のドラマに初主演することが4月30日、分かった。2019年に放送された「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、公安部に異動した刑事・鷹野秀昭(青木さん)を主人公にした新シリーズで、エジプト神話を模した猟奇殺人事件に挑む姿を描く。

 ドラマは、麻見和史さんの小説「邪神の天秤 警視庁公安分析班」「偽神の審判 警視庁公安分析班」(共に講談社)が原作。同じく麻見さんの小説が原作の「殺人分析班」シリーズでは、2015年に「石の繭」、2016年に「水晶の鼓動」、2019年に「蝶の力学」が映像化された。

 爆破事件の近くで与党大物議員の殺害事件が発生。遺体からは臓器が抜かれ、心臓と羽根を乗せた天秤が残されていた。公安部に異動したばかりの刑事・鷹野秀昭は、持ち前の推理力で不可解な事件と向き合おうとするが、“治安の守護神”としての強烈なエリート意識を持つ公安メンバーに一蹴されてしまう。情報収集は警察にとって捜査の基本ともいえるが、公安警察ではより緻密で複雑な手法を要求される。鷹野も公安のやり方で事件を追っていくのだが……というストーリー。

 キャスト、原作者のコメントは以下の通り。

 ◇青木崇高さん

 --WOWOWオリジナルドラマ初主演が決まった時の印象や意気込みをお聞かせください。

 「石の繭」「水晶の鼓動」「蝶の力学」というWOWOWでしかできないような迫力とリアリティのある3作品を経て、さらにスケールアップした今回の「邪神の天秤」です。演出の内片(輝)監督をはじめ、信頼できる同じスタッフの皆さん、そして新キャストと創れるこの喜びはとてつもなく大きいです。

 --本作の脚本を読まれ、実際に演じてみていかがでしょうか?

 脚本化されてもなお物語が魅力的なのはやはり麻見和史先生の素晴らしい原作のおかげです。主人公の鷹野は私自身が大ファンなのでまた演じることができて大変うれしいです。演出、スタッフ、キャストに支えられ、さらに魅力的なキャラクターになっていると思います。

 --視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

 「公安」については職務上、世間に知られていないためか、あまりいい印象に描かれることが少ないと思われます。しかし、間違いなく彼らは、強い信念をもって捜査に向き合っています。映像、美術、ストーリーのクオリティーは、他の警察ドラマでは見られないレベルだと断言できます。このような状況下ですが、スタッフ、キャスト一丸となって創っております。ぜひご期待ください。

 ◇原作者・麻見和史さん

 --「邪神の天秤 警視庁公安分析班」のドラマ化が決定したときの印象をお聞かせください。

 今回、ドラマの企画段階から打ち合わせに参加させていただきました。これまで刑事部にいた鷹野秀昭が、公安部に異動してどのような捜査を行うのかーー。それを考えるのは、原作者である私にとっても非常に新鮮で刺激的な経験でした。ドラマ制作チームの方々と意見交換しながら原作の執筆を進め、緊張感のある物語が出来上がったと感じています。プロジェクトの関係者全員で練り上げたシナリオが、どのような形で映像化されるのかとても楽しみです。