ハコヅメ~たたかう!交番女子~ ニュース

<SNS反響>「誰が踊るんですか?」“川合”永野芽郁、「踊る大捜査線」知らない!? 「爆笑!」「かわいい」

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第4話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第4話の一場面=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さん、永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第4話が7月28日に放送され、警察官の川合(永野さん)が、人気ドラマ「踊る大捜査線」(フジテレビ系)を知らないことが判明した。

 第4話には、川合の上司・伊賀崎(ムロツヨシさん)が、とにかく厳しい県警捜査一課の班長・米田(矢柴俊博さん)のことを「室井さんみたいな人だったら良かったのにね」と話すシーンが登場。「室井さん」とは、「踊る大捜査線」の人気キャラクターの一人。川合はもともと警察が好きではないため、刑事ドラマをほとんど見ていないようで、室井さんと言われてもピンときていない様子だった。

 伊賀崎が室井さんについて、「『踊る』の…」と説明しようとするが、川合は「誰が踊るんですか?」と何の話だか分かっておらず、SNSでは「『誰が踊るんですか?』って言う川合ちゃんかわいい!」「『誰が踊るんですか?』に爆笑」「踊る大捜査線知らないらしい笑」といった感想が書き込まれた。

 ちなみに、ムロさんは、踊る大捜査線の劇場版第3作「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(2010年)や、スピンオフ作品「交渉人 真下正義」(2005年)などに出演していたことから、「ムロツヨシさんも出てたよね~!」「ムロツヨシから『踊る大捜査線』のワードが出てくるのはうれしいなぁ!!」「ムロツヨシがブレークしてドラマの中で『踊る大捜査線』の話してるのエモい」といった声も上がった。

8月4日から2週連続で特別編放送 新撮エピソード&「通常点検」

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」のビジュアル=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」のビジュアル=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の特別編が、8月4日から2週連続で放送されることが7月30日、分かった。特別編は、物語の舞台となっている町山交番や町山署刑事課の新撮エピソードに加え、YouTubeで話題となった警察官が装備品の状態や動作を確認する「通常点検」のシーンや、名場面で構成される。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、元警察官の泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作。戸田さん演じる刑事課の元エース・藤聖子と、永野さん演じるひよっこ警察官・川合麻依という交番勤務のでこぼこコンビが、事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。

 なお、ドラマは第4話(7月28日)まで放送されており、第5話の放送日については、放送できる環境が整い次第、ドラマ公式サイトやSNSで発表される。

永野芽郁が見事な肩固め! キュートに犯人確保 第3話場面写真

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第3話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第3話の一場面=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話(7月21日放送)の新たな場面写真が公開され、川合(永野さん)が、犯人に見事な肩固めをする姿が写し出されている。川合は肩固めの成功になぜか驚きの表情を見せており、ひよっこ警察官の川合らしい、キュートな確保シーンになっている。

 第3話では、藤(戸田さん)と川合は、詐欺の電話がかかってきた女性の家に待機して、犯人確保に挑むことになる。女性の家にやって来た犯人は、川合を突き飛ばして逃げようとするものの、川合はすぐさま犯人の腕を取って肩固めに成功。地面に突っ伏した犯人を無事に確保する……というシーンが描かれる。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

浜口京子、「ハコヅメ」で下着盗難の被害女性役 演技にドキドキ「緊張して固まりそうに…」

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話に出演する(左から)ムロツヨシさん、浜口京子さん、永野芽郁さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話に出演する(左から)ムロツヨシさん、浜口京子さん、永野芽郁さん=日本テレビ提供

 女子レスリング・五輪銅メダリストの浜口京子さんが、女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話(7月21日放送)に出演することが17日、分かった。コインランドリーで盗難被害にあった女性を演じる。

 浜口さんが演じるのは、町山交番で川合(永野さん)と伊賀崎(ムロツヨシさん)に事情聴取され、被害品が下着であったことを素直に答えられず恥じらう女性。撮影後、感想を聞かれた浜口さんは、「私はアスリートですから、みなさまのご迷惑にならないようにと思いましたら、どんどんドキドキしてきまして、途中、緊張して固まりそうになっちゃいましたけど、お二人がとても優しく温かい雰囲気で迎えてくださったので、救われました」と、大きな声で語っていた。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>“例のアパート”にドラマファン反応「出た!」 レンアイ漫画家、チェリまほ、コタローにも“登場”?

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第1話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第1話の一場面=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が7月7日に放送され、劇中のアパートにドラマファンが反応した。

 第1回では、交番勤務の藤(戸田さん)と川合(永野さん)が、「自殺をする」と110番で予告した男性(森田甘路さん)が暮らすアパート「こがらしハイツ」を訪れるシーンが登場。SNSでは、「こがらしハイツ」と“そっくり”なアパートを、4月期の連続ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)、「コタローは1人暮らし」(テレビ朝日系)、昨年10月期の連続ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)」(テレビ東京系)などで「見たことがある」という声が集まった。

 「レンアイ漫画家」では、吉岡里帆さん演じる久遠あいこが「さくら荘」、「コタローは1人暮らし」では、横山裕さん演じる狩野進が「アパートの清水」、「チェリまほ」では、赤楚衛二さん演じる安達清が「つつじ荘」というアパートにそれぞれ住んでおり、いずれも「こがらしハイツ」と外観がよく似ていると話題に。

 SNSでは、「ハコヅメに出てきたアパートって、コタローが一人暮らししてたアパートか!?」「このアパート、チェリまほとレンアイ漫画家とコタローでも使われていて、最近本当によく見る」「出た、安達のアパート」「おなじみのあのアパートが出た!」「レンアイ漫画家のあいこさんも住んでたし豪華やな」といった感想が書き込まれた。

名シーン続々の主題歌“MV風”映像公開 話題の「通常点検」、“辞職願バラマキ”も

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第1話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第1話の一場面=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の名シーンが登場する、ドラマの主題歌「Ordinary days」のミュージックビデオ風映像が7月9日、公開された。

 「Ordinary days」は、シンガー・ソングライターのmiletさんがドラマのために書き下ろした楽曲。公開された映像には、ドラマの第1話(7月7日放送)の名シーンが映し出されており、「笑える」と話題になった警官たちの「通常点検」の場面や、先輩警官の藤(戸田さん)が、後輩の川合(永野さん)の辞職願をばらまく場面などが登場。「日テレドラマ」の公式YouTubeチャンネルで公開されている。

初回視聴率11.3% 個人全体は6.1% 戸田恵梨香&永野芽郁W主演 交番勤務コンビが奮闘

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の一場面=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話が7月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートを切った。また、個人全体視聴率は6.1%​(同)だった。

 第1話では、川合は交番勤務になって2週間後、負担の大きい警察の仕事に限界を感じ、辞職願を出すタイミングを狙っていた。そんな矢先、川合は、問題を起こして交番へ飛ばされてきたという藤とペアを組むよう言い渡される。飛ばされた理由がパワハラと聞いておびえる川合をよそに、藤はパトロール中に不審な男(モロ師岡さん)を捕まえて……という展開だった。

<キャラ紹介>戸田恵梨香が交番勤務の“優秀”警察官に 警察学校を主席で卒業 恋愛下手な一面も

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で藤聖子を演じる戸田恵梨香さん=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で藤聖子を演じる戸田恵梨香さん=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が7月7日に始まる。刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)と、ひよっこ警察官の川合麻依(永野さん)の交番勤務コンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。ここでは、藤を紹介する。

 ◇性格はサバサバ系 寂しがり屋な一面も

 刑事課のエース刑事だったが、ある事がきっかけで地域課へ異動し、交番勤務になる。新任川合の指導もする。警察学校を首席で卒業した極めて優秀な警察官。

 サバサバしていて、思ったことは忖度(そんたく)無しではっきり言う性格。実は寂しがり屋で、隣に住む川合の部屋に入り浸ることも。男心が分からず恋愛下手という残念な一面もある。

<ドラマ紹介>「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」 戸田恵梨香&永野芽郁が交番勤務の警察官に 事件、雑務、恋に奮闘!

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第1話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」の第1話の一場面=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が7月7日に始まる。刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)と、ひよっこ警察官の川合麻依(永野さん)の交番勤務コンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描くドラマだ。戸田さんと永野さんはドラマ初共演。

 原作はマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の元警察官・泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」。地域の人たちのために働いているはずが全く感謝されず、交番勤務にやりがいも感じられない川合が辞めようとしていた時、交番に異動してきた藤と出会ったことで、2人の運命が大きく動いていく。

 戸田さん演じる藤は、警察学校を主席で卒業した極めて優秀な警察官。思ったことは忖度(そんたく)無しではっきり言う性格だが、実は寂しがり屋で、隣に住む川合の部屋に入り浸ることも。

 永野さん演じる川合は、自分では気付いていないが、かなり“天然”。料理が苦手で、ファッションにも疎く、少女マンガで恋愛の勉強をしているが、それを生かす機会に恵まれない。

 ムロツヨシさんが交番所長・伊賀崎秀一、三浦翔平さんが藤の同期で、捜査1係の刑事・源誠二、山田裕貴さんが同僚刑事・山田武志、西野七瀬さんが捜査1係の紅一点・牧高美和、千原せいじさんが「町山警察署」の副署長・吉野正義をそれぞれ演じる。

 第1話は……“ハコヅメ”こと交番勤務に配属されて2週間の川合。負担の大きい警察の仕事に限界を感じ、辞職願を出すタイミングを狙っていた。その矢先、川合は、問題を起こして交番に飛ばされてきたという刑事課の元エース・藤とペアを組むよう言い渡される。左遷理由がパワハラと聞いておびえる川合をよそに、藤はパトロール中に不審な男(モロ師岡さん)を捕まえる。男は刑事課の追っていた窃盗犯で……。

ムロツヨシ 10年以上連ドラに毎年レギュラー出演 名作づくしの“ムロ登場ドラマ”10年史

ムロツヨシさん
ムロツヨシさん

 俳優のムロツヨシさんが、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する。ムロさんは、「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、2018年)で戸田さんの夫役、「親バカ青春白書」(日本テレビ系、2020年)で永野さんの父親役を演じており、“元嫁”&“元娘”共演が実現することで放送前から話題になっている。だが思えばムロさんは、実はこの10年以上、毎年連続ドラマにレギュラー出演し続けている希少な俳優の一人。「そういえば、あのドラマではこの人と共演していた」と指摘されることが多いのは、当たり前のことなのかもしれない。2011~20年の10年間にムロさんが出演した連続ドラマを振り返る。

 ◇2011~15年 連続ドラマ初出演 ガッキー×野木亜紀子タッグ第1作にも

 2011年、山田孝之さん主演の「勇者ヨシヒコシリーズ」の第1作「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京系)に魔法使いのメレブ役で出演。同作は福田雄一さんが脚本と監督を務めるドラマで、主人公のヨシヒコたちが魔王を倒すべく奮闘する姿を描いた。ムロさんといえば、福田作品の常連の一人であるが、連続ドラマでいえば「親バカ青春白書」「今日から俺は!!」(日本テレビ系、2018年)などよりも昔から福田さんとのタッグが続いていたのだ。

 2012年には、オダギリジョーさん主演の「家族のうた」に酒屋の店主・花村良太役で出演。主人公・早川正義のロックバンド「Under Cloud」の大ファンという役どころだった。同年には、小嶋陽菜さん主演の「メグたんって魔法つかえるの?」(日本テレビ)などにも出演したほか、NHK大河ドラマ「平清盛」の清盛の異母弟・忠度役で大河デビューを果たした。

 2013年は、新垣結衣さん主演の「空飛ぶ広報室」(TBS系)に防衛省広報室の比嘉哲広役で出演。同作は「逃げるは恥だが役に立つ」(同局系)の野木亜紀子さんが脚本を手掛けたドラマで、「新垣×野木」タッグの第1作でもある。ムロさんが演じた比嘉は、陽気な性格である一方、幹部自衛官候補試験を受けようとしない“ある理由”を抱えているというキャラクターだった。同年には、小泉孝太郎さん主演の「名もなき毒」(同局系)にも出演したほか、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で朝ドラ出演も果たした。

 2014年は「新解釈・日本史」(MBS、TBS系)で連続ドラマ初主演。脚本と監督は福田さんが担当し、くしくも福田作品で連ドラ初主演を飾ることになった。各話で描かれるさまざまな日本史上のエピソードの主人公として、ムロさんは、織田信長や聖徳太子、坂本龍馬など11人の歴史上の人物を演じた。同年には、同じく福田さんが脚本と監督を手掛けた柳楽優弥さん主演の「アオイホノオ」(テレビ東京系)にも出演した。

 2015年は、生田斗真さんと小栗旬さんがダブル主演を務めた「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(TBS系)に出演。ムロさんといえば、コミカルなキャラクターの役が多いイメージだが、本作ではヤクザ「松江組」の腹心的存在・深町武を演じた。ファンの間でも、“ブラック”なムロツヨシが見られるということでも話題になった。同年には、唐沢寿明さん主演の「ナポレオンの村」(同局系)などにも出演した。

 ◇2016~20年 “王道”のラブストーリーに挑戦 話題作にも続々と

 2016年には、黒木華さん主演の「重版出来!」(TBS系)にマンガ家志望の沼田渡役で出演。本作は松田奈緒子さんが原作、野木亜紀子さんが脚本を手掛けたドラマ。沼田は、20年近くマンガ家を目指していたもののなかなか芽が出ないという役どころだった。大成しないことで、次第に“闇”を抱えていった沼田のキャラクターは大きな反響を読んだ。

 2017年は、堤真一さん主演の「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系)に小池郁男刑事役で出演。再び福田さんが脚本・監督を手掛ける作品に出演を果たす。小池は、原作の藤子不二雄作品にしばしば登場するキャラクターで、ムロさん演じる小池が主人公のスピンオフ作品「小池刑事の鬼の取調室」も制作された。

 2018年、戸田さん主演の「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演。若年性アルツハイマー病を抱える妻・尚(戸田さん)を支える夫・間宮真司を演じた。大石静さんが脚本を手掛けた本作では、真司が献身的に尚を支える姿が話題になったほか、コメディーの印象が強かったムロさんが“王道”のラブストーリーでヒロインの相手役を好演し、新たな“ムロツヨシ像”を確立した。

 同年には賀来賢人さん主演の「今日から俺は!!」に“金八先生”をほうふつとさせる椋木先生役で出演。本作でまたしても福田さんが脚本・監督を手掛けるドラマで、持ち前のコミカルな演技をふんだんに披露した。「大恋愛」と「今日から俺は!!」は同時期に放送されたため、演じるキャラクターの振り幅も話題になった。

 2019年、古田新太さんと「Iターン」(テレビ東京系)でダブル主演。ムロさん演じる狛江光雄が、勤務する会社とヤクザの板挟みになる“不条理コメディー”で、前年の「大恋愛」を見た視聴者からは“恋愛ドラマ路線”を期待する声も上がったが、やはりムロさんのコメディー作品での芝居に魅せられた視聴者も多かったようだ。

 2020年は「親バカ青春白書」で主演。ムロさんにとっては、プライム帯(午後7~11時)初主演作で、永野さん演じる大学生・さくらの父親・太郎役を演じることになった。同作には、太郎の亡くなった妻役として、新垣結衣さんが登場したほか、中川大志さん、今田美桜さん、戸塚純貴さんら人気の役者陣が続々登場した。同年には伊藤英明さん主演の「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)などにも出演した。



 ムロさんはいわゆる“福田組”としてコメディーで存在感を示してきた一方、他の作品でも一癖ある登場人物を演じる名バイプレーヤーとしてその地平を広げてきた。さらに、王道ラブストーリーの「大恋愛」、プライム帯初主演となった「親バカ青春白書」など、相手役、主演といった大役を演じながらも、引き続き脇役も務めており、ほぼ全ての立ち位置をいずれも現役で務めている希有(けう)な俳優だといえるだろう。数多くのキャストとの共演は、今回の「ハコヅメ」のような“再共演”の可能性が高いことを意味するし、放送前で情報の薄い新ドラマにとっては、見る側の安心感にもつながっている。ムロさんと戸田さん、永野さんの再共演を楽しみたい。

<キャラ紹介>永野芽郁が“天然”の新人警官に 料理、ファッションが不得手 少女マンガで恋愛勉強?

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で川合麻依を演じる永野芽郁さん=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で川合麻依を演じる永野芽郁さん=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さん、永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が7月7日に始まる。刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)と、ひよっこ警察官の川合麻依(永野さん)の交番勤務コンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。川合を紹介する。

 ◇安定収入求めて警官に やりがいは感じられず…

 川合は、町山交番に配属された新人警官。自分では気付いていないが、かなりの“天然”。空気を読まず、年上にも自分の意見をしっかり言うこともある。

 料理が苦手で、ファッションにも疎い。少女マンガで恋愛の勉強をしているが、それを生かす機会に恵まれたことはない。安定収入を求めて警察官になったが、交番勤務にやりがいを感じられず、辞めようと思っていた時に藤と出会う。

<キャラ紹介>ムロツヨシが戸田恵梨香&永野芽郁の上司に 「とにかく楽に仕事」がモットーの交番所長

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で伊賀崎秀一を演じるムロツヨシさん=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で伊賀崎秀一を演じるムロツヨシさん=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が7月7日にスタートする。本作は、刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)と、ひよっこ警察官の川合麻依(永野さん)の交番勤務のコンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。ここでは、ムロツヨシさん演じる伊賀崎秀一を紹介する。

 ◇誰よりも藤&川合を見守る上司 署内の未解決事件は全て記憶?

 伊賀崎は、藤と川合が勤務する町山交番の所長で、2人の直属の上司にあたる人物だ。部下からは「ハコ長」と呼ばれており、のらりくらりしていて、とにかく楽に仕事することがモットー。

 ただの人の良いおじさんのように見えるが、藤が悩んでいるときや、川合が失敗したときには、さりげなくフォローするなど、実は誰よりも2人を見守っている存在でもある。「最小限かつ無難に仕事をこなすため」と、署内の未解決事件は全て頭に入っている。

<キャラ紹介>三浦翔平が“天性の人たらし”の警察官に 取り調べの“天才”としての一面も

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で源誠二を演じる三浦翔平さん=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で源誠二を演じる三浦翔平さん=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が7月7日にスタートする。本作は、刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)と、ひよっこ警察官の川合麻依(永野さん)の交番勤務のコンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。ここでは、三浦翔平さん演じる源誠二を紹介する。

 ◇藤聖子とは同期 嫌みの応酬&口げんかも頻繁に 

 源は「町山警察署」の捜査1係の刑事。藤とは警察学校の同期で、首席だった藤とは対照的に成績はビリだった。天性の人たらしで、地域住民からは広く慕われている。取り調べの“天才”として、被疑者を“落とす”能力は署内随一でもある。

 一方、負けず嫌いで思い立ったら即行動。そのため、たびたび問題を起こして、上から怒られることも。同期の藤を唯一「聖子ちゃん」と呼び、一見フレンドリーに接するが、警察官としての反りは合わず、嫌味の応酬や口ゲンカもしょっちゅう。しかし実は、誰よりも藤のことをフォローしている存在でもある。

戸田恵梨香、永野芽郁らが“通常点検”に参加 警察手帳、手錠のチェックも 新場面写真

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第1話の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第1話の一場面=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話の新たな場面写真が7月3日、公開された。戸田さん、永野さんらが演じる警察官たちが、「通常点検」と呼ばれる恒例行事に参加している姿が写し出されている。

 「通常点検」とは、警察官が規律を保つために、装備品の状態や動作の確認をする行事。公開された場面写真には、警察署の屋上に集合し、一糸乱れぬ動きで警察手帳や手錠を出したり、順番に警笛を鳴らして点検するときの模様が写し出されている。ドラマでは、それぞれのキャラクターの「心の声」も漏れ出してくるという。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<キャラ紹介>千原せいじが警察副署長に 柔道の猛者、悩める中間管理職

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で吉野正義を演じる千原せいじさん=日本テレビ提供
ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で吉野正義を演じる千原せいじさん=日本テレビ提供

 戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)が7月7日にスタートする。本作は、刑事課の元エース・藤(戸田さん)と、ひよっこ警察官の川合(永野さん)という交番勤務のコンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじさん演じる吉野正義を紹介する。

 ◇警察副署長 機動隊出身、1児の父

 吉野は、舞台となる「町山警察署」の副署長。柔道の猛者で機動隊出身。副署長という立場でありながら、さまざまな訓練の講師もしている。上からの圧と、下からのわがままに挟まれ悩む中間管理職。既婚者で1児の父。

戸田恵梨香、華麗な「小手返し」 犯人確保のアクション場面公開

7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第1話でアクションを披露する戸田恵梨香さん(左)=日本テレビ提供
7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第1話でアクションを披露する戸田恵梨香さん(左)=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第1話のシーン写真が6月30日、公開された。写真には、戸田さん演じる元エース刑事の藤聖子が、手首の関節をきめる「小手返し」を使ってひったくり犯を確保するという華麗なアクションが収められている。

 公開されたのは、藤とひよっこ警察官の川合麻依(永野さん)が、逃走中のひったくり犯を確保するため奮闘するシーン。川合がなかなかひったくり犯を捕まえることができない中、パトカーで犯人の前に回り込み、パトカーから降りた藤が、殴りかかろうとしてきた犯人の手をつかみ、小手返しをきめて、無事に犯人を逮捕するという展開だ。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

大友花恋、永野芽郁と2度目の親友役「なんてすてき!」 「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でせりふに苦労

7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する永野芽郁さん(左)と大友花恋さん=日本テレビ提供
7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する永野芽郁さん(左)と大友花恋さん=日本テレビ提供

 女性ファッション誌「Seventeen(​セブンティーン)」(集英社)の専属モデルで女優の大友花恋さんが、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で7月7日にスタートする連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが6月26日、分かった。大友さんは、永野さん扮(ふん)する新米女性警察官の川合麻依の親友・ミーちゃんを演じる。

 大友さんと永野さんは同じ1999年生まれ。永野さんも「Seventeen」の専属モデルを務めていたことから、2人は大の仲良しだという。また、2人は2016年に放送された連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京ほか)でも親友同士を演じた。

 大友さんは、永野さんとの今回の共演について「芽郁の親友役ができるというお話を最初に伺った時に、なんてすてきだろう! と、撮影をずっと待ち望んでいました!」と喜びを語っている。撮影の合間については「普段とても緊張して下を向いてしまうことが多いのですが、芽郁のおかげで、他のキャストの皆さんともたくさんお話ができてうれしかったです!」と語っている。永野さんは、大友さんとの撮影について「楽しかったです! 花恋と親友役をやるのは2回目なので、いろんな縁を感じています」とコメントしている。

 大友さんは、「芽郁の役名が『麻依』なので、家で台本を読んでいる時に(本名の)『めい』と(役名の)『まい』が分からなくなり、今日も本番前に『麻依!』と何度も練習していました(笑い)」と苦労も明かしている。

西野七瀬、刑事の装備品「重さ感じた」 戸田恵梨香&永野芽郁W主演ドラマ「ハコヅメ」撮入

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する西野七瀬さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する西野七瀬さん=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演を務める7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、物語の舞台となる町山警察署の捜査1係刑事、牧高美和を演じる女優の西野七瀬さんが、このほどクランクインした。

 西野さんの最初の撮影は、警察官たちが警察手帳や手錠といった装備品の状態や動作を一糸乱れぬ動きで出すシーン。炎天下の中、数時間にわたる撮影になったといい、初日の撮影を終えた西野さんは「長時間の撮影で、キャストの皆さんがたくさんいる中でのスタートだったので、現場の空気に慣れる時間を過ごせたかなと思います」と振り返りながら「衣装でつけていた装備品の重さを感じながら、クランクインしたんだなとしみじみ感じていました」と語っている。

 スタッフから、ハコヅメの撮影とともに歩む今夏の抱負を聞かれた西野さんは「充実した夏にできたらうれしいです!」と回答している。

三浦翔平&山田裕貴、“バディー”でそろってクランクイン 「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」

7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」にクランクインした山田裕貴さん(左)と三浦翔平さん=日本テレビ提供
7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」にクランクインした山田裕貴さん(左)と三浦翔平さん=日本テレビ提供

 俳優の三浦翔平さん、山田裕貴さんが、女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で7月7日にスタートする連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に、そろってクランクインしたことが分かった。

 今作で、町山警察署刑事課捜査1係の源誠二を演じる三浦さんと、源とコンビを組む同じく捜査1係の山田武志を演じる山田さん。初日の撮影は、2人が犯人を捕まえるために覆面パトカーを走らせるシーン。炎天下の中、屋外での数時間に及ぶ撮影となったが、撮影後に三浦さんが「この夏は暑いから、セットにハコヅメになりそうです」とコメントすると、山田さんが「うまいこと言いますね。山田君だったら、ここで座布団一枚(笑い)!」と話すなど息の合った掛け合いを見せ、終始笑いが絶えないクランクインになったという。

永野芽郁、戸田恵梨香の肩から“ひょっこり” 警官姿で“バックハグ”も 「ハコヅメ」ポスタービジュアル

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」のポスタービジュアル=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」のポスタービジュアル=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で、7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)から、3種類のポスタービジュアルが6月19日、公開された。戸田さんと永野さんは警察官の制服を着用。永野さんが戸田さんの肩から“ひょっこり”顔をのぞかせる姿や、戸田さんに後ろから抱きつく姿、2人が誘導棒を持ってポーズする姿が収められている。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、元警察官の経歴を持つ泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作。笑いあり涙ありのリアルな“交番エンターテインメント”で、交番勤務のでこぼこコンビが、互いに支え合いながら、事件、雑務、恋に奮闘する。

 「警察官にさえなれば一生安泰」という安易な考えから警察官になった新人・川合麻依(永野さん)。“ハコヅメ”と呼ばれる交番勤務に配属されて2週間がたったころ、心身共にキツい警察の仕事に限界を感じ、早々に交番所長の伊賀崎秀一(ムロツヨシさん)に辞職願を出すタイミングを図っていた。

 そんな矢先、川合は、“問題”を起こして交番に飛ばされてきたという刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)とペアを組むよう言い渡され、辞職願を出し損ねてしまう。飛ばされた理由が“パワハラ”だと聞いてビビる川合をよそに、藤はパトロール中にある能力を発揮。さらに、ある“気づき”から不審な男(モロ師岡さん)を鮮やかに捕まえて……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ムロツヨシ、“元嫁”戸田恵梨香&“元娘”永野芽郁の笑顔に「癒やされた」 「ハコヅメ」クランクイン

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する(左から)永野芽郁さん、ムロツヨシさん、戸田恵梨香さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する(左から)永野芽郁さん、ムロツヨシさん、戸田恵梨香さん=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、交番所長の伊賀崎秀一を演じる俳優のムロツヨシさんがこのほど、クランクインした。ムロさんは、2018年に放送されたドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)で戸田さんの夫を、2020年に放送されたドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系)で永野さんの父親を演じたことがあり、今作のクランクインの感想として「2人の笑い声と笑顔にずっと癒やされていました」と語っている。

 ムロさんの最初の撮影は、パトロールに行っていた警察官の藤聖子(戸田さん)と川合麻依(永野さん)が、ある男を連れて町山交番に戻ってくるというシーンだった。ムロさんは初日の撮影を終えて、「緊張感のあるクランクインでした。緊張をごまかすためにしゃべっていたら、戸田さんに『ずっとしゃべっていますね』と言われました」とコメント。今夏の抱負について質問されると、「3カ月、ここにいるスタッフの皆様と熱く楽しい夏を、過ごしたいと思っております」と回答。3人で「頑張るぞー」と意気込んだという。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」 七夕に初回放送 戸田恵梨香&永野芽郁、そろってクランクインも

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する戸田恵梨香さん(左)と永野芽郁さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する戸田恵梨香さん(左)と永野芽郁さん=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演する連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の初回放送日が7月7日に決定したことが分かった。

 主演の2人がこの度、そろってクランクインしたことも分かった。交番勤務の警察官役を演じる2人は、リハーサルを前に、帽子の位置を微調整したりと、入念に装具の感触を確認していたという。初日は道路で交通違反を取り締まるシーンだった。撮影は3時間におよんだが、2人とも疲れの色は見せなかったといい、戸田さんは「とても愛にあふれた撮影現場です(笑い)」とコメント。永野さんは「3か月、一生懸命頑張りますので、応援してください」と意気込んだ。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ムロツヨシ、“元嫁”&“元娘”と再共演「お引き受けする以外ない」 戸田恵梨香&永野芽郁W主演「ハコヅメ」出演へ

7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演するムロツヨシさん (C)後藤倫人(D-CORD)
7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演するムロツヨシさん (C)後藤倫人(D-CORD)

 俳優のムロツヨシさんが、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが5月23日、分かった。ムロさんは、2018年に放送されたドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)で戸田さんの夫役、2020年に放送されたドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系)で永野さんの父親役を演じており、ムロさんは「お引き受けする以外ない」と思い、ドラマ出演のオファーを受けたという。

 ムロさんは、主人公の警察官・藤聖子(戸田さん)と川合麻依(永野芽郁さん)の直属の上司・伊賀崎秀一を演じる。藤と川合が勤務する町山交番の交番所長で、部下からは「ハコ長」と呼ばれており、とにかく楽に仕事をすることを考えている。一方、藤が悩んでいる時や、川合が失敗した時などには、さりげなくフォローをするという役どころだ。「最小限かつ無難に仕事をこなすため」と、署内の未解決事件は全て頭に入っている。

 ムロさんは「『ハコヅメ』の企画書が届きました。『2人の女性警察官の上司、交番所長、通称“ハコ長”の役で、2人のことを見守る存在です』と書いてある。次のページをめくると、2人の女性警察官役の役者さんの写真が。「おっと、っと」。第一声がこれです。私がここにいるべきか少しばかり考えましたが、私という役者を知ってくれている、“元嫁役、元娘役”であることは間違いなく、そして何と言っても原作の面白さ、脚本も秀逸であり、これはお引き受けする以外ないと決断しました。“元嫁役、元娘役”なんていう6文字を初めて使いましたが、忘れてください」とコメント。

 「三浦翔平君、山田裕貴君ともお芝居は初めてでして、それも楽しみたいと。どうか、どうかよろしくお願いいたします。全力でいきます。まずは見守るべき2人の女性を前にどうするか、もしかしたら、どうもしなくて良いのかもしれません。良いオモシ(重し、オモシロイ)になりたいと思いますが、そんなことよりも今回、『私は置き物で良いのか』と。2人のどこかになんとなくいる置き物。近からず、遠からずそこにある置き物。いつからいた? あった? この置き物? ま、ないよりあったほうがいいか、ね? うん。そんな置き物に私はなりたい。全力でいきます」と意気込みを明かしている。

(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社

戸田恵梨香&永野芽郁 初共演、“でこぼこコンビ”が明かす互いの印象 ドラマ「ハコヅメ」見どころも

7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でダブル主演する戸田恵梨香さん(左)と永野芽郁さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でダブル主演する戸田恵梨香さん(左)と永野芽郁さん=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがダブル主演する7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)。マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、元警察官の経歴を持つ泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作で、交番勤務のでこぼこコンビが、互いに支え合いながら、事件、雑務、恋に奮闘する笑いあり涙ありの“リアルな交番エンターテインメント”だ。この度、今回が初共演でもある主演の2人が、ドラマの魅力、役どころ、互いの関係性、意気込みなどを語ったコメントが公開された。

 ◇

 --役どころをお願いします。

 戸田さん とある理由で交番勤務になった、頭のキレる女性・藤聖子(ふじ・せいこ)を演じます。警察官の方って堅いイメージをみなさん持たれていると思うのですが、藤を含め、そのイメージをひっくり返すくらいのユニークなキャラクターたちがたくさん登場します。みなさまに笑ってもらえるように、共感していただけるように、頑張ります。

 永野さん 安定した収入を得るために、公務員試験を受けまくってなぜか警察官の採用試験にだけ受かった新米警察官の川合麻依(かわい・まい)を演じます。天然ではありながらも、警察官に受かったということは頭もいいはずなので、そのサジ加減をうまくだせたらなと思います。

 --ドラマの注目ポイントはありますか。

 戸田さん 原作を読ませていただいて、警察官の方もやっぱり人間なんだなと思いました。その完ぺきではない人たちが、自分の中にある正義のために動き回って、精いっぱい働いている姿にやっぱり心打たれますし、正直で不器用な姿がより共感できる点なのかなと思います。

 永野さん 本当に面白い原作なので、原作のファンの方にも楽しんでいただきたいです。実写でしか作れない空気感を出せるよう、いろいろな方向から私自身この役を作っていきたいと思います。まだ何もできない一人の新米警官が先輩の姿を追って、とにかく走り回って動き回って暴れ回っていますので、成長していく姿を応援していただけたらうれしいです。

 --今回が初共演ということですが、お互いの印象についてお聞かせください

 戸田さん (永野)芽郁ちゃんがせっかちと聞いて、すごく意外でした。おっとりとふわーっとしたイメージがあったので、ビックリしました。私もせっかちで血液型も一緒なので、うれしい気持ちになりました。芽郁ちゃんは太陽みたいな人だから、無意識の領域で、現場を引っ張っていってくれるんだろうなと感じてます。

 永野さん (戸田さんは)すごくカッコいい女性だなと思っていました。お会いしたらそれにプラスして気さくな優しさがあって、今から撮影がとても楽しみです。ちなみに、私、家族が全員AB型なんです。だから、AB型の人にお会いすると、「あ、頼っていいんだー」という気持ちになります(笑い)。

 --互いに役作りのためにしていることはありますか。

 戸田さん 警察学校のドキュメンタリー番組などを見たりしました。あと、何より原作を読んで勉強しています。警察官の方が、実際は頭にいろいろな知識をたたきこみ、体力的にも鍛え上げるという厳しさがある一方、原作にはすごく人間的な面も感じます。藤はつらいとか厳しいとかは当たり前というか、日常的な感じでなじんでいる人なので、交番女子としての仕草というよりも、藤としての仕草が見つかったら良いなと思います。

 永野さん 原作を読ませていただき、台本も読んでイメージしてきたものが、戸田さんに今日お会いして、改めてこのままクランクインまで安心して進めそうだなと思いました。川合が頭の中で葛藤しているところは、私と似ているなと思います。いろいろ、頭の中で自分なりに考えてやっていること、それを表に出すか出さないかっていう感じはすごく似ています。

西野七瀬、「ハコヅメ」で刑事役「一生懸命頑張りたい」

7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する西野七瀬さん
7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する西野七瀬さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで女優の西野七瀬さんが、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが5月15日、分かった。西野さんは、ドラマの舞台となる町山警察署の捜査1係刑事、牧高美和を演じる。

 牧高は、女子校育ちのため“ザ・男社会”の刑事課になかなか慣れずにいる捜査1係の紅一点。「仕事内容が新選組に似ているから」という理由で警察官を目指した“新選組オタク”。仕事に対して責任感が強く、その姿勢は同僚たちからも認められている。運動神経は壊滅的だが、頭の良さから書類仕事が得意という役どころ。

 西野さんは演じる牧高について「一見ふわふわとした空気をまとっているのですが、彼女が苦手としている男性が多い職場の中で、自分のやるべきことから決して逃げない、強い責任感や芯を持っている女性だと感じました」とコメント。「そういった空気感を原作ファンの方や、このドラマで初めてご覧になるという方にも感じていただけるように、一生懸命頑張りたいなと思っています」と意気込んでいる。

 同署捜査1係係長の北条保を俳優の平山祐介さん、同署副署長の吉野正義をお笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじさんが演じることも発表された。

(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社

山田裕貴、三浦翔平と捜査1係の刑事ペアに 戸田恵梨香&永野芽郁W主演「ハコヅメ」出演

7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する三浦翔平さん(左)と山田裕貴さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する三浦翔平さん(左)と山田裕貴さん=日本テレビ提供

 俳優の山田裕貴さんと三浦翔平さんが、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが5月7日、分かった。山田さんは捜査1係の刑事・山田武志、三浦さんは、同じく捜査1係の源誠二を演じる。劇中では、山田と源はペアを組んで活躍する。

 山田さん演じる山田武志は、正義感が強く、時折カッとなって余計な行動を取ってしまうが、体力には自信がある人物。何でもできる交番勤務の警察官・藤聖子(戸田さん)と、“取り調べの天才”の源という天才肌の2人の陰で、ひそかにコンプレックスを抱えている。藤と源のいざこざを常に仲裁し、いざというときは2人をうまく誘導して協力させるなど、機転が利くところもある人物だ。

 三浦さん演じる源誠二は、藤とは警察学校の同期で、主席だった藤とは対照的に成績はビリだった人物。“取り調べの天才”として、被疑者を“落とす”能力は署内随一。藤を「聖子ちゃん」と呼んでフレンドリーに接するが、警察官としての反りは合わず嫌味の応酬や口げんかを頻繁に繰り広げる。

(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社

 山田さんは、「源さん、藤さんの1年後輩でいじられ、こきつかわれる。こういうキャラクターが自分は本当に多い気がします(笑い)。『THE 刑事ドラマ、犯人は誰だ?』というよりかは軽やかな掛け合いを楽しむことができ、シリアスな瞬間より、軽妙さや、警察官の日常の中に人間としての大切な部分を教えてくれるドラマです」とコメント。「源役の翔平さんとは久しぶりの共演でもあり、コンビを組むのが楽しみです。原作の明るさを生かして毎週、明るく、ポップに見てもらえるドラマにしたいです」と意気込みを語った。

 三浦さんは、「個性豊かなキャラクターたちの、警察の日常を描いた作品ですが、ほっこりと心温まる作品にしたいと思います。僕が演じる源は、負けず嫌いな性格で、特に同期の藤と事あるごとにぶつかりますが、藤のことを心の中では認めており、実は藤を一番理解しているのも源なのではないかと思っています」と話し、「バディーを組む山田裕貴君とは、久しぶりの共演になるのですが、ガッツリと一緒にお芝居をするのは初めてなので、とても楽しみです。息の合った、源・山田の刑事コンビを作り上げていきたいと思います」とアピールした。

戸田恵梨香&永野芽郁、ドラマ初共演&W主演で交番勤務の警官に 7月期「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」

7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でダブル主演する戸田恵梨香さん(左)と永野芽郁さん=日本テレビ提供
7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でダブル主演する戸田恵梨香さん(左)と永野芽郁さん=日本テレビ提供

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが、7月スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でダブル主演を務めることが5月2日、分かった。ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、元警察官の経歴を持つ泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作。交番勤務のでこぼこコンビが、互いに支え合いながら、事件、雑務、恋に奮闘する笑いあり涙ありの“リアルな交番エンターテインメント”だ。戸田さんと永野さんは、今作がドラマ初共演となる。

 戸田さんは刑事課のエース刑事だったが、ある日、“ある理由”で交番勤務となる藤聖子、永野さんはハードな交番勤務に身も心もボロボロなひよっこ警察官・川合麻依をそれぞれ演じる。地域の人たちのために働いているはずが全く感謝されず、交番勤務にやりがいも感じられない麻依が辞めようとしていたとき、交番に異動してきた聖子と出会ったことで、2人の運命が大きく動く。

 戸田さんは「原作を読ませていただいて、警察官の方もやっぱり人間なんだなと思いました。その完ぺきではない人たちが、自分の中にある正義のために動き回って、精いっぱい働いている姿にやっぱり心打たれますし、正直で不器用な姿がより共感できる点なのかなと思います」とコメント。

 「(永野)芽郁ちゃんとは、最初はでこぼこペアなんですけど、この2人がどんどん信頼を築き、絆ができていく、その姿を見守ってもらえたらいいなと思います。警察官の方って固いイメージを持たれていると思うんですが、それをひっくり返すくらいユニークなキャラクターたちが登場します。皆様に笑ってもらえるように、共感していただけるように、頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください」とアピールした。

 永野さんは「本当に面白い原作なので、原作ファンの方にも楽しんでいただきたいです。実写でしか作れない空気感を出せるよう、いろいろな方向から私自身この川合役を作っていきたいと思います。川合が頭の中で自分なりに考えて葛藤しているところは、私と似ているなと思いました。一人の人間として、人を守る立場にあるものとして、どういうふうに成長していったらいいかを考えながら過ごす川合に、立場は違いますがすごく共感できました」とコメント。

 「戸田さんはお会いする前からとてもカッコいい女性だなと思っていて、お会いしたらそれにプラスして気さくな優しさを感じました。今回、戸田さんに甘えさせてもらおうと勝手に思ってます。まだ配属されたばかりの役のせいなのか、まだ制服が着こなせていないです(笑い)。これから、制服が似合うようになっていきたいです。カッコいい先輩と、まだ何もできない新米の私と、一生懸命街の人を守るために、頑張って走り回っているので、その姿をテレビの前から応援していただけたらうれしいです」と語った。

 原作者の泰さんは「ドラマの企画をいただいた時は、『泥臭い原作に対して豪華俳優陣すぎる……』と、正直とても不安でしたが、女性プロデューサーさんが、『大丈夫です!』とほほ笑んで、ガッツポーズをしてくれたので、『テレビのフィルターで原作の泥をきれいにしてくれるのか!』と安心しました。先日、1話目の脚本を拝読し、あの愛らしいガッツポーズが、豪華俳優陣を泥まみれにする、という意味だったことに気づき、大変驚がくしております。働く人々への敬意と、制作陣の愛と熱意にあふれる、ちょっと変わった警察ドラマをどうぞお楽しみください」とコメントを寄せた。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社
(C)泰三子/講談社