ボクの殺意が恋をした あらすじ

ボクの殺意が恋をしたあらすじ

 ドラマ「ボクの殺意が恋をした」は、映画「翔んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」や連続ドラマ「グッド・ドクター」「ルパンの娘」(ともにフジテレビ系)などの徳永友一さんが脚本を手掛けるオリジナル作品。中川大志さんが主演を務める。中川さんが、ゴールデン・プライム帯(GP帯)の地上波連ドラで主演を務めるのは初めて。2021年7月から日本テレビ系の「日曜ドラマ」(日曜午後10時半)枠で放送。

 ドラマは、育ての親が“伝説の殺し屋”とは知らない、最高に“間がわるい”殺し屋の男虎柊(おのとら・しゅう)がターゲットの女性に“禁断の恋”をしてしまう姿を描く“スリリング・ラブコメディー”。

 連続ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)、「チーム・バチスタ」シリーズ(カンテレ・フジテレビ系)などの星野和成監督と、「姉ちゃんの恋人」(同)、ドラマ版「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)などの宝来忠昭監督がメガホンをとる。

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のあらすじ

ボクの殺意が恋をした日本テレビ系「日曜ドラマ」枠
2021年7月4日スタート 日曜午後10時半放送