プロミス・シンデレラ キャスト

プロミス・シンデレラキャスト

二階堂ふみ
岩田剛典
眞栄田郷敦
松井玲奈
金子ノブアキ
小宮璃央

二階堂ふみ、人生崖っぷちアラサー女子役でTBSドラマ初主演 7月期“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主演を務める二階堂ふみさん(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主演を務める二階堂ふみさん(C)TBS

 女優の二階堂ふみさんが、7月スタートのTBS系新火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(火曜午後10時)で主演を務めることが5月9日、分かった。二階堂さん演じる人生崖っぷちのアラサー女子が、金持ち男子高校生に拾われて金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑むというストーリーで、二階堂さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。主人公の桂木早梅(かつらぎ・はやめ)は、ある日、夫から突然離婚を切り出されたショックから、勢いで家を飛び出したものの、スリに遭って無一文となり、ホームレス同然の生活になってしまう。そんな中、ひょんなことから出会った金持ちの男子高校生から「泊めてやる代わりにゲームしようぜ」と持ち掛けられ、とある事情で背負ってしまった借金返済のため“リアル人生ゲーム”に参加することに。人に頼ることが苦手な早梅は、豪邸に居候しながら「セレブパーティーで主役に恥をかかせ20万円獲得」などのゲームに体を張って挑戦。そんな早梅の前に、かつての初恋の人である御曹司も現れて……と展開する。

 最悪の出会いを果たした2人が、互いの利害関係からゲームという形を通してつながり、やがて強く惹(ひ)かれ合っていく壮大なラブストーリー。さらに、男子高校生がサイコロを転がして出したお題を、曲がったことが大嫌いなヒロインが自身の信念を貫くやり方でクリアしていくゲームの行方も見どころの一つだという。

 二階堂さんは「ドラマのお話をいただく前から原作を読んでいて、アプリで毎回更新されるのを楽しみにしていました。とあるお仕事の現場で、楽屋に戻ると原作本が置いてあって、『私の好きなマンガだ!』と言ったら、マネジャーさんから、実はドラマのお話が来ているんですと(笑い)。両手を上げて喜んだ記憶があります」とコメント。

 続けて、「私が演じる主人公の早梅は、真っすぐな強さの中に弱さも持ち合わせていて、そのギャップがとても魅力的なキャラクターです。主人公とは実年齢が同じということもあって、これからの人生をどう生きていくのかという悩みや葛藤など、等身大で演じることができればと思いますし、キャストやスタッフの方々と一緒にこのドラマを素晴らしいものにできたらと思っています。また、見てくださる皆さんに寄り添う場面が必ずあると思いますので、ドラマを見て元気になったり、ちょっと泣いたり、大笑いしたりしていただけるような、エンターテインメントをお届けできるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 原作の橘さんは「脚本を読ませていただき、自分の描いたマンガがここまで面白くなるのかと感動しています。この脚本をそのままマンガにしたい……。初めての作品で右も左も分からない私をたくさんの方がサポートしてくださいました」「このようなご時世の中でのドラマ撮影、大変かと思われますが、ワクワクしながら一視聴者として放送日を心待ちにしています!」と話している。

 橋本芙美プロデューサーは「二階堂さんが早梅を演じることで、きっとたくさんの視聴者に勇気と元気をお届けできるような作品になると確信しました。不器用なところもあるけれど、誰よりも真っすぐで強く生きていくヒロイン・早梅、人生のどん底からこの物語はスタートしますが、彼女がどんな未来を切り開いていくのか、ぜひ早梅と一緒になって“リアル人生ゲーム”に挑んでいただけたらと思います。お楽しみに!!」とアピールした。

(C)橘オレコ/小学館
(C)橘オレコ/小学館

岩田剛典、眞栄田郷敦と兄弟役 二階堂ふみと三角関係に 7月期TBS“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんと俳優の眞栄田郷敦さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが5月18日、分かった。岩田さんと眞栄田さんは、主人公・桂木早梅(はやめ、二階堂さん)と三角関係になる兄弟を演じる。

 岩田さんは、早梅に思いを寄せる旅館の御曹司・片岡成吾演じる。成吾は、容姿端麗、成績優秀で常に周りから注目を浴びてきたが、自由がなく、心を許せる相手もいないことをひそかに悩んでいた。そんなあるとき、初恋の相手である早梅と10年ぶりに再会し、次第に早梅への思いが抑えられなくなっていく。

 眞栄田さんは、成吾の弟で、早梅に“リアル人生ゲーム”を仕掛ける高校生・片岡壱成を演じる。壱成は、友達と豪遊し、ホームレスに金をばらまくようなことをする金持ち。劇中では、金に一切興味を示さないばかりか、自分に平手打ちをくらわせた早梅に次第に興味を持っていくという役どころだ。

 岩田さんは「僕が本作品のお話をいただいたときには二階堂ふみさん、眞栄田郷敦さんと共演することが決まっていました。ですので、初共演ということが、まずとても楽しみだなと思っていました。また実は僕自身、こういうラブコメの作品に出演することが久しぶりなので、そこも楽しみです。原作を読ませていただいたのですが、三角関係だったり、いわゆる王道のラブストーリーの部分もありつつ、とても夏ドラマにふさわしい、毎週明るく見ていただけるような作品になるのかなと思っています。うだるような暑さを吹き飛ばす、明るいスカッとしたドラマを、皆さんと一緒に作ってお届けできればと思います」とコメントを寄せている。

 眞栄田さんは「原作を読んでみて、コミカルな部分は面白く、良い表情が描かれていて、シリアスな部分はとてもきれいな絵で、まずマンガの絵がとても好きだなと思いました。話は、正直壱成のギャップにやられたといいますか(笑い)。非現実的な部分もある話だと思いますが、それを感じさせないほど入り込んで楽しめた作品でした」とコメント。

 続けて「ドラマを通して、スカッとしたり、切なくなったり、キュンとしたり、原作を知っている方にも、知らない方にも、『プロミス・シンデレラ』の魅力を最大限お届けできればいいなと思っています」とアピールしている。

(C)橘オレコ/小学館
(C)橘オレコ/小学館

松井玲奈、「エール」“姉妹”二階堂ふみと今度は恋敵役「バトルを繰り広げる」 「プロミス・シンデレラ」に金子ノブアキと出演

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する松井玲奈さん(左)と金子ノブアキさん(C)TBS
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する松井玲奈さん(左)と金子ノブアキさん(C)TBS

 女優の松井玲奈さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが6月1日、分かった。松井さんと二階堂さんは、昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で仲良し姉妹を演じたが、今作では恋のライバル関係に。松井さんは「二階堂さんとは朝ドラで仲の良い姉妹を演じていましたが、今作では姉妹げんかではなく、物語のスパイスになる火花ほとばしる恋のバトルを繰り広げることになります。最後まで楽しみながら、ぶつかっていきたいと思います」とコメントしている。

 松井さんは、早梅に恋する旅館「かたおか」の五代目若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)にいちずな思いを寄せる人気芸者の菊乃こと、加賀美明を演じる。早梅に激しい嫉妬心を抱き、早梅をどん底に落とそうと、裏でさまざまな画策をする悪女だ。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・早梅が金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、早梅と成吾、成吾の弟・片岡壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係を描く。

 松井さんはドラマについて「原作を読んだ時にひきつけられる設定と、テンポの良いストーリーにすぐに夢中になりました。主人公の早梅は真っすぐで正義感の強い女性。原作や脚本を読めば読むほど、二階堂さんのパワフルで時に繊細な早梅の姿が生き生きと浮かび上がりました。眞栄田郷敦さん、岩田剛典さんとも早く現場でご一緒したい気持ちでいっぱいです」と語っている。

 「かたおか」の茶房で働くお調子者のマスターで、早梅にちょっかいを出す黒瀬洸也(こうや)を金子ノブアキさんが演じることも発表された。金子さんは「素晴らしいご縁に心より感謝いたします! 日々の息抜きに楽しく見ていただける様、チーム一丸となって取り組みたいと思います」と語っている。

小宮璃央、“キラメイレッド”が初のラブコメ 松村沙友理に猛アタックする年下男子

7月13日から動画配信サービス「Paravi」で配信される「シンデレラ・コンプレックス」に出演する小宮璃央さん
7月13日から動画配信サービス「Paravi」で配信される「シンデレラ・コンプレックス」に出演する小宮璃央さん

 スーパー戦隊シリーズ「魔進(マシン)戦隊キラメイジャー」(2020~21年)でキラメイレッド/熱田充瑠を演じた俳優の小宮璃央さんが、7月13日午後10時にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)のオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」に出演することが分かった。今作は、アイドルグループ「乃木坂46」の活動を7月13日で終了する松村沙友理さん主演の本格的なラブコメディー。小宮さん自身はラブコメ初挑戦で、ドラマの初回放送後、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。

 小宮さんが演じるのは、「プロミス・シンデレラ」の舞台の旅館「かたおか」にアルバイトでやってきた20歳の大学生・倉持雄吾(くらもち・ゆうご)。可愛らしい見た目で、愛嬌があり、どんな女性でも彼といると笑顔になってしまう。そして、「かたおか」で働く年上の仲居・坂村まひろ(松村さん)に一目ぼれして猛アタック……という役どころだ。

 また、今作には「かたおか」の茶房で働く、女性好きでお調子者のマスター・黒瀬洸也役に金子ノブアキさんが出演。「かたおか」に客として訪れた、資産数十億円と噂されるイケメンのデイトレーダー・上利(あがり)圭市役で、武田航平さんも登場する。

 小宮さんは「ラブコメのドラマを見たりするのは大好きですが、演じる側に回るのは初めてで、『シンデレラ・コンプレックス』に出させていただくことを聞いた時は緊張と不安が少しありました。ですが、倉持くんの少し抜けてるところや、男らしいところを精いっぱい演じているので、初々しさなども含め見守っていただきたいです」とコメント。

 「台本を初めて読んだ際は、演じる僕自身がドキドキしてしまう展開が多かったので皆さんも胸キュン間違いなしだと思います(笑い)! 松村沙友理さんと金子ノブアキさんとのお芝居を全力で楽しみながら、見てくださる皆様にたくさんの胸キュンをお届けし
たいと思っておりますので、楽しんでParaviオリジナルストーリー『シンデレラ・コンプレックス』をご視聴ください! そして、ストーリーが進んでいくにつれて見える倉持くんの成長などもお見逃しなく~!」とアピールしている。

(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS
(C)橘オレコ/小学館 (C)共同テレビジョン/TBS